2017年4月22日 (土)

「2017年日刊スポーツ豊平川マラソン」のゼッケン引換証のハガキが到着

今日は正午過ぎから7kmほどの距離を走ってきました。
2日前の20km走の影響で、脚にダルさがやや残っている感じだったので、
少し軽めの練習にしておきました。

さて、何日か前に、5月5日(金・祝)に行われる
「第29回 日刊スポーツ豊平川マラソン」のナンバーカード引換証の
ハガキが到着しました。
Nikkanhagaki29
ハーフマラソンを走ります。

スタートブロックは「Cブロック」ということで、
去年と同じなのでまずは一安心です。

そして、今年から「男子ハーフ40歳~49歳」の部に出世となりました(^^)

--------------
サッカーJ1リーグ 第8節  埼玉スタジアム(NHK-BSの生中継で観戦)

浦和レッズ 3-2 北海道コンサドーレ札幌

得点:前半20分 ラファエル・シルバ(浦和)
    前半34分 兵藤 慎剛(札幌)
    前半40分 関根 貴大(浦和)
    後半29分 興梠 慎三(浦和)-PK
    後半42分 福森 晃斗(札幌)

兵藤の同点ゴール、そして福森の直接FKからのゴールと、
テレビの前で2回、変な声を出して絶叫してしまいました。

アウェーの浦和戦ということで、ある意味では、

「リーグ戦34試合の中で、最も負けても仕方ないような試合の1つ」

ではあったのですが、「もう少しの『何か』があれば、引き分けにも・・・」と、
悔しさの残る試合とはなりました。

それでも、最後まで「もしかして、もしかして」とドキドキできたような、
楽しい土曜日の午後となりました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

♪夢見る風になって~激しく駆け抜けたい~♪

今日の日曜日は、午後からテレビ中継で北海道コンサドーレ札幌の試合と
競馬の皐月賞を観た後、夕方4時過ぎから15kmほどの距離を走ってきました
(我らが中日ドラゴンズの試合には一切触れません・・・・)。

今日の札幌市のアメダスのデータによると、

午後4時 気温13.4℃、風速9.6m/s(北西)
午後5時 気温12.6℃、風速7.8m/s(北西)

ということで、風の強さには悩まされましたが、今日走ったコースは
全般的には前半が向かい風、疲れが出てくる後半は追い風だったので、
そこはかなり助かりました。

今シーズン初戦の5月5日(金・祝)の「日刊スポーツ豊平川マラソン」の
ハーフマラソン本番まで3週間を切ったので、次の週末には何とか20km走を
したいと思っています(^^)

---------
サッカーJ1リーグ 第7節 札幌ドーム

北海道コンサドーレ札幌 1-1 川崎フロンターレ

得点:後半29分 小林 悠(川崎)-PK
    後半37分 都倉 賢(札幌)

後半にPKで先制点を奪われた後、正直言って、ゴールを取れる期待感は
あまり無かったので、菅が粘った後の荒野のクロスからの都倉がゴールを
決めた瞬間は、喜びよりも突然訪れたビックリの感覚が大きかったです(^^)

先週はFC東京に勝ち、そして今日は川崎フロンターレに引き分けるという、
そんな夢のような現実が続いているので、来週の土曜日もアウェーの浦和戦で
「ジャイアントキリング」を一発喰らわせたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月12日 (水)

プロ初勝利とプロ初ホームラン

今日は寒い1日で、特に帰り道の自転車は凍えました。

さて、今日のプロ野球ですが、我らが中日ドラゴンズは
神宮球場で行われた試合で、

「中日 5-2 ヤクルト(延長10回)」

という結果となり、今年10試合目で早くも4回目の延長戦の中、
ようやく今年の2勝目に辿り着きました(2勝6敗2分け)。

7回裏の守備での、ビシエドの落球によるタイムリーエラーは
あまりにもアレで心の底からガッカリしましたが、延長10回表、
代打藤井の決勝タイムリーの瞬間は、思わずテレビの前で
叫んでしまいました(^^)

それに続いて、亀澤がビックリのプロ初ホームラン。

そして今日の勝ち投手は、8回裏、9回裏の2インニングを
ゼロで抑えた三ツ間となり、これが記念すべきプロ勝利に。

亀澤も三ツ間も育成ドラフト出身ということで、
なかなか感慨深い初&初になりました。

そして今夜は、サッカーのルヴァン杯も行われ、アウェーの日本平で
「清水エスパルス 0-1 北海道コンサドーレ札幌」という結果で
ルヴァン杯は2連勝となり、暫定ながらAグループでまさかの首位に(^^)

決勝ゴールは、後半36分の菅のコーナーキックからの進藤のゴールという、
U-21コンビでのゴールだったとのこと。

もしかして進藤もプロ初ゴールかなと思ったら、今までに
天皇杯で1ゴール、U-23選抜で2ゴールは決めていたようです。

そんなこんなで、とにかく気分の良い水曜日の夜となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 8日 (土)

FC東京に勝った!!!!<北海道コンサドーレ札幌>

今日は午前中に床屋に行って「自称・爽やかな青年」になってきて、
そして夕方4時過ぎから1時間ちょっとのランニングをしてきました。

札幌市の最高気温が水曜日が15.4℃、木曜日が18.1℃という記録から一転して、
今日の最高気温は7.5℃で、さらに風も強く、手袋を「履かない」で走ったのは
完全に判断ミスでした(^^)

そして夜は、テレビ北海道で午後7時から生中継された、
サッカーJ1リーグの札幌ドームでの札幌の試合中継を観て、

------------------
サッカーJ1リーグ 第6節 札幌ドーム

北海道コンサドーレ札幌 2-1 FC東京

得点:前半8分 東 慶悟(FC東京)
    前半42分 ジュリーニョ(札幌)
    後半14分 都倉 賢(札幌)
------------------

の逆転勝利という結果に、興奮がとにかく収まりません(^^)
最高の気分です!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

J1リーグ戦の初勝利!(北海道コンサドーレ札幌)

今日から嬉しい3連休です!

そんな今日は、午後2時過ぎに試合開始の、札幌ドームでの
サッカーJ1リーグの試合をNHKの生中継で観ていて、

「北海道コンサドーレ札幌 2-1 サンフレッチェ広島」

得点:前半12分 都倉 賢(札幌)
    前半21分 水本 裕貴(広島)
    前半44分 オウンゴール(札幌)

ということで、J1リーグ戦の4試合目にして初勝利を!

試合全般的には攻め込まる時間帯が圧倒的に長くて
苦しい試合展開ではありましたが、良く凌ぎきってくれました。

これで4試合を終えて、1勝1分け2敗の勝ち点4という状態に。

基本的に例年「試合数=勝ち点」がJ1に残留できるかどうかの
ギリギリの目安のラインという感じで、J1リーグは34試合あるので、
年間で勝ち点34のあたりがまずは目標地点となります。

そんな中の「4試合で勝ち点4」は、まだまだ序盤とはいえ、
数字の上では希望が持てるような結果になっています(^^)

次の試合は、サッカー日本代表のW杯アジア最終予選の試合がある影響で、
2週間後の4月2日(日)にアウェーでの甲府戦となります。

まずはほんの少しだけ体を休めて、そこから良い状態で
次の準備をしてほしいと願うばかりです。

そんなこんなで最高の気分の中、午後4時30分頃から50分ほどの
ランニングをしてきました。

風が結構強くて走りにくい面もありましたが、とにかく気分が良かったので、
ほとんど気にならずに快適に走ることできました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土)

引き分け(北海道コンサドーレ札幌)

今日は正午過ぎから1時間ちょっとのランニングをしてきました。

札幌市の今日の最高気温は+4.0℃で日差しも強く、
今の時期としては走るのには気持ち良い状況でした。

ただその分、雪解けによって足元はベチャベチャな箇所が多かったため、
身体の上半身は心地良さがありながら、反対に下の部分は不快感があって、
走っていて不思議な感覚がありました(^^)

家に戻ってからは遅めのお昼ご飯を食べて、そして午後3時過ぎに
試合開始の北海道コンサドーレ札幌の試合中継を観ました。

----------
サッカーJ1リーグ 第3節 札幌ドーム(STVでの生中継を観戦)

北海道コンサドーレ札幌 1-1 セレッソ大阪

得点:
 前半13分 マテイ ヨニッチ(C大阪)
 後半28分 都倉 賢(札幌)

1点リードされた後半、ようやく今シーズンの初ゴールが生まれて同点に。

その同点シーン、途中出場の内村からのクロスを都倉が頭で合わせてのゴールで、
「結局はお馴染みの内村と都倉だなぁ」という形に(^^)

その後、何とか勝ち越して勝ち点3を獲得したかったですが、
試合内容的にもまずまずで、ひとまず良かったということにしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 4日 (土)

2連敗・・・(北海道コンサドーレ札幌)

今朝は起きてから、昨日の夜中に中継されていたノルディックスキーの
世界選手権の録画を見ました。

複合団体スプリントで、渡部暁斗、渡部善斗の兄弟で挑んだ日本チームが
3位に入って見事に銅メダル獲得。最後までハラハラしましたが興奮しました(^^)

そして正午から1時間ほど外を走ってきました。
風が冷たかったものの、まずまず順調に走ることができました。

-----------
サッカーJ1リーグ 第2節 横浜(NHK-BSでの生中継を観戦)

横浜F・マリノス  3-0 北海道コンサドーレ札幌

得点:
 後半2分 ダビド・バブンスキー(横浜)
 後半9分 富樫 敬真(横浜)
 後半28分 ウーゴ・ヴィエイラ(横浜)

前半はコーナーキックからの横山のポストを叩くシュートがあったりで
0-0で凌いで、「よしっ!」と思ったのですが、後半は無念の展開に・・・・。

ただ、異論反論はあるでしょうが、「0-3」というスコアよりは
希望が持てるような試合ではあったと思います。

コーナーキックの獲得数はたしか「札幌11-2横浜」という謎の数字で、
ここら辺を足掛かりにして、次節のホーム開幕戦のセレッソ大阪戦では、
今シーズンの初勝利を期待するばかりです。        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月25日 (土)

「2017年北海道マラソン」の大会概要が発表

昨日、今年の北海道マラソンの大会概要が発表されました。
8月27日(日)の午前9時スタートというのだけは、既に以前に
発表されていました。

*公式ページ
http://hokkaido-marathon.com/2017/

フルマラソンではコースも定員(17,000人)も参加料の11,000円もブロック分けも、
去年までと変更はないようです。

可能性はかなり低いとは思ってはいましたが、

「コースを一新します!」

などのビックリな変更がないか、ちょっと期待していました(^^)

インターネットの申し込みは4月2日(日)の午後6時からとのこと。

去年のこのブログを見てみると、4月の最初の日曜日の
午後6時から開始というのは去年と同じようです。

その去年は、約26時間後の翌日の午後8時頃に定員に達して締め切りに
なっていたようで、「クリック合戦」の必要はなさそうですが、忘れないように
今から部屋のカレンダーに記載をしておきました。

----------
サッカーJ1リーグ 第1節 仙台(NHK中継で生観戦)

ベガルタ仙台 1-0 コンサドーレ札幌

得点:後半39分 石原(仙台)

内容はともかく、アウェーの試合で0-0で終盤まで持ち込むというのは、
なかなか望み通りの展開だったのですが、残念でした・・・。

まぁ、そこまで悲観するような試合内容ではなかったということにして、
次節以降に期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 8日 (日)

北海道コンサドーレ札幌の新加入選手が少しずつ発表

明日は全国高校サッカー選手権大会の決勝戦が行われます。
「青森山田(青森)×前橋育英(群馬)」の対戦で、どちらが勝っても
この大会は初優勝とのこと。

「あれっ、前橋育英って何年か前に優勝していなかったっけ?」

と一瞬疑問に思って、良く考えたらそれは高校野球の方だったと気付いた人も、
それなりにいるかもしれません(西武ライオンズの高橋光成投手が2年生の時)。

高校サッカーの決勝戦はだいたい毎年観ているのですが、
その中で印象に残っているのが11年前の2006年に行われた決勝戦です
(延長戦:野洲(滋賀)2-1鹿児島実業(鹿児島))。

延長戦後半での決勝点となった、野洲高校の流れるようなパスからのゴールが
今でも記憶に残っています。

そのゴールの起点となった、左サイドから逆サイドへのサイドチェンジのパスが
綺麗に通った時、会場から「うぉ~」とどよめきのような歓声が起こりました。

そのパスを出したのが、今シーズン、神戸からコンサドーレ札幌へ移籍してくる
田中雄大選手だったようです。先ほどネットを見ていて知りました。

あのパスを出した選手が「田中」という名前の選手だったことも知らず、
その後にJリーガーになっていたことも全く把握していなかったのですが、
あれから11年の月日を経てコンサドーレ札幌と縁が出来たという事実に、
ムダに興奮をしています(^^)

ちなみに11年前のそのシーン、田中選手からのパスを受けたのが、
現在ドイツでプレーしている乾貴士選手だったんですね~。

タイミング良くというか、今日のヤフーのトップページに、
その乾選手が取り上げられた記事が載っていました

「”氷上の股抜き”。シメオネを悩ませた乾貴士のキレ。」
http://bylines.news.yahoo.co.jp/toyofukushin/20170108-00066362/

田中選手のコンサドーレ札幌への完全移籍は昨日正式に発表されていて、
その前日にはサガン鳥栖から早坂選手の完全移籍も発表されています。

今のところ新加入の選手の公式発表されているのは、

DF  田中 雄大(神戸)
DF  濱 大耀(ユースから昇格)
MF  早坂 良太(鳥栖)
MF  キム・ミンテ(仙台)
FW  金園 英学(仙台)
FW  菅 大輝(ユースから昇格)

の6名で、さらに昨シーズン期限付き移籍だった福森晃斗選手が完全移籍、
菊地直哉選手が期限付き移籍延長となっていて来シーズンもプレーします。

ジュリーニョ、ヘイス、マセードのブラジル人3選手とはまだ未契約というのが
少し気にはなりますが、正式契約の前に年末にブラジルに帰ったためで、
合意はしていて後はサインだけという状態だと思い込んでいます。

この3選手を除けば、昨シーズンの主力メンバーはほぼ大半が残留していて、
あとは噂になっている大宮の横山選手や横浜マリノスの兵頭選手なんかが
もし来てくれれば、結構戦えるのではないかとひそかにワクワクしています。

ここ2回のJ1に昇格した2012年と2008年は途中から最下位を独走して、
かなりの試合数を残してJ2降格を決めているため、J1残留争いにすら
加われていませんでした。

そのため、まずは「熾烈な残留争いの中に入る」というものに憧れがあるので、
今シーズンはそこには行けるのではと期待しています(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月18日 (日)

レアル・マドリード 4-2 鹿島アントラーズ(延長戦)

今日の夜はFIFAクラブワールドカップ決勝の試合中継を観て、
試合の途中からは、

「もしかしてひょっとして、これは勝てるのではないべか!?」

と、延長戦まで興奮してしまった日曜日の夜となりました。

試合前のスタメン紹介での「西大伍、札幌ユース出身です」の
アナウンサーの紹介だけで、テレビの前で大盛り上がりでした。

後半の最後の方のレフェリーの、

「イエローを出そうかな~、いや待てよぉ~、この選手は2枚目になるのかぁ~、
じゃあ止めておこうかなぁ~」

というようにしか思えなかった動作もありましたが、それも含めて
結果として負けは負けということで、仕方がないですね(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧