« 完走しました(2017年江別野幌マラソン) | トップページ | 「2017年江別野幌マラソン」を振り返る(スタートまで) »

2017年5月21日 (日)

「RED BULL 400」の観戦で大倉山ジャンプ競技場へ

今日は大倉山ジャンプ競技場へ「Red Bull 400」という大会を観てきました。

●大会ページ
http://www.redbull.com/jp/ja/events/1331849513429/red-bull-400-hakuryusou-2017

この大会ページに載っている大会概要を貼りつけると、
---------------------
<大会概要>

スキージャンプ競技場のラージヒルを利用して行うヒルクライムの
スプリントレース。

最高斜度37度の壁 に体力の限界が試されるこのレースは
「世界で最も過酷な400m走」とも言われている。

距離は短いが、一歩進むだけで全身の体力・気力が大きく奪われていく。
自慢の瞬発力で一気に駆け上がり、一番を目指そう。

2011年にオーストリアのクルムジャンプ競技場で初開催され、
年々規模が拡大。昨年は8ヵ国で開催され、7年目の今年は初開催の
日本を含む13ヵ国14会場で開催予定。

日本大会の優勝者は、7月15日(土)にドイツで開催される世界大会へ
出場が決まる。
------------------------

とのことです。

Ookura1
下のゲートのところから出発して、ジャンプ競技のスタート地点まで
一気に駆け上がるというコース設定です。

Ookura2_2
これは男子の個人決勝のスタート直前の写真です。

Ookura3
写真右端の赤地に白抜きの看板が、この大倉山ジャンプ競技場での
バッケンレコードの伊東大貴選手の146.0mの表示です。

Ookura4
写真下のゲートがジャンプの踏み切りをするあたりです。
最後は、普段はジャンプの選手が助走で滑っていく箇所を登ってのゴール。
観ているだけでツラい気分になっていきました(^^)

2日前の朝、HTBの「イチオシ!モーニング」を見ていたら、
この番組でリレーチームを作って参加するという特集をやっていて、
それが今日の大会を観に行こうと思ったきっかけとなりました。

Ontyan_2
安田顕さん、ではなくてonちゃんも応援に来ていました。

道内の放送局ではHTBの他に、STVの「どさんこワイド!!朝!」チームも
同じくリレーに参加していました。

STVチームも参加するのは、今日会場に行って初めて知ったのですが、
目の前で明石英一郎アナウンサーを発見した瞬間は、

「うまいっしょクラブ/アタックヤング世代」

の僕は大興奮しました(^^)

2チームとも、男女混合のリレー(オープン)に参加で、
リレーは4人チーム構成で、

HTB・・・大野恵アナ→福田太郎アナ→木村愛里さん→室岡里美アナ
STV・・・大家彩香アナ→明石英一郎アナ→小山悠里アナ→小出朗アナ

という順番だったようです。
Ookura5_2

ここが2走目のスタート地点で、分かりにくいですが、左から3人目の
緑のジャージがSTVの明石アナ、右から2人目の黄色いonちゃんを
頭にかぶっているのがHTBの福田アナです。

残念ながら3走目の途中あたりからは遠すぎて、
細かい状況が不明となりました。

たぶん、あまり差が無くHTBチームもSTVチームもアンカーの4走へ
バトンパスしたと思うので、最後はどちらが勝ったのかは分かりませんが、
いい勝負になっていたと思います。

明日の朝の放送を楽しみにしておきます。

ちなみに、個人競技では午前11時30分から予選、午後に決勝という形式で、
予選の結果が貼り出されていたのを見ると、男子では1人だけ4分を切っていて、
圧倒的に早いタイムの選手がいました。

その選手が決勝も2位以下をしっかりと離しての優勝。
札幌学院大の学生で、陸上部で800mと1500mを専門にやっている選手とのこと。
とにかく速かったです。

もし来年もこの大会が開催されるのならば、僕も出てみたいなぁ~という気分に
ちょっとだけなったようなならないような、そんな複雑な乙女心です(^^)

|

« 完走しました(2017年江別野幌マラソン) | トップページ | 「2017年江別野幌マラソン」を振り返る(スタートまで) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/65310526

この記事へのトラックバック一覧です: 「RED BULL 400」の観戦で大倉山ジャンプ競技場へ:

« 完走しました(2017年江別野幌マラソン) | トップページ | 「2017年江別野幌マラソン」を振り返る(スタートまで) »