« 「2018年北海道マラソン」の結果 | トップページ | 「2018年北海道マラソン」を振り返る(スタートしてから) »

2018年8月28日 (火)

「2018年北海道マラソン」を振り返る(スタートまで)

この前の日曜日に走ってきた北海道マラソンについて振り返ります。

まずは完全に自分用の行動メモで、朝9時スタートに向けて
5時10分に目覚ましをセットして6時前から朝ご飯を食べて、
7時20分過ぎに家を出て自転車で地下鉄駅へ向かい、
地下鉄に乗って7時50分過ぎに大通駅へ到着。

Terebitou
8時前に大通公園にいたことを示す証拠写真です(^^)

朝起きてカーテンを開けた段階では空は厚い雲に覆われていて
「よしっ!今日はずっとこのままで!」と祈ったのですが、そこから
時間の経過とともに少しずつ青空の部分が多くなっていきました。

そして大通駅に到着して、Cブロックの手荷物預かり所に最も近い
6番出口から外に出た瞬間、ガンガンの日差しが身体に襲ってきて、
空を見上げると太陽の周囲には雲が無く奇麗な青空が。

「マジか!これは暑いぞ!」

と、湿度も高くなる予報も出ていたので今日は地獄の蒸し暑さになると
覚悟したのですが、おそらくこのスタート前が1日の中で最も日差しが
強かった時間帯だったと思います。

スタート後はどんどんと雲が出てきて日差しはかなり弱くなっていったので
そこは非常にラッキーでした。

スタートの整列時間はスタート20分前の8時40分まで。

例年はその制限時間の2~3分前などギリギリに並んでいたのですが、
今年は余裕を持って10分ほど前にCブロックへ。

「例年よりもちょっとだけ、スタートまでのロスタイムは少なくなるかな」

と期待したのですが、結局はほとんど変わりませんでした。

スタート時のさっぽろテレビ塔のカウントダウンは残念ながら建物で見えず。
もう10mほど先に進めていれば見えていたのでしょうが。

そんなこんなで9時にスタートとなりました。

当日の朝起きて新聞のテレビ欄を見ると、新体操の五輪代表選手だった
畠山愛理さんが、NHKのサンデースポーツの取材で北海道マラソンに
来るとの情報が。

「もし畠山さんがスタート時にいるとしたら、スタートの号砲を鳴らした
高橋知事の付近だろうな」

と決めつけて右側の沿道を注意しましたが、残念ながら発見できず。
瀬古利彦さんと秋元市長の姿は確認できましたが。

その日の夜、サンデースポーツを見たらたしかにスタート時に畠山さんも
スタート付近にいたのですが、僕が注意していた沿道とは反対側の左側で
リポートをしていて、

「そっちだったか・・・・」

と、自分の判断の悪さを嘆きました(^^)

スタートしてからが長いので、続きは次回にします。

|

« 「2018年北海道マラソン」の結果 | トップページ | 「2018年北海道マラソン」を振り返る(スタートしてから) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/67105554

この記事へのトラックバック一覧です: 「2018年北海道マラソン」を振り返る(スタートまで):

« 「2018年北海道マラソン」の結果 | トップページ | 「2018年北海道マラソン」を振り返る(スタートしてから) »