« 2連敗・・・(北海道コンサドーレ札幌) | トップページ | 引き分け(北海道コンサドーレ札幌) »

2017年3月 5日 (日)

2017年びわ湖毎日マラソンの結果

レース展開としてはなかなか面白かったですが、
タイム的にも内容的にも、期待通りとはいかなかった
大会になってしまいました。

-----------
●第72回 びわ湖毎日マラソン 結果

1位 エゼキエル・キプトー・チェビー (ケニア) 2:09:06
2位 ビンセント・キプルト (ケニア) 2:09:15
3位 ムニョ・ソロモン・ムタイ(ウガンダ) 2:09:59
4位 佐々木 悟(旭化成) 2:10:10
5位 松村 康平(MHPS) 2:11:04
6位 石川 末廣(Honda) 2:11:05
7位  園田 隼(黒崎播磨) 2:11:32
8位 大﨑 翔也(中電工) 2:12:07
9位 イフンニリン・アダネ(エチオピア) 2:12:33
10位 上門 大祐(大塚製薬) 2:12:58

優勝争いは、20km~30kmまでのキロ3分を切るようなペースアップから、
ペースメーカーが外れた30km以降のペースダウンがあったりで、
最終的にはケニア人選手同士の2時間9分台でのトラック勝負となりました。

日本人選手では、リオ五輪代表のマラソン代表の佐々木選手が、
20kmを過ぎたあたりで先頭集団から一気に遅れてしまうという意外な展開に。

ゴール後のインタビューで「腹痛が来た」とのことで、
そこから立て直して、日本人トップで何とかまとめて走り切ったのは、
さすがの実力者という感じでした。

松村選手は3年前の東京マラソンで2時間08分09秒で走って、
その後のアジア大会で銀メダルを獲得したまでは良かったですが、
それ以降のマラソンで結果を残せずにいたので、
まずは復活の足掛かりにはなったかなということで、
今日の日本人選手の中では一番収穫があったような気がします。

25kmのあたりで先頭集団に残っていたのが村澤明伸選手(日清食品G)と
宮脇千博選手(トヨタ自動車)の2人になっていて、この時点ではテレビの前で
ワクワクしていましたが、

25位 宮脇 千博(トヨタ自動車) 2:16:51
28位 村澤 明伸(日清食品G) 2:17:51

という結果で、特に村澤選手は35kmまでは日本人トップにいながら、
最後のトラックに入る手前の映像ではほぼ歩きそうになっている姿になっていて、
ゴール後はすぐに倒れ込んでしまいました。

ただ、村澤選手の5kmごとのラップタイムを見ると、25kmまでは
5kmをほぼ15分ちょうどくらいでいって、25~30kmまでも15分28秒で、
30kmまではちゃんと勝負できていたので、次に繋げてほしいです。

あと結果を見てみると、20位に北海道出身の滑和也選手(SUBARU)が
2時間15分45秒でゴールしていました。

滑選手は札幌稲雲高校~北海学園大学出身の29歳で、
チームの公式ページを見ると今までの自己ベストが2時間20分52秒で、
まずは自己ベストを5分ほど更新していて良かったです。

今年の8月に行われるロンドンでの世界陸上の代表枠は3つで、
今日のびわ湖で全ての選考レースが終わって、

・川内 優輝(埼玉県庁) 2:09:11(福岡3位)
・中本 健太郎(安川電機) 2:09:32(別府1位)
・井上 大仁(MHPS) 2:08:22(東京8位)
・山本 浩之(コニカミノルタ) 2:09:12(東京10位)
・佐々木 悟(旭化成) 2:10:10(びわ湖4位)

が候補になるかと思われますが、川内、中本、井上の3選手で
すんなりと決まりそうですね。

・中本・・・夏の世界大会の実績が現役選手の中で抜けている
・川内・・・マラソンの経験と知名度が抜群
・井上・・・期待の若手選手枠

ということで、バランス的には良さそうです(^^)

|

« 2連敗・・・(北海道コンサドーレ札幌) | トップページ | 引き分け(北海道コンサドーレ札幌) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/64965504

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年びわ湖毎日マラソンの結果:

« 2連敗・・・(北海道コンサドーレ札幌) | トップページ | 引き分け(北海道コンサドーレ札幌) »