« 「2017年全日本大学駅伝」は明日 | トップページ | 神奈川大学が20年ぶりの優勝<2017年全日本大学駅伝> »

2017年11月 5日 (日)

「2017年さっぽろさよならマラソン」まで1週間

今日は朝からずっと「第49回全日本大学駅伝」のテレビ中継を観ていました。

細かい感想は明日以降のブログで書きたいと思いますが、
神奈川大学が20年ぶりの優勝となりました。

昨日のブログで
-------------
あと、関東地区の予選を1位で通過した神奈川大学は、
今年の箱根の2区で区間賞を獲った鈴木健吾選手が
アンカーに配置されています。

この鈴木選手まで、トップと1分30秒くらいの差でタスキを渡せば
もしかしたらの期待もあるので、まずは出だしの1区の山藤選手が
どのくらいの状態で2区に繋げるかが注目です。
-------------

と書きましたが、神奈川大の1区の山藤選手がトップとほぼ差が無い
区間4位でタスキを渡し、逆に2強と言われていた東海大が35秒差、
青山学院大が1分22秒差と出遅れました。

最終の8区に入った時に、トップの東海大に続いて僅か17秒差で
エースの鈴木健吾選手に繋いだ段階で実質的にはほぼ勝負ありで、
鈴木選手はさすがの走りでしたが、それまでの7区間の選手も
素晴らしかったです。

そんな駅伝中継を観た後は、午後3時40分頃から15kmほどの
ランニングをしてきました。

アメダスのデータによると午後4時が7.5℃、午後5時が6.7℃と冷え込んでいて、
この秋のシーズンで初めて手袋を「履いて」走りました。

さて、1週間後の11月12日(日)は「さっぽろさよならマラソン」で
ハーフマラソンを走ります。今年の最終戦となります。
Sayonarahagaki

去年は本格的な降雪によるまさかの大会中止となって、
今年の天気予報が気になりますが、今のところは、

「曇り、降水確率30%、最高気温7℃、最低気温2℃」

となっていて、もし雨が降らないでこの気温なら
絶好の条件になってくれる期待が。

ただ、前日の土曜日が「曇り一時雨か雪」の予報となっていて
「雪」の文字も出ているので、その雪が思いのほか降ってしまって
それが日曜日の朝まで続いたら・・・などと、去年の経験から
妙に不安になっています(^^)

2016sayonara
この写真が、1年前のさよならマラソン大会当日の
真駒内屋外競技場前の光景でした。

今年はこのような光景にはならずに、ハーフを走るのには「絶妙の肌寒さ」で
コース上もアスファルト路面が完全に出ているような、そんな中での約21kmを
一生懸命に走って今年を締めくくりたいと、心の底から願い続けています(^^)

|

« 「2017年全日本大学駅伝」は明日 | トップページ | 神奈川大学が20年ぶりの優勝<2017年全日本大学駅伝> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/66007113

この記事へのトラックバック一覧です: 「2017年さっぽろさよならマラソン」まで1週間:

« 「2017年全日本大学駅伝」は明日 | トップページ | 神奈川大学が20年ぶりの優勝<2017年全日本大学駅伝> »