« 旭化成が18年ぶりの優勝(2017年ニューイヤー駅伝) | トップページ | 青山学院大が3年連続の総合優勝(2017年箱根駅伝) »

2017年1月 2日 (月)

青山学院大が3年連続の往路優勝(2017年箱根駅伝・往路)

3年連続の総合優勝に向けて、青山学院大としては
まずは順調な今日の往路ではなかったでしょうか。

-------
●第93回 東京箱根間往復大学駅伝競走 往路結果

1位 青山学院大 5:33:45
2位 早稲田大 5:34:18
3位 順天堂大 5:36:09
4位 東洋大 5:36:25
5位 駒澤大 5:37:46
6位 神奈川大 5:38:11
7位 中央学院大 5:38:20
8位 上武大 5:39:13
9位 創価大 5:39:25
10位 日本大 5:39:55
11位 帝京大 5:40:06
12位 法政大 5:40:18
13位 日本体育大 5:40:29
14位 拓殖大 5:40:29
15位 東海大 5:41:44
16位 山梨学院大 5:41:56
17位 明治大 5:44:42
18位 大東文化大 5:45:29
19位 國學院大  5:46:52
OP  関東学生連合 5:49:45
20位 国士舘大  5:54:57

簡単に1区から書いていきます。

1区はテレビ中継によると、たしか最初の1km通過が3分04秒とゆっくり目で、
3km通過は9分45秒とさらにスローな流れの立ち上がりになりました
(細かいタイムは記憶違いがあるかもしれません)。

5km手前で一旦、東洋大の服部弾馬選手がペースを上げて前に出るも、
また大集団になって、後半までその集団の状態が続き、あまり差がつきにくい
1区となりました。

最後のスパートで服部選手が区間賞とはなりましたが、青山学院大の
2年生の梶谷選手もわずか4秒差の4位でタスキを繋いで、青山学院大としては
これ以上ないくらいの最高のスタートとなったのではないでしょうか。

2区は序盤は6人の先頭集団に。

たしか5kmあたりで、監督車の神奈川大の大後監督が、

「後ろから順大の塩尻が追ってきているぞ」

みたいな声をかけたようで、それに応えるように神奈川大の鈴木選手が
6人の中の前に出ていきました。

「このエースが揃っている2区で余計な煽りをして、前半で無駄な力を使わせて、
 これは鈴木選手は後半は失速するんじゃないのか・・・」

と、この段階では「神奈川大の戦犯:余計なことを言った大後監督」なんてことに
なるのではないかと正直思いました。スミマセン。

しかし、結果は鈴木選手が見事に区間賞を獲得し、
2位以下を大きく引き離す形で3区へと繋いでいきました

この2区の個人記録は、

1位 鈴木 健吾(神奈川大) 1:07:17
2位 ワークナー・デレセ(拓殖大) 1:07:50
3位 一色 恭志(青山学院大) 1:07:56

ということで、難関と言われる残り3kmあたりからの上りも軽やかに
走っているように見えて、素晴らしい走りでした。

青山学院大の一色選手は、本人としてはイマイチの走りだったかもしれませんが、
それでも3位の駒澤大よりも17秒先に2位でタスキ渡しをして、優勝争いを考えれば
しっかりと堅実な走りとなりました。

3区は青山学院大の秋山選手が、去年に続いて2年連続の区間賞。
この3区では、関東学連選抜の平賀選手(駿河台大)が「区間2位タイ相当」の
好タイムで走りました。

最下位で前のチームも見えないような状態でタスキを受け取って、
あの状況で良く好走できたなと、大相撲のように「三賞」があれば、
敢闘賞を与えたいです。

関東学連選抜はオープン参加でチームの順位がつかないのはいいのですが、
個人記録は公式記録として残しても問題はないと思うんですけどね~。

年末の富士山大学女子駅伝や11月の全日本大学駅伝でも、オープン参加の
チームは個人記録は残しているので、その方式を採用してほしいのですが、
何らかの特別な理由があるのでしょうか。

4区は昨年から距離が伸びて20.9kmと、以前の「準エース区間」と
呼ばれていた頃にほぼ戻った形になりました。

区間賞は順天堂大の栃木選手。青山学院大の森田選手も区間2位で、
しっかりと首位固めをして。2位の早稲田大とは1分29秒差をつけて
5区へとタスキ渡しを。

早稲田大の4年生の鈴木選手も、青山学院大の森田選手よりも7秒遅いだけの
区間3位の走りでした。この鈴木選手、3年生までは三大駅伝に一度も出ていなくて、
そして4年生になってから出雲で区間新、全日本で区間2位、そして今日の箱根と、
見事な1年間でした。

そしてこの4区、チームのエースとも言えるような駒澤大の中谷選手が、
まさかの区間18位の結果に。

タスキを受け取った時には首位の青山学院大と1分47秒差で、
結果的には、ここで青山学院大とさらに30秒離されるくらいで耐えていれば、
5区の大塚選手でという形でしたが、大きく遅れてしまいました。

本来の中谷選手の実力を考えれば、本調子でなくてもそのくらいの
走りは普通にできたはずなのでしょうが、やはり走ってみないと
分からないものです。

そして5区の山登り区間。

原監督が事前に「ここに不安はある。ここの区間は2分マイナスで耐えればOK。」
というような発言をしていたようですが、2位の早稲田大との差が、

「1分29秒→33秒」

ということで首位を守ってゴールに辿り着き、56秒詰められましたが、
「1分以内で耐えた」とも言えて、青山学院大の貞永選手は充分に
しっかりと仕事をしたと言えそうです。

とはいえ、早稲田大の安井選手も前を詰めて、明日へ希望を繋げた
好走でした。上り切った後の終盤の下りで一気に詰めていったようで、
気のせいかもしれませんが、解説の瀬古さんの口調も一気に滑らかに
なっていたように思えました(^^)

区間賞は駒澤大の大塚選手。去年もここを区間4位で走っていて、
前評判通り強かったです。

その大塚選手から、個人記録でわずか3秒しか違わなかった
区間2位だったのが上武大の森田選手。

テレビ中継でもほとんど触れられていなかったと思いますが、
チームの順位を16位から8位まで上げる激走で、念願の初シード獲得へ
大きな走りでした。

僕が今回の大会で一番期待していた中央学院大は、2区と3区の
高砂選手と横川選手の1年生コンビが、前半は早いペースで走るものの、
終盤に失速というような走りになって、「箱根の洗礼」を受けるような形に。

ただ、5区の細谷選手が区間3位の走りでチームの順位を
11位から7位まで押し上げて一安心でした。

まずはきっちりとシード権を獲得して、来シーズンに繋げてほしいです。

明日の復路での総合優勝争いは、6区で昨年区間2位の小野田選手が
青山学院大にいるので、ここで2位の早稲田との差を開いて、7区以降で
田村選手や下田選手を当日変更で使って、堅実に逃げ切る展開が
予想はされます。

ただ、どんなスポーツでも同じですが、当日にやってみないと実際に
どうなるかは分からないので、明日も楽しみにしたいと思います。

3位の順天堂大が「復路の順大」でどこまで粘れるのか、6位の神奈川大の
久しぶりのシード権獲得や、8位の上武大と9位の創価大の初めてのシード権
獲得がなるかなど、明日も見所は満載です(^^)

-----
区間賞

1区 服部 弾馬(東洋大)
2区 鈴木 健吾(神奈川大)
3区 秋山 雄飛(青山学院大) 
4区 栃木 渡(順天堂大) 
5区 大塚 祥平(駒澤大) 

|

« 旭化成が18年ぶりの優勝(2017年ニューイヤー駅伝) | トップページ | 青山学院大が3年連続の総合優勝(2017年箱根駅伝) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/64710682

この記事へのトラックバック一覧です: 青山学院大が3年連続の往路優勝(2017年箱根駅伝・往路):

« 旭化成が18年ぶりの優勝(2017年ニューイヤー駅伝) | トップページ | 青山学院大が3年連続の総合優勝(2017年箱根駅伝) »