« 2018年洞爺湖マラソンを振り返る②(スタートまで) | トップページ | 旭大星が敢闘賞獲得!<大相撲・夏場所> »

2018年5月26日 (土)

2018年洞爺湖マラソンを振り返る③(スタートしてから)

少し間隔が空きましたが、この前の日曜日の「第44回洞爺湖マラソン」について、
スタートしてからを振り返ります。

フルマラソンは9時30分にスタート。スタート地点に到達するまでの
ロスタイムは58秒でした。

ここから1km通過が5分30秒くらい、1~2kmが5分15秒くらいで、
「1kmを5分00秒~5分10秒のペースで、5kmでは25分30秒あたり」という
スタート前の想定ペースに、思っていたよりも早めに近づくことができました。

その後も5kmあたりまでは多少は混雑で走りにくい面はありましたが、
そんなにストレスになるような感じではありませんでした。

● 5km通過 27分21秒(スタートのロスタイム58秒を除くと26分23秒)
●10km通過 53分27秒(26分06秒)
●15km通過 1時間19分10秒(25分43秒)
●20km通過 1時間45分10秒(26分00秒)
(中間地点:1時間51分00秒)

だいたい1kmあたり5分10秒平均を微妙に超えるような感じのペースで、
目標の3時間40分切りにはもう少し上げたかったのですが、自分の身体の
感覚でここから1kmあたり5~10秒のペースを上げるのは危険な気がして、
とりあえずタイムは考えずにこのペースで埋まることに。

「前半は抑え気味に走って、中間地点を過ぎてからの上り下りの
行って来いコースに余力を持った状態で挑む」

というテーマで前半を走っていたつもりで、20km手前までは
良い感覚だったのですが、そこから何となく少しずつ脚にツラさを感じてきて、
結局はあまり余裕がないような状態で「行って来いコース」へと突入。

しかも、そのコースの上りに入るために右折したところ、
なかなかの強さの向かい風を感じて「これは厳しい・・・」と、
これからの後半に向けて不安感で覆われました。

上りに入ってからすぐに、自分の左斜め前を走っていた人がおそらく
マラソンサークルのようなところに入っていて知り合いが多いようで、
折り返して下って来ているランナーに対して立て続けに、

「ガンバレ!」「粘れ!」「前に着いていけ!」

などと大きな声を掛け続けていました。

時折の声掛けなら微笑ましいのですが、それが10人以上に対して
短い間隔でひっきりなしに続いて、そうなると徐々に、

「うるせぇ!そもそも折り返して来ているランナーは我々よりも
はるかに早いランナーなんだから、人に偉そうにアドバイスする前に
自分がもっと頑張れよ!」

と思わずイラッとしてしまいました(^^)

そのランナーを抜いてしばらくするとその声も聞こえなくなり、その原因が
距離が離れたからなのか、叫び過ぎと上り坂に力尽きての無言によるものかは
分かりませんが、そこからは沿道からの暖かい声援を受けながらの
平穏なランニング環境が復活しました。

そんなこんなで気が付いたら24kmの表示を過ぎて、折り返し地点まで
残り500mほどとなり、思いのほかこの「上り&向かい風」の難関を
無難にクリアできました。

●25km通過 2時間12分13秒(27分03秒)
●30km通過 2時間38分16秒(26分03秒)
●35km通過 3時間05分05秒(26分49秒)
●40km通過 3時間32分30秒(27分25秒)

折り返して下って、洞爺湖畔の1周コースに戻って少しして28kmの表示があり、
そこから40kmまでは1kmが5分20秒前後→5分25秒前後→5分30秒前後と
ジワジワとペースが落ちていきましたが、大きく失速せずに何とか粘れたのは
収穫ということにしておきます。

30kmを過ぎてからの給水地点では「しそジュース」を受け取りました。

この大会は4年ぶりの参加で、しそジュースも4年ぶりと、
懐かしさと酸っぱさの青春の味でした(^^)

湖畔沿いは木々の陰になって日差しが弱まった箇所も多くて、
心配していた暑さはそこまで感じませんでした。

40km手前で湖畔沿いから、車道と歩道がしっかりと分離されてある
一般道路のようなコースに出て、歩道を走って、40kmを過ぎてから
一旦それなりの上りがあり、そこからは逆に下って41kmを通過。

そして「残り1km」の表示を見ながら左に曲がって、ゴール会場の洞爺湖畔に
入っていきました。

この左に曲がって、さらに右に曲がってという箇所の結構な角度の下り坂が
41kmを走ってきた脚には危険で、ここは最後の要注意ポイントです。

残り1kmを切って、遠くに何となくゴール地点っぽいものが見えるのですが、
それがなかなか近づかなくてもどかしい気持ちになりました。

そして無事にゴール。

●ゴール 3時間44分14秒(40kmから11分44秒)

目標の3時間40分切りには届かずに残念でしたが、歩かずに最後まで
走り切れたのを次に繋げていきたいです。

ゴールしてからは、参加賞の温泉無料券を使って万世閣へ行って、
洗い場を使うのに2~3分待ちましたが、それほど混雑しない中を入って
さっぱりすることができました。

それから再び車で自宅まで送ってもらい、午後6時過ぎに無事に到着しました。

ちなみに行きも帰りも車を運転してくれた方は、自己ベストを20分くらい更新する
3時間20分切りの好走で凄かったです。

そんなこんなで、4年ぶりの洞爺湖マラソンを満喫してきました(^^)

次の大会は6月17日(日)の「おたる運河ロードレース大会」のハーフマラソンで、
またボチボチと練習を再開していきたいです。

|

« 2018年洞爺湖マラソンを振り返る②(スタートまで) | トップページ | 旭大星が敢闘賞獲得!<大相撲・夏場所> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/66761485

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年洞爺湖マラソンを振り返る③(スタートしてから):

« 2018年洞爺湖マラソンを振り返る②(スタートまで) | トップページ | 旭大星が敢闘賞獲得!<大相撲・夏場所> »