« back number のベストアルバム(アンコール)が到着 | トップページ | 2016年の気になった曲 »

2016年12月29日 (木)

ニューイヤー駅伝と箱根駅伝について

今日から嬉しい6連休です(^^)

さて、僕のお正月の3日間は、

1月1日 
 ニューイヤー駅伝(全日本実業団対抗駅伝大会)

1月2日、1月3日
 箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)

をスタートからゴールまで見続けるというのが、
毎年の恒例行事となっています。

まずは元日のニューイヤー駅伝(7区間100km)は、1年前はトヨタ自動車が
2年連続の優勝、そして2位は21秒差でコニカミノルタでした。

この21秒差というのは、結果的にはちょうど「犬の差」という感じの差で、
何ともモヤモヤとした年明けになりましたが、あれから1年ということで、
月日の経過の早さは恐ろしいものがあります(^^)

トヨタ自動車には服部勇馬選手(東洋大)、コニカミノルタには
神野大地選手(青山学院大)が新たに加わりました。

今回もこの2チームが優勝争いの中心になるのかなと思いますが、
最後まで混戦になることを期待しています。

そして1月2日からの箱根駅伝(10区間217.1km)。

大会公式ページを見てみると、区間エントリーが掲載されていました。

http://file.hakone-ekiden.jp/pdf/93_entry_kukan.pdf

大会当日にエントリー変更が最大4名まで可能で、

「正直、このチームのここの区間は『アテ馬』で、
  間違いなく当日変更がありそうだな~」

と思えるような区間も、パッと見ただけでもいくつかありました。

ただ、11月の全日本で2位だった早稲田大は、当日までにアクシデントが
無ければ、往路の5人は変更無しのエントリーだと思われます。

青山学院大に対抗できる1番手が早稲田大かなと考えているので、
早稲田大について取り上げてみます。

1区から4区までの武田、永山、平、鈴木の4選手は、今シーズンの出雲や
全日本の駅伝、さらにハーフマラソンなどで結果を残しています。

そして5区の安井選手は、全日本ではアンカーで青山学院大の一色選手に
抜かれてしまいましたが(それでも19.7km区間で区間5位)、1年前の箱根では
5区の山登り区間で区間5位で走っています。

今年はこの5区の距離が短縮されたとは言え、重要区間の1つには
変わりないので、ここに経験と実績のある選手が置けるのは大きいです。

戦前の予想では、今シーズンの3冠(出雲、全日本、箱根)と箱根の3連覇を
目指す青山学院大が、優勝候補の筆頭と言われているようです。

ただ、前半から青山学院大が首位を走っては面白くないので、
初日の往路は早稲田大が青山学院大より前に行って、2日目の復路で
青山学院大が前の早稲田大を追うという展開を期待したいです
(最後は青山学院大に優勝してほしいですが)。

あとは、1年生の高砂選手と横川選手の好走もあって出雲4位、
全日本5位に入った中央学院大は、もし波乱の展開となれば、
11年前の亜細亜大の初優勝のように、もしかしたらもしかしたらも
あるのではないかと、今回の大会では1番応援したいチームです(^^)

そして北海道の高校出身者では、

帝京大
 10区 加藤 勇也(函館大付属有斗高)
 補欠 島口 翔太郎(滝川西高)
 補欠 新関 友基(札幌山の手高)

上武大
 10区 佐藤 史弥(札幌山の手高)

日本大
  3区 関 佑斗(札幌日大高)
 補欠 成田 悠汰(札幌山の手高)

の6人がいるようです。1人でも多くの選手が本番で走ることができるように
願っています。

|

« back number のベストアルバム(アンコール)が到着 | トップページ | 2016年の気になった曲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/64691405

この記事へのトラックバック一覧です: ニューイヤー駅伝と箱根駅伝について:

« back number のベストアルバム(アンコール)が到着 | トップページ | 2016年の気になった曲 »