« 旭化成が2年連続の優勝(2018年ニューイヤー駅伝) | トップページ | 青山学院大が4年連続の総合優勝(2018年箱根駅伝) »

2018年1月 2日 (火)

東洋大が4年ぶりの往路優勝(2018年箱根駅伝・往路)

青山学院大が4年連続の総合優勝ができるかどうか、
明日が楽しみな展開になりました。

-------
●第94回 東京箱根間往復大学駅伝競走 往路結果

1位 東洋大 5:28:29
2位 青山学院大 5:29:05
3位 早稲田大 5:30:25
4位 拓殖大 5:33:05
5位 法政大 5:33:06
6位 城西大 5:33:19
7位 日本体育大 5:33:47
8位 順天堂大 5:33:54
9位 東海大 5:34:09
10位 中央大 5:34:18
11位 中央学院大 5:34:43
12位 帝京大 5:34:47
13位 駒澤大 5:36:01
14位 國學院大 5:36:58
15位 神奈川大 5:38:04
16位 山梨学院大 5:38:07
17位 大東文化大 5:39:38
18位 国士舘大 5:41:38
19位 東京国際大  5:41:45
20位 上武大  5:42:22
OP  関東学生連合 5:49:20

1区は先頭集団の15kmの通過がたしか44分30秒くらいで、
1km3分平均を少し切るようなまずまずの早いペースでした。

終盤に抜け出したのは東洋大の1年生の西山選手で見事に区間賞。
解説の大迫さんも絶賛の走りでした。

青山学院大の鈴木選手はトップの東洋大からは25秒差での5位で、
さらに3強と言われていた残りの東海大と神奈川大よりも先に繋いで、
総合優勝を考えると悪くない出だしとなりました。

エース区間の2区の個人記録は、

1位 森田 歩希(青山学院大) 1:07:15
1位  ドミニク・ニャイロ(山梨学院大)  1:07:15
3位 相澤 晃(東洋大)  1:07:18
4位 鈴木 健吾(神奈川大)  1:07:26
5位 ワークナー・デレセ(拓殖大)  1:07:53

ということで、青山学院大の森田選手が山梨学院大のニャイロ選手と
同タイムでの区間賞を獲得。

正直なところ、この2区は青山学院大にとっては耐える区間かなと
思っていたので、失礼ながらこの結果は意外でした。

ここで1位の東洋大と2位の青山学院大の差が22秒差になって、
3区の青山学院大の田村選手で追いつくかと思いましたが、
東洋大は3区の山本選手が区間賞、4区の1年生の吉川選手も
僅か1秒差の区間2位の好走で、5区に入る時には2分3秒の差が。

そして山登りの5区での個人記録は、

1位 青木 涼真(法政大) 1:11:44
2位 安井 雄一(早稲田大)  1:12:04
3位 細谷 恭平(中央学院大)  1:12:17
4位 山田 攻(順天堂大)  1:12:30
5位 竹石 尚人(青山学院大)  1:12:49
5位 小町 昌矢(日本体育大)  1:12:49

9位 田中 龍誠(東洋大)  1:14:16

ということで、東洋大は差を詰められながらも逃げ切っての
往路優勝となりました。

青山学院大の竹石選手、15kmあたりで突然立ち止まった場面は
ビックリしましたが、解説の渡辺康幸さんが原監督から聞いた話では、
この竹石選手は時折脚が攣るようなクセがあるというようなことでした。

テレビで映っていた場面では残り1kmくらいでももう一度立ち止まっていて、
それでこの区間5位のタイムで走って東洋大とは1分30秒ほど詰めたわけで、
凄いというか勿体ないというか、不思議な感じでした。

そういえば昔、佐藤悠基さんが「空前絶後の~」でお馴染みの
1区の区間新記録を出した時も、終盤は脚が痙攣したのか、
今日と同じように一瞬立ち止まりそうになったことがありました。

この5区では順位変動が大きくあって、特に法政大の青木選手は
9人抜きで14位から5位へと浮上して、さらに最後は4位の拓殖大にも
ほぼ追いついてのゴールということで凄かったです。

そして2年ぶりに箱根に戻ってきた中央大も10位と健闘。
何とか明日も粘ってシード権を獲得してほしいです。

その10位の中央大から3分46秒差の15位に終わったのが神奈川大学で、
大後監督も大誤算だったのではとツマラナイことを言いたくなりましたが、
この神奈川大や13位の駒澤大がシード権まで届くかも明日の注目点です。

そして明日の総合優勝争いは、青山学院大の原監督は事前に、

「今日の往路でトップになれなくても、30秒差だったら充分にチャンスがある」

というような発言をしていたようで、ただ、そのケースでは
前にいるチームの想定は東海大だったのではと推測します。

大会前にネットをいじっていたら、東洋大は復路の選手層が薄いという声が
あるようで、さらに青山学院大の6区は去年までこの区間で2年連続で区間2位の
実績がある小野田選手が走り、さらにエースの下田選手が補欠でエントリーで
おそらく明日のどこかの区間で走るだろうということで、「36秒差」は青山学院大が
かなり有利なのかなという印象があります。

とはいえ、今日も想定外のことがアレコレと起こったように、
走ってみないとどうなるかは分からないので、願わくば総合優勝争いが
最後まで分からないような展開になってほしいです。

-----
●区間賞

1区 西山 和弥(東洋大)
2区 森田 歩希(青山学院大)ドミニク・ニャイロ(山梨学院大) 
3区 山本 修二(東洋大) 
4区 大塚 倭(神奈川大) 
5区 青木 涼真(法政大)

|

« 旭化成が2年連続の優勝(2018年ニューイヤー駅伝) | トップページ | 青山学院大が4年連続の総合優勝(2018年箱根駅伝) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/66232394

この記事へのトラックバック一覧です: 東洋大が4年ぶりの往路優勝(2018年箱根駅伝・往路):

« 旭化成が2年連続の優勝(2018年ニューイヤー駅伝) | トップページ | 青山学院大が4年連続の総合優勝(2018年箱根駅伝) »