« 2018年おたる運河ロードレース大会(スタートまで) | トップページ | 「2018年おたる運河ロードレース大会」の全完走者の結果が掲載 »

2018年6月19日 (火)

2018年おたる運河ロードレース大会(スタートしてから)

サッカーの日本代表、コロンビアに勝ちましたね!

さて、この前の日曜日の「第30回おたる運河ロードレース」について、
昨日のブログに引き続いて、スタートしてからを書きます。

ハーフのスタート時間は朝9時。号砲が鳴ってからスタート地点に
辿り着くまでは20秒ほどで、だいたい想定通りでした。

少し走ると小樽運河が現れ、まずはこの運河を左に見ながら走り、
小樽築港駅方面へと向かっていきました。
Otaruunga
小樽運河です。

4kmあたりの小樽IC付近の上り坂が、このコースの最初の難関。

ただ、「自称・山の神」の僕はこの上り坂は特に問題なくクリアでき、
逆のその後の長く続く下り坂の方が走り方が難しかったです。

そんなこんなで5km地点の表示を通過。手元の時計で22分07秒で、
割と良い感じの通過タイムとなりました。

今回の大会は、エリック・ワイナイナさんがゲストランナーとして来ていて、
ハーフの最後尾からスタートしてごぼう抜きをして、その追い抜く際に
ランナーにエールを送るというような企画となっていたようです。

5km地点の表示を過ぎてすぐ、そのワイナイナさんが軽やかに追い抜いていき、
その際に肩を叩いて声を掛けてくれたのは良い思い出になりました(^^)

その後最初の給水地点があり、それから6km地点の表示で時計を見たら
この1kmは4分05秒くらいのラップタイムとなっていて「んっ?」と思いました。

そして次の7km地点の表示で再び時計を見たら8分58秒となっていて、
ここの1kmは5分近くかかったことに。

2kmでのラップタイムで考えると8分58秒というのは妥当なのですが、
明らかに5~6kmと6~7kmの距離表示の間隔はおかしい状態でした。

コースが一部変わった影響か、1km毎の距離表示が完全にズレていると
思われる箇所が他にもあり、10km地点の距離表示は見逃したりなどで、
全体的にどのようなラップタイムで走っているのかが不明なままゴールしました(^^)

ただ、全体的な距離は合っていたと思っておきたいです。

今回は最後のゴール前の色内ふ頭公園の外周のグルッと1周が無くなった分、
8kmあたりからのふ頭を走る部分が延長されました。

〇〇食品や△△セメントみたいな会社の大きな倉庫などを見ながら走る
ふ頭巡りコースは楽しいので、来年もこのまま延長でお願いしたいです。

このふ頭巡りコースが終わり、スタート会場の色内ふ頭公園前へと
一旦戻っていき、その公園の手前に11km地点の表示がありました。
11km

そして公園前まで進んで、「ハーフの方は直進、その他の方は右に曲がって
ゴールです」というスタッフの誘導を聞いて、

「あぁ~、僕も曲がってゴールしたい」

と思うのは毎年の恒例行事となっています(^^)

その直後に2つ目の給水地点があり、ホーマックの駐車場を通り、
おたる水族館方面へと進んでいきました。

新高島トンネル~豊井トンネル~新祝津トンネルの中を走って
おたる水族館の駐車場を折り返し地点として、また3つのトンネルを
逆方向に走って、ゴールの色内ふ頭公園へと目指すコースとなっています。

普段はトンネルの中を走ることはないので、この3つのトンネルを
往復するコースが独特な雰囲気で僕は妙に好きで、この大会に毎年
参加し続けている大きな1つの理由となっています。

おたる水族館の駐車場はグルッと1周するような感じの折り返しとなっていて、
ここがなかなかの角度の上り下りとなっています。

その駐車場に入ったところに3つ目の給水地点があり、そこで一息ついて
上り坂に入り、坂の頂点ではおそらくおたる水族館のマスコットキャラクターも
応援してくれていました。

そしておたる水族館の駐車場を終えて、来た道を戻ってゴールを目指しての
残り約5kmとなりました。

この終盤、前から落ちてくる人を抜いていきたかったのですが、
脚がどんどんとキツくなってしまいなかなか前に追い付くことができず、
残り5kmは追い抜いた人数よりも追い抜かれた人数の方が明らかに
多かったです。

ただ、何とか粘って走り切ることができたということにしておきます。

コース図ではホーマックの駐車場が20.1kmの関門地点となっていて、
距離表示は見つけられなかったですが、「たぶん残り1kmを切ったな」と
ホーマックの駐車場を抜けてゴールへの最後の踏ん張りとなりました。

と思っていたら、しばらく走っていたら20km地点の表示が現れ、
そこからゴールまでは3分10秒ほどで走り、最後はオリンピックを
目指してもいいくらいのラップタイムに(^^)

ゴールの色内ふ頭公園に近づくにつれて応援も多くなっていき、
去年まではその後に公園の外周をグルッと1周だったのですが、
今年は応援を受けながら左に曲がって、すぐに公園に入っての
ゴールとなりました。

最後の、「ゴールはあそこなのに」と思いながらのグルッと1周が無くなり、
気分的には楽でした(^^)

Goal
ゴール地点です。

タイムは1時間33分15秒で、「1時間35分切りができればいいなぁ~」と
思っていたので満足です。

Annkakeyakisoba

休んで食欲が戻ったら是非とも買って食べたかったのですが、
ゴールしてから30分後の11時過ぎに「売り切れました」との
アナウンスが会場内に。

ハーフを走り切った後は、少なくとも1時間は休まないと
固形物を食べるのは厳しいので残念でした。

そしてゆっくりと休んでから、お楽しみの「きのこ汁」をいただいて、
肉体的にも精神的にも落ち着きました。
Kinoko

会場は11時30分過ぎに離れ、小樽駅に向かう途中に旧手宮線の
線路跡を少し歩き、12時20分発のJRに乗りました。
Temiya2
旧手宮線の線路跡です。

走っている最中は風はそれほど気にはならない強さでしたが、
終わってから歩いて帰っている最中には結構風が強くなっていて、
歩道の「交通安全」のような旗が激しく揺れていました。

走っている最中にこの風だったら影響はあったと思うので、
かなりツキがありました(^^)

JRで札幌市に戻って、家に戻る途中のラーメン屋でワンタンメンを食べて、
午後2時過ぎに無事に家へ着きました。家に帰るまでがマラソン大会です。

次の大会は7月8日(日)に行われる「札幌・豊平川市民マラソン」での
フルマラソンになります。少し休んでからまた練習をしていきたいです。

|

« 2018年おたる運河ロードレース大会(スタートまで) | トップページ | 「2018年おたる運河ロードレース大会」の全完走者の結果が掲載 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/66842925

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年おたる運河ロードレース大会(スタートしてから):

« 2018年おたる運河ロードレース大会(スタートまで) | トップページ | 「2018年おたる運河ロードレース大会」の全完走者の結果が掲載 »