2017年9月18日 (月)

「2017年札幌マラソン」のゼッケンなどが到着

今日は朝から本格的な雨が降り続いていましたが、風はそれほど強くならなく、
午後1時30分頃からはほぼ雨が止んで青空も出てきて、札幌市の少なくとも
僕の住んでいる地域では「台風」を感じることはなくて普通の雨の日でした。

話を変えて、10月1日(日)に行われる「第42回札幌マラソン」でハーフマラソンに
申し込んでいますが、先週の火曜日に早くもゼッケンなどが届きました。
Satumarazekken

スタートブロックは去年と同じく「Bブロック」で一安心です。

さて、今年から僕は「40歳代の部」に昇進しました。
大会プログラムによると男子ハーフマラソンの申込者数は、

10・20歳代・・・646人
30歳代・・・1,169人
40歳代・・・1,672人
50歳代・・・1,404人
60歳以上・・・824人

の合計5,715人となっていて、40歳代の部が1番多くなっていて、
この層に突入することになります(^^)

この大会は毎年、大会翌日の読売新聞北海道版に
上位選手の記録ということで、男子ハーフはそれぞれの年代別に
100位までが掲載されています。
Satumarashinbun_2

ここに名前を載せるのを毎年のひそかな目標としていて、
98位や99位という結果もあったりしながら、毎年ギリギリの攻防を
繰り広げています。

この2年間の30歳代と40歳代の部の100位のタイムを調べてみたら、

2016年
 30歳代:1時間35分13秒
  40歳代:1時間33分17秒

2015年
 30歳代:1時間33分48秒
 40歳代:1時間30分30秒

となっていて、100位以内のラインが40歳代の部では2~3分ほど
上がっている結果に。おそらく例年、こんな感じだと思われます。

ちなみに去年は気温が25℃近くまで上がったので、
全体的にタイムが悪かったと思います。

去年も一昨年も、30歳代の部で僕は新聞に名前を載せることができましたが、
そのタイムを40歳代の部に当てはめると、どちらも100位圏外となっています。

今年のここまで3回走ったハーフマラソンはイマイチな結果になっていて
かなり厳しい状況ではありますが、それでも今年も100位以内を目指して、
まずは今週土曜日の美唄市でのハーフマラソンを全力で走り切って、
次の週の札幌マラソンに繋げていきたいです(^^)
Bibaipanfu

----------
プロ野球
 広島 3-2 阪神
 中日 2-0 巨人
 楽天 4-3 ロッテ(9回に逆転サヨナラ)
 西武 14-13 ソフトバンク(延長10回に逆転サヨナラ)

広島が2年連続のセリーグ優勝決定、中日は代打藤井の決勝2ランで
ルーキーの笠原がプロ初勝利、楽天は3点差を9回裏に一気に逆転サヨナラ、
西武は7点差を引っくり返しての大逆転劇で、今日のプロ野球は面白過ぎました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 5日 (火)

まさかの逆転劇いろいろ

今日のプロ野球、中日ドラゴンズは9回裏の守備、2アウト2塁まで進んでの
「中日8-5巨人」の状態で、さすがに今日は勝てると思ったところ、
ここからまさかの3失点で同点に追いつかれて、そして延長11回サヨナラ負け。

まぁ、最後のサヨナラの場面(1アウト2塁、3塁)は、ボテボテの内野ゴロなどで
決められるよりは、寺内に豪快にスタンドに叩きこまれて逆にスッキリしました(^^)

マツダスタジアムの試合も、9回表に阪神の福留が逆転2ラン、
そして9回裏に広島の安部がお返しの逆転サヨナラ2ラン。

中日が優勝した1999年の優勝争い真っ只中のシーズン終盤に、

「9回表に阪神のジョンソンが逆転3ラン、そして9回裏に中日の山崎武司が
お返しの逆転サヨナラ3ラン」

という僕の中で伝説となっている試合があったのですが、それを思い出しました。

そして今日行われた将棋の王座戦の「羽生善治二冠×中村太地六段」の
第1局目では、終盤に完全に羽生二冠の勝ちになったと思われた局面から
中村六段が必死に粘って反撃に出て、結果は中村六段の逆転勝利。

その逆転劇自体は「凄いものを見たなぁ~」というところなのですが、
羽生二冠の投了の場面、投了せずに△2三桂と受けておけば、
お互いに1分将棋ということもありまだまだ難しかったようです
(ソフトの評価値は互角に近かったとのこと)。

厳密に指せば先手の中村六段が寄せ切れていたのかもしれませんが、
あそこで投了してしまったのが、妙に悲しい気持ちになってしまいました。

羽生二冠の最近は王位のタイトルを菅井七段に1-4で奪われ、
この前の竜王戦の挑戦者決定戦の第2局の松尾八段戦でも難解な局面から、
控え室で「羽生二冠がこう指したら一直線で松尾八段の勝ち」と言われていた
手順を選択して負けたりと、何だか心配になってきます。

次は3日後の金曜日に、その竜王戦の挑戦者決定戦の最終局があって、
勝った方が挑戦権を得ます。

永世竜王の獲得を目指すため、今回はどうしても挑戦者になってほしいので、
金曜日は祈るような気持ちで1日を過ごします。

そんなこんなで何だかグッタリと疲れてテンションが変になっている夜になって、
この勢いで日本時間で日付けが変わる頃から行われるサッカーW杯予選の
「ウズベキスタン×韓国」「サウジアラビア×日本」を立て続けに観たくなって
しまっていますが、それは止めて大人しく寝ます(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月31日 (木)

サッカー・ロシアW杯出場が決定!

今夜はまず、中日ドラゴンズの先発投手だった山井が、ナゴヤドームの
レフトスタンドへと豪快に39歳でのプロ初ホームランを叩きこんだのを観て
ビックリしました。

昨日の高橋周平のランニングホームランに引き続いて、
Bクラスがほぼ確定している状況の中、楽しませてくれます(^^)

ちなみに昨日のそのランニングホームランのシーンでは、
「がんばれ!タブチくん!」で登場した「タブラン」という単語を
思い出してしまいました。

そして夜7時30分過ぎにキックオフのサッカー・ロシアW杯アジア最終予選では
「日本 2-0 オーストラリア」という結果で、1試合を残して日本はW杯本大会の
出場を決めました。

前半の浅野の先制点の時は「オフサイドは大丈夫だよね?」という感じで
やや喜びのタイミングがズレてしまいましたが、終盤の井手口の2点目の
シュートが決まった瞬間には、テレビの前で思わず叫んでしまいました。

最終戦の9月5日のサウジアラビア戦の試合開始時間を知らなくて、
「まぁ、結構夜遅くなんだろうなぁ~」くらいで油断していたところ、
今日の中継の中で「日本時間で夜中(超早朝?)の2時30分から開始」と知って、

「それは観るのはキツい・・・、頼むから今日勝って決めてくれ!」

と日本代表を応援する気持ちがより一層強くなりました(^^)

とにかく良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月12日 (土)

今年の夏の高校野球は終了

今日は雨で、さらに昨日のランニングの疲れも残っていたので、
1日中家でゴロゴロしながら高校野球の北海道代表の2試合を観ました。

・滝川西(北北海道) 3-15 仙台育英(宮城)
・北海(南北海道) 4-5 神戸国際大付属(兵庫)

ということで、僕の中では今年の甲子園は終了しました。

北海は非常に惜しかった(悪夢の逆転3ラン)。
先発の阪口投手、身長186cmの恵まれた体格と140キロ台のストレート、
もしかしたら将来プロで活躍できるのではと妄想しています。

滝川西はあの満塁の走者一掃の2ベースの瞬間、
逆転サヨナラ勝ちをしたかのように絶叫してしまいました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

あー夏休み

僕の職場では今年は14日(月)~16日(水)の3日間が夏季休暇となっていて、
その前の祝日と土・日を合わせて、11日(金)から嬉しい6連休となっています。

まだ明日から普通勤務が4日間続くのですが、
それは気にしないようにして日曜日の夜を過ごしています(^^)

そんな今日は正午過ぎから7kmほどのランニングをしてきました。
昨日の2時間走の疲れが残っていて、さらに暑さと日差しの強さもあって、
少し軽めの練習にしておきました。

今日の夕方のスポーツ観戦では、我らが中日ドラゴンズの岩瀬仁紀が、
通算登板数950試合の日本新記録を達成した試合を日テレG+で観ました。

その今日の東京ドームでの試合で、1点リードの9回裏の頭から登板して、
無失点で切り抜けてセーブを記録して、記念となる試合を飾りました。

最後の試合終了のシーン、何があったのかは分からないけれども
何かがあったんだろうということで、岩瀬が投球前に2塁へ送球しての
アピールプレーで審判がアウトの判定をした瞬間、テレビの前で大きな
ガッツポーズをしました。

それと話題を変えての世界陸上の男子マラソンについては、僕が大ファンの
中本健太郎(安川電機)が後半にそれなりの見せ場を作っての10位ということで、
完全に満足とまではいきませんでしたが、まずは良かったです(^^)

そして川内優輝(埼玉県庁)は40kmを過ぎてから中本を抜いての9位でゴール。
入賞となる8位までホントにあと数秒ということで惜しかったものの健闘しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月26日 (水)

10点リードからの大逆転負け

今日は仕事が終わった後に1時間30分ほどのランニングをしてきました。
走った距離は18kmほどでした。

家に戻ってからすぐにプロ野球の試合経過をチェックしたら、
神宮球場では6回裏の攻撃中で「中日10-0ヤクルト」となっていました。

さすがにここから負けるとは想像できませんでした(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

白鵬が39回目の優勝<大相撲名古屋場所>

今日は正午過ぎからちょうど1時間のランニングをしてきました。
走った距離は12kmほどでした。

今日の札幌市の最高気温は走っている最中の12時21分に記録した
28.1℃ということで、日差しも強くて結構な暑さでした。

ただ、空気はわりとカラッとした感じで風もあったので、
そこは救われました。

家に帰ってからは、夏の高校野球の南北海道大会決勝の
「北海×東海大札幌」のテレビ中継を観ました。

いきなり1回裏に東海大札幌が5点を先制して、どんな試合になるかと
思いましたが、そこから北海が追い上げて6回表に5-5の同点に追いつき、
そして9回表に勝ち越しての逆転勝利となりました(北海6-5東海大札幌)。

昨日の北北海道大会の決勝戦に続いて白熱の好試合でした。

北海は3回途中から多間選手が2番手投手として登板して、
そのまま無失点で9回まで投げ切りました。

そして9回の決勝タイムリーもその多間選手ということで大活躍でした。

この多間選手、2年生だった去年の夏の甲子園決勝の作新学院戦で登板して、
その試合での打撃では西武からドラフト1位指名を受けた今井投手から3安打。
やっぱりバッティングも良いようで。

今年の甲子園では中心選手として活躍することを期待です。

そして千秋楽を迎えた大相撲の名古屋場所では、
白鵬が日馬富士との横綱対決に勝って、
14勝1敗で39回目の優勝を達成しました。

今日の取り組みで一番心配していた展開が
「立ち合いの変化で一瞬で勝負が決まる」だったので、
まずはお互いに左上手を引いてがっぷり四つになった瞬間、
とにかくホッとしました。

最後に熱戦で優勝が決まり、綺麗な締めくくりになって満足でした(^^)

また、北海道旭川市出身の旭大星は負けてしまい8勝7敗となりました。
今は十両の東6枚目なので、たぶん翌場所は1枚上がっての5枚目くらいかなと
勝手に推測しています。

翌場所、2ケタ勝てば状況によっては新入幕も見えてくるので、
新十両が確実の矢後(芽室町出身)とともに来場所も楽しませてほしいです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土)

旭川市出身の旭大星が勝ち越し<大相撲名古屋場所>

今日は午後1時過ぎから7kmほどのランニングをしてきました。

家に戻ってからは、夏の高校野球の北北海道大会決勝の
「滝川西×白樺学園」の試合中継を6回表から観ました。

白樺学園が1点リードの8回表、滝川西の攻撃は2アウトでランナー無し。

ここで滝川西は背番号18番の古川選手が代打で登場。

この古川選手は夏の大会を通じての初打席とのことで、
その選手がレフトスタンドへ起死回生の同点ホームラン。

2球目の完全にボールの高めの球を空振りして、
2ストライクとあっさり追い込まれた時には正直言って、

「あぁ~、これは全く打てそうな気配がないな」

と思ってしまったのですが、漫画のような展開に、
テレビの前で思わず大きな声を出してしまいました(^^)

結局、延長10回表に滝川西の細矢選手の決勝ホームランが出て、
滝川西の19年ぶりの夏の甲子園出場が決まりました
(滝川西3-2白樺学園)。

もっと早くにランニングを済ませて、試合開始から観れば良かったなと
思えるような白熱の好試合でした。

その高校野球中継の影響で、北海道では大相撲の旭大星の
取り組みが観られなく、地域限定でサブチャンネルでの大相撲中継を
行うことはできないのかと、そこは少し残念でした(^^)

その北海道旭川市出身の旭大星は妙義龍に押し倒しで勝ったとのことで、
これで8勝6敗の勝ち越しに。

まずは一安心ですが、現在は十両の東6枚目で、8勝7敗と9勝6敗では
来場所の番付がおそらく1~2枚は違って、その違いが来場所の
幕内昇進の挑戦に影響を及ぼすかもしれないので、明日も是非とも
勝ってほしいです。

そして北海道出身力士で言えば、幕下の東11枚目の矢後(芽室町出身)が、
昨日の取り組みで7戦全勝での幕下優勝を決め、これで新十両昇進が確実に。

来場所、旭大星と矢後が対戦することも充分に考えられ、
十両以上で北海道出身の力士同士が対戦となるのは
かなり久しぶりになると思います。

もしかしたら北勝鬨と大翔鳳の時代まで遡ることになるかもしれません。

この2人には、25年ぶりの北海道出身力士の新入幕を大いに期待しますが、
できれば先に旭大星にそれを達成してほしいです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

物憂げな6月の雨に打たれて

今日の日曜日は、

・中日ドラゴンズの抑えの田島が「魔の東京ドーム」で逆転サヨナラ負け
・北海道コンサドーレ札幌が「前半42分と後半43分に失点」という、
 最近の定番となっているムカツク時間帯での失点で敗戦(柏2-1札幌)
・陸上の日本選手権で、北海道幕別町出身の福島千里選手が女子200m5位で
 日本選手権の連覇が途絶える

など、悔しいことが続いた休日の1日となりました・・・・・。

そんな今日は正午過ぎから7kmほどのランニングをしてきましたが、
昨日に引き続いて、降ったり止んだりの雨の中での走りとなりました。

週末の6月の走りは今週が最後となるので、ブログのタイトルに無理やり
Mr.Childrenの曲の歌詞を入れてみました。
Atomicheart
この「Atomic Heart」は1994年9月1日に発売のミスチルの4枚目のCDアルバムで、
シングル曲としては「Cross Road」と「Innocent World」が入っていて、
さらに最後の12曲目には、普通のシングル曲よりも知名度が高いかもしれない
「Over」が収録されています(^^)

話題を変えて、明日は将棋の竜王戦の決勝トーナメントで注目の
「増田 康宏 四段×藤井 聡太 四段」の対局があります。
藤井四段が新記録の29連勝なるかどうかという1戦となります。

この対局は、僕の家で契約しているケーブルテレビで見られる
「囲碁・将棋チャンネル」で生中継されるとのこと。

明日は持ち時間が5時間なので、おそらく勝負の決着がつくのが
夜9時~10時頃となる可能性が高いです。

そんなわけで、明日は仕事が終わったら一直線で家に帰って、
夕食休憩明けあたりの場面から固唾を呑んでテレビ画面に向き合います(^^)

*6月26日(月) 午後11時追記

藤井四段が勝って、これで新記録の29連勝に。

家に帰って夕食休憩明けから中継を見たところ、
それまではどちらかというと増田四段が有利という評判だったみたいですが、
▲1五角、▲5三桂打、▲2一歩成あたりの攻めによって、気が付いたら
藤井四段が一気に優勢になったようで。

対局が終わったのが午後9時20分頃で、午後9時からのNHKの
ニュース番組の途中で速報テロップが入って、結局このNHKでは
1時間番組のうち35分ほどを将棋の話題で費やしていました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

「2017年おたる運河ロードレース大会」まで1週間

今日は正午前から40分近くのランニングをしてきました。
走った距離は7kmほどでした。

昨日と似たようなパターンで、午前中は本降りの雨だったものの、
家を出る時には止んでいてラッキーでした。

今日のプロ野球は「中日4-0オリックス」という結果で、
オリックス戦3連敗は免れて、これで交流戦は6勝6敗に。

来週からのナゴヤドームでの交流戦残りの6連戦、
何とか4勝2敗では乗り切って、交流戦を勝ち越しで
その後のリーグ戦へ繋げたいです。

さて、来週の日曜日に行われる「第29回おたる運河ロードレース大会」ですが、
2日前にゼッケン引換証のハガキが家に届きました。
Otaruhagaki2017
ハーフマラソンを走ります。

ハガキの裏面の大会会場案内図を見ると去年までと特に変更は無いようで、
「手荷物預かり所」と「きのこ汁」のコーナーもあって一安心です(^^)

ここ2年間のこの大会のタイムが

2015年 1時間30分31秒
2016年 1時間30分40秒

という結果で、「今年こそは1時間30分切りを!」といきたいのですが、
今年のここまで走った2回のハーフが1時間40分と1時間38分なので、
あまり大きなことは言えないところです(^^)

目標タイムはともかくとして、しっかりと体調を整えて挑みたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧