« 2018年のJ1リーグ戦での初勝利!(北海道コンサドーレ札幌) | トップページ | 旭大星の新入幕が確実に!<大相撲・春場所> »

2018年3月21日 (水)

人口が1億人以上の国(現在は13ヶ国のようです)

今日の午前は録画しておいた2日前に放送の「ネプリーグ」を見て、
そして正午過ぎから12kmほどのランニングをしてきました。

気温はやや低めながらも綺麗な青空が出ていて、
走るのには心地良い肌寒さでした。

さて、今日見たネプリーグですが、その中のファイブボンバーで、

「人口が1億人を超えいている国を10ヶ国答えよ」

という問題が出ていました。

これはクイズ番組などで昔から良くある定番の問題で、
ナイジェリアやバングラディシュあたりが知らないと、
なかなかその場では思いつかない国かと思われます。

番組では最後は林先生がフィリピンと答えて10問正解となったのですが、
「フィリピンってそうだっけ?」と調べてみたら、2014年にフィリピン政府が
1億人を超えたと発表したとのことで、割と最近の話だったようです。

現在、1億人超えの国は13ヶ国あって、フィリピンが12ヶ国目で、
そして13ヶ国目でエチオピアがつい最近到達したとのこと。
エチオピアは全く想定外でした。

順位はバラバラですが、中国、インド、アメリカ、インドネシア、ロシア、
日本、ブラジル、パキスタン、ナイジェリア、バングラディシュ、メキシコが
おそらく僕が知っていた11ヶ国で、世界の情勢は刻々と変化しているんだと
勉強になりました(^^)

ランニングが終わって家に帰ってからは遅めのお昼ご飯を食べながら、
カーリングのLS北見のパレードの模様をチャンネルを変えながら
グッディ、ちちんぷいぷい、ミヤネ屋で見ることができました。

そして大相撲では、旭川市出身の東十両筆頭の旭大星が
幕内の大奄美に裾払いで勝って、これで6勝5敗と白星が先行しました。
「さすが高校まで柔道をやっていただけあるなぁ」と思わせるような
綺麗な足技でした。

ちょうど幕内の取り組みが始まる前の特集で増位山の内掛けを
取り上げていて、そして幕内最初の取り組みで旭大星が足技を決めて、
解説の尾車親方も、

「旭大星は、まるでこのテレビを観ていたかのような」

と言ってしまうほどで、NHKの制作サイドとしても
「よしっ、最高の流れだ!」という感じだったと思います。

幕内からの降格によって空く枠と、十両上位の成績を考えると、
おそらく旭大星は今場所は8勝7敗でも新入幕が濃厚な状況です。

何とか残り4日であと2勝、それを祈るばかりです。

そして今日は、将棋の順位戦A級プレーオフ第5回戦の
「羽生善治 竜王×稲葉陽 八段」が行われています。

勝った方が名人戦の挑戦者に決まるという大一番で、
今夜はAbemaTVの生中継で勝負の行方をじっくりと見守ります(^^)

*午後11時追記

羽生竜王が勝って、佐藤天彦名人への挑戦権を獲得しました。
夕食休憩前までは稲葉八段がやや有利という評価だったようですが、
気が付いたら羽生竜王の勝ち筋となっていたようです(^)

|

« 2018年のJ1リーグ戦での初勝利!(北海道コンサドーレ札幌) | トップページ | 旭大星の新入幕が確実に!<大相撲・春場所> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/66522162

この記事へのトラックバック一覧です: 人口が1億人以上の国(現在は13ヶ国のようです):

« 2018年のJ1リーグ戦での初勝利!(北海道コンサドーレ札幌) | トップページ | 旭大星の新入幕が確実に!<大相撲・春場所> »