« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月25日 (日)

2018年東京マラソン(設楽悠太が16年ぶりに日本記録更新!)

40kmを過ぎたあたりからは、「後ろを振り返らないでいいから!」と
何度もテレビの前で設楽選手に向って叫んでしまいました(^^)

------------
●東京マラソン 男子 結果

1位 ディクソン・チュンバ(ケニア) 2:05:30
2位 設楽 悠太(Honda) 2:06:11
3位 アモス・キプルト(ケニア) 2:06:33
4位 ギデオン・キプケテル(ケニア) 2:06:47
5位 井上 大仁(MHPS)  2:06:54
6位 フェイサ・リレサ(エチオピア)  2:07:30
7位 木滑 良(MHPS)  2:08:08
8位 宮脇 千博(トヨタ自動車)  2:08:45
9位 山本 憲二(マツダ)  2:08:48
10位 佐藤 悠基(日清食品グループ)  2:08:58

11位 モハメド・.エルアラビア(モロッコ)  2:09:18
12位 荻野 皓平(富士通) 2:09:36
13位 一色 恭志(GMOアスリーツ)  2:09:43
14位 村澤 明伸(日清食品グループ)  2:09:47
15位 サイモン・.カリウキ(日本薬科大3年)  2:10:00
16位 田中 飛鳥(福岡陸協)  2:10:13
17位 山岸 宏貴(GMOアスリーツ)  2:10:14
18位 神野 大地(コニカミノルタ)  2:10:18
19位 鈴木 健吾(神奈川大4年)  2:10:21
20位 ツェガエ・.メコネン(エチオピア)  2:10:26

アメダスのデータによると今日の東京都は、

  9時  6.0℃、北北東の風1.2m/s、日照時間0.0h 
10時 6.0℃、北東の風3.0m/s、日照時間0.0h
11時 7.2℃、東の風1.9m/s、日照時間0.0h

ということで、ケニア、エチオピアを中心とした外国の選手には
少し気温が低かったのか、ペースメーカーを含めた先頭集団の
5kmのラップは14分50秒前後で推移していき、当初の想定よりは
遅いペースとなっていたようです。

これが日本の設楽選手、井上選手にはちょうど良いペースで幸いしたのか、
きっちりと30kmまで先頭集団につくことができました。

そこら辺りで一旦、設楽選手が遅れていったのですが、
38kmあたりから井上選手を含めてどんどんと前を抜いていき、
最終的には2位でゴール。

高岡寿成さんが今から16年前の2002年に記録した2時間06分16秒を
5秒更新する日本新記録が出て大興奮しました(^^)

井上選手もゴール後のインタビューでは悔しそうでしたが、
それでも日本歴代4位になる2時間06分54秒は凄いです。

フルマラソンに限らず、公認タイムとなるためのコース設定基準の1つに、

「スタート地点とゴール地点の高低差が全距離の0.1%以内」

というのがあり、フルマラソンの場合には42.195m以内となります。

基本的には下りが多い方がタイムは早くなるため、
去年からの東京マラソンのコースは、この基準ギリギリの高低差で
スタート地点よりゴール地点の方が低くなっています。

「タイム製造コース」みたいな感じであまり好きではなくて、
福岡国際やびわ湖あたりと比べれば、少なくとも1分くらいの
アドバンテージがあるような感覚なのかもと思います。

とはいえ、それはさておき、1つの大会で日本人選手の2時間10分切りが
9人出るというのは今までで最多だと思うので、上述の結果一覧でタイムを
書き込む時には非常にウキウキしながら入力していました(^^)

7位のMHPSの木滑選手は2016年の北海道マラソンで優勝して、
1年前の別府大分では2時間10分30秒で走って、マラソン適性が高そうで
今回も期待していたので良かったです。

その北海道マラソンで言えば、去年優勝した村澤選手も自己ベストを
大幅に更新しての初のサブテンを達成して、北海道マラソンを走った選手が
活躍してくれるのは嬉しいです。

9位のマツダの山本選手は、2011年の箱根駅伝での総合優勝争いで、
早稲田大と東洋大が僅か21秒差で決着した中で東洋大のアンカーを
務めた選手で、山本選手は区間賞の走りで前の早稲田大に必死に
迫っていったものの、あと一歩届かずというのが印象に残っています。

設楽選手と合わせて、やはり安心と安定の東洋大ブランドは健在でした。

ちなみに、今年の箱根駅伝の3区で区間賞を獲得した
東洋大の山本修二選手は弟で、テレビ中継の放送が日テレだったら
喜んで紹介してくれていたと思うので少し残念でした(^^)

宮脇選手と佐藤悠基選手も、ようやくマラソンで結果が出て良かったです。

あと、一色選手が2時間09分43秒で、たぶん青山学院大出身者としては
初のサブテンランナーになりそうです(出岐選手の2時間10分01秒が
今までの最高だったと思います)。

東京オリンピックの代表選考レース(MGC)の出場権獲得は、
今回の大会では日本人6位の佐藤悠基選手まででしたが、

「2レースのタイムの平均が2時間11分00秒以内」

という基準もあるので、たとえば神野選手も次に2時間11分42秒以内で
走れば良くて、後方に下がってしまった選手も「次に繋げるために
1秒でも早くゴールを」という目標を持って最後まで走ることができるので、
このMGCの仕組みは上手くできていると思います。

あと16位になった28歳の田中選手は2か月前の
防府読売マラソンも走っていて、その際にこのブログで、

-----------
田中選手は実業団は富士通と西鉄に所属していて、
今年3月に西鉄を退部したようです。

現在の所属の「ゆとりRC」というのは福岡のマラソンチームとのこと。

今年の2月に西鉄でのラストレースで初めてフルマラソンを走って
2時間20分44秒だったようで、そして今日は2時間12分17秒でゴール。
------------

と書いたのですが、今日は2時間10分13秒と、
さらに自己ベストを2分ちょっと更新。

2レースの平均が2時間11分15秒で惜しくも30秒(15秒×2)足りませんでしたが、
どのような練習環境でどのように練習しているのか凄く興味があります(^^)

ちなみにこの田中選手は東海大出身で、佐藤悠基選手が3つ上、
村澤選手が2つ下となるようです。

来週はびわ湖毎日マラソンが行われ、こちらも今から非常に楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月24日 (土)

10kmの雪上ランニング

今日は正午過ぎから10kmほどのランニングをしてきました。

路面の状態は所々滑りそうで怖い部分もありましたが、
全体的には穏やかな雪面が広がっていて走り易い状況でした。

ランニングが終わって家に帰り、すぐにテレビをつけて、
平昌オリンピックのスノーボード大回転の竹内選手の、
決勝1回目の突破の滑りを観ることができました。

その後は、午後2時キックオフの我らが北海道コンサドーレ札幌の
開幕戦のアウェー広島戦の試合中継を観て、

「広島 1-0 札幌」

という残念な結果にはなってしまいましたが、試合内容としては
ある程度は結構良い感じかなと思って、今シーズンの期待感が
ボチボチ膨らんだということにしておきます。

夜はスピードスケートの高木菜那選手がマススタートで金メダル、
さらにカーリング女子が銅メダルを獲得ということで、どちらの瞬間も
テレビの前で目撃できて、テンションが変になっている土曜日の夜です(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月18日 (日)

「2018年洞爺湖マラソン」に申し込み

今日は平昌オリンピックで女子アイスホッケーの勝利と
女子スピードスケートの小平選手の金メダル獲得の瞬間を
テレビ中継で観ることができて、興奮の日曜日の夜となりました(^^)

さて、5月20日(日)に行われる「第44回洞爺湖マラソン」のフルマラソンに
1週間ほど前に申し込みを済ませました。

この大会は4年ぶり6回目の参加になります。

昨日は夕方に8kmほどの距離を走って、年が明けてからはだいたい毎週、
土・日のどちらかに5~10kmほどの雪上ランニングをしているような状況です。

今の時期の冬のオフシーズンとしてはそれなりに走れている感覚はありますが、
久しぶりに早い時期にフルマラソンを走るので、

「果たしてこれで、3カ月後のフルマラソンは大丈夫なのか?」

と不安になっていますが、少しずつ走る距離を増やしていきたいです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月17日 (土)

▲4四桂

本日、日本列島を襲来した「羽生問題」について、
将棋に限定して書きます(^^)

「第11回朝日杯将棋オープン戦」の準決勝・決勝が本日行われ、

●準決勝
  羽生 善治 竜王・棋聖 VS 藤井 聡太 五段(藤井五段の勝ち)
  久保 利明 王将 VS 広瀬 章人 八段(広瀬八段の勝ち)

●決勝
  広瀬 章人 八段 VS 藤井 聡太 五段(藤井五段の勝ち)

ということで、中学生棋士の藤井さんが優勝し、
僅か2週間ちょっとの期間で「五段」を卒業して、
あっという間に六段に昇段しました.。

決勝戦のあの「▲4四桂打ち」、指した瞬間は意味が分からなかったのですが、
中継の解説によりジワリジワリと「あぁ~、これは決め手なのかなぁ~」と理解し、
そこからは興奮と呆然の気持ちが複雑に入り乱れました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

2018年延岡西日本マラソン

昨日行われた「第56回延岡西日本マラソン」がBSフジで昨夜に
1時間30分のダイジェスト放送があり、それを録画しておいて、
結果を知らないように注意して今日の午前中に観ました。

--------
第56回延岡西日本マラソン 結果

優勝:山﨑 翔太(ヤクルト) 2:12:15
2位:本田 匠(旭化成)  2:12:18
3位:松尾 良一(旭化成) 2:12:19
4位:田中 佳祐(富士通) 2:12:41
5位:出口 和也(旭化成) 2:14:24
--------

この大会は「若手の登竜門」と言われるような感じの大会で、
先頭のペース設定も今年は5kmを15分30秒前後ということで、
福岡国際やびわ湖あたりと比べるとゆっくり目の設定となっています。

「上位に入って2時間○○分以内なら、
  東京オリンピック代表の選考レース(MGC)への出場権が~」

という大会ではありませんが、観ていて最後まで非常に面白かったです。

残り1kmを切っても3人の先頭集団で、そこから旭化成の本田選手がスパートし、
同じ旭化成の松尾選手が付いていき、ヤクルトの山﨑選手は離されていって、
旭化成勢の一騎打ちになったかと思いました。

しかし、左カーブを回って最後の残り200mくらいの直線に入ったあたりで
その山﨑選手が迫ってきて逆に前に出て、僅か4秒差の中での熾烈な
3人の争いの中での決着となりました。

初マラソンの山﨑選手は去年入籍して3月に結婚式をするとのことで、
勝利者インタビューでは涙を見せながら、

「両親と奥さんと奥さんの母親も応援に来ていてくれて~」

というコメントをしていて、最後の直線のスパート合戦の最中に、

「しょうた~!しょうた行けぇ~!!しょうた行けぇぇぇ!!!」

という女性の絶叫が沿道から聞こえましたが、もしかしたらあれは
奥さんか母親の声だったのかもしれません(^^)

山﨑選手は順天堂大出身の27歳で今回が初マラソンで、
実業団に入ってからはなかなか思うように行かなかったようで、
その中での最後のゴール前のスパートは感動しました。

そして4位の富士通の田中選手は、元々は2012年と2014年の日本選手権で
1500mで優勝の経験がある中距離選手で、今回が29歳での初マラソンで、
後半は向かい風の中で38kmくらいまではずっと先頭集団の前で引っ張った形で、
2時間12分台でのゴール。

充分にマラソン適性がありそうな感じで、もしかしたら東京オリンピックの
マラソン代表争いにも加わるようなポテンシャルがあるのではということで、
次走が非常に楽しみです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月11日 (日)

僅か0.002秒差での銀メダルと銅メダル(男子5000mスピードスケート)

2日前から始まったピョンチャン冬季オリンピック。

開会式では、短パンのバミューダパンツからの上半身裸のトンガへの流れが
美しかったり、イ・スンヨプやアン・ジョンハンが懐かしかったり、聖火リレーの
最後のキム・ヨナの登場の場面で、

「これって、万が一スケーティングを誤って落ちたら死ぬよな・・・」

と怖くなったり、その前にイマジンを歌った中の1人が「Mr.マリックさん?」と
思ったりなどで、なかなか見所が満載でした。

そんな今日の日曜日は3日目で、夕方にスピードスケートの男子5000mの
中継を観ていました。

全11組の中、第9組目に滑ったカナダとノルウェーの選手が
最後の直線でほぼ並んで競ってゴールして、

「おっ!どっちが先だ!」

とテレビの前で思わず興奮してしまいました(^^)

最初にテレビ画面に表示されたのは、どちらも「6分11秒61」の同タイムの
現段階での1位という結果で、その後、さらに1/1000のタイムまで出されて、
5000mを滑った中でカナダの選手が僅か2/1000秒差だけ上回っていました。

最終的な結果は、この直後の第10組目で滑ったオランダのクラマー選手が
6分09秒76で金メダルを獲得し、他には第9組の2人を追い越す選手はいなく、

1位 スベン・クラマー(オランダ) 6:09:76(五輪新)
2位 テッドヤン・ブルーメン(カナダ) 6:11:616
3位 スヴェレ・ルンデ・ペデルセン(ノルウェー) 6:11:618

9位 一戸 誠太郎(日本) 6:16:55
16位 土屋 良輔(日本) 6:22:45

となりました。

銀メダルと銅メダルももちろん大きな違いなのでしょうが、
あの「同走での2/1000秒差」が「金かそれ以外か、銅かメダル無しか」とは
ならずに良かったなと、何となく妙にホッとしました。

そして金メダルのオランダのクラマー選手は、これで同じ種目で
3大会連続で金メダル獲得で、これはスピードスケート史上初の快挙とのこと。

しかも、その前の2006年のトリノでも銀メダルで、そこからの4年ごとに
バンクーバー→ソチ→ピョンチャンでの金メダルということで凄過ぎます。

さらに、北海道の美幌町出身の一戸選手も、8位入賞の一歩手前の
9位ということで健闘の滑りでした(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月10日 (土)

大阪出張

この前の水・木は1泊2日の大阪出張でした。
Oosaka1

Oosaka2

行きも帰りも伊丹空港(大阪空港)を利用しました。

真冬日が続くような札幌市と比べれば当然ながら気温は高かったですが、
アメダスによる大阪市の最高気温が、

水曜日 5.7℃
木曜日 7.0℃

ということで、特に初日は風も強く冷たく感じ、外を歩きながら
「何だよ!札幌と大して変わらずに寒いじゃないかよ!」と
何度も心の中で呟いてしまいました(^^)

とはいえ、歩いていて滑る心配がないというのは天国でした。

Oosaka3
JR阪和線で天王寺駅に向かっている時に撮った写真です。

「1つだけやたらと高い建物があるけど、あれは何なんだろう?」

と思っていたら、これが「あべのハルカス」でした。
Oosaka4

そんなこんなで特に波乱も無く、無事に木曜日の夜7時30分頃に
自宅へと帰ってきました。

初日に泊まったホテルでテレビの当日の番組表を見ていたら、
北海道ローカル放送のHTBの「おにぎりあたためますか」が
サンテレビで夜11時30分から放送となっていました。

家に帰ってから調べてみたら、サンテレビでは現在は
毎週水曜日の夜11時30分から放送されているとのこと
(北海道では毎週火曜日の深夜0時15分から放送)。

また、その日に放送されていたのは「道南の旅 第5夜」ということで、
北海道では約2週間前に放送されていたものでした、

放送回の遅れはあまりなく、さらに放送の時間帯も少し早めで、
地元の北海道よりもむしろ視聴条件は良いのかもしれません(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 4日 (日)

2018年別府大分毎日マラソン(園田隼がMGC出場権獲得)

今日はお昼から「第67回別府大分毎日マラソン」の中継を観ていました。

気温が5℃を切るような低い中、風も強くて難しい条件だったようですが、
レース内容としては最後まで見応えがあって面白かったです。

---------------
●第67回別府大分毎日マラソン 結果

1位 デスモンド・モクゴブ(南アフリカ) 2:09:31
2位 園田 隼(黒崎播磨) 2:09:34
3位 大塚 祥平(九電工) 2:10:12
4位 ジョスファット・キプロノ(ケニア) 2:10:54
5位 小山 司(SUBARU) 2:11:20
6位 藤川 拓也(中国電力) 2:11:59
7位 高久 龍(ヤクルト) 2:12:12
8位 アブラハム・キプリモ(ウガンダ)  2:12:18
9位 チョボティビン・エゼキエル(サンベルクス) 2:12:32
10位  佐藤 歩(MHPS) 2:12:37
---------------

今回の大会はペースメーカーが3人いて、その中の1人が
ドラマ陸王で本名でランナー役として出演していたサイラス・ジュイ選手。

バカみたいに暑かった2010年の北海道マラソンで優勝もしている選手で、
今日は安定したペースメークで5kmを15分20秒平均くらいで30kmまで走り、
観ていて安心感がありました。

そのペースメーカーが外れた30kmで先頭集団から抜け出したのが園田選手で、
ここから35kmまでのラップタイムを14分57秒と上げました。

そこで折り返してからの冷たい向かい風はさすがに厳しくてペースダウンは
しましたが、追いついてきた南アフリカのモクゴブ選手との競技場内まで続いた
優勝争いは熱い闘いでした。

園田選手は上武大学出身の28歳で、
大学時代の箱根駅伝では、

第87回 5区14位
第88回 5区13位

ということで、大学時代の園田選手の記憶は正直全く無いのですが、
これまで11回走ったマラソンの自己ベストが2時間10分40秒で、
今回の12回目のマラソンでそこを1分ちょっと更新しての2時間10分切りで、
コツコツと地道に伸びていっている姿が応援したくなる選手です(^^)

「日本人1位で2時間11分00秒以内」

という条件をクリアして、これで東京オリンピック代表選考レース(MGC)への
出場権を獲得しました。

そして園田選手と同じく、大学時代に箱根の5区を走っていたのが
3位になった九電工の23歳の大塚選手(駒澤大学出身)。

大塚選手は1年前の箱根5区で区間賞を獲っているので、
こちらは当然ながらしっかりと記憶に残っている選手です。

大塚選手も「日本人2位で2時間10分00秒以内」というMGCの条件まで
ギリギリ行けるかとな思いましたが、タイムは2時間10分12秒でホントに
惜しかったです・・・・。

ただ「2レースの平均タイムが2時間11分00秒以内」という基準もあるので、
次のレースで2時間11分48秒以内で走ればいいので、そういう面では
貴重な結果になりました。

大塚選手は大卒の社会人1年目で、これからが非常に楽しみです。

さらに、京都大学の山中伸弥教授が3時間25分で見事に完走したとのこと。

元々、この大会は過去2年くらいの間に自己ベスト3時間30分以内の
持ちタイムを持っていなければ参加することができないレベルの高い大会で、
関門設定もほぼ3時間30分ペースでの設定となっています。

そこに出場して、55歳で自己ベストを出して完走と言うのは凄いです。

今日の午前中は丸亀国際ハーフマラソンの中継も観て、
夜はボクシングの比嘉選手の防衛戦があり、その前に鉄腕DASHもあり、
録画しておいたハナタレナックスのスペシャル版も見なければいけないしで、
なかなか大変な1日です(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »