« 雪虫 | トップページ | 2017年高校駅伝の北海道代表が決定(男子が札幌山の手、女子が旭川龍谷) »

2017年10月10日 (火)

東海大が優勝(2017年 出雲駅伝)

昨日行われた、大学三大駅伝の初戦となった出雲駅伝について書きます。

----------
●第29回 出雲全日本大学選抜駅伝 結果(21チーム、6区間45.1キロ)

1位 東海大学 2:11:59
2位 青山学院大学 2:13:32
3位 日本体育大学 2:14:39
4位 順天堂大学 2:15:00
5位 東洋大学 2:15:36
6位 神奈川大学 2:15:45

12位 北海道学連選抜 2:20:20

気温が25℃を超えるような暑い条件だったようで、1区でいきなり有力チームの
青山学院大や駒澤大の選手が中継所の直前で立ち止まりそうになったり、
1区で岐阜経済大、4区で法政大が途中棄権となったりで、過酷な大会となりました。

大会前の予想では東海大と青山学院大の二強と言われていて、
1区では東海大の阪口選手が区間賞で、青山学院大とは38秒差に。

ここからの2区、3区で青山学院大が4年生の田村選手と下田選手によって
逆転して、4区へタスキ渡しの段階では逆に東海大と5秒差をつけたのは
さすが王者という感じで見せ場を作りました。

ただ、東海大が4区の鬼塚選手から5区の三上選手、
そしてアンカー6区の關選手と3区間連続で区間賞を獲って、
この大会においてはほぼ完勝でした。

これからの全日本、箱根は区間数も距離もどんどん伸びるので、
そこでどんな展開になるかが楽しみです。

そして北海道学連選抜は1区で滋野選手(星槎道都大)が12位と
まずまず順調な出だしで、そこからはずっと順位を13位で保って、
アンカーの原選手(星槎道都大)が1つ順位を上げての12位でのゴール。

2区以降は全くと言っていいほどテレビに映りませんでしたが大健闘でした(^^)

大会公式ページの監督コメントでは、

「地区学連選抜最上位は最低限のノルマとして、北海道で2枠の獲得と
過去最高順位を目指す.」

とあって、どうやらこれを全てクリアして「北海道で2枠の獲得」も
出来たようですが、さらに公式ページで大会要項を見ると

「各地区学連が選抜する20チームとし~」

という表現があり、今年の北海道の枠は1チームとなっていました。

これを見ると、来年の北海道枠が2チームになったとして、

・大学単独の1チームと学連選抜の1チームの計2チーム
・大学単独の2チーム
・学連選抜2チーム(現実的には無いでしょうが)

のどれでも、そこは北海道地区学連(?)の判断で自由に選択していいという
ことなのでしょうか。

とりあえず良かったです(^^)

<区間賞>
1区 阪口 竜平(東海大学)
2区 田村 和希(青山学院大学)-区間新
3区 塩尻 和也(順天堂大学)
4区 鬼塚 翔太(東海大学) 
5区 三上 嵩斗(東海大学) 
6区 關 颯人(東海大学)

|

« 雪虫 | トップページ | 2017年高校駅伝の北海道代表が決定(男子が札幌山の手、女子が旭川龍谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/65901049

この記事へのトラックバック一覧です: 東海大が優勝(2017年 出雲駅伝):

« 雪虫 | トップページ | 2017年高校駅伝の北海道代表が決定(男子が札幌山の手、女子が旭川龍谷) »