« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月28日 (日)

背中越しのチャンス/亀と山P(2017年)

今日は正午過ぎから11kmほどのランニングをしてきました。

家を出た段階では雨は降っていませんでしたが、途中からは
本降りの雨になって、最後はビシャビシャになりながらの帰宅となりました。

まぁ、このビシャビシャ感も、これはこれで気持ち良かったです。

さてここ何日か、亀梨和也くんと山下智久くんが「亀と山P」名義で発売した
「背中越しのチャンス」のサビの、

「♪いっそ僕ら何回でも恋をして~何回でも愛していこう~」

の部分が妙に頭の中で繰り返し流れて、離れてくれない状況です。

亀梨くんと山下くんの2人のユニットは修二と彰の「青春アミーゴ」以来で、
この「青春アミーゴ」はそこそこ最近のヒット曲という感覚があるのですが、
発売は2005年で既に10年以上が経過していて、僕も年齢を重ねているなぁ~と
実感している毎日です(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月27日 (土)

小雨の中のランニング

今日は午前中に床屋に行って「自称・爽やかな青年」になってきて、
そして夕方4時30分頃から9kmほどのランニングをしてきました。

今日は朝から本格的な雨となっていたものの、夕方の段階ではだいぶ収まって、
あまり気にならない程度の小雨の中で走ることができてラッキーでした。

今日のスポーツでは、

・大相撲の白鵬が6場所ぶり38回目の優勝!
・中日ドラゴンズが藤井淳志の連日の活躍で最下位脱出!
・北海道コンサドーレ札幌がアウェーで無念の敗戦・・・(鳥栖1-0札幌)
・サッカーU20日本代表が決勝トーナメント進出(堂安くん!)

などでアレコレと盛りだくさんでしたが、とにかく北海道コンサドーレ札幌が
負けてしまった不機嫌さにより、他に触れる気力がありません(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

「2017年江別野幌マラソン」を振り返る(スタート後)

昨日に続いて「第4回江別野幌マラソン」について振り返ります。
Nopporostart
11時に陸上競技場の中からスタートとなりました。

ハーフのコースは、まずは距離調整で約1.1kmを走って
一旦このスタート地点に戻ってきて、そこから公園内の5kmコースを
4周する設定となっていました。

距離表示は、

2km(7km、12km、17km)
3km(8km、13km、18km)
4km(9km、14km、19km)
5km(10km、15km、20km)

があって、ペース感覚は掴みやすかったです。

最初の約1.1kmを走ってスタートゲートを通過した先に、
給水地点のテーブルがあるのを発見しました。

この日の江別市はアメダスのデータによると、

11時 22.0℃
12時 23.5℃
13時 23.7℃

となっていて、最高気温は12時34分に記録した24.5℃で、
日差しも強くて今の時期としては結構な暑さの大会となりました。

そんな中、序盤で給水を取っておいて何も損は無かったのに、
前を走っていた3~4人のランナーが誰も給水に手を伸ばしていなかったので、
僕も「あれっ、ここは取らないのが普通なのか」とスルーしてしまいました。

周りに流され易いのが僕の欠点です。

公園内は地味にアップダウンが続く感じで、コースの中で平坦な箇所は、
陸上競技場のトラックの上だけなのではと思ってしまうくらいでした(^^)

さて、以下のタイムが手元の時計の記録です。

  0~ 5km 22分18秒(スタート地点までのロスタイムは5秒くらい)
  5~10km 44分58秒(22分40秒)
10~15km 1時間08分49秒(23分51秒)
15~20km 1時間33分24秒(24分35秒)
20~ゴール 1時間38分35秒(5分11秒)

「4分30秒/1km」のペースで走ると、単純計算でハーフのゴールタイムは
1時間34分55秒ほどになります。

そんなわけで「1kmあたり4分30秒=5kmで22分30秒」くらいで行けたらなぁ~と
思ってスタートして、最初の5kmはまずまず良い感覚だったのですが、10kmの
手前あたりからどんどんと身体全体に厳しさを感じて、あとはペースダウンが
止まりませんでした。

終盤は「とにかく歩かないでゴールしたい」ということしか考えることが
できませんでした。

そして何とか無事に走り切ってゴール。
Nopporogoal
とにかく歩かなかったのと1時間40分を切れたことにはホッとしました。

大会で同じコースを何周もグルグル走るのは
これはこれで新鮮な感じで良かったです(^^)

これからの写真2つと説明書きは大会当日のブログに書いたものの
コピー&ペーストになりますが、ゴール後は参加賞として菓子パン3つと
バナナ4本を貰いました。なかなか豪華です。
Pantobanana

ただ、走り終わった直後にパンは口の中がパサパサになりそうだったので、
まずは会場の陸上競技場内に出店していたお店でソフトクリームを買いました。

Nopporosoft
今日の暑さの中を走り切った後のソフトクリームは最高でした!

そんなこんなで、大会会場は13時30分過ぎに離れました。

なかなか江別市に来る機会はないので、せっかくなので
ブラブラと歩いて野幌駅へ向かいました。

45分ほどかかって野幌駅に到着して、14時26分発のJRに乗って、
自宅には15時20分に到着。家に帰るまでがマラソン大会です。

以下のページに順位速報とゴール地点の動画が掲載されています。
http://www.sportsmovie.info/taikai/2017/0520nopporo/

「ゴール地点の動画」と言っても、周回コースで同じ箇所を何回も
通過するコース設定の利点で、6.1km、11.1km、16.1km、ゴールの
4地点での自分の走りを見ることができます。

1周目・・・まずまず良い感じ
2周目・・・だいぶキツそう
3周目・・・もうヘロヘロ
ゴール・・・最後なので何とか元気そう

というのが、自分の走りを見た感想です(^^)

タイムも内容もあまり満足できないような走りにはなりましたが、
これが今の実力ということで、なんだかんだで楽しい土曜日の1日でした。

次の大会は、6月18日(日)の「おたる運河ロードレース大会」のハーフです。
またボチボチと練習を続けていきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

「2017年江別野幌マラソン」を振り返る(スタートまで)

この前の土曜日にハーフマラソンを走ってきた
「第4回江別野幌マラソン」を振り返ってみます。
Nopporotaremaku

ハーフのスタート時間の11時に向けて、朝は6時40分に起きて、
朝ご飯は7時20分から食べ始めるという、普段の平日とほぼ同じような
行動パターンとなりました。

家は8時30分に出て、まずは自転車でJRの駅まで行って、
そして岩見沢駅行きのJRに無事に乗ることができました。

江別市の野幌駅には9時30分に到着。
Nopporoeki

会場の野幌総合運動公園へのパスは10時02分発ということで時間があったので、
この駅のそばのちょっとした空地のような場所で準備運動をしました。

そしてバスに乗りました。ランナーっぽい格好をした人を10人ほど
載せたバスは10時20分に野幌総合運動公園へ到着しました。
Rikuzyoukyougizyou
スタート&ゴール地点となっていた陸上競技場です。

9時過ぎから既に10kmや5kmの部がスタートしていて、競技場の周辺には
いかにも「走り終えました」というような雰囲気の方々が多くいました。

「あぁ~、まだ朝の10時過ぎだけど、この人達は既に大きな一仕事を終えて、
あとは開放感の中で休日の残りを幸せに過ごせて羨ましいなぁ・・・」

と、これから約21kmを走る僕は、妙な嫉妬心で一杯になりました(^^)

公園の中を5分ほど軽く走って、手荷物を預けて、スタート地点に並びました。
Nopporostart
スタート地点です。陸上競技場のトラックの上を走る機会はなかなか無いので、
何となく得をした気分になりました。

そして11時にスタート。

大会公式ページの結果一覧を見てみると、ハーフを走った人数が
男子が144人、女子が24人の計168人で、全体の中では真ん中くらいの
位置に並びましたが、スタート地点に辿り着くまで5秒もかからないくらいで、
スタート後の混雑も無縁でした。

まだまだこれからが長くなるので、続きは明日以降の
次回のブログに書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

「RED BULL 400」の観戦で大倉山ジャンプ競技場へ

今日は大倉山ジャンプ競技場へ「Red Bull 400」という大会を観てきました。

●大会ページ
http://www.redbull.com/jp/ja/events/1331849513429/red-bull-400-hakuryusou-2017

この大会ページに載っている大会概要を貼りつけると、
---------------------
<大会概要>

スキージャンプ競技場のラージヒルを利用して行うヒルクライムの
スプリントレース。

最高斜度37度の壁 に体力の限界が試されるこのレースは
「世界で最も過酷な400m走」とも言われている。

距離は短いが、一歩進むだけで全身の体力・気力が大きく奪われていく。
自慢の瞬発力で一気に駆け上がり、一番を目指そう。

2011年にオーストリアのクルムジャンプ競技場で初開催され、
年々規模が拡大。昨年は8ヵ国で開催され、7年目の今年は初開催の
日本を含む13ヵ国14会場で開催予定。

日本大会の優勝者は、7月15日(土)にドイツで開催される世界大会へ
出場が決まる。
------------------------

とのことです。

Ookura1
下のゲートのところから出発して、ジャンプ競技のスタート地点まで
一気に駆け上がるというコース設定です。

Ookura2_2
これは男子の個人決勝のスタート直前の写真です。

Ookura3
写真右端の赤地に白抜きの看板が、この大倉山ジャンプ競技場での
バッケンレコードの伊東大貴選手の146.0mの表示です。

Ookura4
写真下のゲートがジャンプの踏み切りをするあたりです。
最後は、普段はジャンプの選手が助走で滑っていく箇所を登ってのゴール。
観ているだけでツラい気分になっていきました(^^)

2日前の朝、HTBの「イチオシ!モーニング」を見ていたら、
この番組でリレーチームを作って参加するという特集をやっていて、
それが今日の大会を観に行こうと思ったきっかけとなりました。

Ontyan_2
安田顕さん、ではなくてonちゃんも応援に来ていました。

道内の放送局ではHTBの他に、STVの「どさんこワイド!!朝!」チームも
同じくリレーに参加していました。

STVチームも参加するのは、今日会場に行って初めて知ったのですが、
目の前で明石英一郎アナウンサーを発見した瞬間は、

「うまいっしょクラブ/アタックヤング世代」

の僕は大興奮しました(^^)

2チームとも、男女混合のリレー(オープン)に参加で、
リレーは4人チーム構成で、

HTB・・・大野恵アナ→福田太郎アナ→木村愛里さん→室岡里美アナ
STV・・・大家彩香アナ→明石英一郎アナ→小山悠里アナ→小出朗アナ

という順番だったようです。
Ookura5_2

ここが2走目のスタート地点で、分かりにくいですが、左から3人目の
緑のジャージがSTVの明石アナ、右から2人目の黄色いonちゃんを
頭にかぶっているのがHTBの福田アナです。

残念ながら3走目の途中あたりからは遠すぎて、
細かい状況が不明となりました。

たぶん、あまり差が無くHTBチームもSTVチームもアンカーの4走へ
バトンパスしたと思うので、最後はどちらが勝ったのかは分かりませんが、
いい勝負になっていたと思います。

明日の朝の放送を楽しみにしておきます。

ちなみに、個人競技では午前11時30分から予選、午後に決勝という形式で、
予選の結果が貼り出されていたのを見ると、男子では1人だけ4分を切っていて、
圧倒的に早いタイムの選手がいました。

その選手が決勝も2位以下をしっかりと離しての優勝。
札幌学院大の学生で、陸上部で800mと1500mを専門にやっている選手とのこと。
とにかく速かったです。

もし来年もこの大会が開催されるのならば、僕も出てみたいなぁ~という気分に
ちょっとだけなったようなならないような、そんな複雑な乙女心です(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

完走しました(2017年江別野幌マラソン)

今日は「第4回 江別野幌マラソン」でハーフマラソンを走ってきました。
野幌総合運動公園の中の周回コースで、午前11時スタートでした。
Nopporotaremaku

結果は1時間38分35秒で無事にゴール。
Nopporokansyousyou

タイム速報の結果が、以下のページに早々と掲載されていました。
http://www.sportsmovie.info/taikai/2017/0520nopporo/

このブログを書いている段階では、ハーフマラソンの種目別のリンクが
ズレていますが、全部押せばどこかに見たい結果はあります(^^)

たぶん何日かしたら、動画も配信されるようです。

それと今日の大会ゲストが、かつて北海道マラソンで優勝したこともある
加納由理さんで、コース途中で応援もしてくれて嬉しかったです。

さて、以下のタイムが手元の時計の記録です。

  0~ 5km 22分18秒(スタート地点までのロスタイムは5秒くらい)
  5~10km 44分58秒(22分40秒)
10~15km 1時間08分49秒(23分51秒)
15~20km 1時間33分24秒(24分35秒)
20~ゴール 1時間38分35秒(5分11秒)

10kmあたりまではキロ4分30秒前後のペースで行けたものの、
そこからはどんどんペースダウンしていくという、2週間前の
日刊スポーツ豊平川マラソンとほぼ同じ展開でした。

ただ、その2週間前は終盤に歩きが入ってしまったのですが、
今回は歩かずに走り切ってゴールできて、2分ほどはタイムが良かったので、
少しは進歩があったということにしておきます(^^)

ゴール後は参加賞として菓子パン3つとバナナ4本を貰いました。
なかなか豪華です。
Pantobanana

ただ、走り終わった直後にパンは口の中がパサパサになりそうだったので、
まずは会場の陸上競技場内に出店していたお店でソフトクリームを買いました。

Nopporosoft
今日の暑さの中を走り切った後のソフトクリームは最高でした!

なお、スナックサンドのツナ&マヨとタマゴは帰り道の途中と
家に帰ってから食べました。残りのメロンパンとバナナ4本は
明日以降食べます(どうでもいい話でスミマセン)。

今日の走りについて少し振り返ると、スタートとゴールは
野幌総合運動公園の陸上競技場の中でした。
Nopporostart
スタート地点です。

ハーフのコースは、まずは距離調整で約1.1kmを走って
一旦このスタート地点に戻ってきて、そこから公園内の5kmコースを
4周する設定となっていました。

距離表示は、

2km(7km、12km、17km)
3km(8km、13km、18km)
4km(9km、14km、19km)
5km(10km、15km、20km)

があって、ペース感覚は掴みやすかったです、

公園内はなかなかのアップダウンがあって、特に2km(7km、12km、17km)の
表示を過ぎたあたりからの登り坂が一番の難敵でした。

逆に、3km(8km、13km、18km)の手前からはしばらく下り基調が続いて、
少し休める感じでした(下りが続くのも脚には結構負担が来る面もありますが)。

3周目からはこのコースの特徴をだいぶ把握できたものの、
その段階では疲労感がどんどん厳しくなりペースダウンしていって、
せっかくの特徴の把握もあまり意味はありませんでした・・・。

アメダスのデータを見ると、江別市の最高気温は12時34分に記録した24.5℃で、
その時間帯はちょうど残り1kmの表示を過ぎたあたりで、

「もしフルの距離が40kmだったら、ハーフは20kmでもうゴールなのに・・・」

と思いながら走っている最中でした(^^)

日差しも強くて、なかなか厳しい暑さの中での走りとなりましたが、
これからの夏のシーズンに向けて、暑さ対策において貴重な1日になったと、
そう思い込んでおきます。

今日の大会の詳細は、明日以降のブログに書きたいと思います。

明日の日曜日も嬉しい休みなので、今夜は夜7時からの
ボクシング中継を観ながらビールを好きなだけ飲みます(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

明日は江別の男に(2017年江別野幌マラソン)

明日は「第4回 江別野幌マラソン」でハーフマラソンを走ってきます。
Nopporozekken
ハーフは午前11時スタートです。

<大会公式ページ>
http://www.sportsmovie.info/furusato/nopporo04/

野幌運動公園の中を約4周する周回コースとなっていますが、
グルグルを満喫してきます(^^)


*午後9時50分追記
  ビシエドのサヨナラ2ラン!!(延長10回:中日5-3広島)
  これで明日、気分良く本番に挑めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

大会前の最後の練習

今日は夜に12kmほどの距離を走ってきました。

昨日までと違って、今日は夜になっても肌寒さは感じなく、
長袖のジャージを着て走ったら結構な汗をかきました。

土曜日に行われる「第4回 江別野幌マラソン」のハーフマラソン本番まで
あと3日ということで、明日からの2日間は走らずに脚を休ませて、
そして土曜日の大会本番に挑みます(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

大相撲の夏場所が初日

今日は正午過ぎから、1時間ちょっとのランニングをしてきました。

あいかわらずの風の強さには悩まされましたが、12kmほどの距離を
無事に走り切ることができました。

夜のNHK-BSで生中継された札幌ドームでの
サッカーJ1リーグの試合では、

「北海道コンサドーレ札幌 0-2 ガンバ大阪」

という結果で、強豪相手に充分に内容のある試合ではあったとは思いますが、
負けは負けということで、当然ながらやはり悔しいです・・・・。

そして今日、初日を迎えた大相撲の夏場所。

横綱の稀勢の里が嘉風に負けたりなどがあった初日の中、
北海道旭川市出身の期待の十両西3枚目の旭大星は、
臥牙丸に押し込まれながらも土俵際でのはたき込みで勝利。

幕内昇進に向けて、この勝利はとにかく大きいと思いたいです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

「2017年江別野幌マラソン」のゼッケンが到着

今日は午後1時頃から15kmほどのランニングをしてきました。

ここ1ヶ月くらい、風の強い中で走ることが多い印象ですが、
今日も結構な強さの風に悩まされました。

ただ、気温としては、この風も含めて暑くも寒くもないような
ちょうど良い体感気温でした。

家に戻ってから、かなり遅いお昼ご飯を食べながら、
プロ野球の「ヤクルト×中日」のテレビ中継を観ていました。

ゲレーロのソロホームラン以外、ヤクルトの先発の小川に
ほぼ完璧に抑えられていて、完全に負けそうな雰囲気の中、
9回表にビシエドの起死回生の逆転3ランが!!

結局、その裏は田島が3人で抑えて4-3での勝利。
たまにはこういう勝ち方もしてくれないと、
中日ファンの精神が持ちません(^^)

そして夕方には、ちょうど1週間後の5月20日(土)に行われる
「第4回 江別野幌マラソン」のゼッケンなどが郵送で届きました。
Nopporozekken
ハーフマラソンを走ります。大会の公式ページのコース図を見ると、
野幌運動公園の中を4周走る周回コースとなっています。

また、ゼッケンとともに同封されていた案内によると、

「参加者にはゴール後、バナナ一袋・菓子パン3個・飲み物を差し上げます」

ということで、ゼッケンの下側に記載されている(株)ファーマインドと
(株)ロバパンなどから提供していただけるようです(^^)

今日はそれなりに呼吸がゼーゼーとなるような早めのペースで走ったので、
明日はゆっくり目に10kmほどを走りたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

back numberのコンサートに行ってきました(2017年5月12日 北海きたえーる)

今夜は、北海きたえーるで開催された

「back number:All Our Yesterdays Tour2017」

に行ってきました。
Bknb29512

いろいろと長々と書きたいのですが、明日も同じく北海きたえーるで行われ、
さらに来週からも愛知、広島、埼玉、沖縄と6月11日までこのツアーは続くので、
全てが終わってから気が向いたら感想を書きたいと思います(^^)

1つだけ、「この曲は是非とも演ってほしいなぁ~」と思っていた曲を
アンコールの最後に演ってくれて、最高の締めくくりとなりました。

あと、明日行く女性の方にアドバイスとして、今日の開始前の会場内、
女子トイレは長蛇の列でした(男子トイレはガラガラ)。

普段は男子トイレとしている所も何箇所かは女子用にしていたみたいですが、
それでも長い列が出来ていました。

例えば大通駅や札幌駅での地下鉄乗り換えの時に事前にトイレに
行っておくなど、対応を考えておいた方が良いかもしれません。

わざわざここで告白するようなことでは無いのですが、
僕は頻尿気味の傾向があるので、「小問題」については
妙に気になってしまいます(^^)

これでback number関連のネット検索も解禁ということで、
明日からの週末はあれこれと「ネットサーフィン」をして、
今までに参加した人の感想などを見たいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日)

「2017年日刊スポーツ豊平川マラソン」を振り返る

今年の最初の大会としてハーフマラソンを走ってきた、2日前の
「第29回 日刊スポーツ豊平川マラソン」について振り返ります。

まずは自分用の行動メモで、午前9時50分のスタートに向けて、
朝は5時40分に起きて6時20分から朝ご飯を食べ、7時30分に家を出て、
会場の真駒内公園屋外競技場には8時40分に着きました。
だいたい予定通りの行動となりました。

Sakura2

地下鉄真駒内駅から真駒内公園へ向かう途中の写真です。

競技場に着いてからは準備運動をして5分ほど公園内を軽く走って、
スタート40分前に手荷物預け所に行きました。

思っていたよりも並びましたが、10分足らずでスムーズに預けられました。

スタート地点には20分前に到着。
Nikkanstart
スタート地点です。

スタートはCブロックで、その中では真ん中くらいに位置しました。
そして9時50分にスタート。スタートに辿り着くまでには10秒ほどでした。

最初はさすがに混雑があって思うようには走れませんでしたが、
1kmの表示を過ぎたあたりからはその混雑も解消して、
自分のペースで走ることができました。

今回の目標タイムは1時間35分切りにしていて、「4分30秒/1km」のペースで
計算すると、ハーフのゴールタイムは1時間34分55秒くらいになります。

豊平川河川敷の行きは下りで帰りは上りだったり、風があったりで、
単純に「1kmを○分○○秒で走ればいいや」というわけではありませんが、
ひとまずはこの「4分30秒/1km」のペースを目安にすることに。

手元の時計では、

0~ 5km 22分46秒(スタート地点までのロスタイムは10秒くらい)
5~10km 45分00秒(22分14秒)

ということで、1kmの通過がちょうど5分00秒くらいで、そこからは
4分25秒~4分30秒のペースで10kmまで行っていて、まずまず順調な
前半となりました。

この日のアメダスの札幌市のデータによると、

10時 21.5℃、南東の風2.5m/s
11時 23.3℃、東南東の風3.6m/s
12時 23.9℃、東南東の風2.9m/s

ということで、この大会でここ何年か続いていた風の強さは
今年はそれほど気になりませんでした。

ただ、風向きは走る箇所によって向かい風、追い風、横風に
コロコロ変わっていたような感じがして、少し走りにくさはあったかもしれません。

気温は今の時期としてはかなり高めながらも、太陽は雲に隠れて
日差しは弱かった時間が多かったと思います。

10kmの通過が45分00秒と、計算上では狙ったかのような「4分30秒ペース」で、
最初の混雑の分を差し引けば僅かに「1時間35分切り」に余裕があるペースに。

ただ、河川敷を折り返しての後半は上りだし、どうしても後半は疲れで
ペースは落ちるしで、1時間35分切りは難しいかなと思っていましたが、
10km通過のあたりではまだ身体に余裕はある感覚で、心配していた暑さも
そこまで厳しさは感じませんでした。

「まぁ、去年のこの大会の1時間37分58秒は上回って(下回って?)
 きっちりと最後まで走り切れれば合格点だなぁ~」

というようなことを頭の中で思いながら、後半に入っていきました。

この段階ではまだ、残り5kmから3回も歩きが入るような状態になるとは、
全くと言っていいほど想定していませんでした(^^)

東橋を超えておそらく11.5km地点くらいで折り返しとなり、
河川敷の復路のコースへ挑んでいきました。

そして1kmほど進んで右斜め前方を見ると、
少しの間、さっぽろテレビ塔が見える箇所がありました。

時刻は10時45分を示していて、見えなくなる直前に
10時46分に変わりました。

毎年この大会はハーフで走り続けているのですが、
そのテレビ塔の存在に気が付いたのは初めてなので、
何となく得をした気分に。

ここまでは、そんなことを考えられるような余裕もあったのですが、
13km地点の表示を過ぎたあたりから一気に身体全体に厳しさを感じ、
脚に上手く力が入らないような状態に。

13~14kmのラップタイムは4分40秒を超えてしまい、
さらにそこからも、はっきりとペースが落ち続けているのを自覚しました。

10~15km  1時間08分25秒(23分25秒)
15~20km  1時間35分23秒(26分58秒)
20~ゴール 1時間40分41秒(5分18秒)

16kmを過ぎての「残り5km」の表示を過ぎたあたりで
ホントに苦しくなって、とうとう歩き出してしまいました。

1分くらい歩いてから走り出して、残り4kmの表示で再び歩き出し、
また1分くらい歩いてから走り出し、そして残り3kmの手前にあった
給水所でスポーツドリンクと水を受け取った後、横の草むらに避けて
3回目の歩きが入ってしまいました。

ただ、そこでスポーツドリンクをゆっくりと飲んでから再度走り出したら、
少し身体の状態が戻った感覚がありました。

もしかしたら、脱水症状に近いような状態になっていたのかもしれません。

「あと3km、トボトボ走り続けて、何とかゴールまで行けそうかな」

ということで、残り2kmを切ってから出現の、真駒内公園~豊平川河川敷の
コースを使う大会ではお馴染みの上り坂や、その後の135度くらいの角度で
曲がりながら上っていくヘアピンカーブも何とかクリアして、サケ科学館の横を
通りながら20km地点を通過(1時間35分23秒)。

僕の今までのハーフの1番悪いタイムが1時間39分37秒で、
その自己ワーストの更新と初の1時間40分超えは確実でしたが、
とにかく無事にゴールまで辿り着ければ後はどうでも良いという心境で、
ショックを感じる余裕は全くありませんでした(^^)

そしてようやくゴール地点の競技場内へ。

札幌マラソンのゴールのイメージで、競技場に入ってから
グルッと半周ちょっとするものと勘違いしていたら、
前方にゴールが見えて、

「あぁ~、この大会は真っ直ぐ走ってのゴールだったっけ」

と、思っていたよりも少しだけながらゴールまでの距離が短くなっていて、
妙に救われた気分になりました。

そして無事にゴール。
Nikkangoal

ゴール後にペットボトルで貰ったポカリスエットは、
まさに「命の水」という感じでした。

ゴールして30分ほど経って、だいぶ落ち着いた後、
ホクレンが無料提供してくれていたモチを食べて
元気になりました(^^)
Nikkanmochi
モチは写っていませんが、このコップの中にしっかりとあります。

帰り道の途中、家の近所のラーメン屋でワンタンメンを食べて、
そして午後3時過ぎに家に到着しました。

内容はメタメタで、「結構しっかりと練習したつもりだったんだけどなぁ~」と
悔しさが残りますが、これはこれで思い出深い大会になりました(^^)

次の大会は、ほぼ2週間後の5月20日(土)に行われる
「江別野幌マラソン」でのハーフになります。

今回のリベンジということで、次は満足できるような走りがしたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

大宮に勝利!<北海道コンサドーレ札幌>

今日は午後1時試合開始の「北海道コンサドーレ札幌×大宮アルディージャ」の
サッカーJ1リーグの試合を、札幌ドームまで観に行きました。
Consa1

結果は「札幌1-0大宮」で勝ちました!!
J1リーグ戦では今シーズン初の無失点試合に。
Consa2

これでJ1リーグ戦の10試合で勝ち点12(3勝3分け4敗)を獲得という、
夢のような状況です(^^)

決勝点は後半13分、CKのチャンスからの金園のヘディングシュートが
ポストを直撃して「あぁ・・・・」と思った直後、我らがキャプテンの宮澤が
ゴールへと押し込みました。

次は是非とも、金園にゴールを決めてほしいものです。

前半、ゴール前に割りこまれて1対1でシュートを打たれるピンチが
ありましたが、GKのク・ソンユがしっかりとセーブ。

1試合に1回はこういうピンチが訪れるのは仕方ないので、
それを防いだ瞬間、「今日は勝てるな」と妙に自信を持ちました。

最後の都倉の右サイドでのボールキープは胸が熱くなりました。

Consa3
今日のヒーローインタビューとMVPは宮澤でした。

これで、ゴールデンウィークの終盤となる残り1日ちょっとを
気分良く過ごせます(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

ゴールしました<2017年日刊スポーツ豊平川マラソン>

今日は「第29回 日刊スポーツ豊平川マラソン」で
ハーフマラソンを走ってきました。
Nikkanhyouzi

午前9時50分にスタートし、結果は1時間40分41秒でゴールしました。
Nikkankansousyou

今までハーフで1番悪かったタイムが1時間39分37秒で、
自己ワーストを更新してしまいました。

手元の時計では、

  0~ 5キロ 22分46秒(スタート地点までのロスタイムは10秒くらい)
  5~10キロ 45分00秒(22分14秒)
10~15キロ 1時間08分25秒(23分25秒)
15~20キロ 1時間35分23秒(26分58秒)
20~ゴール 1時間40分41秒(5分18秒)

で、16km以降は歩きも入ってしまい、終盤は特にメタメタでした。

とにかく、無事にゴールに辿り着けて良かったと言うしかありません(^^)
今年の初戦を終えて、ひとまずは一安心です。

全完走者の結果は、明日(5月6日)の正午頃よりランネットに
掲載されるようです。

http://runnet.jp/result/

アメダスの札幌市のデータによると、

10時 21.5℃、南東の風2.5m/s
11時 23.3℃、東南東の風3.6m/s
12時 23.9℃、東南東の風2.9m/s

ということで、この大会でここ何年か続いていた風の強さは
今年はそれほど気になりませんでした。

気温は今の時期としてはかなり高めながらも、太陽は雲に隠れて
日差しは弱かった時間が多かったと思います。

直射日光に照らされ続けてというのが無かった分はラッキーということで、
何とか終盤も上手く粘りたかったのですが、何ともなりませんでした(^^)

明日からまだ2日間、休みが続くというのは非常に嬉しいです。

明日は札幌ドームに北海道コンサドーレ札幌の試合を観に行くので、
今日の大会の詳細は日曜日以降のブログに書きたいです。
2956consaticket_2


最後に、今日撮った写真を載せておきます。
Sakura1
地下鉄駅から歩いていって、真駒内公園に入ってすぐの箇所の写真です。

Sakura2
こちらは、地下鉄駅から真駒内公園へ向かう途中の写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

明日は今年の初戦

明日は「第29回 日刊スポーツ豊平川マラソン」で
ハーフマラソンを走ってきます。午前9時50分スタートです。

大会で走るのは、去年の10月23日の北海道ロードレースでのハーフ以来、
およそ半年ぶりとなります。久しぶりなので妙に緊張しています。

明日の札幌市の天気予報を見てみると、

「晴れ、降水確率0%、最高気温25℃」

ということで、気温が高く日差しも強くなりそうな予報ですが、
諦めて受け入れます(^^)

明日の目標は1時間35分切りにしています。
大会が終わってからも、まだ2日間休みがあるのは非常に嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

「2017年日刊スポーツ豊平川マラソン」のゼッケンなどを受け取り

今日から嬉しい5連休です。

そんな連休初日の今日は、お昼に札幌スポーツ館(南3西3)に行って、
2日後に行われる「第29回 日刊スポーツ豊平川マラソン」のゼッケンなどを
受け取ってきました。僕はハーフマラソンを走ります。
Nikkanzekken
無事にゼッケンを手に入れることができて一安心です(^^)

大会プログラムを見ると、今年はサンクスがスポンサーになっていなく、
去年まで何年か続いていた真駒内屋外競技場内の出店もないようです。

ゴール後にそのサンクスのお店で焼き鳥などを買って食べるのを
ここ毎年の楽しみにしていたので、ちょっぴり残念です。

そして夕方5時前から、最後の練習ということで
10kmほどのランニングをしてきました。

明日は走らずにひたすら家の中でゴロゴロして、
そして2日後のハーフ本番に挑みます(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

back numberのコンサートチケットが到着(2017年5月12日 北海きたえーる)

5月12日(金)に札幌市の北海きたえーるで行われる、

「back number: "All Our Yesterdays Tour 2017"」

のコンサートチケットが今日、家に届きました。
Back_number_ticket

座席はアリーナ席のDブロックとのこと。

おそらく前からA、B、C、D~というブロック配置と推測するので、
アリーナ席の中では後ろの方になりそうですが、特には気になりません(^^)

とにかく、無事にチケットが手元に届いて一安心です。

このコンサートツアーは、2ヶ月以上前の2月25日の
千葉県から既に開始しています。

どの曲をどの順番で演奏するかのセットリストを事前に知りたくないので、
ネットで迂闊に検索しないよう、日々細心の注意を払い続けています。

さて、5月12日にこのコンサートに行くわけですが、

「♪ちょうど10年前に~♪」

の2007年の5月12日は、真駒内アイスアリーナでの
Mr.Childrenのコンサートに行く予定でした。

「予定でした」と書いたのは、10年前のブログの文章をコピー&ペーストすると
http://run-consa-dra.way-nifty.com/hero/2007/05/mrchildren_590e.html

----------
●2007年5月9日(水)

(ミスチルの公式ページより)

「Mr. Children HOME TOUR 2007 札幌公演についてのお知らせ」

このたびMr.Children のドラマー鈴木英哉の左手人差し指負傷により、
5月12日(土)、13日(日)に予定しておりました幌公演の中止
発表させていただきます。

5月5日の福岡公演終了後、食事の席で本人の不注意により
店内に設置されている換気扇に誤って左手を接触させてしまい、
左手人差し指を4針縫う怪我をいたしました。
----------

というわけで、直前でまさかの中止を知って、大きなショックを受けました。

この時は結局、6月22日、23日に振替公演となって、1ヶ月ちょっとの延期期間が
逆にちょうど良い「焦らし期間」になった面もあったりして、なかなか思い出深い
10年前となっていました。

今回は「魔の5月12日」とならずに、無事に予定通り開催されることを
心の底から祈るばかりです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »