« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月26日 (日)

日本国内レースで初の2時間3分台が(2017年東京マラソン)

日テレは、MHPSの井上大仁選手を映してはいけない、
あるいは触れてはいけない、そんな何かがあるのかと思いたくなるくらい、
終盤まで井上選手の存在は無視され続けていました(^^)

------------
●東京マラソン 男子 結果

1位 ウィルソン・キプサング(ケニア) 2:03:58
2位 ギデオン・キプケテル(ケニア) 2:05:51
3位 ディクソン・チュンバ(ケニア) 2:06:25
4位 エバンス・チェベト(ケニア) 2:06:42
5位 アルフェルス・ラガト(ケニア)  2:07:39
6位 バーナード・キピエゴ(ケニア)  2:08:10
7位 ヨハネス・ゲブレゲルギシュ(エリトリア)  2:08:14
8位 井上 大仁(MHPS)  2:08:22
9位 ツェガエ・ケベデ(エチオピア)  2:08:45
10位 山本浩之(コニカミノルタ)  2:09:12

11位 設楽 悠太(Honda)  2:09:27

13位 服部 勇馬(トヨタ自動車)  2:09:46
14位 今井 正人(トヨタ自動車九州)  2:11:02
------------

優勝したキプサング選手、30km以降は少しペースが落ちて、
世界記録とまではいきませんでしたが、噂通り凄かったです。

コースが去年までと変わって、終盤の橋でのアップダウンが無くなって
高速コースになったと言われていたこの大会、日本国内のレースで
初めて2時間3分台のタイムが出ました。

今までの国内最高タイムが、今日9位でゴールしたツェガエ選手が
2009年の福岡国際マラソンで出した2時間5分18秒で、そこから2時間4分台を
飛び越えたわけで、歴史的なものを観られたような満足感があります(^^)

世界記録が2時間02分57秒で、先頭のペースメーカーは
その更新を想定したような設定となっていました。

さすがのそのペースについていける日本人選手はいませんでしたが、
Hondaの設楽選手やMHPSの井上選手などの何人かの選手は序盤から
積極的なペースで走り、途中からは大雑把にいって、

設楽 悠太-井上 大仁(1分差)-服部勇馬などの日本人集団(1分差)

というような状態が続いていました。

そして中継の日テレは、井上選手の存在を全く無視したかのように、
初マラソンの設楽選手と、ペースメーカについてキロ3分ほどのペースで
走る後方の日本人集団のことしか触れていませんでした。

僕はテレビのデータ放送で5kmごとの通過順位をチェックしていたので、
井上選手の状況を確認できていましたが、テレビを観ていた多くの人は、
35kmあたりで設楽選手の後方に突如現れた井上選手に対して、
「誰だ?どこから来たんだ?」と謎に思ったのではないでしょうか(^^)

ずっと注目選手として触れ続けていた服部勇馬選手も、2時間9分台で
ゴールするシーンだけは何故か映さずに、ゴール直前で後方の今井選手に
カメラを切り替えるし、良く分からない中継でした。

だた、キプサング選手が残り1kmを切ってからの、瀬古さんの
「日本で2時間3分台のゴールが見たいです!」というような盛り上げからの、
2時間3分58秒でのギリギリの2時間3分台でのゴールの流れは絶品でした。

それはさておき、井上選手は山梨学院大出身の社会人2年目。

箱根駅伝では2年前に3区を走って、タスキを受けた時はチームは
圧倒的な最下位で、その状態から区間3位の走りで2人を抜いて、
4区にタスキを渡した時に山梨学院大の上田監督から、

「井上、ありがとう!」

という声掛けがあって、結局最終的にはチームは9位まで浮上して
シード権を獲得したという、その大会は印象に残っています。

去年のびわ湖が初マラソンで、そこでは2時間12分56秒という結果でしたが、
その大会前にネットをいじっていたら、この井上選手を日本人1位予想に
している書き込みが結構あって、何となく「マラソンへの適性が抜群」という
期待感があったようです。

今回、24歳で2回目のマラソンで2時間8分22秒ということで、
5kmごとのラップタイムを見た限りでは、前半から早めのペースで入りながらも、
終盤も大崩れせずにしっかりと粘ってまとめてゴールしたようなので、
これからが非常に楽しみです。

そして、「駅伝は強いんだけど、個人のマラソンになると・・・」という
チームのイメージが強いコニカミノルタ所属から、山本選手が2時間9分12秒で
2時間10分切りを達成。自己ベストを2分半ほど更新しました。

今日2時間9分台で走った日本人選手は山本選手、設楽選手、服部選手と
3人いたのですが、良く考えると、全員東洋大学出身なんですね~。

去年のリオ五輪の代表3人のうちの2人(北島選手と石川選手)も
東洋大学出身ですし、年齢も上から順に石川(36歳)、北島(32歳)、
山本(30歳)、設楽(25歳)、服部(23歳)と幅広く、地味に素晴らしいです(^^)

来週はびわ湖マラソンがあって、そこが8月の世界陸上の
最後の代表選考レースになります。

現段階での代表枠3人の選考争いではレース順に、

・川内 優輝(埼玉県庁) 2:09:11(福岡3位)
・中本 健太郎(安川電機) 2:09:32(別府1位)
・井上 大仁(MHPS) 2:08:22(東京8位)
・山本 浩之(コニカミノルタ) 2:09:12(東京10位)

の4人が候補になるかと思われます。

大会によっていろいろな条件が違うので、単純にタイムでは比較できないとはいえ、
井上選手の今日の走りは内容としても印象は良く、そして期待の若手枠というのも
考えると、代表選出は濃厚と思われます。

山本選手はタイム的には中本選手よりは良く、川内選手とも1秒差ですが、
タイムが出やすいと思われる今回の東京で、日本人トップの井上選手と
50秒差というのは少し厳しく、「川内、中本>山本」になりそうでしょうか。

来週のびわ湖でもし2時間8分台で好走する選手が現れた場合、

・井上選手
・びわ湖で日本人1位

の2選手が決まりで、残り1枠を川内、中本の2選手で争うことになり、
そこでかなり揉めるかもしれません(^^)

別府での安定した走りと、これまでの夏の大会の抜群の実績を考えても、
中本選手を是非選んでほしいところですが、福岡での川内選手の印象的な
粘りの走りと、タイム的には21秒川内選手が上回っている事実も大きいところ。

これでもし「中本選出、川内落選」にしたら、ヤフーコメントを中心に
大荒れになりそうな予感が。

だからと言って、「びわ湖で日本人選手が惨敗して、すんなり決まってくれ」とも
思えず、びわ湖での好結果も期待したいし、悩める複雑な心境です(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月25日 (土)

「2017年北海道マラソン」の大会概要が発表

昨日、今年の北海道マラソンの大会概要が発表されました。
8月27日(日)の午前9時スタートというのだけは、既に以前に
発表されていました。

*公式ページ
http://hokkaido-marathon.com/2017/

フルマラソンではコースも定員(17,000人)も参加料の11,000円もブロック分けも、
去年までと変更はないようです。

可能性はかなり低いとは思ってはいましたが、

「コースを一新します!」

などのビックリな変更がないか、ちょっと期待していました(^^)

インターネットの申し込みは4月2日(日)の午後6時からとのこと。

去年のこのブログを見てみると、4月の最初の日曜日の
午後6時から開始というのは去年と同じようです。

その去年は、約26時間後の翌日の午後8時頃に定員に達して締め切りに
なっていたようで、「クリック合戦」の必要はなさそうですが、忘れないように
今から部屋のカレンダーに記載をしておきました。

----------
サッカーJ1リーグ 第1節 仙台(NHK中継で生観戦)

ベガルタ仙台 1-0 コンサドーレ札幌

得点:後半39分 石原(仙台)

内容はともかく、アウェーの試合で0-0で終盤まで持ち込むというのは、
なかなか望み通りの展開だったのですが、残念でした・・・。

まぁ、そこまで悲観するような試合内容ではなかったということにして、
次節以降に期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

2000年3月12日の思い出

今日の夜は午後7時から日テレ系の「ザ!鉄腕!DASH!!」を見て、その後、
午後8時前からテレビ朝日系の「所&林修の人生の○○」を見ました。

この所さんと林先生の番組のゲストが、女子マラソン五輪金メダリストの
高橋尚子さんでした。

2000年9月のシドニー五輪の女子マラソンで金メダルを獲得した
高橋尚子さんは、2000年3月12日に行われた名古屋国際女子マラソンで
2時間22分19秒の大会新で優勝して、代表の座を掴み取りました。

この「2000年3月12日」というのは、この年のサッカーJ2リーグの開幕戦の日で、
コンサドーレ札幌は4-0のスコアで勝利しました。

この試合では、新加入のエメルソンがアウェーのサガン鳥栖戦で
いきなりハットトリックの大活躍を。

当時は、今みたいにまだインターネットがそこまで発達していない時代で、
キャンプ時から何となくの情報で、

「18歳(実際は21歳?)の新加入のエメルソンが凄いらしい」

というのはあったのですが、半信半疑の状態での開幕戦からのハットトリックで、
夕方の北海道内のNHKニュースでのゴールシーンの映像を観た瞬間、

「これは大当たりの選手が来たぞ!」

と興奮したのは、今でもしっかりと記憶しています(^^)

さらにこの2000年3月12日は、日中のボクシングの世界タイトル中継で、
坂本博之選手がWBA世界チャンピオンのセラノ選手(ベネズエラ)に挑んで、
1R目にいきなり2回のダウンを奪いながら、その後に逆に反撃に遭って、
結果としては5RTKO負けでタイトル奪取に失敗。

この試合は1Rに3回ダウンすれば自動的に試合終了となる決まりで、
1Rに2回ダウンを奪った後、たしかまだ1分近く時間が残っていたので、

「あそこでもう一発、坂本選手がパンチを決められていれば・・・」

というのは、17年が経過しようとしている今でも、
当時からのボクシングファンの中では頭に残っている方も
多くいるかと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

久しぶりの真冬日

今日の札幌市は「最高気温-3.7℃、最低気温-8.4℃」ということで、
昨日のHTBで放送されたイチモニでの気象予報士の清水さんによると、
たぶん札幌市では今日は10日ぶりの真冬日になるようです。

札幌市の今シーズンの、ここまでの大雑把な冬のイメージは、

12月・・・わずか1日で、嫌がらせのようなまとまり過ぎた大量の雪が降った日が
     複数あった(モーニング娘。や三代目~のコンサート中止で話題になった)
1月・・・やたらと寒い日が続いた、雪は少なめ
2月・・・あまり寒くなかった、雪は少なめ

ということで、平均すれば「ボチボチ普通の冬」という感じかもしれません(^^)
現在の札幌市の積雪の70cmという記録も、だいたい平年並みのようですし。

気象庁の天気予報を見ると、明日からの最高気温は、

19日(日) -3℃
20日(月)   0℃
21日(火) -2℃
22日(水)   3℃
23日(木)   4℃
24日(金)   1℃
25日(土) -1℃

ということで、今の時期らしいプラスとマイナスが混じった最高気温の
予報となっていますが、とにかく春が待ち遠しいので、

・春を愛する人/GLAY
・春~spring~/Hysteric Blue
・winter fall/L'Arc~en~Ciel
・春を歌にして/back number

などを聴いて春の訪れを待ちながら、もうしばらくは
雪景色の冬の終盤を満喫します(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

「2017年日刊スポーツ豊平川マラソン」に申し込み

5月5日(金・祝)に行われる「第29回日刊スポーツ豊平川マラソン」。

RUNNETから申し込みをして、今日の帰り道にローソンで
入金を済ませてきました。
Img_0457

ハーフマラソンで申し込みをしました(他に10km、5km、3kmがあります)。

毎年、この5月5日の「こどもの日」の祝日に、その年の開幕戦として
ここでハーフを走るのが恒例行事となっています。

真駒内公園の屋外競技場をスタート&ゴール地点とするこの大会、
ハーフのコースの大半(8割くらい?)は豊平川河川敷の往復ということで、
単調と言えば単調なコースです。

ただ、「長い冬が終わって春が来たんだなぁ~」と実感できる
この大会が僕は好きです。

何日か前に札幌スポーツ館で新しいランニングシューズを買ってきて、
そして今年初の大会に申し込みもして、気分だけは盛り上がってきたので、
ボチボチと練習も本格的にしていきたいです(^^)

ちなみに新しく買ったシューズは「LYTERACER TS5(ライトレーサー)」という
アシックス製のシューズです。

特に理由はありませんが、シューズに関しては10年ほど、
何故かアシックス一筋です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

好きな女性タレントランキング(週刊ベースボール選手名鑑2017年度版より)

ちょうど今くらいの時期、このブログで「週ベの選手名鑑号を買った」という
同じネタを毎年書き続けています。

1年前の文章をまずはコピー&ペーストして、そしてそこから
修正するという恒例行事を今年も行います(^^)

以下、本題です。
-------------
昨日、「週刊ベースボール増刊号 プロ野球全選手写真名鑑」の
2017年度版を買ってきました。
Syuube2017

僕の周りの野球ファンの間では「教科書」と呼んでいます。

新加入の選手達を中心に、この教科書でこれから勉強して、
シーズン開幕に備えたいと思います。

さて、その選手名鑑の項目の中に毎年、

「家族(独身者は好きなタレント、理想のタイプ)」

という質問項目があります。

その好きなタレントの回答について、1時間ほどかけて
集計してみました。

具体的な名前が上がっていたタレントは計110名で、
その中から2票以上の票があった方々を書きます。

2票
 倉科 カナ、水ト 麻美(日テレアナウンサー)、戸田 恵梨香、広瀬 アリス、
 三吉 彩花、大原 櫻子、広末 涼子、中条 あやみ、新木 優子、
 藤井 夏恋(E-girls)、小島 陽菜(AKB48)、市川 由衣、トリンドル玲奈、
 松下 奈緒、白石 麻衣(乃木坂46)、沢尻 エリカ
 
3票
 小島 瑠璃子、安室 奈美恵、北乃 きい、比嘉 愛未、吉瀬 美智子、 
 山本 彩(NMB48)、ローラ、水原 希子、香里奈、川口 春奈、黒木メイサ、
 マギー

4票
 木村 文乃、西内 まりや、菜々緒、長谷川 潤、上戸 彩、堀北 真希、
 平 愛梨、土屋 太鳳、 
 
5票
 長澤 まさみ、二階堂 ふみ、中村アン

6票
 柴咲 コウ、綾瀬 はるか

7票
 広瀬 すず、桐谷 美玲、佐々木 希

8票
 大島 優子、武井 咲、深田 恭子

10票
 新垣 結衣、本田 翼

11票
 石原 さとみ

13票
 有村 架純

21票
 北川 景子

となっていて、北川景子が独走の1位という結果に。

まぁ、選手達も「去年の回答と同じでいいや~」と、適当な感じで回答した人も
多いとは思いますが、それでも、

「世間一般の、20代を中心とする男性が選ぶ、人気女性タレントランキング」

という傾向は、ある程度見られるような結果になった気がします。

実は、2006年からこのブログで毎年同じネタを書いていて、
毎年の1位は、

2016年 北川 景子
2015年 北川 景子
2014年 北川 景子
2013年 北川 景子
2012年 北川 景子
2011年 北川 景子
2010年 上戸 彩
2009年 上戸 彩
2008年 長澤 まさみ
2007年 長谷川 京子
2006年 矢田 亜希子

となっていて、これで北川景子は見事な7連覇達成。

去年の結果と比べてみて、票の伸びが目立ったのは、

・川口 春奈・・・1票以下→3票
・木村 文乃・・・2票→4票
・土屋 太鳳・・・2票→4票
・中村 アン・・・3票→5票
・二階堂 ふみ・・・1票以下→5票
・広瀬 すず ・・・3票→7票
・本田 翼・・・8票→10票
・石原 さとみ・・・7票→11票
・有村 架純・・・9票→13票

あたりです(北川 景子は去年も同じく21票)。
伸び率で言うと二階堂 ふみ、広瀬 すずが人気急上昇でしょうか(^^)

話題を変えて、この選手名鑑の表紙に写真が載っていた12人は、

・大谷 翔平(日本ハム)
・柳田 悠岐(ソフトバンク)
・涌井 秀章(ロッテ)
・菊池 雄星(西武)
・則本 昂大(楽天)
・西 勇輝(オリックス)

・新井 貴浩(広島)
・坂本 勇人(巨人)
・筒香 嘉智(DeNA)
・藤浪 晋太郎(阪神)
・山田 哲人(ヤクルト)
・柳 裕也(中日)

でした。今年の新人選手で唯一選ばれていたのが中日ドラゴンズの
柳投手でした。

「昨シーズン、特にそこまで目立った成績を残した選手がいないから、
期待のドラフト1位ルーキーで‥‥」

というような人選になってしまった面が強いので、
中日ファンとしては寂しいです。

唯一、昨シーズンの成績で選んでも良さそうな選手には田島投手がいましたが、
シーズン前半はセットアッパー、途中から抑え投手に転向になって、記録的には
ホールドとセーブ数が分散したので、仕方がないですね。

来年の表紙は「あの選手を選んでほしいけど、この選手も捨てがたい」と
良い意味で悩めるよう、今シーズンは複数の選手達が大いに活躍して
くれることを祈るばかりです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

さっぽろ雪まつり

2日前の木曜日、仕事が終わった後に大通公園に行って、
「さっぽろ雪まつり」を見てきました。

さっぽろ雪まつりに行くのは久しぶりで、このブログの過去記事を
調べてみたら2010年には行っていて、おそらくそれ以来だったと思います。

大通西1丁目のテレビ塔からスタートして、大通西8丁目会場の
「奈良・興福寺中金堂」の大雪像に近づいた時に、

「間もなく、プロジェクションマッピングを開始します」

とのアナウンスがあり、タイミング良く見ることができました。
Yuki1_2

Yuki2

プロジェクションマッピングというのを目の前で見たのは
たぶん人生初だったので、思いのほか興奮しました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 5日 (日)

中本健太郎(安川電機)が復活の初優勝!<2017年別府大分毎日マラソン>

今日はお昼からHBC(TBS系列)で「第66回別府大分毎日マラソン」の
中継を観ていました。

この大会は毎年、スタートの号砲とともにダッシュをして
最初の1kmくらいまでトップを走る市民ランナーと、
そのランナーを極力映さないようにするテレビ局側との闘いが
名物となっています。

今年も、その恒例行事を無事に目にできて満足です(^^)

優勝争いの方では、2013年の世界陸上で5位に入賞して以来、
ケガなどがあったようでなかなか満足な走りができていなかった
中本選手の、久しぶりに力強い走りが観られて嬉しかったです。

---------------
●第66回別府大分毎日マラソン 結果

1位 中本 健太郎(安川電機) 2:09:32
2位 デレジェ・デベレ(エチオピア) 2:10:23
3位 木滑 良(MHPS) 2:10:30
4位 大石 港与(トヨタ自動車) 2:10:39
5位 伊藤 大賀(スズキ浜松AC) 2:10:52
6位 ハリム・ルムシエ(モロッコ) 2:11:58
7位 鈴木 卓也(愛三工業) 2:12:08
8位 岩田 勇治(MHPS)  2:12:15
9位 日下 佳祐(日立物流) 2:12:42
10位  フェリックス・ケニー(ケニア) 2:14:15
---------------

たしか15kmまでの5kmごとのラップタイムが15分17秒、15分17秒、
15分14秒と安定した序盤に。

そこから少しペースが落ちて、20人近くの先頭集団で25km地点を通過し、
そして26kmあたりでペースメーカーがいなくなって、ここからレースが動きました。

28kmあたり、ゼッケン1番と2番の外国人選手が前に行き、
それを旭化成の丸山選手が追って、その後ろの集団とは
差がつきそうな感じでCMへ。

しかしそのCM明け、先頭集団にいる日本人選手が中本(安川電機)、
大石(トヨタ自動車)、伊藤(スズキ浜松AC)の3選手で、丸山選手は
後方に遅れているということで、一気に展開が変わっていました。

今日のテレビ中継は、全体的には落ち着いて観られて非常に良かったのですが、
あのCMを入れるタイミングの悪さの不運だけは残念でした(^^)

別府大分での中本選手と言えば、4年前の川内選手との激しい
優勝争いが今でもはっきりと思い出されます。

あの時は、基本的には「中本選手が前、川内選手が後ろ」という形で、
そこから何度も川内選手がペースを上げて前に出て引き離そうとして、
それに中本選手が反応して付いていき、さらに再び川内選手を抜いて
前に出ての繰り返しで、大げさではなくてホントに、

「歴史に残る名勝負」

でした。

今回の大会も33kmか34kmあたりからはエチオピアのデベレ選手との
一騎打ちになりましたが、今回は中本選手が何回も仕掛けるような形で、
そして38kmあたりでついに引き離しました。

優勝タイムは2時間9分32秒ということで、できれば2時間8分台を
出してほしかったなぁというのはありますが、とにかく見事な優勝でした。

そして、中本選手とデベレ選手の一騎打ちになる前まで、
3人の先頭集団を形成していたのがスズキ浜松ACの伊藤選手。

この伊藤選手は中本選手と同じ拓殖大学出身とのことで、
伊藤選手の方が4歳年下なので、ちょうど入れ違いとなっていたようです。

拓殖大学出身と言えば、中本選手の1つ上には藤原新選手もいますし、
地味に卒業後に伸びるような練習が大学時代に行われているのかもと、
妙に気になってしまいます。

そして、去年の北海道マラソンで優勝した木滑選手が自己ベストを2分ほど
更新する3位、そして初マラソンの大石選手も終盤に大失速することはなく
粘っての2時間10分39秒でゴールということで、面白いレースとなりました。

今年8月にロンドンで行われる世界陸上の代表争いの3枠は今のところ、

・川内 優輝(埼玉県庁)-福岡3位  2:09:11
・中本 健太郎(安川電機)-別府1位 2:09:32

の2人が有力候補となって、あとの東京(2月26日)とびわ湖(3月5日)の
2レースの結果次第という形になりそうです。

条件やコースが違う大会でのタイムを単純に比較できないとは言え、
福岡での川内選手もタイム以上に内容を評価されている面もあるので、
そうなると現実的にはやはりタイムの21秒差というのも大きな要素になり、
現時点での代表選考は、

1位 川内 優輝
2位 中本 健太郎

になるのかなと思われます。

しかし、8月のロンドンは夏の大会としてはそこまで暑くはならないのかも
しれませんが、それでもやはり暑さに強い選手の方が大いに期待できるわけで、

2011年 世界陸上 10位
2012年 オリンピック 6位
2013年 世界陸上 5位

という、夏の世界大会の実績が日本の中では抜群の中本選手を
できれば選びたいというのが、日本陸連の本音かもしれません
(僕の勝手な推測です)。

とにかく、これからの東京とびわ湖で、代表選考を良い意味で
悩ませるような結果を出してくれることを願うばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

GLAYの「Winter,again」のサビはどこから?

何日か前にネットをいじっていたら、

「GLAYの「Winter,again」のサビはどこから?」

というようなネタを見つけました。

僕は今までずっと、「♪いつか二人で行きたいね~」からがサビだと
思い続けていて、最初は意味が分からなかったのですが、その後の、

「♪逢いたいから~」

からがサビなのではと言われると、「たしかに、そういう考え方もあるなぁ~」と、
何か新しい発見をしたような気分になりました(^^)

どちらかが必ず正解というわけではなく、人それぞれに好き好きの
解釈をすればよいので、「どちらでも良い」という結論にはなりますが、
とにもかくにもこの曲は終盤のギターソロの後から、

「♪いつか二人で行きたいね~」

の部分を淡々と静かに歌い上げ、「♪逢いたいから~」に入る直前から
一気に盛り上がっていく感じが、とにかく絶品です。

調べたらこの曲は1999年2月3日に発売ということで、
もし昨日このネタをブログに書いていたらちょうど18年前だったので、
ちょっとだけ残念です(^^)

ちなみに、僕が持っている8cm版のCDシングルの中で、明日の2月5日に
発売されていたのがMr.Childrenの「名もなき詩」です(1996年発売)。
Img_0440

現在、テレビ朝日で毎週水曜日の夜7時から放送されている
「あいつ今何してる?」という番組では、このCDのカップリング曲の
「また会えるかな」がテーマ曲のような感じで使用されています。

「名もなき詩」は200万枚以上売れたヒット曲ではありますが、
21年前の発売なので、もしかしたら、

「「名もなき詩」は知らないけど、カップリング曲の「また会えるかな」の方は
 テレビ番組で使われているので知っている」

という人も結構いるかもしれませんね(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »