« 3連勝での締めくくり!<北海道コンサドーレ札幌> | トップページ | 陸王は残り3話 »

2017年12月 3日 (日)

2017年福岡国際マラソン

今日はお昼から「第71回福岡国際マラソン」のテレビ中継を観ていました。

----------
●第71回福岡国際マラソン 結果

1位 ソンドレノールスタッド・モーエン(ノルウェー) 2:05:48
2位 スティーブン・キプロティチ(ウガンダ) 2:07:10
3位 大迫 傑(ナイキ・オレゴン・プロジェクト) 2:07:19
4位 ビダン・カロキ(DeNA/ケニア) 2:08:44
5位 アマヌエル・メセル(エリトリア)  2:09:22
6位 上門 大祐(大塚製薬)  2:09:27
7位 竹ノ内 佳樹(NTT西日本)  2:10:01

9位 川内 優輝(埼玉県庁)  2:10:53
10位 深津 卓也(旭化成)  2:12:04
----------

大迫選手は35kmの通過が1時間45分03秒で、ここまで5kmを
ほぼ15分00秒前後のラップタイムで刻んできて、

「もしかして2時間6分台も出るんじゃないか」

と思ってしまいました。さすがに最後は少しペースが落ちたものの、
それでも日本歴代5位の2時間07分19秒でのゴールで、テレビの前で
最後までずっとワクワクしながら観ていました。

ちなみに今日の中継の実況では、日本人選手で過去に2時間06分台を
出したのは高岡さんと藤田さんの2人だけで、初めて2時間06分台で
走ったのは藤田さんということになっていましたが、犬伏さんのことも
思い出していただけると嬉しいです(^^)

そして優勝したのはノルウェーのモーエン選手。

今までいろいろなマラソン中継を観てきて、ノルウェーの選手が上位で
走っているのを観た記憶が無いのですが、2時間05分台は凄過ぎます。

ノルウェーの国内新記録だけではなくて、ヨーロッパ選手の最高記録にも
迫ったかあるいは更新したか、そのくらいのレベルのタイムのようです。

あとは日本人選手の中で2番目、3番目に入って東京オリンピックの
選考レースへの出場権を得た上門選手、竹ノ内選手はどちらも正直、
今まで聞き覚えの無い選手でした。

調べてみると、サブテンを達成した上門選手は京都産業大学出身の23歳で、
いわゆる「非箱根組」の選手で、これまでの自己ベストは2時間17分54秒。

考えてみると、この上門選手の所属する大塚製薬の監督が
今日の実況で存在を無視されていた犬伏さんでした(^^)

そして竹ノ内選手は日大出身の25歳で、箱根駅伝は3回走っていて
「10区:区間10位、3区:区間7位、3区:区間9位」とまずまずの結果は
残していたんですね~。

これまでの自己ベストは2時間13分33秒で、今日のゴール前では
何とか2時間10分切りがいけるかと思えましたが、ホントに惜しかったです。

見所がいろいろあってオモシロいレースでした。

|

« 3連勝での締めくくり!<北海道コンサドーレ札幌> | トップページ | 陸王は残り3話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/66117082

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年福岡国際マラソン:

« 3連勝での締めくくり!<北海道コンサドーレ札幌> | トップページ | 陸王は残り3話 »