« 埼玉県が3年ぶりの優勝(2018年全国都道府県対抗男子駅伝) | トップページ | 2018年大阪国際女子マラソン(+旭大星は残念・・・・) »

2018年1月27日 (土)

栃ノ心が初優勝(旭大星の新入幕は・・・)

今日の大相撲初場所14日目で、ジョージア出身の栃ノ心が松鳳山に勝って、
これで13勝1敗として千秋楽を残して見事に幕内優勝を決めました。

その後の優勝インタビューを見て、思わずグッと来てしまいました(^^)

今から4年前、北海道旭川市出身の旭大星が新十両昇進を決めた場所で、
膝の大ケガから復活した栃ノ心も幕下上位で全勝優勝して、一緒に十両に
上がっていました。

そこからの次の2場所で、

栃ノ心・・・十両優勝、十両優勝で2場所で一気に幕内復帰
旭大星・・・負け越し、負け越しで2場所で幕下陥落

となって、「やっぱりモノが違うなぁ・・・」と思って、それ以降何となく
気になっていた存在だったので、今日の優勝決定は嬉しかったです。

その旭大星は今場所は十両の西筆頭まで上がって、
初の幕内昇進が期待できる場所となっています。

昨日勝ち越しを決めて、そして今日は負けてしまって、
現在は8勝6敗となっています。

西筆頭なので、普段なら8勝7敗でも勝ち越せば幕内昇進が
濃厚と言える場所が多いはずなのですが、今場所は幕内下位で
大きく負け越すような力士が少なくて、昇進の「枠」が厳しい状況。

十両で幕内昇進を狙えるのは、

・東1 妙義龍(9勝5敗)
・西1 旭大星(8勝6敗)
・西2 碧山(9勝5敗)
・西3 英乃海(10勝4敗)

の4力士に絞られていると思いますが、
幕内からの陥落が確定的なのが現段階で
安美錦と照ノ富士の2力士のみ。

・東17  大奄美(7勝7敗)
・東13  豪風(5勝9敗)

が明日負けると幕内に残るのは難しい状況。

・東12  蒼国来(5勝9敗)

も負けると微妙ですが、千秋楽の相手は絶不調の照ノ富士。

今場所途中休場の安美錦と照ノ富士がともに終盤に再出場して、

安美錦・・・大奄美、豪風、錦木
照ノ富士・・・石浦、大奄美、豪風、勢

と幕内残留を狙う力士に貴重な白星を与え続けていることに対して
少しだけイライラしたり、今日の取り組みで豪風が負けた瞬間に思わず
「ヨシッ」と言ってしまったり、自分がどんどんイヤな人間になっている感覚が(^^)

明日、旭大星は幕内の錦木と対戦。

他の力士の結果によって、8勝7敗でも上がれるかもしれないし
9勝6敗でもダメかもしれないしという状況ですが、
とにかく明日勝つことだけを期待して、他の力士の取り組みは
余計なことを考えずに心穏やかに観戦します。

|

« 埼玉県が3年ぶりの優勝(2018年全国都道府県対抗男子駅伝) | トップページ | 2018年大阪国際女子マラソン(+旭大星は残念・・・・) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/66328189

この記事へのトラックバック一覧です: 栃ノ心が初優勝(旭大星の新入幕は・・・):

« 埼玉県が3年ぶりの優勝(2018年全国都道府県対抗男子駅伝) | トップページ | 2018年大阪国際女子マラソン(+旭大星は残念・・・・) »