2019年1月 5日 (土)

お正月の駅伝

1月1日~3日に行われた駅伝について簡単に書きます。

〇ニューイヤー駅伝
  優勝:旭化成 4:51:27
  2位:MHPS 4:51:31
    3位:トヨタ自動車 4:52:34
    4位:富士通 4:53:17
    5位:コニカミノルタ 4:53:37

最長区間の4区でMHPSの井上選手がさすがの走りを見せて区間賞。
MHPSがトップに立ちましたが、6区で旭化成の市田宏選手が今年も
区間賞を獲って僅か2秒差ながらもMHPSを抜いてアンカー区間の7区へ。

旭化成は大六野選手だったのでここで勝負は決まったかと思いましたが、
NHPSの岩田選手が最後の最後まで競り合って、ゴール100m前のスパートで
ようやく勝負が決まるという劇的な展開に。

最後の大六野選手はやはり強かった。
そしてNHPSの31歳の岩田選手は胸が熱くなるような走りで、
1月1日から素晴らしい戦いを見ることができました。

〇箱根駅伝
  優勝:東海大 10:52:09
    2位:青山学院大 10:55:50
    3位:東洋大 10:58:03
    4位:駒澤大 11:01:05
    5位:帝京大 11:03:10

往路優勝が東洋大、復路優勝が青山学院大、そして総合優勝が東海大と
3つとも全て違うのは亜細亜大が優勝したあの2006年以来13年ぶりとのこと。

気象条件が良かったこともあってか、区間新などの好記録が連発しました。

2区では順天堂大の塩尻選手が、同じ大学の先輩になる三代直樹さんの
記録を1秒だけながらも上回る日本人選手最高記録を。
この三代さんの記録は、モグス選手に破られるまで10年近く区間記録だったので、
そこを突破して感慨深いものがありました。

3区では青山学院大の森田選手が区間新を。ここで7人抜きをして
トップに立って、これで青山学院大の総合優勝の可能性が高くなったかと
思いましたが、4区と5区であそこまで遅れたのは意外でした。

総合優勝の東海大は区間賞を獲ったのは1人だけでしたが、
全員が安定していて強かったです。

その唯一の区間賞を獲ったのが東海大四高出身の8区の小松陽平選手で、
しかも区間記録を22年ぶりに更新する区間新で、ここで優勝の行方を
大きく決めたような走りになり大会MVPも獲得で、北海道民として最高でした(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月23日 (日)

男子は倉敷、女子は神村学園が優勝<2018年全国高校駅伝>

今日は午前中から、京都で行われた全国高校駅伝のテレビ中継を
ずっと観ていました。
-------------

●第69回 男子全国高校駅伝 結果(7区間42.195キロ 47校参加)

優勝:倉敷(岡山) 2:02:09 
2位:世羅(広島) 2:02:23  
3位:学法石川(福島) 2:02:52  
4位:九州学院(熊本) 2:03:54  
5位:佐久長聖(長野) 2:03:54  
6位:埼玉栄(埼玉) 2:03:59  
7位:八千代松陰(千葉) 2:04:19  
8位:豊川(愛知) 2:05:19  
9位:洛南(京都) 2:05:38
10位:鳥栖工(佐賀) 2:05:52

21位:北海道栄(北海道) 2:08:39

3区で倉敷のキプラガット選手がトップで繋ぎ、4区では世羅のムワニキ選手が
区間タイの走りでトップで繋ぎ、そして6区で倉敷の石原選手が再び逆転と、
面白い展開の優勝争いでした。

学法石川が3位と大健闘。4区あたりからは「もしかして優勝もあり得るかも」と
思えるくらいでした。

北海道栄は29位→25位→24位→21位→20位→21位→21位と、
エース区間の「華の1区」で藤本選手が29位と悪くない出だしで、
その後も少しずつ順位を上げていく展開で健闘の21位でした。

約8kmの3区と4区で走った小野選手(区間17位)、工藤選手(区間13位)は
ともに2年生なので来年が楽しみです。

------
●第30回 女子全国高校駅伝 結果(5区間21.0975キロ 58校参加)  

優勝:神村学園(鹿児島) 1:07:25  
2位:長野東(長野) 1:07:51  
3位:仙台育英(宮城) 1:07:51  
4位:大分東明(大分) 1:08:04  
5位:須磨学園(兵庫) 1:08:15  
6位:豊川(愛知) 1:08:16 
7位:立命館宇治(京都) 1:08:20  
8位:興譲館(岡山)  1:08:32  
9位:成田(千葉) 1:08:34
10位:北九州市立(北九州) 1:09:03

35位:旭川龍谷(北海道) 1:12:30
47位:札幌日大(北海道) 1:13:46

神村学園がアンカーの5区のカマウ選手にタスキを渡した段階で
トップの仙台育英まで31秒差ということで、結果的にはこの時点で
神村学園の優勝が濃厚となりました。

その状況に持っていった1~4区までの選手達の走りも大きかったです。

長野東は2年連続2位で素晴らしいです。

旭川龍谷は去年が22位だったので今年も期待したのですが、
札幌日大とともになかなか上の位置でレースを進めることができませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月16日 (日)

2019年箱根駅伝

毎年、お正月の3日間はニューイヤー駅伝と箱根駅伝を
スタートからゴールまで見続けるのを伝統行事としています。

箱根駅伝はまずは16人のエントリーが発表されていて、
北海道の高校出身者では、

東海大:小松 陽平(3年、東海大四)
國學院大;藤木 宏太(1年、北海道栄)
上武大:武田 貫誠(3年、滝川西)
上武大:岩崎 大洋(2年、北海道栄)

の4選手がエントリーされているようです。

何とか4選手とも、最終的な10人のメンバーに入って本番で走ってほしいと
願うばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 2日 (日)

服部勇馬が2時間07分27秒で優勝<2018年福岡国際マラソン>

今日はお昼から「第72回福岡国際マラソン」のテレビ中継を観ていました。

----------
●第72回福岡国際マラソン 結果

1位 服部 勇馬(トヨタ自動車) 2:07:27-MGC獲得
2位 イエマネ・ツェガネ(エチオピア) 2:08:54
3位 アマヌエル・メセル(エリトリア) 2:09:45
4位 設楽 悠太(Honda) 2:10:25(MGC獲得済み)
5位 園田 隼(黒崎播磨)  2:10:31(MGC獲得済み)
6位 山岸 宏貴(GMO)  2:10:42-MGC獲得
7位 福田 穣(西鉄)  2:10:54-MGC獲得
8位 佐々木 悟(旭化成) 2:11:40
9位 橋本 峻(GMO)  2:11:40
10位 川内 優輝(埼玉県庁)  2:12:03
----------

服部勇馬選手は35km~40kmのラップタイムが14分40秒、
そこからゴールまでの2.195kmが6分35秒と非常に早く、
優勝争いをしていたツェガネ選手、メセル選手を一気に突き放して、
テレビの前で興奮しました(^^)

今日は気温が20℃くらいあって、12月開催となってからの福岡では
大会史上で最も暑かったようですが、その中でのこのタイムと内容は
素晴らしいです。

そんな暑さもあってか、全体的にはタイムは伸びなかったものの、
山岸選手と福田選手もMGC出場権を獲得しました。

「2時間11分00秒以内で日本人3番手までにゴール
(既に獲得済みの選手は順位の対象外)」

という条件を考えると、この2人はギリギリのゴールタイムだったように
思えますが、実は2人とも「2レースの平均で2時間11分00秒以内」の
ワイルドカードの権利の挑戦権も持っていて、今日は2時間11分30秒で
ゴールでもそこをクリアしていたので、少しは余裕はありました。

とにかく服部勇馬選手の快走に心躍った日曜日の昼間となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月25日 (日)

パナソニックが連覇<2018年クイーンズ駅伝>

今日は昼から駅伝中継を観ていました。

----------------
●第38回 全日本実業団女子駅伝  結果(6区間42.195km:22チーム参加)

1位 パナソニック 2:15:22
2位 天満屋 2:16:19
3位 ダイハツ 2:16:32
4位 ヤマダ電機 2:16:35
5位 ワコール 2:16:52
6位 豊田自動織機 2:16:53
7位 JP日本郵政グループ 2:16:53
8位 デンソー 2:16:57

19位 ホクレン 2:21:53

パナソニックが1区からずっと首位を走って、
4区で後方と差が詰まって分からなくなったかと思いましたが、
5区の堀選手が日本郵政の鍋島選手と同タイムの区間新の快走で
勝負ありでした。

「美味しい物をたくさん食べて勝つ」の考え方が広まってくれるといいですね。
結果が出ると説得力がありますし。

今日、パナソニックで区間賞を獲った3選手は去年のこの大会でも
3人とも区間賞を獲っていて、1年で終わらないのも素晴らしいです
(去年は森田選手は同じ1区、渡邊選手は2区、堀選手は3区)。

そしてホクレンは1年前のこの大会のリプレーを見ているような展開で、
順位も去年と全く19位で残念な結果でした。

また来年に期待します。

<区間賞>
1区 森田 香織(パナソニック)
2区 山本 菜緒(豊田自動織機)
3区 渡邊 菜々美(パナソニック)
4区 H.エカラレ(豊田自動織機)-区間新
5区 堀 優花(パナソニック)、鍋島 莉奈(JP日本郵政グループ )-区間新
6区 市川 珠李(ヤマダ電機)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 5日 (月)

青山学院大が2年ぶりの優勝<2018年全日本大学駅伝>

昨日行われた全日本大学駅伝(8区間106.8km)について簡単に振り返ります。

昨日は6区の途中まで観て、それから札幌ドームへサッカー観戦に行って、
家に戻ってから録画していた駅伝中継を引き続き観るという形でした。

3区から4区へのタスキ渡しの段階ではトップが東海大で、
青山学院大は37秒差となっていました。

そこからの3区間で青山学院大が26秒→24秒→11秒と少しずつ詰めていって、
そして7区の17.6km区間でエースの森田選手が逆転と面白いレースでした。

今度の正月の箱根駅伝も青山学院大が優勝候補の完全に筆頭でしょうが、
2日目の8区、9区あたりまで縺れる展開になってほしいです。

----------------
●第50回 全日本大学駅伝対抗選手権大会(8区間106.8km) 結果
  *27チーム参加(オープン参加2チーム含む)

優勝 青山学院大学  5:13:11
2位 東海大学  5:15:31
3位 東洋大学  5:15:57
4位 駒沢大学  5:17:29
5位 帝京大学  5:18:34
6位 國學院大学  5:19:50
7位 法政大学  5:20:21
8位 城西大学  5:20:29
------------(シード権)
9位 明治大学  5:20:37
10位 神奈川大学  5:21:06

23位 札幌学院大学  5:46:21

<区間賞>
1区 石井 優樹(日本学連選抜-関西学院大学)
2区 荻久保 寛也(城西大学)
3区 館澤 亨次(東海大学)
4区 塩尻 和也(順天堂大学)
5区 吉田 祐也(青山学院大学)
6区 吉田 圭太(青山学院大学)
7区 P.M.ワンブィ(日本大学)
8区 相澤 晃(東洋大学) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月16日 (日)

男子マラソンで2時間01分39秒の世界記録が!

今日は夕方、大相撲中継を観ていて「あぁ~稀勢の里が負けた~」と思って、
その直後に何となくパソコンを弄っていたら、現在ベルリンマラソンが行われていて、
男子が凄いことになっている最中という情報が。

慌てて調べてみたら、家で契約しているケーブルテレビで観られる
CS放送のテレ朝チャンネル2で生中継をしていることが分かり、
先頭が35km通過のあたりから観ることができました。

ここまでの世界記録がキメット選手の2時間02分57秒で、
今日は同じケニア人のキプチョゲ選手が2時間01分39秒でゴールして、
従来の世界記録を1分18秒更新する驚異的な世界新記録。

しかもそのキプチョゲ選手、ゴール直後にも42.195kmを走り切った人間とは
思えないような元気な様子で喜びを爆発(^^)

日本人選手も、駒澤大学時代には1区のスペシャリストだった富士通所属の
中村匠吾選手が2時間08分15秒くらいで4位でゴール。これも素晴らしい。

日清の佐藤悠基選手も2時間09分15秒くらいでゴールして、
これで2月の東京マラソンに続いてのサブテン達成。

女子ではダイハツの松田瑞生が2時間22分23秒の自己ベストでゴール。
初マラソンの1月の大阪国際女子マラソンで2時間22分44秒の好タイムを出して、
そして2回目の今回もこのタイムで、初マラソンから2回連続の2時間22分台は
凄いのでは(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月27日 (月)

「2018年北海道マラソン」の結果

今日は有給休暇を取得しての嬉しい休みです。

昨日の夜はビールを飲みながら、録画していた北海道マラソンの中継を
「あぁ~、このコースを自分も走っていたんだよなぁ~」と思いながら観るという、
1年に1回だけ体験できる極上の夜を過ごしました(^^)

●2018年北海道マラソン 結果

<男子>
1位 岡本 直己(中国電力) 2:11:29-MGC
2位 ポール・クイラ(コニカミノルタ) 2:11:58
3位 谷川 智浩(コニカミノルタ) 2:12:02-MGC
4位 大塚 祥平(九電工) 2:12:07-MGC
5位 中本 健太郎(安川電機) 2:12:54-MGC
6位 早川 翼(トヨタ自動車) 2:14:05

<女子>
1位 鈴木 亜由子(JP日本郵政グループ) 2:28:32-MGC
2位 前田 彩里(ダイハツ) 2:30:56
3位 谷本 観月(天満屋) 2:31:34
4位 沼田 未知(豊田自動織機) 2:34:35
5位 床呂 沙紀(京セラ) 2:37:16
6位 加藤 岬(九電工) 2:37:36

という結果でした。

男子はレース終盤は上に書いた6人の先頭集団に。

ゴール後にもらった号外では、岡本選手の優勝とMGC出場権を獲得したのが
計4名という情報が載っていて、家に帰ってからはあえてネットで結果を調べずに
中継を観ていました。

「この中から誰か1人だけがMGCがダメだったのか・・」

とそれが誰かが気になっていましたが、早川選手だったんですね。
新川通を折り返した後にペースを上げて出たのが最後に響いたのかも。

中本選手は2時間13分00秒以内という基準の中、
ギリギリで獲得できて何よりでした。

そして優勝した34歳の岡本選手、先頭集団から抜け出した瞬間が映っていなくて
残念でしたが、北海道大学に入ってから一旦はクイラ選手に追いつかれそうに
なりながらも再び引き離しての見事な優勝でした。

「駅伝では活躍するんだけど、マラソンでは・・・」

というイメージが強かったので、優勝は正直ビックリしましたが嬉しかったです(^^)

女子は期待の鈴木選手が優勝。今後が楽しみです。

最後に、昨日の僕の5km毎のタイムを書いておきます。
次回からのブログでは自分の走りについて振り返りたいです。

  5km通過 28分36秒(スタートのロスタイム1分27秒を除くと27分09秒)-3360位
10km通過 54分36秒(26分00秒)-3645位
15km通過 1時間20分47秒(26分11秒)-3572位
20km通過 1時間47分12秒(26分25秒)-3520位
(中間地点:1時間53分07秒)-3482位
25km通過 2時間14分05秒(26分53秒)-3418位
30km通過 2時間42分09秒(28分04秒:トイレの小休憩約1分を含む)-3401位
35km通過 3時間09分40秒(27分31秒)-3210位
40km通過 3時間38分21秒(28分41秒)-3033位
ゴール     3時間50分38秒(12分17秒)-2973位

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月15日 (日)

ボストンマラソン(中本選手は残念ながら欠場)

今日は夕方4時過ぎから7kmほどのランニングをしてきました。
ホームコースの1つとしている河川敷を今年初めて走って、
久しぶりで懐かしい気分になりました。雪はほぼ無くなっていました。

さて、昼間に見ていたアタック25で、

「今月行われるボストンマラソンとロンドンマラソン、
第1回目の大会が行われた年が昔の大会はどっち?」

のような問題が出ていました。

正解はボストンマラソンが1897年で圧倒的に歴史の古い大会でしたが、
そのボストンマラソンは日本時間では明日の夜11時にスタートとなります。

日本人選手では中本健太郎選手(安川電機)と川内優輝選手(埼玉県庁)が
招待選手となっていて、この2人と言えば2012年の別府大分毎日マラソンでの
歴史に残るような熾烈な優勝争いが思い出されます。

そんなこんなで、両選手のファンの僕は明日のボストンマラソンの結果を
楽しみにしていたのですが、先ほどスタート時間を確認しようと検索したら、

「中本選手は疲労骨折の回復が思わしくなく欠場」

というのを知ってショックでした。

*安川電機陸上部のホームページ
https://sports.yaskawa.co.jp/track-field/column/201804131689/

まずはしっかりと治療して、この冬のマラソンシーズンで
また中本選手の走りを見たいです。

*4月17日(火)午後8時追記

川内選手が優勝!大雨と強風の中のレースとなって、川内選手にとっては
絶好のコンディションだったようです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月11日 (日)

春よ、来い

昨夜は北海道コンサドーレ札幌の勝利についてブログ更新をする予定でしたが、
「札幌1-3清水」という結果で、そのまま不貞寝しました(^^)

ランニングに関しては、昨日は10km、今日は8kmほどの距離を走りました。
特に今日は、思いのほか歩道でもアスファルト路面が出ている箇所がありました。

天気予報を見ると、火曜日から気温の高い日が数日続くようなので、
来週の週末はもっと走り易い状態になってくれると期待します。

それと今日の午前中は名古屋ウィメンズマラソンを観ていました。
22歳の関根選手が5kmを17分前後のラップタイムで刻んでいって、
最後まで特に失速することなく走り切っての2時間23分07秒でのゴールでした。

「名古屋で20代前半の選手が快走→その次のレースから苦戦」

というのが続いているのも最近の名古屋ですが、
関根選手には大いに期待したいです。

あとは、これまでの自己ベストが2時間28分台の32歳の野上選手が、
自己ベストを2分近く更新する健闘の走りでMGC出場権を獲得したのが
印象に残りました。

-------
2018年 名古屋ウィメンズマラソン 結果

1位 メスケレム・アセファ(エチオピア) 2:21:45
2位 バラリー・ジェメリ(ケニア)  2:22:48
3位 関根 花観(JP日本郵政グループ)  2:23:07  MGC
4位 岩出 玲亜(ドーム)  2:26:28  MGC
5位 野上 恵子(十八銀行)  2:26:33  MGC
6位 田中 華絵(資生堂)  2:27:40
7位 メリマ・モハマド(バーレーン)  2:27:41
8位 小原 怜(天満屋)  2:27:44

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧