« 2018年おたる運河ロードレース大会(スタートしてから) | トップページ | 陸上日本選手権の男子100m決勝(北海道出身の小池祐貴が4位) »

2018年6月20日 (水)

「2018年おたる運河ロードレース大会」の全完走者の結果が掲載

3日前に行われた「第30回おたる運河ロードレース大会」の大会結果が、
(株)アイ・サムのページに掲載されていました。

http://www.i-sam.co.jp/gw/recsearch.php

ここから検索できます。

僕の走った「ハーフ男子 35歳~50歳未満の部」の完走者数は509人で、
この中で僕は上位15%以内に入っているような、なかなかの好順位でした。

去年の結果も調べてみたら、1年前のこの部の完走者数は406人で、
完走率はほとんど変わらないと思うので、だいぶ参加者が増えていたようです。

ついでに他のハーフの部も去年と今年の完走者数を見てみたら、

男子35歳未満  231人→289人
男子50歳以上  459人→542人
女子(年代区別なし) 190人→270人

と全体では25%ほど増えていて、これはゲストランナーに
エリック・ワイナイナさんを招待した効果もあったのでしょうか(^^)

そのワイナイナさんはハーフの最後尾からスタートして
ごぼう抜きをして、僕は5km過ぎであっさりと抜かれましたが、
上位の25人ほどのランナーは抜かれずに耐えたそうです。

また、男子ハーフの総合の優勝者のタイムは1時間08分27秒で、
2位の1時間12分43秒とは4分ちょっと離れていました。

たしかに大会当日を思い出してみると、後半のおたる水族館の往復コースで
僕が往路を走っている時、向かいから独走状態で来ていたランナーとすれ違って、
そして次の2番手のランナーとはだいぶ間隔が空いていた記憶があります。

この優勝したランナーはおそらく北海道内では有名な方で、
去年の9月に美唄でハーフを走った時にも独走で優勝していて、

「早いなぁ~」

と思っていたら、その翌日に行われた旭川ハーフでも2位になっていたのを
新聞で知って、川内優輝選手みたいだなと少しビックリしました
(ちなみに、旭川ハーフでの優勝者はその川内選手でした)。

なお、今回の小樽の大会は各部門6位までが入賞で、もし僕が女性だったら
6位相当のタイムで入賞できていたので残念でした(^^)

|

« 2018年おたる運河ロードレース大会(スタートしてから) | トップページ | 陸上日本選手権の男子100m決勝(北海道出身の小池祐貴が4位) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/66850731

この記事へのトラックバック一覧です: 「2018年おたる運河ロードレース大会」の全完走者の結果が掲載:

« 2018年おたる運河ロードレース大会(スタートしてから) | トップページ | 陸上日本選手権の男子100m決勝(北海道出身の小池祐貴が4位) »