« 今年の走った大会を振り返る | トップページ | 1週間ぶりのランニング »

2016年11月12日 (土)

内村の劇的ゴールでJ1昇格まで勝ち点1に!!(北海道コンサドーレ札幌)

前節のアウェー徳島戦で喰らった今年初の逆転負けで、
かなり追い詰められた心境になっていただけに、
今日の勝利はホントに嬉しかったです(^^)

---------------
サッカーJ2リーグ 第41節 千葉・フクダ電子アリーナ

北海道コンサドーレ札幌 2-1 ジェフユナイテッド千葉

得点:前半31分 町田(千葉)
    後半26分 都倉(札幌)
    後半45+5分 内村(札幌)
---------------

視聴方法は詳しくは書けませんが、今日の試合は生中継で観ていました。

前半に先制された時は固まりましたが、後半、福森のFKから
都倉のヘディングシュートで同点に。

その直前、千葉の井出のシュートがポストに当たって2失点目を
辛うじて免れたシーンがありました。

都倉のゴールも、オフサイドかどうか際どいように見えましたし、
ここは少しツキもあったかもしれません。

それにしても、千葉の1点目も井出の強烈なミドルシュートを
キーパーが弾いた後の得点でしたし、今日初めて名前を知りましたが、
この井出は良い選手でした。

来年、J1への「個人昇格」があっても不思議ではなさそうです。

話を札幌に戻して、今日の試合の開始前までで、

「残り2試合で勝ち点4を獲れば自力で自動昇格決定」

という状態で、今日は引き分けで勝ち点1を獲得して、札幌ドームでの
最終戦の勝利に賭けるという形でも、充分な状況ではありました。

しかし、後半のロスタイム(こちらの名称が好きです)に河合からの
ロングボールを内村がダイレクトのボレーシュートでゴールに突き刺し、
見事に勝ち越し!!

ゴールの瞬間、解説の水沼貴史さんも絶叫してくれていました(^^)

内村のフクアリでのゴールと言えば、2013年の開幕戦で、
今日と全く同じように後半ロスタイムでの決勝弾がありました。
あの時は、最後のパスを出したのは砂川誠でしたね~。

正直、ゴールの瞬間、僕の涙腺は崩壊しました。

試合終了後、ジュリーニョがグラウンドに俯せになって泣いていたように
見えました。今日の後半、イエローカードを貰ってしまい、累積4枚で次節は
出場停止となったので、それも加味しての涙だったのかもしれません。

そして同じく進藤も泣いていました。進藤に関しては、次節もおそらく
スタメンでしっかりと守ってもらわないと困るので、まだ泣くのは早いです(^^)

また、今日の試合のMVPは、38歳のDFの河合を選びたいです。
河合が幾度となく訪れたピンチに足と身体を出して、2失点目をせずに耐えたのが
逆転勝ちに繋がりました。しかも最後は決勝ゴールのアシストのオマケつきでした。

少し話題を変えますが、実は3年前、千葉のJFEスチールの研究所に出張に
行ったことがあり、その出張先のすぐ近くに、今日の会場のフクアリがありました。

札幌に帰る日、たしか用務は午前中で終了して、夕方の飛行機まで
少し時間があったので、フクアリの周辺を散歩しました。
Sogaekikanban

Fukuari1

Fukuari2_2

この時は9月後半で、J1昇格プレーオフで「3位 千葉×6位 札幌」のような形で
ここの会場で戦う可能性もありそうな状況だったので、僕の札幌を応援する
魂をここに残して、最寄駅の蘇我駅に向かいました。

結局この年は札幌は8位で終了してプレーオフには行けなかったのですが、
3年越しでここに居残り続けた僕の魂が、最後、内村の足元に乗り移ったと、
そんな妄想をして1人で盛り上がっています(^^)

今日の試合は、札幌が13時に試合開始、そして3位の清水が
札幌の試合が終わった直後の15時に試合開始でした。

清水の試合は、家で契約しているケーブルテレビの基本チャンネルに含まれる
「スカイA」というチャンネルで生中継していたので、半ば燃え尽きたような心境で、
キックオフから観ていました。

今日の勝利の結果、「清水が引き分け以下なら自動昇格決定」では
あったのですが、前半で清水が2-0で早くも2点リード。

「まぁ、札幌は最終戦は引き分け以上で良いのだから、自力で決めればいいんだ」

と油断していたところ、後半の20分に豊川のゴールで岡山が1点差に迫り、
一気にドキドキ感が増大しました。

特に後半のロスタイムに入ってから、岡山のシュートを、ほぼゴールライン上で
清水のキーパー以外の選手(チョン・テセなど)が身体で塞ぐというシーンが
2度ほどあり、テレビの前で心の底から絶叫してしまいました。

結局、2-1で清水の勝利。

さらに2位だった松本が、おそらく元札幌の町田のキーパー高原の活躍により
「町田 2-1 松本」という結果になり、2位と3位がひっくり返りました。

1位 札幌(勝点84、得失点差+32)(得点65)
2位 清水(勝点81、得失点差+47)(得点83)
--------------------
3位 松本(勝点81、得失点差+29)(得点59)

これで札幌は最終戦、札幌ドームでの金沢戦に引き分け以上で
「自動昇格・J2優勝」が同時に決定するという、非常に分かり易い形になりました。

負けた場合は、特に松本との得失点差で複雑になる可能性がありますが、
それは考えずに、

「負けたら、100%昇格プレーオフに回ることになる」

と決めつけて、来週の日曜日までの1週間、すっきりと自動昇格・J2優勝を
手にできる結末が訪れることを祈って過ごします。

また、野球に話題を変えて、今日行われた「明治神宮大会」で、

●高校の部
  札幌第一 6-5 宇部鴻城(9回裏 サヨナラ勝ち)

●大学の部
  東海大北海道 3-2 日本文理大

と、北海道勢が2チームとも勝ちました。

テレビ朝日のページ(?)でライブ中継をしてくれていたので、
パソコンで勝利の瞬間を共に観ることができました。

札幌第一は佐藤選手のサヨナラヒット、東海大北海道は1点リードの9回裏、
2アウト1、2塁のピンチからの最後はホームでのタッチプレーでのアウトと、
どちらもハラハラしながらの最高の結末となりました。

そんなわけで、今日は素敵な土曜日の1日となりました(^^)

|

« 今年の走った大会を振り返る | トップページ | 1週間ぶりのランニング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/64479552

この記事へのトラックバック一覧です: 内村の劇的ゴールでJ1昇格まで勝ち点1に!!(北海道コンサドーレ札幌):

« 今年の走った大会を振り返る | トップページ | 1週間ぶりのランニング »