« 2018年5月 | トップページ

2018年6月19日 (火)

2018年おたる運河ロードレース大会(スタートしてから)

サッカーの日本代表、コロンビアに勝ちましたね!

さて、この前の日曜日の「第30回おたる運河ロードレース」について、
昨日のブログに引き続いて、スタートしてからを書きます。

ハーフのスタート時間は朝9時。号砲が鳴ってからスタート地点に
辿り着くまでは20秒ほどで、だいたい想定通りでした。

少し走ると小樽運河が現れ、まずはこの運河を左に見ながら走り、
小樽築港駅方面へと向かっていきました。
Otaruunga
小樽運河です。

4kmあたりの小樽IC付近の上り坂が、このコースの最初の難関。

ただ、「自称・山の神」の僕はこの上り坂は特に問題なくクリアでき、
逆のその後の長く続く下り坂の方が走り方が難しかったです。

そんなこんなで5km地点の表示を通過。手元の時計で22分07秒で、
割と良い感じの通過タイムとなりました。

今回の大会は、エリック・ワイナイナさんがゲストランナーとして来ていて、
ハーフの最後尾からスタートしてごぼう抜きをして、その追い抜く際に
ランナーにエールを送るというような企画となっていたようです。

5km地点の表示を過ぎてすぐ、そのワイナイナさんが軽やかに追い抜いていき、
その際に肩を叩いて声を掛けてくれたのは良い思い出になりました(^^)

その後最初の給水地点があり、それから6km地点の表示で時計を見たら
この1kmは4分05秒くらいのラップタイムとなっていて「んっ?」と思いました。

そして次の7km地点の表示で再び時計を見たら8分58秒となっていて、
ここの1kmは5分近くかかったことに。

2kmでのラップタイムで考えると8分58秒というのは妥当なのですが、
明らかに5~6kmと6~7kmの距離表示の間隔はおかしい状態でした。

コースが一部変わった影響か、1km毎の距離表示が完全にズレていると
思われる箇所が他にもあり、10km地点の距離表示は見逃したりなどで、
全体的にどのようなラップタイムで走っているのかが不明なままゴールしました(^^)

ただ、全体的な距離は合っていたと思っておきたいです。

今回は最後のゴール前の色内ふ頭公園の外周のグルッと1周が無くなった分、
8kmあたりからのふ頭を走る部分が延長されました。

〇〇食品や△△セメントみたいな会社の大きな倉庫などを見ながら走る
ふ頭巡りコースは楽しいので、来年もこのまま延長でお願いしたいです。

このふ頭巡りコースが終わり、スタート会場の色内ふ頭公園前へと
一旦戻っていき、その公園の手前に11km地点の表示がありました。
11km

そして公園前まで進んで、「ハーフの方は直進、その他の方は右に曲がって
ゴールです」というスタッフの誘導を聞いて、

「あぁ~、僕も曲がってゴールしたい」

と思うのは毎年の恒例行事となっています(^^)

その直後に2つ目の給水地点があり、ホーマックの駐車場を通り、
おたる水族館方面へと進んでいきました。

新高島トンネル~豊井トンネル~新祝津トンネルの中を走って
おたる水族館の駐車場を折り返し地点として、また3つのトンネルを
逆方向に走って、ゴールの色内ふ頭公園へと目指すコースとなっています。

普段はトンネルの中を走ることはないので、この3つのトンネルを
往復するコースが独特な雰囲気で僕は妙に好きで、この大会に毎年
参加し続けている大きな1つの理由となっています。

おたる水族館の駐車場はグルッと1周するような感じの折り返しとなっていて、
ここがなかなかの角度の上り下りとなっています。

その駐車場に入ったところに3つ目の給水地点があり、そこで一息ついて
上り坂に入り、坂の頂点ではおそらくおたる水族館のマスコットキャラクターも
応援してくれていました。

そしておたる水族館の駐車場を終えて、来た道を戻ってゴールを目指しての
残り約5kmとなりました。

この終盤、前から落ちてくる人を抜いていきたかったのですが、
脚がどんどんとキツくなってしまいなかなか前に追い付くことができず、
残り5kmは追い抜いた人数よりも追い抜かれた人数の方が明らかに
多かったです。

ただ、何とか粘って走り切ることができたということにしておきます。

コース図ではホーマックの駐車場が20.1kmの関門地点となっていて、
距離表示は見つけられなかったですが、「たぶん残り1kmを切ったな」と
ホーマックの駐車場を抜けてゴールへの最後の踏ん張りとなりました。

と思っていたら、しばらく走っていたら20km地点の表示が現れ、
そこからゴールまでは3分10秒ほどで走り、最後はオリンピックを
目指してもいいくらいのラップタイムに(^^)

ゴールの色内ふ頭公園に近づくにつれて応援も多くなっていき、
去年まではその後に公園の外周をグルッと1周だったのですが、
今年は応援を受けながら左に曲がって、すぐに公園に入っての
ゴールとなりました。

最後の、「ゴールはあそこなのに」と思いながらのグルッと1周が無くなり、
気分的には楽でした(^^)

Goal
ゴール地点です。

タイムは1時間33分15秒で、「1時間35分切りができればいいなぁ~」と
思っていたので満足です。

Annkakeyakisoba

休んで食欲が戻ったら是非とも買って食べたかったのですが、
ゴールしてから30分後の11時過ぎに「売り切れました」との
アナウンスが会場内に。

ハーフを走り切った後は、少なくとも1時間は休まないと
固形物を食べるのは厳しいので残念でした。

そしてゆっくりと休んでから、お楽しみの「きのこ汁」をいただいて、
肉体的にも精神的にも落ち着きました。
Kinoko

会場は11時30分過ぎに離れ、小樽駅に向かう途中に旧手宮線の
線路跡を少し歩き、12時20分発のJRに乗りました。
Temiya2
旧手宮線の線路跡です。

走っている最中は風はそれほど気にはならない強さでしたが、
終わってから歩いて帰っている最中には結構風が強くなっていて、
歩道の「交通安全」のような旗が激しく揺れていました。

走っている最中にこの風だったら影響はあったと思うので、
かなりツキがありました(^^)

JRで札幌市に戻って、家に戻る途中のラーメン屋でワンタンメンを食べて、
午後2時過ぎに無事に家へ着きました。家に帰るまでがマラソン大会です。

次の大会は7月8日(日)に行われる「札幌・豊平川市民マラソン」での
フルマラソンになります。少し休んでからまた練習をしていきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

2018年おたる運河ロードレース大会(スタートまで)

昨日の「第30回おたる運河ロードレース大会」について振り返ります。
ハーフマラソンを走ってきました。

ハーフのスタートの午前9時に向けて、朝の1つ目の目覚ましを4時45分に
設定して、その1発で無事に目覚めました。

5時30分過ぎから朝ご飯をゆっくりと食べ、6時40分に家を出て、
まずは自転車で最寄りのJRの駅へ行き、小樽駅に7時38分に着くJRに
予定通り乗ることができました。

Otarueki
小樽駅です。

スタートまでの準備を考えると、本当はもう少し早いJRに乗りたいのですが、
これより1つ前は40分ほど早い6時59分に小樽駅着なので、それはさすがに
早起きが厳しいということで、毎年このJRに乗っています。

小樽駅からは歩いて会場の色内ふ頭公園に向かい、ちょうど良い感じの
曇り空と涼しさで「今日は走り易そう」と期待感が高まる中、8時過ぎに到着。

Uketuke
受付会場です。

受付でゼッケンなどをもらって、ゼッケン2枚をシャツに取り付け、
準備運動をしてから軽く2~3分走って、手荷物を預けて、トイレに行って、
そしてスタート地点に並ぶという、1時間足らずの中での慌ただしい行動と
なりました(^^)

本来は8時30分からの開会式にも出たいのですが、その余裕はなく、
ちょうどその開会式が始まる頃に手荷物を預けに行き、スタート地点には
スタート10分くらい前に「1時間20分~1時間40分で走れる方」のプラカードの
場所に並びました。

今年はこの色内ふ頭公園の外周が護岸工事のため立入禁止ということで、
ハーフのスタート地点が去年までの奥側から手前側に変更となっていました。

そして9時にスタート。

続きは次回以降のブログにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

完走しました!<2018年おたる運河ロードレース大会>

今日は小樽市で行われた「第30回 おたる運河ロードレース大会」で
ハーフマラソンを走ってきました。午前9時スタートでした。
Otarukanban

今年は第30回の記念大会で、歴史とロマンを駆けぬけた結果、
1時間33分15秒で無事にゴールしました。
Otarukansousyou

去年のこの大会のタイムは1時間33分39秒で、タイムの単純比較では
少しだけ良くなっていました(^^)

アメダスでの小樽市のデータを調べてみると、

  9時 14.2℃、東の風1.6m/s、日照時間0.0h
10時 14.7℃、東北東の風1.9m/s、日照時間0.0h
11時 15.8℃、東の風4.5m/s、日照時間0.1h

とのことでした。

気温は今の時期としては低めで日差しも弱く、
走り易い好状況でした。

風は走っている最中はそれほど強くなく、終わって帰る頃には
結構な強さになっていて、かなりツキがありました(^^)

今日の大会はエリック・ワイナイナさんがゲストランナーで、
ハーフマラソンの部の最後尾からスタートしていました。

そのワイナイナさんに5km過ぎで追い抜かれる際、
肩を叩かれ声を掛けてくれたのが良い思い出になりました。

キロ4分30秒くらいのペースで必死に走る人間を、
おそらくキロ4分ちょうどくらいの(本人にとっては)ジョギングペースで
軽々と追い抜いていくワイナイナさん。

当たり前の話ですが、同じ人間とは思えなくて凄かったです(^^)

ゴール後はお楽しみの恒例の「きのこ汁」のサービスが。
Kinoko

疲れた身体に染み渡って、肉体的にも精神的にも落ち着きました。

全完走者の成績は、6月19日(火)以降、(株)アイ・サム社の
ホームページに掲載されるとのことです。

http://www.i-sam.co.jp

今日の大会の詳しいことは、明日以降のブログに書きたいと思います。

最後に、帰り道に撮った写真を2枚載せておきます。
Otaruunga
小樽運河です。

Temiya
旧手宮線の線路跡です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

明日は小樽の男に(2018年おたる運河ロードレース大会)

明日は「第30回おたる運河ロードレース大会」でハーフマラソンを
走ってきます。ハーフは朝9時スタートです。

そのスタート時間の明日の朝9時の小樽市の天気予報は
「曇り、14℃、南東の風1m/s」ということで、かなり走り易い
望ましい状況になってくれる期待が。

さて、今年のコースは去年までと少しだけ変更があるようで、
去年のコース図と見比べてみると、

・中央下水終末処理場(第1関門) 10.8km地点→11.4km地点
・おたる水族館(第2関門) 15.5km地点→16.1km地点

ということで、はっきりとは分かりませんが、前半の港町ふ頭と
第二号ふ頭の箇所で距離が伸びて、その代わりに最後のゴール前の
色内ふ頭公園の外周グルッとが無くなったような感じです。

また、ハーフのスタート地点が色内ふ頭公園の奥側から手前側に
もしかしたら変わっているかもしれません。

特に大きな違いではありませんが、ひとまず頭に入れておきます。

朝9時スタートに向けての朝5時起きが明日のまず最初の難関ですが、
そこをクリアして無事にスタートして完走して、このブログに生還報告を
したいと思います(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月13日 (水)

「2018年札幌マラソン」に申し込み

今日は仕事が終わった後に約12kmほどのランニングをしてきました。
雰囲気的には「そろそろ雪が降る季節が来るなぁ~」という肌寒さでした(^^)

さて、今日からハーフマラソンの申し込みが開始された
「第43回 札幌マラソン」にさっそくエントリーをして入金まで済ませました。
今年は10月7日(日)に行われ、次の日が祝日なのが嬉しいところです。

それと、今日のプロ野球の交流戦は「中日6-3楽天」という結果になり、
さらに他のセリーグ5球団は全て負け、中日ドラゴンズの1人勝ちとなって
非常に気分が良いです。

そのパリーグの5勝のうち、札幌ドームの最後はかなり危険でしたが・・・。
阪神の伊藤隼太の当たりは、打った瞬間は同点3ランかと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月10日 (日)

「2018年おたる運河ロードレース大会」まで1週間

今日は正午過ぎから走ってきました。

昨日の練習の疲れが脚に残っている感じだったので、
ゆっくり目のペースで7kmほどの距離にしておきました。

札幌市の今日の正午の気温は16.1℃とのことで、
日差しと風も適度にあって練習で走るのには良い状況でした。

さて、1週間後の日曜日は「第30回おたる運河ロードレース大会」で
ハーフマラソンを走ってきます。この大会は12年連続の参加となります。
Otaruzekken_2

ハガキの裏の会場案内図を見ると、今年も「きのこ汁」のコーナーが
無事にあるので、ゴール後の楽しみとして一生懸命走ります(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 9日 (土)

前田森林公園までのランニング

今日は夕方4時前から、長距離練習として約23kmのランニングをしてきました。

目的地点は手稲区の前田森林公園で、公園内は紫色のフジの花が綺麗に
咲いていたり、水路にかなり小さな小カモ3匹とすぐそばにおそらく親カモ1匹が
いたりで、なかなか素敵な光景でした。

今日の走りはだいたいキロ5分20秒~30秒くらいのペースで、1週間後の
「おたる運河ロードレース大会」でのハーフ本番でどのくらいまでペースを
上げられるのかは、当日のお楽しみとするしかありません(^^)

それとプロ野球の交流戦では、「中日3-0ソフトバンク」ということで、
先発ガルシアが9回を1人で投げ切っての完封という素晴らしい結果に。

ただ、そんな今日はセリーグ6球団が4年ぶりに全勝という
余計な現象が起きてしまいました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 3日 (日)

40歳の山井が好投で勝利!(中日ドラゴンズ)

今日も札幌ドームへ、午後2時に試合開始となった
我らが中日ドラゴンズの応援に行ってきました。

Syouri

一昨日/昨日と連敗していた中、3連敗を免れての「5-2」の勝利で
とにかく良かったです(^^)

今日は40歳の先発投手の山井が6回無失点の素晴らしいピッチングでした。
Yamaisenpatu_2

Yamaiint_2

そこから43歳の岩瀬が7回裏をゼロで抑えてホールド、
さらに今年初スタメンの40歳の荒木も9回表に2ベースを打ち、
素敵な日曜日になりました。
Iwase

形はアレコレ違うとはいえ、2007年の日本シリーズから11年経過した2018年に
伝説の「山井-岩瀬の無失点リレー」が地元の札幌ドームで生で観られるとは、
感慨深いものがあります(^^)

荒木は先制した3回表の場面でも、ノーアウト2塁であっさりと
セカンドゴロの進塁打を打ったのも印象に残りました。
結果的にはそこで3塁に進めたのが、その後の大島の
ラッキーな先制のタイムリー内野安打に繋がりました。

家に帰ってからはビールを飲みながら、録画していたCS放送のGAORAを観て
今日の試合の振り返りを。解説の稲田直人さんが、少しだけ日ハム寄りながらも
バランスが取れた分かり易い解説で嬉しかったです。

1回裏の1アウト1、2塁のいきなりのピンチの場面での福田のファインプレーは、
球場で観ていた感じよりもさらに上のレベルの素晴らしいプレーに思えました。

あれがなければ、もしかしたら3連敗も・・・・、と思うとゾッとします。
福田は打つ方でも6回表に貴重な追加点の2点タイムリーを打ち、
今日は攻守に大活躍でした。

それと8回表のビシエドのホームランは、自分が観ていたライトスタンドの席の
やや右側方向に一直線に向かって来て、思わず興奮し過ぎました(^^)。

ただ、中継を見直したら、あのコースのボールを打たれた
日ハムの七飯町出身の鍵谷は少し気の毒でした。

この札幌ドームの3連戦は1勝2敗の負け越しとはいえ「負け、負け、勝ち」のため、
気分的には「3タテを喰らわなくてホントにホントにホントに良かったなぁ~」という
安堵感の気持ちで一杯です(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 2日 (土)

無念の連敗・・・

今日は正午過ぎから1時間ちょっとのランニングをしてきました。
走った距離は12kmくらいでした。

それから遅めのお昼ご飯を食べて、そして今日も
札幌ドームへと向いました。
Dome1stu

今日こそはと期待したのですが、
Dome2stu

「北海道日本ハムファイターズ 9-3 中日ドラゴンズ」という結果で、
無念の2連敗を喰らってしまいました・・・・。

現在、防御率がセリーグトップの先発のガルシアが1回裏に
いきなりの3失点。

昨日の悪夢が甦りましたが、2回から何とか立ち直って、
そして打線は4回表に2アウト1、2塁のチャンスを作りました。

ここで高橋周平が外野の頭を超す2点タイムリーで同点に。
この瞬間はさすがに大興奮してしまいました。

1軍に昇格したばかりの伊藤準規が7回裏に試合をぶち壊すまでは
まだ期待が持てる展開だったので、昨日よりはだいぶマシだったと
自分を慰めるしかありません・・・。

明日は午後2時に試合開始で、懲りずにまた観に行きます。
中日の予告先発は前回登板では完封した山井で、好不調の波が激しいので
心配はありますが、贅沢は言わないのでまずは立ち上がりの1回裏を
無失点で抑えてください(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 1日 (金)

惨敗・・・

今日は札幌ドームへ行って、我らが中日ドラゴンズの試合観戦をしてきました。
交流戦で中日が札幌ドームへ来るのは3年ぶりです。
Dome1

Dome2

試合開始前ギリギリの午後5時58分に球場内に入ることができ、
1回表の先頭バッター京田のいきなりの3ベースも観ることができました。

この時は「これは今日は行けるぞ!」と期待感で胸が膨らんだのですが、
Dome3

「北海道日本ハムファイターズ 13-2 中日ドラゴンズ」という結果に。
先発の柳が2回裏に1アウトも取れずに5連打を喰らって降板。

何らかの過酷な精神修行を受けてきた気分になりました・・・・。

8回表の1点は、2アウトからの大島のソロホームランでした。
札幌円山球場の時代も含めて、中日の試合の生観戦はたぶん
25試合くらいしているけど、中日の選手がホームランを打った瞬間に
これほど淡々とした気分だったのは初めての経験でした(^^)

それでも、多少はスカッとしたので、精神的にはだいぶ救われました。

今日の唯一の収穫は、高卒2年目の藤嶋が2回途中から6回まで計5回、
87球を投げられたことでしょうか。結果的には5回3失点という、先発だったら
まずまずの成績でした。

明日の予告先発は、中日がここまで6勝で防御率はセリーグトップの
1.69という成績のガルシア。一方の日ハムは今季初先発の浦野。

明日も札幌ドームへ観に行くので、明日こそは勝利を期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ