« 日曜日の休日出勤 | トップページ | 埼玉県が3年ぶりの優勝(2018年全国都道府県対抗男子駅伝) »

2018年1月15日 (月)

旭川市出身の旭大星が2連勝の出だし(大相撲初場所)

アチコチでアレコレとムダに話題になり続けている大相撲ですが、
昨日から始まった初場所で、西十両筆頭の北海道旭川市出身の
旭大星が昨日は妙義龍、今日は碧山に勝って2連勝の出だしに。

今日は昨日の休日出勤の振替休暇だったので、
碧山を寄り切りで勝った一番をテレビ中継で観ることができて、
勝った瞬間はテレビの前で思わず叫んでしまいました(^^)

先場所は十両の東6枚目で9勝6敗で勝ち越して、そして今場所は
十両の西筆頭まで番付を上げての自己最高位に。

8勝7敗の勝ち越しでも幕内昇進が行けるかもしれない今場所。

北海道出身の力士の新入幕誕生となると、1991年名古屋場所での大翔鳳、
そして1992年初場所の立洸以来となるはずなので、まずは1日1日の勝利を
願うばかりです。

なお、大翔鳳も立洸も、既に病気で亡くなっているのが切ないところです・・・・。

|

« 日曜日の休日出勤 | トップページ | 埼玉県が3年ぶりの優勝(2018年全国都道府県対抗男子駅伝) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/66282463

この記事へのトラックバック一覧です: 旭川市出身の旭大星が2連勝の出だし(大相撲初場所):

« 日曜日の休日出勤 | トップページ | 埼玉県が3年ぶりの優勝(2018年全国都道府県対抗男子駅伝) »