« 北海道コンサドーレ札幌はJ1リーグ4位と大躍進で終了 | トップページ | 真冬日 »

2018年12月 2日 (日)

服部勇馬が2時間07分27秒で優勝<2018年福岡国際マラソン>

今日はお昼から「第72回福岡国際マラソン」のテレビ中継を観ていました。

----------
●第72回福岡国際マラソン 結果

1位 服部 勇馬(トヨタ自動車) 2:07:27-MGC獲得
2位 イエマネ・ツェガネ(エチオピア) 2:08:54
3位 アマヌエル・メセル(エリトリア) 2:09:45
4位 設楽 悠太(Honda) 2:10:25(MGC獲得済み)
5位 園田 隼(黒崎播磨)  2:10:31(MGC獲得済み)
6位 山岸 宏貴(GMO)  2:10:42-MGC獲得
7位 福田 穣(西鉄)  2:10:54-MGC獲得
8位 佐々木 悟(旭化成) 2:11:40
9位 橋本 峻(GMO)  2:11:40
10位 川内 優輝(埼玉県庁)  2:12:03
----------

服部勇馬選手は35km~40kmのラップタイムが14分40秒、
そこからゴールまでの2.195kmが6分35秒と非常に早く、
優勝争いをしていたツェガネ選手、メセル選手を一気に突き放して、
テレビの前で興奮しました(^^)

今日は気温が20℃くらいあって、12月開催となってからの福岡では
大会史上で最も暑かったようですが、その中でのこのタイムと内容は
素晴らしいです。

そんな暑さもあってか、全体的にはタイムは伸びなかったものの、
山岸選手と福田選手もMGC出場権を獲得しました。

「2時間11分00秒以内で日本人3番手までにゴール
(既に獲得済みの選手は順位の対象外)」

という条件を考えると、この2人はギリギリのゴールタイムだったように
思えますが、実は2人とも「2レースの平均で2時間11分00秒以内」の
ワイルドカードの権利の挑戦権も持っていて、今日は2時間11分30秒で
ゴールでもそこをクリアしていたので、少しは余裕はありました。

とにかく服部勇馬選手の快走に心躍った日曜日の昼間となりました。

|

« 北海道コンサドーレ札幌はJ1リーグ4位と大躍進で終了 | トップページ | 真冬日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/67442819

この記事へのトラックバック一覧です: 服部勇馬が2時間07分27秒で優勝<2018年福岡国際マラソン>:

« 北海道コンサドーレ札幌はJ1リーグ4位と大躍進で終了 | トップページ | 真冬日 »