2017年3月19日 (日)

太陽と埃の中で/CHAGE&ASKA(1991年1月シングル発売)

僕はこの前、無事に40歳になりました。

今まで過去に、自分より少し年上の周りの人から、

「○○くん、30歳を過ぎたら一気にガクッと来るよ~」
「○○くん、35歳を過ぎたら一気にガクッと来るよ~」

などのように言われてきた経験があって、今のところはまだ、

「○○くん、40歳を過ぎたら一気にガクッと来るよ~」

とはっきりとは言われたことはありませんが、おそらくこれから、
何らかの機会でこのように言われる可能性は高いと思われます(^^)

僕は、髪の毛に白髪が少しずつ目立つようになってきた以外は、

「年齢による身体の変化や衰えが・・・」

と実感するようなところは、自称(あくまで自称)では、20歳代から比較しても
特には変化が無いのが幸運なところではありますが、少し年齢が下の人に、

「○○歳を過ぎたら一気にガクッと~」

と、ちょっとだけ先輩風を吹かせたくなる気持ちは、
物凄い良く分かります(^^)

そんな「○○歳を過ぎたら一気にガクッと~」のネタについて、
ASKAさんの何日か前のブログで、これとほぼ同じような内容での
更新があって、

「おぉ~、これは凄い分かる!」

と、パソコンの前で思わずガッツポーズをしたくなりました(^^)

そんなわけで、今日のブログは、CHAGE&ASKA名義で1991年1月に
シングル曲として発売された「太陽と埃の中で」について書きます。

この曲は元々は1990年8月に発売されたアルバムの中に収録されていた曲で、
そこから翌年の1991年1月にシングルカットの曲として発売されました。

日清食品のカップヌードルのCMソングに使用されて、売上枚数的には
当時としてはそこまでではありませんでしたが、ジワリジワリとロングヒットとなり、
この後に発売された、

・はじまりはいつも雨(1991年3月発売)-ASKAのソロシングル
・SAY YES(1991年7月発売)

の大ヒットに繋がっていった、そんなCHAGE&ASKAの歴史としては
重要な1曲になっていると思われます。

この曲はサビの、

----------
追いかけて 追いかけても
つかめない ものばかりさ

愛して 愛しても
近づく程 見えない
----------

の部分が、この歌詞だけを見ると「思い通りにいかないなぁ・・・」としか
思えないところですが、実際に自分の耳で曲を聴くと妙に前向きな気分に
なれるところが、これ以上無いような絶品のサビとなっています(^^)

この曲は、カップヌードルのCMソングにもなっていたということで、
サビの部分の「追いかけて~追いかけても~」を、

「お湯かけて~お湯かけても~」

と勘違いしていたというネタが、当時はひそかに流行っていました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

GLAYの「Winter,again」のサビはどこから?

何日か前にネットをいじっていたら、

「GLAYの「Winter,again」のサビはどこから?」

というようなネタを見つけました。

僕は今までずっと、「♪いつか二人で行きたいね~」からがサビだと
思い続けていて、最初は意味が分からなかったのですが、その後の、

「♪逢いたいから~」

からがサビなのではと言われると、「たしかに、そういう考え方もあるなぁ~」と、
何か新しい発見をしたような気分になりました(^^)

どちらかが必ず正解というわけではなく、人それぞれに好き好きの
解釈をすればよいので、「どちらでも良い」という結論にはなりますが、
とにもかくにもこの曲は終盤のギターソロの後から、

「♪いつか二人で行きたいね~」

の部分を淡々と静かに歌い上げ、「♪逢いたいから~」に入る直前から
一気に盛り上がっていく感じが、とにかく絶品です。

調べたらこの曲は1999年2月3日に発売ということで、
もし昨日このネタをブログに書いていたらちょうど18年前だったので、
ちょっとだけ残念です(^^)

ちなみに、僕が持っている8cm版のCDシングルの中で、明日の2月5日に
発売されていたのがMr.Childrenの「名もなき詩」です(1996年発売)。
Img_0440

現在、テレビ朝日で毎週水曜日の夜7時から放送されている
「あいつ今何してる?」という番組では、このCDのカップリング曲の
「また会えるかな」がテーマ曲のような感じで使用されています。

「名もなき詩」は200万枚以上売れたヒット曲ではありますが、
21年前の発売なので、もしかしたら、

「「名もなき詩」は知らないけど、カップリング曲の「また会えるかな」の方は
 テレビ番組で使われているので知っている」

という人も結構いるかもしれませんね(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月10日 (火)

Mr.Childrenの新曲を購入(ヒカリノアトリエ)

明日の札幌市の予想”最高”気温がマイナス7℃となっていて、
今からビビッています(^^)

さて、今日の帰り道、札幌駅の玉光堂に行って、Mr.Childrenの新曲となる
シングルCDの「ヒカリノアトリエ」を買ってきました
(発売日としては明日の1月11日(水)です)。
Hikarinoatorie_2

朝のNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」の主題歌となっています。
ミスチルのシングル発売は「足音~Be strong~」以来2年2ヶ月ぶりです。

新曲としてはこの1曲のみで、

1.ヒカリノアトリエ
2.つよがり(Studio Live)
3.くるみ(Studio Live)
4.CANDY(Studio Live)
5.ランニングハイ(虹 Tour 2016.11.7 FUKUI)
6.PADDLE(虹 Tour 2016.10.14 KUMAMOTO)

の6曲が収録されています。

これからお風呂に入って、さらに歯磨きなどの寝る前の準備も全て済ませて、
落ち着いた状態になってから聴きたいと思います。

正直、朝ドラで流れているのを耳にした限りでは、この「ヒカリノアトリエ」は
あまりピンと来る感じでは無いのですが、フルで聴けばまた違ってくると
期待しています。

なお、今日お店に行ったら、星野源のシングルの「恋」の陳列箇所に、

「好評により品切れです。ご注文される方はカウンターまで~」

のような表示書きがありました。

発売されてから3ヶ月が過ぎますが、オリコンの週間ランキングでは
コンスタントにまだ1万枚前後を計上し続けています。

このようなロングヒットは、おそらく2011年の「マル・マル・モリ・モリ!」以来で
近年では無かったので、生産側や販売側でも対応に戸惑っているのかも
しれませんね(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月31日 (土)

2016年のNo.1ソング決定

毎年、大みそかには、

「僕のその年のNo.1ソング」

というのをこのブログで書いているのですが、
今年でそれも12回目になります(^^)

ちなみに去年までは、

2005年 ツバサ/アンダーグラフ(発売は2004年の9月)
2006年 しるし/Mr.Children
2007年 CHE.R.RY/YUI 
2008年 HANABI/Mr.Children
2009年 イチブトゼンブ/B'z
2010年 キミがいる/いきものがかり
2011年 家族になろうよ/福山雅治
2012年 恋/back number
2013年 高嶺の花子さん/back number
2014年 ひまわりの約束/秦基博
2015年 シュガーソングとビターステップ/UNISON SQUARE GARDEN

ということで、今振り返るとイマイチ疑問な選曲もいくつかありますが、
それはその時の判断ということで尊重します。

今まで、僕の中では選曲の際に「シングル曲限定」という
ルールを作っていました。

ただ、今年話題になった「PPAP」「前前前世」「花束を君に」「海の声」
「PERFECT HUMAN」などのように、

「シングルとしては発売せず」

という流れがこれからもどんどんと加速しそうな感じなので
来年以降は考え直そうかなとも思っています。

今年は今までと同じように「シングル曲限定」でいきます。

まずは、今年のTOP5となる5曲を選んでみました(発売日の順番です)。

●やさしさで溢れるように/Flower(6月1日発売)
 <♪あなたを包むすべてが やさしさで溢れるように~♪>

元々、JUJUがこの曲を発売した2009年にも、ここのブログで
TOP5に入れていたくらい好きな曲でした。

カバー曲に関しては「元歌の方に慣れているから、やっぱり違和感が~」と
思う事が大半なのですが、今回は、Flowerバージョンの方がJUJUの元歌よりも
さらに良く思えたという珍しい事例でした。

そんなわけで、この曲としては、7年ぶり2回目のTOP5入りに(^^)

●Soup/藤原さくら(6月8日発売)
 <♪甘さだったり 苦さだったり 時間をかけて 味になってく~♪>

月9の主題歌。ドラマはあまり評判は良くなかったようですが、
この曲はヒットしました。

何というか、サビで淡々と積み重ねていくような感じの曲がたまらなく
好きなんですよね~。説明が下手でスミマセン。

●Hey Ho/SEKAI NO OWARI(10月5日発売)
 <♪Hey Ho Stormy Seas  誰かからのSOS~♪>

去年にシングル発売した2曲は両方とも英語の歌詞ということもあって、
久しぶりに「SEKAI NO OWARI に関しては、こういう曲を求めていたんだ!」と
思えたような、僕の期待に応えてくれた1曲でした。

●ハッピーエンド/back number(11月16日発売)
 <♪青いまま枯れていく  あなたを好きなままで消えていく~♪>

1番のサビ、2番のサビ、そして最後のサビの締めくくりが、

・なんてね嘘だよ ごめんね
・なんてね嘘だよ 元気でいてね
・ねんてね嘘だよ さよなら

と変化していく部分が絶品です。

●二人セゾン/欅坂46(11月30日発売)
 <♪ 二人セゾン×2 春夏で恋をして 二人セゾン×2 秋冬で去って行く~♪>

「サイレントマジョリティー」がデビュー曲としては随分と攻めたなぁということで
印象に残っていますが、3枚目の「二人セゾン」の方が、王道かつ妙に切なさを
感じさせて好きで、12月は僕の頭の中でやたらとこの曲が流れていました。

--------------

そんなわけで、これらの5曲の中から、僕の今年のNo.1ソングを選びました。

●ハッピーエンド/back number
Bknmhappyend

元々back numeberは大好きなので、逆にNo.1にするのには自分の中で
かなりハードルを上げてるつもりですが、それでも「なんてね」の使い方が
絶品過ぎるということで、2016年のNo.1に選びました。

今日のこれからの午後は、年末ジャンボ宝くじが大当たりしたり、
高校サッカーで旭川実業が勝ったり、夜のボクシングでは内山選手が
王者奪取したりなどの予定があります(あくまで予定です)。

今年のブログの更新としては今回で終了となります。
また来年、よろしくお願いします(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月30日 (金)

2016年の気になった曲

いよいよ今年も残り2日ということで、今年2016年に気になった曲を
ひたすら列挙していきます。

羽/稲葉 浩志
ヒカリノシズク/NEWS
fragile/TOKIO
愛!wanna be with you.../TOKIO
スミレ/秦 基博
君はメロディー/AKB48
もっと/aiko
サイレントマジョリティー/欅坂46
二人セゾン/欅坂46
水商売をやめてくれないか/ゴールデンボンバー
僕の名前を/back number
ハッピーエンド/back number
やさしさで溢れるように/Flower
大好き/大原 櫻子
Beautiful Word/V6
Soup/藤原 さくら
夢日和/瀬川 あやか
魔法って言っていいかな/平井 堅
だいじょうぶ/BLUE  ENCOUNT
薔薇と太陽/KinKi Kids
Hero/安室 奈美恵
ともに/WANIMA
光の破片/高橋 優
恋/星野 源
Hey Ho/SEKAI NO OWARI
砂の塔/THE YELLOW MONKEY
Fantastic Time/Hey!Say!JUMP
Dear Bride/西野カナ
サヨナラの意味/乃木坂46

毎年、大晦日の12月31日にこのブログに「僕の今年のNo.1ソング」を
書くことを恒例行事としています。

それが明日に迫っていますが、まだ3~4曲ほどの候補の中から
決めきれていない状態なので、明日の朝、起きた時の気分で
決まるかと思われます(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月28日 (水)

back number のベストアルバム(アンコール)が到着

ローチケHMVから予約していた、back number のベストアルバムの
「アンコール」が無事に家に到着しました。
Backnumberbest

幕張メッセで今年6月に行われたコンサートが収録されたDVD付きの
初回限定盤Aにしました。

CDは2枚組の計32曲収録で、シングルA面として今まで発売された
16曲は全て含まれています。

今年8月の配信限定の「黒い猫の歌」もシングルとして考えれば、
それ以外のいわゆる「アルバム曲」は15曲となっています。

●ミニアルバム:逃した魚(2009年2月)
  春を歌にして

●1stアルバム:あとのまつり(2010年6月)
  stay with me、そのドレスちょっと待った

●2ndアルバム:スーパースター(2011年10月)
  スーパースターになったら、半透明人間、電車の窓から、幸せ

●3rdアルバム:blues(2012年11月)
  エンディング、助演女優賞

●4thアルバム:ラブストーリー(2014年3月)
  003、光の街、MOTTO、君がドアを閉めた後、世田谷ラブストーリー

●5thアルバム:シャンデリア(2015年12月)
  アップルパイ

からの15曲となっています。

「海岸通り」「あとのうた」「いつか忘れてしまっても」「リッツパーティー」
「ささえる人の歌」「僕は君の事が好きだけど~(略)」あたりも入って
ほしかったのですが、それは完全に個人的な好みの問題です(^^)

これからの年末年始の休みに、ゆったりとした気分で
聴きたい(見たい)と思います。

最後に、収録されているシングル曲を発売順に書いておきます。

はなびら
花束
思い出せなくその日まで

日曜日
わたがし
青い春
高嶺の花子さん
fish
繋いだ手から
ヒロイン
SISTER
手紙
クリスマスソング
僕の名前を
黒い猫の歌(配信)
ハッピーエンド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月17日 (土)

花束/back number(2011年6月発売)

昨日の夜、TBS系列で夜11時から放送の「A-Studio」に、3人組バンドの
back numberがゲストで出ていました。

この番組を今までちゃんと観たことがなくて、何となく、

「君たちは、どういう集まりの3人組なのかな?」

から開始するかと思っていたところ、司会の鶴瓶さんが事前に
3人の地元の群馬に行って取材していたり、さらには曲もあれこれと
聴いてくれてから番組に入っていたため、かなり楽しい30分の番組でした。

最後は「花束」をスタジオでフルバージョンの生演奏ということで、
今回のサポートメンバーの演奏の姿もしっかり映っていて、

「おぉ~、TBSも良い仕事をしているじゃないかぁ~」

と、謎の上から目線が発動してしまいました(^^)

この「花束」の編曲者の島田昌典さんは、名前はあちこちで良く目にするものの、
本人の姿を認識して見た記憶はありませんでした。

今回の番組でピアノを弾いていて、「あぁ~、この人なんだぁ~」と
新しい発見があった金曜日の夜になりました。

back numberは12月28日にベストアルバムを出す影響もあって、
テレビ番組の出演が続いて、今日の深夜のCDTVでは
「スーパースターになったら」を歌うとのことです。

明日の「関ジャム 完全燃SHOW」にも出て、さらに北海道限定ですが、
2日後の月曜日のHTBでの「夢チカ18」にも出演とのこと。

石沢綾子アナがナビゲーターということで、平日の朝はHTBの「イチモニ」を
毎朝見ている僕にとっては、このやり取りも楽しみです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月14日 (水)

クリスマスソング特集(マツコの知らない世界)

昨日の夜、TBS系で放送の「マツコの知らない世界」を見ていたところ、
番組後半に「クリスマスソング特集」みたいのをやっていて、稲垣潤一さんと
辛島美登里さんがゲスト出演して生歌を披露していました。

・クリスマスキャロルの頃には/稲垣潤一(1992年)
・サイレント・イブ/辛島 美登里(1990年)

を歌っていて、マツコ・デラックスさんも言っていましたが、歌声や歌い方が
発売当時の昔と変わっていないように聞こえて、テレビ画面を良く見ないで
音だけを聞いていたら、

「当時の歌番組での映像を流しているのかな」

と勘違いしても不思議ではないような感じでした。

自称「ミスター1990年代」の僕にとっては、
素敵な火曜日の夜の一時になりました(^^)

今日のレコチョクのダウンロードランキングを見てみたら、
シングル部門のデイリーランキングで早速、

・クリスマスキャロルの頃には…12位
・サイレント・イブ…22位

と急上昇していていました。

最近、テレビで一昔前の曲が紹介された次の日に、
レコチョクやitunesのデイリーランキングのページを見て、
どのくらい影響があったのかを調べるのが楽しみとなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月11日 (日)

「今年の1曲」ランキングBEST10(Mステより)

1週間前に放送のミュージックステーションを録画していて、
今日の午前中にその録画を見ました。

その番組内のアンケート企画で、『「今年の1曲」ランキングBEST10』というのを
紹介していて、

1位 ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)/ピコ太郎
2位 恋/星野 源
3位 前前前世/RADWIMPS
4位 世界に一つだけの花/SMAP
5位 Hero/安室 奈美恵
6位 花束を君に/宇多田ヒカル
7位 海の声/桐谷 健太
8位 365日の紙飛行機/AKB48
9位 PERFECT HUMAN/RADIO FISH
10位 サイレントマジョリティー/欅坂46

となっていました。こういうアンケート企画で10曲とも全て、

「まぁ、入っていても何も不思議はないよなぁ~」

と思えることはなかなかないのですが、今回は完全に
納得できるような10曲でした(^^)

1つの特徴としては、CDシングルとしては発売されていない曲が
「PPAP」「前前前世」「花束を君に」「海の声」「PERFECT HUMAN」と
半分の5曲あるということでしょうか。

「CDで売ろうとするのは時代遅れ」というのは前から言われていて、
これからこの流れはどんどん進んでいくのかもしれません。

ただ、やはり僕は「CDの円盤」が好きなので、
「CDシングルを2~3曲出して、それからCDアルバムを発売」
というのが続いてほしいと思っています。

そして、CDシングルと言えばやはり「8cm版」です。
8cm版の大きさのCDと、縦長のCDジャケットの形状がたまりません。
Yasashiikimochi
一例として、これは最近、コマーシャルで使われていて話題になっている
Charaの「やさしい気持ち」です(1997年発売)。

僕の中の「好きな女性にカラオケで歌ってほしい曲」のNo.1に
長年君臨し続けている歌です(^^)

8cm版を再生機器の溝に「カチッ」とはめる感覚が大好きです。

話をMステのランキングに戻して、10月に発売された2位の星野源の曲は、
オリコンのCDシングルランキングでも粘っていて、itunesやレコチョクの
ダウンロードランキングでもずっと1位となっています。

カラオケランキングでもピコ太郎と1位を争っているようですし、
主題歌となっているドラマも話題となっていて、

「久しぶりに、幅広くヒットしていると言えそうなシングル曲が出てきたなぁ~」

という感じで嬉しいです。こういうヒットは、3年前のAKB48の
「恋するフォーチュンクッキー」以来のような気がします。

その3年前の2013年、普段の年なら「特にこれだっていう曲は無いから、
レコード大賞は誰でもいいや~」となっていたところ、その年に限って、

「今年はAKBの『恋する~』でいいだろう。他にはいないだろう。」

というような雰囲気になり、その中で大賞を獲得となってしまったのは、
EXILEの不運なところでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月10日 (土)

雪が降ってきた/SMAP(1992年12月発売)

札幌は昨日の夜遅くから雪が凄いです。
281210yuki

アメダスの記録を見ると、昨夜の午後9時の積雪は11cmだったのが、
今日の午後3時では65cmになっていて、丸1日経たずに50cm以上も
増えていました。

こんなにまとまって一気に降るのは、札幌では何年かに1回の
レベルだと思います。

新千歳空港発着の飛行機も多くが欠航となっているとのこと。

今日の午後3時30分開始で、札幌のニトリ文化ホームでモーニング娘。'16の
コンサートが行われる予定でしたが、この雪でメンバーが会場に着けずに
中止になったようです。

さらに今日の夜は午後6時開始で、札幌ドームで関ジャニ∞のコンサートも
予定されています。

昨日の朝のHTBの「イチモニ」で、関ジャニの大倉くんと横山くんが
生出演していて、この2人は大丈夫でしょうが、他のメンバーも全員、
昨日までに札幌入りしていたのでしょうかね。

たぶん、前日までに入るスケジュールになっているとは思いますが、
冬の時期の北海道は特に、当日入り(あるいは当日に出る)の計画は
危険が一杯です。

北海道以外から見に行こうと思っていたファンの方々は、当日の朝の
飛行機で移動しようと思っていた人が多いでしょうし、北海道内でも、
札幌近郊に住んでいる人以外は、JRやバスの運休などがあれば
かなり厳しい状況かもしれませんね。

さて話は変わって、このように雪が降った時に、割と頻繁に頭に浮かんでくるのが
SMAPの「雪が降ってきた」という曲です。

1992年12月に発売の6枚目のシングルということで、SMAPの中では
かなり初期の頃の曲になります。

------------
雪の降る街 一人で思い出と歩いた
静かに降る雪 手のひらにそっと載せて
-------------

のサビの部分が、僕の切ない乙女心おっさん心を
今でも鷲掴みにしてきます(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧