2017年5月13日 (土)

「2017年江別野幌マラソン」のゼッケンが到着

今日は午後1時頃から15kmほどのランニングをしてきました。

ここ1ヶ月くらい、風の強い中で走ることが多い印象ですが、
今日も結構な強さの風に悩まされました。

ただ、気温としては、この風も含めて暑くも寒くもないような
ちょうど良い体感気温でした。

家に戻ってから、かなり遅いお昼ご飯を食べながら、
プロ野球の「ヤクルト×中日」のテレビ中継を観ていました。

ゲレーロのソロホームラン以外、ヤクルトの先発の小川に
ほぼ完璧に抑えられていて、完全に負けそうな雰囲気の中、
9回表にビシエドの起死回生の逆転3ランが!!

結局、その裏は田島が3人で抑えて4-3での勝利。
たまにはこういう勝ち方もしてくれないと、
中日ファンの精神が持ちません(^^)

そして夕方には、ちょうど1週間後の5月20日(土)に行われる
「第4回 江別野幌マラソン」のゼッケンなどが郵送で届きました。
Nopporozekken
ハーフマラソンを走ります。大会の公式ページのコース図を見ると、
野幌運動公園の中を4周走る周回コースとなっています。

また、ゼッケンとともに同封されていた案内によると、

「参加者にはゴール後、バナナ一袋・菓子パン3個・飲み物を差し上げます」

ということで、ゼッケンの下側に記載されている(株)ファーマインドと
(株)ロバパンなどから提供していただけるようです(^^)

今日はそれなりに呼吸がゼーゼーとなるような早めのペースで走ったので、
明日はゆっくり目に10kmほどを走りたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月25日 (火)

平日の夜のランニング(+中日とACL)

今日は仕事が終わった後、12kmほどのランニングをしてきました。

雨が降っている中での走りとなりましたが、無事に平日の夜に
走ることができて良かったです。

家に戻ったのが夜8時前で、すぐにプロ野球の試合速報をチェックしたら、
中日ドラゴンズが4-0でリードしていました(最後は「中日4-2ヤクルト」で勝利)。

その4得点が、ゲレーロの3ランと松井雅人の3年ぶり通算2本目の
ソロホームランということで、やはり豊橋での試合は何かが起こりますね(^^)

8回途中まで好投した先発のジョーダンに勝ち星が付いたのも大きいです。
これで7勝11敗3分の借金4となり、最下位脱出。

開幕の5連敗以降は、地味に勝ち越しています。
何とか交流戦までに5割までいきたいです。

そして今夜はサッカーのACLも行われていることを思い出して、
日テレG+で「川崎フロンターレ×水原(韓国)」の後半40分あたりから
最後だけ観ることができました。

元コンサドーレ札幌の奈良が決めたゴールを守り切っての1-0の勝利で、
札幌ファンとしても誇らしいです(^^)

川崎と言えば、ここまでACLの4試合は全ての試合で引き分け。
さらにJ1リーグ戦でもここ3試合連続で引き分けと、そんなドロー沼地獄の中、
今日もアディショナルタイムに入った後半48分のあたりで、

「あぁ~、やられた・・・」

と完全に思った相手の至近距離からのシュートを、川崎のGKが止めました。

あのシュート、例え弾いただけでもスーパーセーブと言えるプレーでしたが、
あれを捕ってしまったのは凄かったです。

これで、次のグループリーグ最終戦に勝てば2位以内が確定して、
決勝トーナメント進出という状況のようです。

たぶん、ここまでの4試合でどこか1つでも負けていたら、
こういう自力の状況にはなっていないと思うので、
「引き分け4つで勝ち点4」という積み重ねが価値のあるものになりました
(最終戦に勝てなかったら意味が無くなりますが)。

過密日程や移動や気象条件の違いなど、いろいろ過酷ではありますが、
いつの日にかは札幌も、このACLの舞台で戦ってみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

「2017年江別野幌マラソン」のハーフマラソンに申し込み

今日は午後1時開始の中日ドラゴンズの試合中継を観て、
「中日1-0DeNA」の勝利の結果に気分が良くなった状態で、
夕方4時過ぎから12kmほどのランニングをしてきました。

今日の中日ドラゴンズの試合は、

「序盤に平田の犠牲フライで先制、先発投手(バルデス)が8回まで
 無失点の好投、そして1-0でリードの9回に抑え投手に継投」

という、例の日本シリーズを思い出させるような展開でしたが、
あの2007年のナゴヤドームでの試合は10年前になるのですね(^^)

話をランニングの話題に変えて、5月20日(土)に行われる
「第4回 江別野幌マラソン」にRUNNETからエントリーをして、
今日の午前中にローソンで参加料を払ってきました。
Ebetsu29

この大会はハーフマラソン、10km、5km、小学生の部、親子ペアがありますが、
僕はハーフマラソンに申し込みをしました。

2年前の5月、この大会でハーフを走って、野幌総合運動公園内の
アップダウンがある周回コースに大いに苦しめられて、前半途中から
早々とひらすら失速の走りとなってしまいました。

そこから2年ぶりの参加ということで、
今回はリベンジの大会にしたいと思います(^^)

ちなみに、その2年前の大会は「えべチュンらーめん:味噌味2袋、醤油味2袋」の
計4袋が参加賞で、大会翌日と次の週末に美味しくいただきました。
Nopporo3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月20日 (木)

今年初の札幌脱出

今日は午後から半日休を取得して、まずは眼科に行って
コンタクトレンズを作ってきて、そして午後4時頃から、

「白石こころーど~陽だまりロード~エルフィンロード」

での往復の20kmのランニングをしてきました。

ここのコースを走るのは、去年の10月に北海道ロードレースの前の
練習で走って以来、ちょうど半年ぶりとなりました。

地下鉄の南郷7丁目駅で降りて、このサイクリングロードに行き、
厚別方面に少し進んだところにあった「6.0km」の表示をスタート地点としました。

アメダスの札幌市の記録では、

16時 気温5.5℃、北西の風5.8m/s
17時 気温5.1℃、北西の風5.8m/s

ということで、気温が低かったのはそれほど気にはなりませんでしたが、
風が強めで、さらに全般的に「前半が追い風、後半が向かい風」だったので、
なかなかの強敵でした。

北広島市に入って3kmほど進んで、スタートからちょうど10km地点となる
「16.0km」の表示のところで折り返して、後半の10kmをさらに走りました。

そんなわけで、30分間ほど北広島市を走ったことになって、
これが僕にとっては、今年初の「札幌市からの脱出」となりました(^^)

札幌市内は500mごとに距離表示が、北広島市に入ったエルフィンロードでは
200mごとに距離表示があって、ペースを確認しやすくて良かったです。

まぁ、ペースを妙に意識し過ぎてしまうのも良くありませんが・・・。

今日は1kmごとに時計を押していて、そのラップタイムは(秒未満は切り捨て)、

0~ 1km 5分00秒
1~ 2km 4分54秒
2~ 3km 4分55秒
3~ 4km 4分51秒
4~ 5km 4分47秒
5~ 6km 4分37秒
6~ 7km 4分40秒
7~ 8km 4分42秒
8~ 9km 4分43秒
9~10km 4分43秒→折り返し
10~11km 4分42秒
11~12km 4分40秒
12~13km 4分46秒
13~14km 4分53秒
14~15km 4分45秒
15~16km 4分43秒
16~17km 4分55秒
17~18km 4分48秒
18~19km 4分39秒
19~20km 4分39秒

での1時間35分33秒でした(平均ペースは4分46秒/Km)

ほぼ2週間後の「日刊スポーツ豊平川マラソン」のハーフ本番に向けて
良い練習にはなったとは思いますが、今日のペースで単純にハーフの
ゴールタイムを計算すると、1時間41分ちょうどくらいになります。

本番は1時間35分切りを目標にしているので、今日よりもまだまだ
かなり早いスピードで走らないといけないと考えると、憂鬱な気分に
なってきます(^^)

---------------
プロ野球 セリーグ ナゴヤドーム

中日ドラゴンズ 5-2 阪神タイガース

7回裏の平田の同点ホームラン、今日が誕生日の京田の決勝タイムリー、
ビシエドのようやく出た今シーズン第1号、そして祖父江のプロ初勝利、
さらにはひそかに最下位脱出と、なかなか盛りだくさんでした。

特にプロ4年目の祖父江は、通算142試合目の登板でのプロ初勝利。

おそらく今まで先発登板は1回もなく、去年までの3年間の成績が、

「133試合、135回、0勝9敗1セーブ、25ホールド、防御率3.20」

で、普通ならこれまで5勝くらいは勝ち星がついていても
何も不思議ではないような感じだったのですが、どういうわけか
展開に恵まれてきませんでした。

そんなこんなで、今日は印象深い1日になりました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月12日 (水)

プロ初勝利とプロ初ホームラン

今日は寒い1日で、特に帰り道の自転車は凍えました。

さて、今日のプロ野球ですが、我らが中日ドラゴンズは
神宮球場で行われた試合で、

「中日 5-2 ヤクルト(延長10回)」

という結果となり、今年10試合目で早くも4回目の延長戦の中、
ようやく今年の2勝目に辿り着きました(2勝6敗2分け)。

7回裏の守備での、ビシエドの落球によるタイムリーエラーは
あまりにもアレで心の底からガッカリしましたが、延長10回表、
代打藤井の決勝タイムリーの瞬間は、思わずテレビの前で
叫んでしまいました(^^)

それに続いて、亀澤がビックリのプロ初ホームラン。

そして今日の勝ち投手は、8回裏、9回裏の2インニングを
ゼロで抑えた三ツ間となり、これが記念すべきプロ初勝利に。

亀澤も三ツ間も育成ドラフト出身ということで、
なかなか感慨深い初&初になりました。

そして今夜は、サッカーのルヴァン杯も行われ、アウェーの日本平で
「清水エスパルス 0-1 北海道コンサドーレ札幌」という結果で
ルヴァン杯は2連勝となり、暫定ながらAグループでまさかの首位に(^^)

決勝ゴールは、後半36分の菅のコーナーキックからの進藤のゴールという、
U-21コンビでのゴールだったとのこと。

もしかして進藤もプロ初ゴールかなと思ったら、今までに
天皇杯で1ゴール、U-23選抜で2ゴールは決めていたようです。

そんなこんなで、とにかく気分の良い水曜日の夜となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

好きな女性タレントランキング(週刊ベースボール選手名鑑2017年度版より)

ちょうど今くらいの時期、このブログで「週ベの選手名鑑号を買った」という
同じネタを毎年書き続けています。

1年前の文章をまずはコピー&ペーストして、そしてそこから
修正するという恒例行事を今年も行います(^^)

以下、本題です。
-------------
昨日、「週刊ベースボール増刊号 プロ野球全選手写真名鑑」の
2017年度版を買ってきました。
Syuube2017

僕の周りの野球ファンの間では「教科書」と呼んでいます。

新加入の選手達を中心に、この教科書でこれから勉強して、
シーズン開幕に備えたいと思います。

さて、その選手名鑑の項目の中に毎年、

「家族(独身者は好きなタレント、理想のタイプ)」

という質問項目があります。

その好きなタレントの回答について、1時間ほどかけて
集計してみました。

具体的な名前が上がっていたタレントは計110名で、
その中から2票以上の票があった方々を書きます。

2票
 倉科 カナ、水ト 麻美(日テレアナウンサー)、戸田 恵梨香、広瀬 アリス、
 三吉 彩花、大原 櫻子、広末 涼子、中条 あやみ、新木 優子、
 藤井 夏恋(E-girls)、小島 陽菜(AKB48)、市川 由衣、トリンドル玲奈、
 松下 奈緒、白石 麻衣(乃木坂46)、沢尻 エリカ
 
3票
 小島 瑠璃子、安室 奈美恵、北乃 きい、比嘉 愛未、吉瀬 美智子、 
 山本 彩(NMB48)、ローラ、水原 希子、香里奈、川口 春奈、黒木メイサ、
 マギー

4票
 木村 文乃、西内 まりや、菜々緒、長谷川 潤、上戸 彩、堀北 真希、
 平 愛梨、土屋 太鳳、 
 
5票
 長澤 まさみ、二階堂 ふみ、中村アン

6票
 柴咲 コウ、綾瀬 はるか

7票
 広瀬 すず、桐谷 美玲、佐々木 希

8票
 大島 優子、武井 咲、深田 恭子

10票
 新垣 結衣、本田 翼

11票
 石原 さとみ

13票
 有村 架純

21票
 北川 景子

となっていて、北川景子が独走の1位という結果に。

まぁ、選手達も「去年の回答と同じでいいや~」と、適当な感じで回答した人も
多いとは思いますが、それでも、

「世間一般の、20代を中心とする男性が選ぶ、人気女性タレントランキング」

という傾向は、ある程度見られるような結果になった気がします。

実は、2006年からこのブログで毎年同じネタを書いていて、
毎年の1位は、

2016年 北川 景子
2015年 北川 景子
2014年 北川 景子
2013年 北川 景子
2012年 北川 景子
2011年 北川 景子
2010年 上戸 彩
2009年 上戸 彩
2008年 長澤 まさみ
2007年 長谷川 京子
2006年 矢田 亜希子

となっていて、これで北川景子は見事な7連覇達成。

去年の結果と比べてみて、票の伸びが目立ったのは、

・川口 春奈・・・1票以下→3票
・木村 文乃・・・2票→4票
・土屋 太鳳・・・2票→4票
・中村 アン・・・3票→5票
・二階堂 ふみ・・・1票以下→5票
・広瀬 すず ・・・3票→7票
・本田 翼・・・8票→10票
・石原 さとみ・・・7票→11票
・有村 架純・・・9票→13票

あたりです(北川 景子は去年も同じく21票)。
伸び率で言うと二階堂 ふみ、広瀬 すずが人気急上昇でしょうか(^^)

話題を変えて、この選手名鑑の表紙に写真が載っていた12人は、

・大谷 翔平(日本ハム)
・柳田 悠岐(ソフトバンク)
・涌井 秀章(ロッテ)
・菊池 雄星(西武)
・則本 昂大(楽天)
・西 勇輝(オリックス)

・新井 貴浩(広島)
・坂本 勇人(巨人)
・筒香 嘉智(DeNA)
・藤浪 晋太郎(阪神)
・山田 哲人(ヤクルト)
・柳 裕也(中日)

でした。今年の新人選手で唯一選ばれていたのが中日ドラゴンズの
柳投手でした。

「昨シーズン、特にそこまで目立った成績を残した選手がいないから、
期待のドラフト1位ルーキーで‥‥」

というような人選になってしまった面が強いので、
中日ファンとしては寂しいです。

唯一、昨シーズンの成績で選んでも良さそうな選手には田島投手がいましたが、
シーズン前半はセットアッパー、途中から抑え投手に転向になって、記録的には
ホールドとセーブ数が分散したので、仕方がないですね。

来年の表紙は「あの選手を選んでほしいけど、この選手も捨てがたい」と
良い意味で悩めるよう、今シーズンは複数の選手達が大いに活躍して
くれることを祈るばかりです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月10日 (月)

DeNAがファイナルステージ進出へ

今日は午前11時30分過ぎから、1時間10分ちょっとのランニングをしてきました。
走った距離は15kmほどでした。

今日の札幌市の最高気温は10.8℃ということで、今の時期としては
かなり低い気温でしたが、このくらいの気温の方が走り易い面もあるので、
今日はホームコースの河川敷で、スピードを出せた良い練習ができたと
自画自賛しています(^^)

家に帰ってからは、午後1時05分スタートの出雲駅伝の中継を観て、
その中継が終わった午後3時30分前からは、プロ野球のセリーグの
クライマックスシリーズ第3戦の、

「巨人×DeNA」

の最終戦の試合中継を観ていました。

出雲駅伝については、最終的には本命の青山学院大の2連覇となりましたが、
期待以上に最後まで見どころが満載のレースになったので、次回以降での
ブログで細かく書きたいと思います。

東京ドームで行われた、プロ野球の巨人×DeNAは延長11回まで行って、
そして11回表のDeNAの嶺井のタイムリーヒットが決勝点になって、
DeNAが広島へのファイナルステージの挑戦権を得ました。

最後の11回裏2アウトから堂上兄が四球を選び、そして阿部のフェンス間際への
ライトフライで試合決着となるまで、最後の最後までドキドキとするような展開で、
僕の中ではより一層、野球という競技が好きになりました(^^)

・北海道日本ハム×ソフトバンク(札幌ドーム)
・広島カープ×DeNA(広島・マツダスタジアム)

でのファイナルステージは、1日休んでの水曜日から開始となります。

屋外の広島は雨が気になりますが、初戦の12日の水曜日からの
降水確率をヤフーの天気予報で調べてみると、

12日 20%
13日 10%
14日 10%
15日 10%
16日 20%
17日 40%

ということで、ひとまずは第5戦までは大丈夫そうな予報で一安心です。

その野球の前に、明日はサッカーW杯アジア最終予選の
「オーストラリア×日本」のアウェー戦があります。

正直、ここのアウェー戦は引き分けでも妥協点では充分とは思いますが、
当然ながら勝てればそれが最高なわけで、所属している海外チームでは
パッとしない海外組でも、Jリーグでは目立ったプレーをしている国内組でも、
どっちでも全く構わないので、とにかく活躍して良い結果をお願いします・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 9日 (日)

ソフトバンクが2連勝、巨人×DeNAは1勝1敗に

今日は正午過ぎから1時間ちょっとのランニングをしてきました。
走った距離は12kmほどでした。

風が強い肌寒さと日差しによる暖かさが合体したような中、
心地良く走ることができました(^^)

家に戻ってからは、プロ野球のクライマックスシリーズの
1stステージの中継を見続けていました。

パリーグは「ソフトバンク4-1千葉ロッテ」で、ソフトバンクが2連勝で
ファイナルステージへの進出を決定。

「1回表にロッテ清田が先頭打者ホームラン、8回裏の満塁のチャンスで
ソフトバンク今宮が2点タイムリー」

というのを2試合連続で繰り返しました(^^)

セリーグの方は「巨人2-1DeNA」で1勝1敗となって
第3戦目に持ち越しとなりました。

どちらかを特に応援しているわけではないので、明日も試合がある
展開になってくれたのは嬉しいです。

最後のDeNAの下園のライトへのファールの打球は、
打った瞬間には、

「これはまさかの逆転ホームランか!」

と、テレビの前で思わず謎の奇声を発してしまいました(^^)

何となくながらも明日はDeNAに勝ち抜いてほしいのですが、明日の先発予想の
巨人の内海にも踏ん張ってほしい気もしていて、複雑な乙女心です。

明日は午前中に15kmくらいを走って、午後1時からは出雲駅伝中継を観て、
午後2時試合開始の巨人×DeNAの試合経過も気にしつつ、駅伝が終わる
午後3時30分頃からはプロ野球中継に専念するという、そんな綿密な計画を
立てています(^^)

2年前の体育の日の祝日絡みの3連休では、この3連休の3日目に、

「台風の影響で出雲駅伝が中止、クライマックスシリーズの第3戦の、
大阪ドームでのオリックス×日ハムも翌日に延期」

ということがあって、一気にこの3日目がヒマになったことがありましたが、
今年はたぶん大丈夫そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 8日 (土)

ランニング再開の3連休の初日

今日から嬉しい3連休です。

そんな今日は、午前11時過ぎから40分ほどのランニングをしてきました。
走った距離は7kmほどでした。

この前の日曜日の札幌マラソンでのハーフ本番以来の走りとなりましたが、
まずまず順調なランニング再開となりました。

明日と明後日は、10kmを超えるような距離を走りたいと思っています。

家に帰ってからは、コンサドーレ札幌の試合、高校野球の北海道大会の決勝、
セ・パ両リーグのクライマックスシリーズと、スポーツ観戦で忙しかったです(^^)

高校野球は「札幌第一 8-2 札幌日大」という結果で、札幌第一高校が
2年連続で来春のセンバツ甲子園代表の座をほぼ確定させました。

後は11月の明治神宮大会で優勝して、北海道代表の枠をもう1つ
増やしてほしいです。

-------------
サッカーJ2リーグ 第35節 札幌厚別

北海道コンサドーレ札幌 1-0 水戸ホーリーホック

得点:前半5分 ヘイス(札幌)

試合立ち上がり、ヘイスのクロスバーに当たった直接FKと、
その1~2分後のゴールはともに絶品でした。

しかし追加点が奪えずに、後半の途中からは徐々に攻め込まれるシーンが
多くなり、特に後半30分過ぎのクロスバーに直撃の水戸のミドルシュートには、
寿命が10年ほど縮まったような気になりました(^^)

その後もヒヤヒヤするような場面がいくつかありましたが、
とにかく無失点で勝ち点3を奪ったので、贅沢は言いません。

残り7試合で、自動昇格の対象となる3位のセレッソ大阪の差とは
勝ち点差で11となっています。

ここで「J1昇格はどの試合で決まりそうかなぁ~」などと考えると、
次の試合から大型連敗しそうなので、とにかくまずは次の試合の、

「手痛い敗戦も劇的な勝利も、いろいろと味わってきたアウェーの愛媛戦」

での勝利を願うばかりです。

その過去のアウェーの愛媛戦での勝利の中ではやはり、2007年の西大伍の、
ブラジル修行から帰国後の決勝ゴールが印象深いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 4日 (日)

ランニング再開

今日は午後1時前から、9kmほどのランニングをしてきました。

アメダスのデータによる札幌市の午後1時は「気温24.1℃、湿度62%」で、
少し蒸し暑い感じはあったものの、厚い雲に覆われていて日差しは弱くて、
そこそこ走り易い状況でした。

1週間前の北海道マラソン本番以来の走りとなりましたが、
まずまずは順調なランニング再開となりました(^^)

家に戻ってからは遅い昼食を食べて、後はダラダラと過ごそうと思ったところ、
妙に眠気を感じたので、3時30分頃から1時間ほどの昼寝をしました。

寝る前にプロ野球の途中経過で、

巨人 3-0 中日
オリックス 1-7 日ハム

というのは確認していたのですが、1時間経って起きた後に
パソコンでスポーツナビの速報ページを見たところ、

巨人 3-4 中日
オリックス 7-7 日ハム

となっていてビックリしました(^^)

我らが中日ドラゴンズは、8回表に一気に4点を奪って逆転したようです。

8回裏の巨人の攻撃途中からテレビ中継を観ましたが、結局9回表にも
中日が1点を追加して、「巨人 3-5 中日」の逆転勝利に。

先発の高卒ルーキーの小笠原慎之介が、いきなり初回に坂本に
2ランホームランを打たれるものの、7回3失点で凌いで、待望の
プロ初勝利となりました。

小笠原のニコニコの嬉しそうな表情を観ていたら、
こちらも何だか幸せな気分になりました(^^)

これで中日は謎の6連勝。あいかわらず最下位のままですが、
そんなことはどうでも良くて、とにかく気分が良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧