2017年8月20日 (日)

北海道マラソンまで1週間

昨日と同じように、今日も午後1時前から走ってきました。
走った距離は10kmほどでした。

札幌市の今日の最高気温は26.6℃とほぼ平年並みで、日差しもあって
結構な暑さは感じましたが、1週間後の北海道マラソン本番に向けて、
ちょうど良い状況の中での予行練習になったと思い込んでおきます。

Doumarataremaku_2

ヤフーの天気ページの週間予報を見てみると、
今日の午後5時発表の大会当日の札幌市の予報は、

8月27日(日)
 晴れ時々曇り、最高気温26℃、最低気温18℃、降水確率20%

ということで、今のところはだいたい平年並みとなりそうな予報となっています。

「今年は何かの間違いで、バカみたいに涼しくなってくれないかなぁ~」

という淡い期待は叶いそうにはありませんが、最高気温26℃なら
北海道マラソンとしてはまずまずの悪くはない条件なので、
この予報の通りにいってほしいと願うばかりです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

土曜日のランニング

今日は午後1時前から1時間近くのランニングをしてきました。
走った距離は12kmほどでした。

8月27日(日)に行われる北海道マラソンのフルマラソン本番までは
約1週間となりましたが、明日も10kmほどを走る予定です(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

北海道マラソンまで11日

今日は悲しい夏休みの最終日です。

そんな今日はお昼の12時30分頃から15kmほどのランニングをしてきました。
アメダスのデータを見ると、札幌市の最高気温は走っている最中の13時15分に
記録した26.4℃ということで、日差しが弱かったのは助かりましたが、それなりに
暑さを感じながらの走りとなりました。

8月27日(日)の北海道マラソンのフルマラソン本番まで残り11日となって、
これからは次の週末の土・日と来週の水曜日あたりに走る予定です。

「あと3回練習で走ればいいんだ」

ということで、本番のことはひとまず忘れて、まずはその「練習終了日」が
待ち遠しいです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

夏休みの4日目

今日は夕方の4時過ぎから、1時間ちょっとの12kmほどの
ランニングをしてきました。3日ぶりの走りとなりました。

今日走っている中では、その3日前の26km走のダメージは
特に感じなかったので一安心です(^^)

昨日は、夕方から世界陸上の男子50km競歩の中継をずっと観ていました
(日本代表の荒井選手が銀メダル、小林選手が銅メダル)。

その中継の中で「競歩はどちらかの足が必ず地面に着いていないといけない」と
いう説明があって、今日のランニングの最中にもそれが頭に残っていて、

「そういうルールがあるということは、普通に走っている最中には、
両足がとも地面から離れて宙に浮いている瞬間があるのかな?」

と確認しながら走ったのですが、結論としては良く分からなく、
これ以上変に考えると走るバランスが崩れそうになったので、
途中からはその案件は忘れるようにしました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

山の日のランニング

今日から嬉しい6連休です(^^)

そんな連休の初日は、何故か朝5時40分頃に自然に目が覚めてしまって、
せっかくゆっくりと起きられる休みの日に損をした気分になったのですが、

「あれっ、もしかして絶妙のタイミングでは・・・」

と思ってテレビを付けてみたら、ちょうど織田裕二さんが、

「何も言うことはありません。いよいよ男子200m決勝が始まります。」

というようなコメントを残して、すぐに競技場に映像が切り替わって、
サニブラウン選手の走りを生中継で観ることができてラッキーでした。

結果は7位で、まずは決勝に進出することが素晴らしく、
朝から良いものを観ました(^^)

そんな連休初日の今日は、正午過ぎから走ってきました。

約2週間後の北海道マラソンのフルマラソン本番に向けての
長距離練習をしたいということで、26kmほどの距離を走ってきました。
走った時間は手元の時計で2時間16分でした。

今日の札幌市はアメダスのデータによると、

12時 24.0℃
13時 24.8℃
14時 24.5℃

で最高気温は12時43分に記録した25.8℃と、それなりに気温は
高かったようですが、今日は厚い雲に覆われて日差しが無かったので、
直射日光を浴び続けた1週間前の23km走よりもだいぶ楽でした。

走ったコースは前田森林公園~新川通~国道337号線(ちょっとだけ)~
下手稲通~手稲稲積公園~浜ちゃんぽんという感じでした。

20kmを超えるような練習はこれで最後の予定で、
ひとまず今は開放感があります(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 5日 (土)

前田森林公園までのランニング

今日は正午過ぎから2時間ちょっとのランニングをしてきました。
走った距離は23kmほどでした。

目標地点を手稲の前田森林公園として、大雑把に言って
公園まで10km、公園内を3km、家まで10kmの計23kmでした。

前田森林公園の中の水路にはカモさんがいて癒されました。

アメダスのデータによると今日の札幌市は、

12時  25.6℃
13時 26.4℃
14時 26.9℃

ということで、日差しも強くて結構な厳しい暑さだったので、
公園内の水飲み場での冷たい水が異常なまでにありがたい存在でした(^^)

終盤はかなりヘロヘロになりましたが、何とか走り切ることはできて、
3週間後の北海道マラソンに向けて、ひとまずは貴重な2時間走になったと
思い込んでおきます。

それと、今日の深夜と言うのか明日の早朝と言うのか分かりませんが、
TBS(北海道ではHBC)のテレビ番組欄を見ると、

・3時00分頃~生中継
 「男子100m準決勝:ボルト、サニブラウン、多田、ケンブリッジ」

・5時40分頃~生中継
 「男子100m決勝」

ということで、日本代表の3選手は全員予選を突破して準決勝に進んでいて、
さらにボルトは世界大会での最後の100m走となるので、本来は準決勝も決勝も
生中継で観たいのですが、なかなか厳しい時間帯です(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日)

スタートは今年もCブロックに(2017年北海道マラソン)

今日は正午過ぎから15kmほどのランニングをしてきました。

札幌市の今日の最高気温が29.2℃ということで、
暑さがなかなかの強敵でした。

途中、手稲稲積公園の中を走り、ていねプールの中の様子も
チラッと見えましたが、この暑さでお客さんがかなり入っていたようです。

さて、8月27日(日)に行われる北海道マラソンのゼッケン引換証のハガキが、
この前の木曜日に届きました。フルマラソンを走ります。
Doumarahagaki_2

スタートのブロックは去年までと同じく「Cブロック」でした。
申し込み時に書いた持ちタイムは3時間36分で、ゼッケン番号は
3000番台の中盤でした。

別に送られてきた大会案内を見てみると、並ぶ位置も去年までと同じようで、
当日のスタート時のイメージがし易くてありがたいです。

去年はこのCブロックの中ではかなり後方に並んで、
スタート地点に辿り着くまでは1分21秒でした。

フルマラソンのスタートのブロックは7つに分かれていて、
大雑把に言えば、

・AとBの合計・・・1000人
・C・・・3000人
・D・・・3000人
・E・・・3000人
・F・・・3000人
・G・・・3000人

というくらいの感じなのかなと推測します。

去年はフルのDブロック後にファンランのEブロックが入っていましたが、
今年はそれを止めて、フルが全てスタートしてからH、Iブロックのファンランが
スタートする形に戻したようです。

もしかしたら去年の大会後、改善を要望する声がかなりあったのかもしれません。

あとは手荷物エリアは大通西3丁目ということで、これも例年通りなのですが、
西8丁目でゴールしてからこの西3丁目まで移動するのがなかなか大変で、
北海道マラソンは、

「手荷物を受け取って芝生に座った瞬間が実質上のゴール」

という感覚です(^^)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年7月29日 (土)

浦和レッズから貴重な勝ち点3を獲得!<北海道コンサドーレ札幌>

今日は正午過ぎから1時間30分ちょっとのランニングをしてきました。
走った距離は17kmほどでした。

アメダスの札幌市のデータによると、

12時 25.6℃
13時 26.0℃

ということで、北海道マラソン当日もこのくらいの気温まで上がることが
多いので、ちょうど良い暑さの中での練習になりました(^^)

最後は結構バテバテになりましたが何とか家まで辿り着いて、
急いでシャワーを済ませて、午後2時から札幌ドームで試合開始の
サッカーJ1リーグの「北海道コンサドーレ札幌×浦和レッズ」の
試合中継をUHBで観ました。

---------
サッカーJ1リーグ 第19節 札幌ドーム

北海道コンサドーレ札幌 2-0 浦和レッズ

得点:都倉(前半32分)
    ジェイ(後半43分)
----------

ヤフーページの「話題のキーワードランキング」のようなものを見たら、
16時44分時点で、

1位 槙野
2位 都倉
4位 ミシャ
5位 3枚替え
6位 浦和
8位 ジェイ

ということで、これで今日の試合の全てが語られている感じです(^^)

3万3千人が入った札幌ドームの試合での嬉しい結果になりました!

試合の感想を箇条書きで(戦術的なことは一切分かりません)。

・前半5分くらいで札幌のセンターバックの横山がいきなりの負傷交代。
 一瞬「終わった・・」と思いましたが、交代した21歳の進藤が奮闘。

・都倉、久しぶりのゴールはCKから槙野と競り合っての頭でのゴール。  
 都倉の強さが出た素晴らしい先制点。

・槙野、都倉の顔を蹴ったのが故意かどうかはテレビを観た限りでは
 分かりませんでしたが、試合の大きな分岐点に。

・後半開始と同時に浦和はいきなり3枚替え。
 「残り45分、交代できる選手がゼロの状態で大丈夫か?」と敵ながら
 心配になりました。

 そして5分くらい経過した段階で那須が痛んで ピッチを去り
 (左脚の太もも裏の肉離れ?)、実質上「11対9」に。

・この2人多い状況でも浦和に攻め込まれる時間帯が多く、
 「やっぱり浦和の選手はレベル高いなぁ~。それに比べると札幌はまだまだ・・」と
 いうのが率直な感想。

・タイからの新戦力のチャナティップは巧くて早い!  
 ここ1週間でタイ遠征と大阪遠征が続いて体調は万全では
 無かったと思いますが、これからが非常に楽しみです。

・同じく新戦力のジェイが途中出場からのダメ押しゴール(小野からのアシスト)。
 いきなり結果が出たのは大きいです。


そんなこんなで札幌は「19試合:勝ち点19(5勝4分け10敗)」となり、
「試合数=勝ち点」というJ1残留ラインの一つの目安に並びました。

前節までの「18試合で勝ち点16(4勝4分け10敗)」というのは、
前々回のJ1にいた2008年と全く同じ状況でした。

その9年前は、そこからの残り16試合を「0勝2分け14敗」でどうにもならなくて
5試合を残してJ2降格を決めてしまいました。

とりあえず、今日でその9年前を超えました
(前回J1の5年前の年間勝ち点14は既に超えています)。

次節は8月5日(土)にアウェーでセレッソ大阪戦。
GKのク・ソンユンが今日のイエローで累積4枚となり出場停止となっていて、
古巣相手との試合に出られないのは悔しいでしょうね。

DFの横山も右足首の捻挫かそれ以上のケガをした恐れがあり、
首位のセレッソ相手に敵地で苦しい試合になるでしょうが、
「4-3」くらいの打ち合いの試合で勝ってくれることを夢見ています。

とにかく、これからの1週間は気分良く過ごせます(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月26日 (水)

10点リードからの大逆転負け

今日は仕事が終わった後に1時間30分ほどのランニングをしてきました。
走った距離は18kmほどでした。

家に戻ってからすぐにプロ野球の試合経過をチェックしたら、
神宮球場では6回裏の攻撃中で「中日10-0ヤクルト」となっていました。

さすがにここから負けるとは想像できませんでした(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

白鵬が39回目の優勝<大相撲名古屋場所>

今日は正午過ぎからちょうど1時間のランニングをしてきました。
走った距離は12kmほどでした。

今日の札幌市の最高気温は走っている最中の12時21分に記録した
28.1℃ということで、日差しも強くて結構な暑さでした。

ただ、空気はわりとカラッとした感じで風もあったので、
そこは救われました。

家に帰ってからは、夏の高校野球の南北海道大会決勝の
「北海×東海大札幌」のテレビ中継を観ました。

いきなり1回裏に東海大札幌が5点を先制して、どんな試合になるかと
思いましたが、そこから北海が追い上げて6回表に5-5の同点に追いつき、
そして9回表に勝ち越しての逆転勝利となりました(北海6-5東海大札幌)。

昨日の北北海道大会の決勝戦に続いて白熱の好試合でした。

北海は3回途中から多間選手が2番手投手として登板して、
そのまま無失点で9回まで投げ切りました。

そして9回の決勝タイムリーもその多間選手ということで大活躍でした。

この多間選手、2年生だった去年の夏の甲子園決勝の作新学院戦で登板して、
その試合での打撃では西武からドラフト1位指名を受けた今井投手から3安打。
やっぱりバッティングも良いようで。

今年の甲子園では中心選手として活躍することを期待です。

そして千秋楽を迎えた大相撲の名古屋場所では、
白鵬が日馬富士との横綱対決に勝って、
14勝1敗で39回目の優勝を達成しました。

今日の取り組みで一番心配していた展開が
「立ち合いの変化で一瞬で勝負が決まる」だったので、
まずはお互いに左上手を引いてがっぷり四つになった瞬間、
とにかくホッとしました。

最後に熱戦で優勝が決まり、綺麗な締めくくりになって満足でした(^^)

また、北海道旭川市出身の旭大星は負けてしまい8勝7敗となりました。
今は十両の東6枚目なので、たぶん翌場所は1枚上がっての5枚目くらいかなと
勝手に推測しています。

翌場所、2ケタ勝てば状況によっては新入幕も見えてくるので、
新十両が確実の矢後(芽室町出身)とともに来場所も楽しませてほしいです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧