« 「2018年北海道マラソン」は8月26日(日)に開催 | トップページ | 北海道コンサドーレ札幌U-12が全国大会で準優勝 »

2017年12月24日 (日)

札幌山の手高校が北海道勢61年ぶりの入賞!<2017年全国高校駅伝>

今日は午前中から、京都で行われた全国高校駅伝のテレビ中継を
ずっと観ていました。
-------------

●第69回 男子全国高校駅伝 結果(7区間42.195キロ 47校参加)

優勝:佐久長聖(長野) 2:02:44
2位:倉敷(岡山) 2:04:11  
3位:仙台育英(宮城) 2:04:59  
4位:大分東明(大分) 2:05:00  
5位:一関学院(岩手) 2:05:20  
6位:浜松日体(静岡) 2:05:22  
7位:札幌山の手(北海道) 2:05:25  
8位:須磨学園(兵庫) 2:05:32  
9位:九州学院(熊本) 2:05:36
10位:水城(茨城) 2:06:05

エース区間の「華の1区」の10kmで、佐久長聖の中谷選手が
スタートから飛び出して、ずっと先頭集団を引っ張っての区間賞。
結果以上に走りの内容も印象に残りました。

もし大会MVPというのがあれば、間違いなく中谷選手にあげたいです。

3区には倉敷に留学生のニジオカ選手がいたので、3区が終わった時に
倉敷がトップにいるのは戦前の予想通りでしたが、2位の佐久長聖が
38秒差で耐えて繋ぎ、優勝争いが面白い展開に。

そして4区の佐久長聖の本間選手。

去年も本間選手がこの4区を走りましたが、1年前は優勝した倉敷と
ここで1分ほど差がついてしまいました。

しかし今回は、逆に倉敷と26秒を詰めての12秒差でタスキ渡しをした
区間賞の走りとなり、見事に去年の雪辱を。

結局、佐久長聖は6区で逆転、アンカーの7区でさらに突き放して、
チームとしての強さを感じさせる9年ぶりの優勝となりました。

その9年前は村澤選手がエースでしたね~。

そして北海道代表の札幌山の手高校は7位という結果で
8位までの入賞となり、北海道勢の入賞は61年ぶりとのこと(^^)

1区を走った金橋選手は去年に続いて2年連続の1区の走りとなり、
去年は区間33位で、そして今年は区間21位と進歩しての悪くない出だしでした。

2区の石田選手も19位に順位を上げて、3区の期待のグレ選手に。

グレ選手も最後は少しペースダウンをしたようですが、
それでも区間4位の8人抜きで、11位まで順位を上げて4区に。

ここまではある程度、この順位あたりで来てくれるのは願望通りで、

「ここからがどうなるかなぁ~」

というのが期待3割、不安7割だったのですが、

4区 宮内:区間15位(チーム順位11位→10位)
5区 多田:区間 5位(チーム順位10位→7位)
6区 勝浦:区間 3位(チーム順位7位→6位)
7区 松尾:区間 5位(チーム順位6位→7位)

ということで、7人全員が見事な走りでの7位入賞となりました!

最後のアンカー区間、ゴールまで残り1kmの時点でNHKのホームページの
通過記録を見てみると、5位から9位までの5チームが全く同タイムとなっていて、
この中に札幌山の手高校も含まれていました。

10位のチームとは差があったため、

「この中から1チームだけが入賞圏内から落ちるのか・・・」

とドキドキしながらテレビ画面を見ていたのですが、
その5位集団の争いはなかなか画面に映らず。

そしてトラック内の最後の直線に入るあたりでようやく映った映像で、
札幌山の手高校がほぼ7位が確定のような位置にいるのを確認した瞬間、
思わずテレビの前で立ち上がって拍手をしてしまうくらいの大興奮でした(^^)

大会前の北海道のローカル番組での特集では
3位以内が目標との監督のコメントもあって、
たしかに3位の仙台育英とも26秒差で、
「過去最強チーム」と言われていたのは本物でした。

とにかく良かったです(^^)

------
●第29回 女子全国高校駅伝 結果(5区間21.0975キロ 47校参加)  

優勝:仙台育英(宮城) 1:06:35  
2位:長野東(長野) 1:07:41  
3位:大阪薫英女子学院(大阪) 1:07:46  
4位:立命館宇治(京都) 1:08:30  
5位:筑紫女子学園(福岡) 1:08:37  
6位:西脇工(兵庫) 1:08:46 
7位:興譲館(岡山) 1:08:55  
8位:神村学園(鹿児島)  1:09:04  
9位:世羅(広島) 1:09:26
10位:諫早(長崎) 1:09:36

22位:旭川龍谷(北海道) 1:10:23

優勝した仙台育英、まずはエース区間の1区(6km)で三浦選手が
トップと14秒差の7位ときっちりと走ったのが何よりも大きくて、
結果としてはこの状態で2区のエカラレ選手に繋いだ段階で
優勝の行方の大勢が決まっていました。

そのエカラレ選手ばかりに注目が集まってしまいますが、
アンカー区間の5区の5kmの個人成績は、

1位 木村(仙台育英)15:34
2位 タビタ(神村学園)15:40
3位 小林(長野東)16:02

ということで、1年生の木村選手が神村学園の留学生選手よりも早く走っての
圧倒的な区間賞で、こちらも凄かったです。

そして、北海道代表の旭川龍谷は去年は20位でした。

今年はまずは1区の岡島選手が区間16位と上々の出だしで、
結局はチームの順位変動は、

16位→21位→23位→23位→22位

でした。最後のアンカーの伊藤選手は区間9位の好走で、
チームの順位は1つ上げただけでしたが、20位と21位のチームとは同タイム、
さらに去年の順位を上回る19位のチームとも7秒差で、あれこれもう少しでした。

伊藤選手は2年生なので、来年はさらに中心選手として
活躍してくれることを期待しています(^^)

|

« 「2018年北海道マラソン」は8月26日(日)に開催 | トップページ | 北海道コンサドーレ札幌U-12が全国大会で準優勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/66194654

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌山の手高校が北海道勢61年ぶりの入賞!<2017年全国高校駅伝>:

« 「2018年北海道マラソン」は8月26日(日)に開催 | トップページ | 北海道コンサドーレ札幌U-12が全国大会で準優勝 »