« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月27日 (月)

稀勢の里が逆転優勝(大相撲・春場所)

昨日の大相撲に関しては、あちこちでアレコレと書かれているので
細かくは書きませんが、昨日の千秋楽の本割、そして優勝決定戦と、
勝負が決まった瞬間は2つ続けてテレビの前で叫んでしまいました(^^)

新横綱での優勝は、1995年初場所の貴乃花以来22年ぶりとのこと。
あとはとにかく、左肩付近の負傷がしっかりと治ることを祈るばかりです。

一方の照ノ富士は、14日目の朝に治療院に行ったという情報もあり、
その日の取り組みでは、左膝の周辺に前日までよりも大きな箇所の
サポーターがしてありました。

照ノ富士も、もしかしたらかなり厳しい状態での千秋楽の
土俵だったのかもしれませんね。

それでも今場所、久しぶりに照ノ富士の力強い相撲が観られて
嬉しかったです。

さて、千秋楽は午後5時30分くらいに本割の全ての取り組みが終わるのが
通常なのですが、昨日は結びの一番の日馬富士×鶴竜が終わったのが
午後5時50分頃になっていました。

たしか昨日は、午後2時過ぎくらいに十両の土俵入りが行われて、
その後に実況の方が、

「予定ではこの土俵入りは午後1時45分となっていたのですが、
 進行が遅れている状況です」

と言っていました。この時点での遅れが、最後まで続いたようです。

そんなわけで、NHK中継も午後6時10分までは放送を延長したものの、
国歌斉唱から八角理事長の優勝賜杯贈呈のあたりで放送が終了してしまい、
その後の稀勢の里の優勝インタビューは、NHKラジオで聞きました。

そして千秋楽のNHK中継と言えば、番組の最後の1~2分くらい、
格好の良い音楽をバックに15日間を振り返るような映像が流れ、
最後は優勝力士の優勝の瞬間や賜杯を受け取る姿で終わるという、
それを観て場所を締めくくるのが楽しみとなっています。

そこら辺が無いまま終わってしまったので、妙に何となく物足りない気分が
残ってしまっているのが残念なところです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月26日 (日)

北登……<ザ!鉄腕!DASH!!(日テレ)>

今日は正午過ぎから走ってきました。昨日の15km走の疲れが残っている
感じだったので、少し軽めの練習ということで、6kmほどを走りました。

札幌市の今日の最高気温は7.0℃で、久しぶりに風も弱く
非常に走り易い気象状況で、今年初めて「手袋を履かない」で
走ることができました。

家に戻ってからは大相撲中継を観ながら、高校野球の試合経過も
ちょこちょこチェックしていたのですが、その高校野球が、

第2試合 滋賀学園 1-1 福岡大大濠(延長15回)
第3試合 健大高崎 7-7 福井工大福井(延長15回)

という、まさかの2試合連続の延長15回の引き分け再試合に。
こんなこともあるのですねぇ……。

そして大相撲の千秋楽は、稀勢の里が照ノ富士に
本割と優勝決定戦の2連勝で逆転優勝を。

2日前にケガを負った新横綱の稀勢の里や、1年半ほど前の取り組みでの
膝のケガからやっと待望の復活の兆しを見せた照ノ富士については、
今日のブログでは書き切ることは出来ないので、次回以降に書きます(^^)

そんなアレコレとあり過ぎた今日は、午後7時から放送の
「ザ!鉄腕!DASH!!」の2時間スペシャルを見ました。

今日、朝起きて新聞の朝刊のテレビ欄を見ると、
そのダッシュの番組欄の最後の行に、

「故郷離れ6年…北登が」

とありました。

福島県のダッシュ村にいた犬の北登については、何ヶ月か前の放送で、

「北登が16歳の誕生日。人間で言うと80歳を超える年齢に。」

というのがあったのは覚えていたので、今夜の放送の内容は
そのテレビ欄の文字である程度は覚悟したのですが、それでも
その想像が違っていることも願いながら、放送までの1日を過ごしていました。

しかし、やはりその心配通り、先月の2月17日に
北登は旅立ったとのことでした。

ダッシュ村の初期からの動物の仲間と言えば「八木橋」と「北登」の
2トップとも言えるわけで、その八木橋が亡くなった時についても、
10年前の11月25日のこのブログに書いていました。

http://run-consa-dra.way-nifty.com/hero/2007/11/post_633e.html

どのように今日の文章を締めくくっていいのかは分かりませんが、
犬の平均的な寿命を考えると、最後まで長く元気で生きられたようで、
そこは良かったのかなと思っておきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月25日 (土)

北海道出身の旭大星が勝ち越し!(大相撲・春場所)

今日は午後1時前から走ってきました。

札幌市の今日の最高気温は4.9℃とだいたい平年並みで、
綺麗な青空が出ていて、走るのには心地良い状況ではありましたが、
昨日までの雪の影響で足元がすぐにベチョベチョになりました。

ただ、思っていたよりは、歩道もアスファルト路面が出ている箇所が多くて、
何とか予定通りの15kmほどの距離を走り切ることができました。

家に戻ってからは遅めのお昼ご飯を食べながら、
大相撲の十両の取り組みを観ていました。

昨日まで7勝6敗の北海道旭川市出身の旭大星(西十両6枚目)の相手が、
現在注目の若手力士の小柳(おやなぎ)。

今場所の小柳のここまでの成績が9勝4敗で、今日はちょっと厳しいかなと
思っていたところ、押し出しで勝って無事に8勝6敗の勝ち越しに。

今場所の旭大星は、

●○○○○○●●●●●○○○

と、初日に負けた後に5連勝して、そこから5連敗して、
そして3連勝と、非常に波が激しいです。

十両は優勝争いが混戦になっていて、旭大星が9勝4敗の小柳に
勝ったこともあって、トップは9勝5敗で6人が並ぶという状態に。

明日の千秋楽の取り組みを確認していませんが、
もし9勝5敗同士の直接対決が無ければ、旭大星にも数字上は
優勝の可能性があることになります。

とはいえ、それはあくまで数字上の話で、

「あの5連敗の中、どこか1つだけでいいから勝っていれば・・」

なんて思ってしまいます(^^)

(*追記:9勝5敗同士の直接対決が2番組まれたようです)

優勝はともかく、8勝7敗と9勝6敗では、来場所の番付が1枚か2枚は違ってきて、
それが来場所での「幕内昇進への挑戦」にも影響が出てくるかもしれないので、
明日はきっちりと勝って締めくくってほしいです。

北海道出身の力士で言えば、岩内町出身で福島町役場勤務からの転身で
話題になった一山本が、7戦全勝で序ノ口優勝を決めました。

そして函館市出身の46歳の北斗龍が、今場所限りでついに引退とのこと。

<スポーツ報知の記事>
http://www.hochi.co.jp/sports/sumo/20170324-OHT1T50084.html

今後は知人の誘いで、福岡のからあげ店で勤務する予定とのことで、
物凄い美味しいからあげを作ってくれそうですね(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月24日 (金)

雪の降る街 一人で 思い出と歩いた

昨日のブログとほぼ同じ内容になりますが、
今朝のHBCラジオの「朝刊さくらい」において、

「いやぁ~、札幌は雪が止まりませんね~」

というような、桜井アナウンサーの番組開始の第一声を
布団の中で聞いて、朝から憂鬱な気分になりました・・・・。

朝のHTBの「イチモニ」でのお天気コーナーで、
気象予報士の清水さんが、

「札幌市のここ2日間の降雪量は35cmで、3月下旬以降としては35年ぶり」

という紹介をしていて、記録的な状況に立ち会うことができて幸せです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月23日 (木)

冬がはじまるよ

平日は毎朝、目覚まし代わりにラジオをタイマーセットして、
朝6時30分からのHBCラジオの「朝刊さくらい」の冒頭部分を聞いて、
そして布団から出る毎日を送っています。

今日も同じように聞いていたら、

「いやぁ~、札幌は雪が積もりましたね~」

というような桜井さんの第一声で番組がスタートして、
その瞬間、このまま布団から出ないで今日の1日をやり過ごしたくなりました(^^)
323yuki
昨日まではアスファルト部分がかなり出ていたのですが、
一気に再び、一面が白くなりました。

アメダスのデータを見ると、昨日の23時の積雪が42cmで、
そして今日の23時の積雪が57cmと、24時間で15cm増えていました。

「来週あたりから、地下鉄駅までの通勤に自転車を使えるかな?」

と期待していたのですが、少し先延ばしになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

佐藤 対 佐藤の決勝戦に(第66回 NHK杯将棋トーナメント)

今日は正午過ぎからランニングをしてきました。

札幌市の今日の最高気温は7.4℃と高めで、さらに大げさではなくて
「雲一つないような綺麗な青空」と言ってもいいくらいの中、今年初の
15km走をしてきました。

風はやや強めでしたが、何とか最後まで走り切ることができて良かったです。

家に戻ってからは、遅めのお昼ご飯を食べながら、昨日録画しておいた
「第66回 NHK杯将棋トーナメント」の準決勝・第2局を見ました。

準決勝の対戦カードが、

・佐藤 天彦 名人×佐藤 康光 九段
・橋本 崇載 八段×佐藤 和俊 六段

で今期は「佐藤だらけの準決勝」となっていましたが、先週の放送では
佐藤康光九段が勝って決勝進出を決めています。

そして昨日の「橋本 崇載 八段×佐藤 和俊 六段」は
佐藤和俊六段が勝ちました。

最後、▲1三角成のあたりでは先手の橋本八段の勝ちが決まったかと
思いましたが、そこから後手の佐藤六段がギリギリのところで受け続けて、
手順が進んで佐藤六段の持ち駒が微妙に変わったところで、
見事に先手玉を詰みに討ち取りました。

佐藤六段は、3回戦の羽生三冠との対戦での自分の角2枚を
見捨てての猛攻や、準々決勝での村山七段との終盤の攻防、
そしてこの準決勝と、非常に面白い将棋を見せてくれています。

まぁ、将棋ソフトで差し手を解析したら「有利な方が決め手を逃し続けている」と
なるようですが(特に村山戦)、それも含めて、人間がやっているからこその
面白さがあります。

そんなわけで今期のNHK杯は「佐藤 棋士」が優勝するということが
確定しましたが、今度の日曜日の決勝戦の放送が今から楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月19日 (日)

太陽と埃の中で/CHAGE&ASKA(1991年1月シングル発売)

僕はこの前、無事に40歳になりました。

今まで過去に、自分より少し年上の周りの人から、

「○○くん、30歳を過ぎたら一気にガクッと来るよ~」
「○○くん、35歳を過ぎたら一気にガクッと来るよ~」

などのように言われてきた経験があって、今のところはまだ、

「○○くん、40歳を過ぎたら一気にガクッと来るよ~」

とはっきりとは言われたことはありませんが、おそらくこれから、
何らかの機会でこのように言われる可能性は高いと思われます(^^)

僕は、髪の毛に白髪が少しずつ目立つようになってきた以外は、

「年齢による身体の変化や衰えが・・・」

と実感するようなところは、自称(あくまで自称)では、20歳代から比較しても
特には変化が無いのが幸運なところではありますが、少し年齢が下の人に、

「○○歳を過ぎたら一気にガクッと~」

と、ちょっとだけ先輩風を吹かせたくなる気持ちは、
物凄い良く分かります(^^)

そんな「○○歳を過ぎたら一気にガクッと~」のネタについて、
ASKAさんの何日か前のブログで、これとほぼ同じような内容での
更新があって、

「おぉ~、これは凄い分かる!」

と、パソコンの前で思わずガッツポーズをしたくなりました(^^)

そんなわけで、今日のブログは、CHAGE&ASKA名義で1991年1月に
シングル曲として発売された「太陽と埃の中で」について書きます。

この曲は元々は1990年8月に発売されたアルバムの中に収録されていた曲で、
そこから翌年の1991年1月にシングルカットの曲として発売されました。

日清食品のカップヌードルのCMソングに使用されて、売上枚数的には
当時としてはそこまでではありませんでしたが、ジワリジワリとロングヒットとなり、
この後に発売された、

・はじまりはいつも雨(1991年3月発売)-ASKAのソロシングル
・SAY YES(1991年7月発売)

の大ヒットに繋がっていった、そんなCHAGE&ASKAの歴史としては
重要な1曲になっていると思われます。

この曲はサビの、

----------
追いかけて 追いかけても
つかめない ものばかりさ

愛して 愛しても
近づく程 見えない
----------

の部分が、この歌詞だけを見ると「思い通りにいかないなぁ・・・」としか
思えないところですが、実際に自分の耳で曲を聴くと妙に前向きな気分に
なれるところが、これ以上無いような絶品のサビとなっています(^^)

この曲は、カップヌードルのCMソングにもなっていたということで、
サビの部分の「追いかけて~追いかけても~」を、

「お湯かけて~お湯かけても~」

と勘違いしていたというネタが、当時はひそかに流行っていました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

J1リーグ戦の初勝利!(北海道コンサドーレ札幌)

今日から嬉しい3連休です!

そんな今日は、午後2時過ぎに試合開始の、札幌ドームでの
サッカーJ1リーグの試合をNHKの生中継で観ていて、

「北海道コンサドーレ札幌 2-1 サンフレッチェ広島」

得点:前半12分 都倉 賢(札幌)
    前半21分 水本 裕貴(広島)
    前半44分 オウンゴール(札幌)

ということで、J1リーグ戦の4試合目にして初勝利を!

試合全般的には攻め込まる時間帯が圧倒的に長くて
苦しい試合展開ではありましたが、良く凌ぎきってくれました。

これで4試合を終えて、1勝1分け2敗の勝ち点4という状態に。

基本的に例年「試合数=勝ち点」がJ1に残留できるかどうかの
ギリギリの目安のラインという感じで、J1リーグは34試合あるので、
年間で勝ち点34のあたりがまずは目標地点となります。

そんな中の「4試合で勝ち点4」は、まだまだ序盤とはいえ、
数字の上では希望が持てるような結果になっています(^^)

次の試合は、サッカー日本代表のW杯アジア最終予選の試合がある影響で、
2週間後の4月2日(日)にアウェーでの甲府戦となります。

まずはほんの少しだけ体を休めて、そこから良い状態で
次の準備をしてほしいと願うばかりです。

そんなこんなで最高の気分の中、午後4時30分頃から50分ほどの
ランニングをしてきました。

風が結構強くて走りにくい面もありましたが、とにかく気分が良かったので、
ほとんど気にならずに快適に走ることできました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

振替休暇

この前の日曜日の振替休暇で、今日は嬉しい休みでした。

そんな今日は、正午過ぎから1時間ちょっとのランニングをしてきました。
札幌市の最高気温は+5.1℃と高めでしたが、日差しが弱かったのと
風が強かったこともあって、思いのほか寒さも感じました。

平日の昼間に走ることは滅多にないので、新鮮な気分で良かったです。

家に戻ってからは、大相撲中継で十両の旭大星(北海道旭川市出身)の
勝利も観られて、満足な1日になりました。

夜は7時過ぎから野球のWBCがありますが、この前のオランダ戦の経験から、
今日はそこそこの試合時間で日本が勝ってくれることを願うばかりです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

安藤友香(スズキ浜松AC)が日本歴代4位の好記録!<2017年名古屋ウィメンズマラソン>

今日は休日出勤でした。

ただ、業務が予定より早く終了して、午後4時くらいに家に帰ることができて、
家に戻ってからはすぐに、午前中に行われた名古屋ウィメンズマラソンの
録画を観ました。

-------
◎名古屋ウィメンズマラソン2017 結果

1位:E.キルワ(バーレーン) 2:21:17 大会新
2位:安藤 友香(スズキ浜松AC) 2:21:36
3位:清田 真央(スズキ浜松AC) 2:23:47
4位:桑原 彩(積水化学) 2:26:09
5位:石井 寿美(ヤマダ電機) 2:27:35
6位:下門 美香(しまむら) 2:27:54
7位:吉田 香織(TEAM R×L)2:28:24
8位:宇都宮 亜依(宮崎銀行) 2:28:52

キルワ選手と安藤選手の5kmごとのラップタイムはそれぞれ、

●キルワ
 16:51-16:23-16:51-16:39-(中間地点1:10:21)-17:02-16:55-16:40-16:36-7:20

●安藤
 16:52-16:22-16:51-16:39-(中間地点1:10:21)-17:03-16:54-16:47-16:47-7:21

で、キロ3分20秒前後の早いペースを2人で刻みながら、
33kmあたりの登り坂の手前からキルワ選手が引き離しにかかり、
そこからジワリジワリと差が開いていっての19秒差の決着となりました。

2年前の世界陸上で銅メダル、去年のリオ五輪で銀メダル、
そしてのこの名古屋では今年で3連覇のキルワ選手。

「やっぱりキルワは強いなぁ~」

と、終盤はテレビの前で何度も呟きたくなりました。

こういう世界のトップ選手が、しっかりと調整した状態で
毎年日本に来て走ってくれるのは、非常にありがたいです。

そして今回が初マラソンの22歳の安藤選手、キルワ選手にはさすがに
勝てませんでしたが、30Km以降も5Kmごとをきっちりと16:47で走って、
最後まで凄い走りでした。

今日の安藤選手の2:21:36というタイムは、

1位 野口 みずき 2:19:12
2位 渋井 陽子 2:19:41
3位 高橋 尚子 2:19:46

に継いでの日本歴代4位に記録上は入るとのこと。

上の3つは全てベルリンマラソンで出されたタイムで、
日本国内のレースで限定すると、今回の安藤選手のタイムを上回るのは、
2003年の大阪で野口さんが出した2:21:18しかないようです
(他に、渋井選手がシカゴで2:21:22で走っています)。

これで8月に行われる世界陸上も自動内定ということで、
非常に楽しみです。

そして、去年のこの名古屋での初マラソンで2:24:32で走った清田選手が、
今年は2:23:47でさらにタイムを更新。

20kmの手前からずっと1人旅になりながらも、20kmからのラップタイムも
17:19-17:23-17:21-17:23と、このように失速しないで粘って走り切れる選手は
なかなかいないと思います。

世界陸上の代表枠3人は、安藤選手の他は、大阪で優勝した
天満屋の重友選手と今日の清田選手ですんなり決まりそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土)

引き分け(北海道コンサドーレ札幌)

今日は正午過ぎから1時間ちょっとのランニングをしてきました。

札幌市の今日の最高気温は+4.0℃で日差しも強く、
今の時期としては走るのには気持ち良い状況でした。

ただその分、雪解けによって足元はベチャベチャな箇所が多かったため、
身体の上半身は心地良さがありながら、反対に下の部分は不快感があって、
走っていて不思議な感覚がありました(^^)

家に戻ってからは遅めのお昼ご飯を食べて、そして午後3時過ぎに
試合開始の北海道コンサドーレ札幌の試合中継を観ました。

----------
サッカーJ1リーグ 第3節 札幌ドーム(STVでの生中継を観戦)

北海道コンサドーレ札幌 1-1 セレッソ大阪

得点:
 前半13分 マテイ ヨニッチ(C大阪)
 後半28分 都倉 賢(札幌)

1点リードされた後半、ようやく今シーズンの初ゴールが生まれて同点に。

その同点シーン、途中出場の内村からのクロスを都倉が頭で合わせてのゴールで、
「結局はお馴染みの内村と都倉だなぁ」という形に(^^)

その後、何とか勝ち越して勝ち点3を獲得したかったですが、
試合内容的にもまずまずで、ひとまず良かったということにしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 5日 (日)

2017年びわ湖毎日マラソンの結果

レース展開としてはなかなか面白かったですが、
タイム的にも内容的にも、期待通りとはいかなかった
大会になってしまいました。

-----------
●第72回 びわ湖毎日マラソン 結果

1位 エゼキエル・キプトー・チェビー (ケニア) 2:09:06
2位 ビンセント・キプルト (ケニア) 2:09:15
3位 ムニョ・ソロモン・ムタイ(ウガンダ) 2:09:59
4位 佐々木 悟(旭化成) 2:10:10
5位 松村 康平(MHPS) 2:11:04
6位 石川 末廣(Honda) 2:11:05
7位  園田 隼(黒崎播磨) 2:11:32
8位 大﨑 翔也(中電工) 2:12:07
9位 イフンニリン・アダネ(エチオピア) 2:12:33
10位 上門 大祐(大塚製薬) 2:12:58

優勝争いは、20km~30kmまでのキロ3分を切るようなペースアップから、
ペースメーカーが外れた30km以降のペースダウンがあったりで、
最終的にはケニア人選手同士の2時間9分台でのトラック勝負となりました。

日本人選手では、リオ五輪代表のマラソン代表の佐々木選手が、
20kmを過ぎたあたりで先頭集団から一気に遅れてしまうという意外な展開に。

ゴール後のインタビューで「腹痛が来た」とのことで、
そこから立て直して、日本人トップで何とかまとめて走り切ったのは、
さすがの実力者という感じでした。

松村選手は3年前の東京マラソンで2時間08分09秒で走って、
その後のアジア大会で銀メダルを獲得したまでは良かったですが、
それ以降のマラソンで結果を残せずにいたので、
まずは復活の足掛かりにはなったかなということで、
今日の日本人選手の中では一番収穫があったような気がします。

25kmのあたりで先頭集団に残っていたのが村澤明伸選手(日清食品G)と
宮脇千博選手(トヨタ自動車)の2人になっていて、この時点ではテレビの前で
ワクワクしていましたが、

25位 宮脇 千博(トヨタ自動車) 2:16:51
28位 村澤 明伸(日清食品G) 2:17:51

という結果で、特に村澤選手は35kmまでは日本人トップにいながら、
最後のトラックに入る手前の映像ではほぼ歩きそうになっている姿になっていて、
ゴール後はすぐに倒れ込んでしまいました。

ただ、村澤選手の5kmごとのラップタイムを見ると、25kmまでは
5kmをほぼ15分ちょうどくらいでいって、25~30kmまでも15分28秒で、
30kmまではちゃんと勝負できていたので、次に繋げてほしいです。

あと結果を見てみると、20位に北海道出身の滑和也選手(SUBARU)が
2時間15分45秒でゴールしていました。

滑選手は札幌稲雲高校~北海学園大学出身の29歳で、
チームの公式ページを見ると今までの自己ベストが2時間20分52秒で、
まずは自己ベストを5分ほど更新していて良かったです。

今年の8月に行われるロンドンでの世界陸上の代表枠は3つで、
今日のびわ湖で全ての選考レースが終わって、

・川内 優輝(埼玉県庁) 2:09:11(福岡3位)
・中本 健太郎(安川電機) 2:09:32(別府1位)
・井上 大仁(MHPS) 2:08:22(東京8位)
・山本 浩之(コニカミノルタ) 2:09:12(東京10位)
・佐々木 悟(旭化成) 2:10:10(びわ湖4位)

が候補になるかと思われますが、川内、中本、井上の3選手で
すんなりと決まりそうですね。

・中本・・・夏の世界大会の実績が現役選手の中で抜けている
・川内・・・マラソンの経験と知名度が抜群
・井上・・・期待の若手選手枠

ということで、バランス的には良さそうです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 4日 (土)

2連敗・・・(北海道コンサドーレ札幌)

今朝は起きてから、昨日の夜中に中継されていたノルディックスキーの
世界選手権の録画を見ました。

複合団体スプリントで、渡部暁斗、渡部善斗の兄弟で挑んだ日本チームが
3位に入って見事に銅メダル獲得。最後までハラハラしましたが興奮しました(^^)

そして正午から1時間ほど外を走ってきました。
風が冷たかったものの、まずまず順調に走ることができました。

-----------
サッカーJ1リーグ 第2節 横浜(NHK-BSでの生中継を観戦)

横浜F・マリノス  3-0 北海道コンサドーレ札幌

得点:
 後半2分 ダビド・バブンスキー(横浜)
 後半9分 富樫 敬真(横浜)
 後半28分 ウーゴ・ヴィエイラ(横浜)

前半はコーナーキックからの横山のポストを叩くシュートがあったりで
0-0で凌いで、「よしっ!」と思ったのですが、後半は無念の展開に・・・・。

ただ、異論反論はあるでしょうが、「0-3」というスコアよりは
希望が持てるような試合ではあったと思います。

コーナーキックの獲得数はたしか「札幌11-2横浜」という謎の数字で、
ここら辺を足掛かりにして、次節のホーム開幕戦のセレッソ大阪戦では、
今シーズンの初勝利を期待するばかりです。        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 2日 (木)

渡部暁斗が銀メダルを獲得!(ノルディック世界選手権 複合個人ラージヒル)

先週の木曜日からフィンランドで始まった、2年に1回のスキーの
ノルディック世界選手権をNHK-BSでちょこちょこ観ていますが、
今日(昨日?)は複合個人ラージヒルで渡部暁斗選手が銀メダルを獲得!

日本時間で前半のジャンプが午後7時開始、後半のクロスカントリーが
午後11時15分開始という、非常に観やすいありがたい時間設定となっていました。

後半のクロスカントリーの展開では、渡部暁斗選手が世界選手権で
何度も経験している「4位」に再びなりそうな心配がありましたが、
終盤に5人の先頭集団からドイツのリュゼック選手とともに抜け出して、
最後はリュゼック選手と4.8秒差の2位でした。

一瞬、「これは金メダルまでも行けるのでは!」と
テレビの前で興奮してしまいました(^^)

世界選手権での複合種目の個人のメダル獲得は、
18年前の荻原健司さん以来とのことです。

渡部暁斗選手は3年前のソチオリンピックでも銀メダルを獲得しているので、
来年の平昌オリンピックも期待したいです。

明日は男子ジャンプの個人ラージヒルがあるとのことですが、
日本時間の夜中1時30分に試合開始ということで、さすがにこれは
生中継で観るのは厳しそうです・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 1日 (水)

今日から3月

2日前の札幌市は最低気温が-10.8℃まで下がり、
久しぶりに-10℃以下になりました。

反対に今朝は最低気温が-1.1℃までしか下がらず、
最高気温が+6.7℃まで上がり、帰り道では歩道の雪面が
柔らかくなっていたり所々水溜りのようになっていたりで、
なかなかの歩きにくさでした。

今日から3月ということで、これからどんどんと積雪が
減ってくれると期待して、しばらくはこの歩きにくさも我慢します。

昨日のHTBの朝の「イチモニ」のお天気コーナーを見ていたら、北海道では
今年に入ってからの1~2月の降雪量が平年よりも少ない地域が多いようで、
札幌市では「今年194cm/平年320cm」とのことでした。

ただ、去年は11月上旬に早々とまとまった雪が降って、11月6日に
走る予定だったハーフマラソンの大会がまさかの中止になったり、
12月には1日に50cm以上の大雪が降ったのが2回あったりしたので、
この冬全体で見ると札幌市に関しては、

「だいたい平年並みの雪の量」

となりそうです。

実際にはどうかは分かりませんが、冬の前半に雪が少なかったら
後半にドサッと来たり、逆に今年のように「前半多い、後半少ない」と
なったりで、だいたい毎年「帳尻合わせ」で平年並みになることが
定番となっているような感覚があります(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »