2018年1月 8日 (月)

安室奈美恵のベストアルバムのCDが200万枚超えの売上枚数に

安室奈美恵さんが去年の11月8日に発売したCDアルバムのベスト盤の
「Finally」が、今日のオリコンデイリーで発表された枚数の結果によって、
推定の売上合計枚数が200万枚を超えることが濃厚になったようです。

シングルやアルバムに関わらずCDを売るのが難しいこの時代で、

「CDの円盤による200万枚」

というのは今後もう起こることは無いかもしれないので、
この快挙をしっかりと味わっておきます(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月31日 (日)

2017年のNo.1ソング決定

毎年、大みそかには「僕のその年のNo.1ソング」というのを
このブログで書いているのですが、今年でそれも13回目になります。

ちなみに去年までは、

2005年 ツバサ/アンダーグラフ(発売は2004年の9月)
2006年 しるし/Mr.Children
2007年 CHE.R.RY/YUI 
2008年 HANABI/Mr.Children
2009年 イチブトゼンブ/B'z
2010年 キミがいる/いきものがかり
2011年 家族になろうよ/福山雅治
2012年 恋/back number
2013年 高嶺の花子さん/back number
2014年 ひまわりの約束/秦基博
2015年 シュガーソングとビターステップ/UNISON SQUARE GARDEN
2016年 ハッピーエンド/back number

ということで、今振り返るとイマイチ疑問な選曲もいくつかありますが、
それはその時の判断ということで尊重します。

まずは、今年のTOP5となる5曲を選んでみました(発売日の順番です)。

渡月橋~君 想ふ~/倉木 麻衣(4月12日発売)
 <♪から紅に染まる渡月橋~導かれる日 願って~♪>

この曲を最初にきちんと耳にしたのはMステでの出演時だったのですが、
その時の衣装、曲のタイトル、イントロの印象などで完全に「和風の曲」の
イメージを持ったところ、歌詞の出だしにいきなり「オーバーラップ」という
カタカナ語が出てきて「うんっ?」と違和感を持ってしまいました。

サビの部分では「I've been thinking about you」という文章形式の
英語の歌詞まで現れて、それも含めての高評価です(^^)

背中越しのチャンス/亀と山P(5月17日発売)

「青春アミーゴ」から12年ぶりとなる2人のコンビでしたが、
曲のノリの良さや爽やかな感じが絶品でした。

特に2番のサビ後の「Up&Down 右 左に~」から
最後のサビに入るあたりまでがたまりません。

黄昏シンフォニー/KEYTALK(6月7日発売)

竹内まりやの「純愛ラプソティー」を思い出させるタイトルのこの曲、
疾走感が非常に好きです。

ピースサイン/米津 玄師(6月21日発売)

去年までは「MVで身体をクネクネさせながら歌う人」という印象だけでしたが、
今年一気にハマりました。特に歌声が僕の好みにピッタリだったんでしょうね~。

この曲は疾走感が非常に好きです(コメントが同じでスミマセン)。

himawari/Mr.Children(7月26日発売)

映画「君の膵臓をたべたい」の主題歌になるというのを知って、
「たぶんバラード系なんだろうなぁ~」と思っていたら、実際に聴くと
ギターの音が前面に出てくるような思っていたよりも激しい曲になっていて、
歌詞の内容と合わせて胸にグッとくるような曲でした。

--------------
そんなわけで、これらの5曲の中から、僕の今年のNo.1ソングを選びました。

背中越しのチャンス/亀と山P

爽快感があって聴くたびに幸せな気分になれるので、
自分の中では文句なしのNo.1でした(^^)

今年のブログの更新としては今回で終了となります。
また来年、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月30日 (土)

2017年の気になった曲

いよいよ今年も残り2日ということで、今年2017年に気になった曲を
順不同でひたすら列挙していきます。

ヒカリノアトリエ/Mr.Children
himawari/Mr.Children
黄昏シンフォニー/KEYTALK
はやく逢いたい/Dream Ami
MOON JELLYFISH/Flower
orion/米津 玄師
ピースサイン/米津 玄師
打上花火/DAOKO×米津 玄師
RAIN/SEKAI NO OWARI
瞬き/back number
マイ フェイバリット ジュエル/大原 櫻子
クモ/TOKIO
背中越しのチャンス/亀と山P
Forevermore/宇多田 ヒカル
僕の心をつくってよ/平井 堅
ノンフィクション/平井 堅
EMMA/NEWS
Family Song/星野 源
渡月橋~君 想ふ~/倉木 麻衣
11月のアンクレット/AKB48
インフルエンサー/乃木坂46
TOKYO GIRL/Perfume
Just You and I/安室 奈美恵
アイオクリ/The STROBOSCORP
呼吸/菅田 将輝
タッタ/ゆず

毎年、大晦日の12月31日にこのブログに「僕の今年のNo.1ソング」を
書くことを恒例行事としています。

それが明日に迫っているのですが、まだ迷っている部分もあるので、
明日の朝起きてから最終決定をしたいと思います(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月16日 (土)

今年の1曲ランキングTOP10(Mステ2017年12月1日放送)

2週間前に放送されたミュージックステーションの録画を
昨日の夜に見ました。

その中で 「10代&20代の1007人に聞いた今年の1曲ランキングTOP10」という
企画でのランキング発表を行っていました。

去年のMステでも今と同じような時期に「今年の1曲アンケート」を
発表していて、その結果は、
---------
●2016年

  1位 ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)/ピコ太郎
  2位 恋/星野 源
  3位 前前前世/RADWIMPS
  4位 世界に一つだけの花/SMAP
  5位 Hero/安室 奈美恵
  6位 花束を君に/宇多田ヒカル
  7位 海の声/桐谷 健太
  8位 365日の紙飛行機/AKB48
  9位 PERFECT HUMAN/RADIO FISH
10位 サイレントマジョリティー/欅坂46
----------

となっていました。こういうアンケート企画で10曲とも全て、

「まぁ、入っていても何も不思議はないよなぁ~」

と思えることはなかなかないのですが、去年は10曲とも完全に納得できるような、
そんな珍しい結果でした。

そして今年の結果は、
---------
●2017年:10代&20代の1007人に聞いた今年の1曲ランキングTOP10

  1位 打上花火/DAOKO×米津 玄師(映画「打ち上げ花火、下から~」主題歌)
  2位 Family Song/星野 源(ドラマ「過保護のカホコ」主題歌)
  3位 渡月橋~君 想ふ~/倉木 麻衣(劇場版アニメ「名探偵コナン」主題歌)
  4位 インフルエンサー/乃木坂46(ブンブンブン)
  5位  不協和音/欅坂46(僕は嫌だ)
  6位 やってみよう/WANIMA(auのCM曲)
  7位 若い広場/桑田 佳祐(朝ドラ「ひよっこ」主題歌)
  8位 つなぐ/嵐(大野 智 主演映画「忍びの国」主題歌)
  9位 TT-Japanese ver.-/TWICE(TTポーズ)
10位 EXCITE/三浦 大知(仮面ライダー エグゼイド主題歌)
---------

ということで、聞いたのが「10代&20代」に限定しているところが
去年と違ってはいますが、「今年の1曲」と言われると、去年ほど
ピンと来る感じが無いランキングに思えたのが正直なところでした(^^)

まぁ、去年が前半は「PERFECT HUMAN」や「海の声」、夏はリオ五輪の「Hero」、
後半が「前前前世」「恋」「PPAP」、そして1年を通してSMAPの解散の話題などで、
ここ最近では記憶に無いくらいの豊作過ぎる1年ではありました。

1位の「打上花火」は、もう少し映画がロングヒットしてくれていれば
もっと広く浸透していたかもしれないので、そこはちょっと残念です。

それでも今年のランキング、冷静に振り返ってみると、嵐と桑田佳祐の曲は
あまり分かりませんが、それ以外の曲は今年の日常生活の中で何度かは
思わず口ずさみそうになった経験のある曲で、僕の中では満足な結果でした(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年11月23日 (木)

「Mステ ウルトラFES 10時間超スペシャル」を完全制覇

2ヶ月ほど前の9月18日に放送された「MUSIC STATION ウルトラFES」を
録画していたのですが、12時00分~22時18分までの10時間超の放送で、

「さすがに長いなぁ・・・」

ということで気後れして、ずっと気になりながらも
見ないでそのままにしていました。

しかし、このままじゃダメだと決心して、先週から少しずつ見出して、
昨日の夜、とうとう全てを見終わりました。達成感で一杯です(^^)

この放送内で「1万人アンケート:聞くと元気になる曲は?」のような企画の
アンケート結果TOP100を発表していて、TOP3は、

1位 ultra soul/B'z
2位 ガッツだぜ!!/ウルフルズ
3位 負けないで/ZARD

でした。

ZARDの「負けないで」が1位になるのかなと予想していましたが、
「ultra soul」や「ガッツだぜ!!」もいかにも上位に入りそうな曲で、
順当な感じでした。

1位になったB'zはこのランキングの発表の後に登場して、
今年発売の「声明」とともに「ultra soul」も歌っていました。
Ultra_soul

ボーカルの稲葉浩志さんは今年で53歳ということですが、
歌い方も見た目も何もかも全て、とてもその年齢には思えずに、
「年齢詐称」を疑ってしまいました(^^)

それとこの放送で一番印象に残ったのは、
竹内まりやさんの「元気を出して」の曲に合わせた、
鉄拳さん作成のミュージックビデオ(MV)風のパラパラ漫画で、
見ていて途中から何だかグッときてしまいました。

今このブログを書く時に、「鉄拳」ってこの漢字で良かったかなとネットで
確認しようとしたところ、ちょうど昨日から、そのMステで使われた
パラパラ漫画が「元気を出して」のMVとしてYouTubeで期間限定で
公開されたとの情報を知って、タイミングの良さに嬉しくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月25日 (火)

Mr.Childrenの新曲を購入(himawari)

今日の帰り道、札幌駅の玉光堂に行って、Mr.Childrenの新曲となる
シングルCDの「himawari」を買ってきました
(発売日としては明日の7月26日(水)です)。
Himawari_2
DVD付きの初回限定盤にしました。

この「himawari」は、今週の土曜日に公開の映画「君の膵臓をたべたい」の
主題歌となっています。

Youtubeの公式動画で、1分ちょっとのライブバージョンが
2週間ほど前に公開されていて、それを耳にした限りでは
かなり良さそうな曲の予感が。

これからお風呂に入って、さらに歯磨きなどの寝る前の準備も全て済ませて、
落ち着いた状態になってからじっくりと聴きたいと思います(^^)

CD
1.himawari
2.メインストリートに行こう(Hall Tour2017ヒカリノアトリエ)
3.PIANO MAN(Hall Tour2017ヒカリノアトリエ)
4.跳べ(Hall Tour2017ヒカリノアトリエ)
5.終わりなき旅(2017.4.23YOKOHAMA)
6.忙しい僕ら

DVD
1.Documenary Of himawari
2.君がいた夏(25th Anniversary Day-2017.5.10 NAGOYA)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

物憂げな6月の雨に打たれて

今日の日曜日は、

・中日ドラゴンズの抑えの田島が「魔の東京ドーム」で逆転サヨナラ負け
・北海道コンサドーレ札幌が「前半42分と後半43分に失点」という、
 最近の定番となっているムカツク時間帯での失点で敗戦(柏2-1札幌)
・陸上の日本選手権で、北海道幕別町出身の福島千里選手が女子200m5位で
 日本選手権の連覇が途絶える

など、悔しいことが続いた休日の1日となりました・・・・・。

そんな今日は正午過ぎから7kmほどのランニングをしてきましたが、
昨日に引き続いて、降ったり止んだりの雨の中での走りとなりました。

週末の6月の走りは今週が最後となるので、ブログのタイトルに無理やり
Mr.Childrenの曲の歌詞を入れてみました。
Atomicheart
この「Atomic Heart」は1994年9月1日に発売のミスチルの4枚目のCDアルバムで、
シングル曲としては「Cross Road」と「Innocent World」が入っていて、
さらに最後の12曲目には、普通のシングル曲よりも知名度が高いかもしれない
「Over」が収録されています(^^)

話題を変えて、明日は将棋の竜王戦の決勝トーナメントで注目の
「増田 康宏 四段×藤井 聡太 四段」の対局があります。
藤井四段が新記録の29連勝なるかどうかという1戦となります。

この対局は、僕の家で契約しているケーブルテレビで見られる
「囲碁・将棋チャンネル」で生中継されるとのこと。

明日は持ち時間が5時間なので、おそらく勝負の決着がつくのが
夜9時~10時頃となる可能性が高いです。

そんなわけで、明日は仕事が終わったら一直線で家に帰って、
夕食休憩明けあたりの場面から固唾を呑んでテレビ画面に向き合います(^^)

*6月26日(月) 午後11時追記

藤井四段が勝って、これで新記録の29連勝に。

家に帰って夕食休憩明けから中継を見たところ、
それまではどちらかというと増田四段が有利という評判だったみたいですが、
▲1五角、▲5三桂打、▲2一歩成あたりの攻めによって、気が付いたら
藤井四段が一気に優勢になったようで。

対局が終わったのが午後9時20分頃で、午後9時からのNHKの
ニュース番組の途中で速報テロップが入って、結局このNHKでは
1時間番組のうち35分ほどを将棋の話題で費やしていました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月28日 (日)

背中越しのチャンス/亀と山P(2017年)

今日は正午過ぎから11kmほどのランニングをしてきました。

家を出た段階では雨は降っていませんでしたが、途中からは
本降りの雨になって、最後はビシャビシャになりながらの帰宅となりました。

まぁ、このビシャビシャ感も、これはこれで気持ち良かったです。

さてここ何日か、亀梨和也くんと山下智久くんが「亀と山P」名義で発売した
「背中越しのチャンス」のサビの、

「♪いっそ僕ら何回でも恋をして~何回でも愛していこう~」

の部分が妙に頭の中で繰り返し流れて、離れてくれない状況です。

亀梨くんと山下くんの2人のユニットは修二と彰の「青春アミーゴ」以来で、
この「青春アミーゴ」はそこそこ最近のヒット曲という感覚があるのですが、
発売は2005年で既に10年以上が経過していて、僕も年齢を重ねているなぁ~と
実感している毎日です(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

back numberのコンサートに行ってきました(2017年5月12日 北海きたえーる)

今夜は、北海きたえーるで開催された

「back number:All Our Yesterdays Tour2017」

に行ってきました。
Bknb29512

いろいろと長々と書きたいのですが、明日も同じく北海きたえーるで行われ、
さらに来週からも愛知、広島、埼玉、沖縄と6月11日までこのツアーは続くので、
全てが終わってから気が向いたら感想を書きたいと思います(^^)

1つだけ、「この曲は是非とも演ってほしいなぁ~」と思っていた曲を
アンコールの最後に演ってくれて、最高の締めくくりとなりました。

あと、明日行く女性の方にアドバイスとして、今日の開始前の会場内、
女子トイレは長蛇の列でした(男子トイレはガラガラ)。

普段は男子トイレとしている所も何箇所かは女子用にしていたみたいですが、
それでも長い列が出来ていました。

例えば大通駅や札幌駅での地下鉄乗り換えの時に事前にトイレに
行っておくなど、対応を考えておいた方が良いかもしれません。

わざわざここで告白するようなことでは無いのですが、
僕は頻尿気味の傾向があるので、「小問題」については
妙に気になってしまいます(^^)

これでback number関連のネット検索も解禁ということで、
明日からの週末はあれこれと「ネットサーフィン」をして、
今までに参加した人の感想などを見たいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

back numberのコンサートチケットが到着(2017年5月12日 北海きたえーる)

5月12日(金)に札幌市の北海きたえーるで行われる、

「back number: "All Our Yesterdays Tour 2017"」

のコンサートチケットが今日、家に届きました。
Back_number_ticket

座席はアリーナ席のDブロックとのこと。

おそらく前からA、B、C、D~というブロック配置と推測するので、
アリーナ席の中では後ろの方になりそうですが、特には気になりません(^^)

とにかく、無事にチケットが手元に届いて一安心です。

このコンサートツアーは、2ヶ月以上前の2月25日の
千葉県から既に開始しています。

どの曲をどの順番で演奏するかのセットリストを事前に知りたくないので、
ネットで迂闊に検索しないよう、日々細心の注意を払い続けています。

さて、5月12日にこのコンサートに行くわけですが、

「♪ちょうど10年前に~♪」

の2007年の5月12日は、真駒内アイスアリーナでの
Mr.Childrenのコンサートに行く予定でした。

「予定でした」と書いたのは、10年前のブログの文章をコピー&ペーストすると
http://run-consa-dra.way-nifty.com/hero/2007/05/mrchildren_590e.html

----------
●2007年5月9日(水)

(ミスチルの公式ページより)

「Mr. Children HOME TOUR 2007 札幌公演についてのお知らせ」

このたびMr.Children のドラマー鈴木英哉の左手人差し指負傷により、
5月12日(土)、13日(日)に予定しておりました幌公演の中止
発表させていただきます。

5月5日の福岡公演終了後、食事の席で本人の不注意により
店内に設置されている換気扇に誤って左手を接触させてしまい、
左手人差し指を4針縫う怪我をいたしました。
----------

というわけで、直前でまさかの中止を知って、大きなショックを受けました。

この時は結局、6月22日、23日に振替公演となって、1ヶ月ちょっとの延期期間が
逆にちょうど良い「焦らし期間」になった面もあったりして、なかなか思い出深い
10年前となっていました。

今回は「魔の5月12日」とならずに、無事に予定通り開催されることを
心の底から祈るばかりです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧