« 2018年日刊スポーツ豊平川マラソン(スタートまで) | トップページ | 大倉山での「RED BULL 400」の女子決勝は大激戦に »

2018年5月 8日 (火)

2018年日刊スポーツ豊平川マラソン(スタートしてから)

この前のこどもの日にハーフマラソンを走ってきた
「第30回日刊スポーツ豊平川マラソン」について、
スタートしてからを書きます。

スタートはCブロックで、そのCブロックの中では真ん中より
少し後ろに並んだかと思います。

朝9時30分のスタートの号砲は「スカッ」というやや空砲気味でした(^^)

スタート地点に辿り着くまでのロスタイムは15秒ほどでした。
最初はさすがに混雑で走りにくかったですが、1km地点の表示を
過ぎたあたりからはその混雑は解消されました。

公園内を3kmほどグルッと走って、豊平川の河川敷へと入っていきました。

折り返してきたゲストランナーの川内優輝選手とは、
この河川敷で無事にすれ違うことができました。

当然ながら物凄いスピードで、同じ人間とは思えませんでした(^^)

● 5km通過 23分40秒(スタート地点までのロスタイムは15秒くらい)
● 10km通過 46分02秒(この5kmは22分22秒)

1kmを4分30秒のペースで走ると、単純計算ではハーフのゴールタイムは
1時間34分55秒くらいになります。

今年は気温が10℃くらいの涼しい走り易い状況だったので、

「何とか1時間35分切りまで行けないかなぁ~」

とスタート前にひそかに思っていました。

河川敷に出てからは1kmごとのラップタイムが4分30秒前後を
奇麗に刻んでいって10kmを通過しました。

この数字だけ見れば良さそうなペースですが、河川敷の前半は
基本は下り基調で、さらに追い風気味の箇所が多かったと思うので、
その中での4分30秒/1kmのペースは、

「これは1時間35分切りは明らかにダメだな」

と悟りました。

そして11kmを過ぎてから折り返して、河川敷の後半に入りました。

折り返して1kmほど走ると、少しの間だけテレビ塔の時計表示が
右前方に見える箇所があります。

去年のブログを見たら、去年は「テレビ塔が見えた時は10時45分で、
そしてすぐに10時46分に変わった」という状況だったようです。

今年は去年よりもスタート時間が20分早く、そして目にした表示は
10時26分だったので、ほぼ1年前と同じ通過でした(^^)

● 15km通過  1時間09分05秒(この5kmは23分03秒)
● 20km通過 1時間32分49秒(この5kmは23分44秒)

ラップタイムは落ちていますが、河川敷の後半は上り基調ということを
考えると、まずまず粘って走ることができたということにしておきます。

残り2kmの表示を切ってようやく河川敷は終了で、そこから真駒内公園に
入るためには避けては通れない難関の坂を上り、その後の135度くらいの
角度で曲がりながら上っていくヘアピンカーブも何とかクリアして、
サケ科学館の横を通りながら20km地点を通過(1時間32分49秒)。

2年前のこの大会のゴールタイムが1時間37分58秒だったのは覚えていたので、
残り1kmちょっとを5分で耐えて、2年前のタイムを超えての1時間37分台での
ゴールを目標として最後を走ることにしました。

最後の1kmも公園内のアップダウンに苦しめられましたが、
ゴールのある真駒内屋外競技場に入って、そしてそのまま
真っ直ぐ進んで無事にゴールとなりました。

Goal
ゴール地点です。

●ゴール通過 1時間37分47秒(20km地点からは4分58秒)

何とか1時間37分台を確保。とにかく最後まで走り切れて何よりでした。

ゴールしてからは手荷物を受け取って着替えをして、そしてホクレンが
無料で提供してくれていたモチを食べて落ち着きました。

Mochi


5月20日(日)に行われる洞爺湖マラソンのフルに向けて、
ほぼ2週間前の今回のハーフ本番が絶好の練習になったと
思い込んでおきます。

その洞爺湖マラソンは、もちろん当日の自分の調子や天候にもよりますが、
今回のハーフを走った感触では、

「1kmあたり5分00秒~5分10秒のペース:5kmあたりでは25分30秒前後」

で走って、3時間40分切りを目指すのが妥当な目標かなと思って、
残りの日々で練習して調整していきたいです。

|

« 2018年日刊スポーツ豊平川マラソン(スタートまで) | トップページ | 大倉山での「RED BULL 400」の女子決勝は大激戦に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/66697625

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年日刊スポーツ豊平川マラソン(スタートしてから):

« 2018年日刊スポーツ豊平川マラソン(スタートまで) | トップページ | 大倉山での「RED BULL 400」の女子決勝は大激戦に »