« 陸上日本選手権の男子100m決勝(北海道出身の小池祐貴が4位) | トップページ | 6月が終了 »

2018年6月24日 (日)

陸上日本選手権の3日目(北海道出身の選手が活躍)

今日は正午過ぎから7kmほどの距離を走ってきました。

最初は半袖シャツ1枚で走ろうと外に出たらやたらと肌寒くて、
一旦家に戻って長袖のジャージを着てから走り出しました。
アメダスのデータによる今日の札幌市は、

10時 19.4℃
11時 20.0℃
12時 15.4℃
13時 15.1℃

ということで、やはり正午前から一気に気温が下がっていたようです。

そして夕方は「第102回 陸上日本選手権」の中継を観ていました。

●男子110mハードル 
  金井 大旺(函館ラ・サール高校出身)・・・・優勝<日本新記録!>

●男子円盤投げ
  堤 雄司(札幌拓北高校出身)・・・・2位

●女子200m
    福島 千里(帯広南商業高校出身)・・・・優勝

●男子200m
  小池 祐貴(立命館慶祥高校出身)・・・・2位

などで北海道出身の選手達も活躍していました。

男子円盤投げの堤選手はここまでの日本記録保持者でしたが、
今日の優勝した湯上選手が3投目、4投目、5投目で3投連続で
日本記録更新ということで、これは凄いです。

さらに男子200mの小池選手、最後の直線に入った場面では、
あの飯塚翔太選手にも勝って優勝できるのではと一瞬興奮してしまいました。

やはり飯塚選手はさすがに強かったですが(優勝タイム20秒34)、
小池選手の自己ベスト更新(20秒42)の2位という結果は見事です。

アジア大会の代表選考基準は調べてはいませんが、

「日本選手権2位でシーズンベスト20秒42」

というのはどうなんでしょうか。

そして今日の夜中12時からはサッカーW杯の日本代表のセネガル戦があります。
頑張って起きて観るか、諦めて寝て朝のニュースで結果を知るか悩み中です(^^)

|

« 陸上日本選手権の男子100m決勝(北海道出身の小池祐貴が4位) | トップページ | 6月が終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/66865539

この記事へのトラックバック一覧です: 陸上日本選手権の3日目(北海道出身の選手が活躍):

« 陸上日本選手権の男子100m決勝(北海道出身の小池祐貴が4位) | トップページ | 6月が終了 »