« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月27日 (日)

JP日本郵政グループが初優勝(ホクレンは無念の3年連続の9位・・・)

今日はお昼から「全日本実業団女子駅伝(クイーンズ駅伝)」の
テレビ中継を観ていました(6区間42.195km、22チーム参加)。

昨日のブログに「今年の優勝争いは混戦になることを期待しています」と
書きましたが、5区の途中で一時、5チームの先頭集団の状態になって、
期待以上に面白い展開になりました。

結局、この5区でJP日本郵政グループの鍋島選手が区間賞の走りで
先頭集団を抜け出し、アンカーの寺島選手も区間4位の走りで逃げ切っての
初優勝となりました。

この大会は毎年「大会MVP」というのを選んでいるようですが、
おそらく鍋島選手が獲得となるのではないでしょうか。

そして、この大会は8位までに翌年のシード権が与えられる中、
北海道のホクレンは去年、一昨年と2年連続で惜しくも9位でした。

今年こそは8位以内をと願っていたところ、今年も9位となり、
これで3年連続の9位という結果に・・・。

10位までにシード権が与えられる箱根駅伝で何度となく11位を繰り返した、
一時期の城西大学を彷彿させる状態になっています。

ちなみに、ホクレン所属の名選手だった赤羽さんは城西大学出身です。

アンカー区間、残り1kmちょっとの地点で、激しい8位争いをしていた
積水化学を突き放したように見えて、これで大丈夫かと思ったところ、
その後ろにいたユニバーサルエンターテインメントに、最後の競技場内で
抜かされてしまいました。ゴールタイムとしては僅か2秒差でした・・・・・・。

そのユニバーサル~のアンカーの中村選手は区間2位タイの
走りをしたということで、仕方がないですね。

ただ、今日のホクレンでは、5区の10km区間で区間4位の好走をした、
24歳の菊地選手の走りは大きな収穫でした。

他のチームでは、去年まで3連覇をしていたデンソーが11位、
去年2位の豊田自動織機がタスキ渡しのミスで失格と、
想定外の展開が続きました。

話は変わって、大相撲の千秋楽で十両東11枚目の旭大星(旭川市出身)が
今日も勝って、これで2勝5敗からの8連勝で、10勝5敗の好成績で今場所を
終えました。

これで来場所は番付が結構上がると思うので、まずは年明けの番付発表が
待ち遠しいです(^^)

●第36回 全日本実業団女子駅伝  結果

1位 JP日本郵政グループ 2:15:08
2位 第一生命グループ 2:15:21
3位 ヤマダ電機 2:16:08
4位 九電工 2:16:38
5位 ワコール 2:16:44
6位 天満屋 2:16:50
7位 資生堂 2:16:52
8位 ユニバーサルエンターテインメント 2:17:16
--------
9位 ホクレン 2:17:18
10位 積水化学 2:17:36

<区間賞>
1区 一山 麻緒(ワコール)
2区 木村 友香(ユニバーサルエンターテインメント)
3区 高島 由香(資生堂)
4区 S.ブロ(TOTO)
5区 鍋島 莉奈(JP日本郵政グループ)
6区 西原 加純(ヤマダ電機)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月26日 (土)

平和の滝までのランニング

今日の札幌市の最高気温は2.8℃ということで、ここ最近の中では
少し高めだったものの、風も強めで、あいかわらず寒い1日でした。

ただ、雪は降っていなく歩道は乾いていたので、正午過ぎから
1時間ちょっとのランニングをしてきました。

今日の目標地点は、西区の平和の滝にしました。

Heiwa1
この西野神社の横を通って、さらにひたすら上っていきました。

Heiwa2
この表示を過ぎたあたりから、角度が急な上り坂が現れて、
かなり息が苦しくなりながらも、無事に目標地点の平和の滝に到着。

Heiwa3

先週の土曜日、そしてこの前の祝日の水曜日と、
家を出る前に週間天気予報を見て、

「あぁ~、雪の無い中を走るのは、これが最後になるかもなぁ~」

と思いながら走り出していたのですが、意外と粘ってくれています(^^)

今日は自分が走ったので、明日は人が走るのを観る日ということで、
明日はお昼から全日本実業団女子駅伝(クイーンズ駅伝)があります。

去年まではデンソーが3連覇していますが、そのデンソーの中心だった選手で、
この前のリオ五輪の代表にもなった高島選手が資生堂に移籍したこともあり、
今年の優勝争いは混戦になることを期待しています。

そして、この大会は8位までに翌年のシード権が与えられる中、
北海道のホクレンは去年、一昨年と2年連続で惜しくも9位でした。

今年は何とか8位以内に入って、さらに1つでも上の順位に
行ってくれることを願うばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月25日 (金)

back numberの2017年のコンサートチケット抽選に当選(5月12日 北海きたえーる)

先週発売された、back numberのCDシングルの「ハッピーエンド」。
Bknmhappyend
発売初日(前日?)にこのCDを買ったところ、

「back number 史上最大規模のアリーナツアー開催決定!
 『ハッピーエンド』購入者限定!先行受付のお知らせ」

という、シリアルナンバーが書かれたお知らせの紙が入っていました。

公式のページに入って、このシリアルナンバーを入力すると、
抽選でチケットが当選するチャンスがあるとのことでした。

北海道では、来年の5月12日(金)、13日(土)の2日間、札幌市豊平区の
「北海道立総合体育センター 北海きたえーる」で開催予定とのことで、
金曜日を第1希望、土曜日を第2希望として申し込みをしました。

今日の夜6時に当選・落選の発表というのは覚えていたので、
家に帰ってからすぐにパソコンの電源を入れて、メールをドキドキしながら
確認したところ、

-----------------
○○ ○○様

以下の内容で当選が決定しました。

back number 「All Our Yesterdays Tour 2017」
2017年5月12日(金) 19:00開演
北海道:北海道立総合体育センター 北海きたえーる
席種/料金:指定席/6800円

★セブン-イレブン
★支払期限:2015年11月29日(火) 23:59まで
----------------

というメールが届いていました。

このメールを見た瞬間、思わずパソコン画面の前で
ガッツポーズをしてしまいました(^^)

ちょうど1年前の11月の「クリスマスソング」のシングルCDを買った時にも、
今回と全く同じようにチケットの先行抽選の特典がありました。

その時も当選して、3月のニトリ文化ホールでのコンサートに行ったので、
まさかの2連勝です。

当選確率がどのくらいだったのかは分かりませんが、
幸せな気分の金曜日の夜になりました。

12月28日(水)に発売のベストアルバムの「アンコール」も予約済なので、
まずはそのアルバムを楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月23日 (水)

真冬日の祝日のランニング

今日は祝日で嬉しい休みでした。

アメダスのデータでは、札幌市の今日の最高気温は-1.7℃となっていました。

ただ、これは夜中の0時12分の記録ということで、1時間ごとの気温を見ると
そこから気温はさらに下がっていって、朝5時からは-4℃~-6℃をきっちりと
刻み続けた1日となっていました。

そんな寒い中ではありましたが、雪は降っていなくて歩道も乾いていたので、
正午過ぎから走ってきました。走った距離は9kmほどでした。
Shiroipark
途中の気温表示は-5.7℃となっていました。

走っている後半は雪がチラチラと降ってはきたものの、
特に問題なく無事に走り切ることができました。

今週末の土・日も、雪の無い中を走れればとは思っていますが、
天気予報を見てみると、ちょっと厳しいかもしれません・・・・。

さて、前回の3日前のブログで、サッカーの北海道コンサドーレ札幌が
J1昇格とJ2優勝を決めた試合を観に行ったことについて、

「今日の詳細は、次回以降のブログに長々と書きたいと思います。」

と書きましたが、落ち着いて考えてみると、試合自体は盛り上がるような
場面はかなり少なく、前回のブログで書きたいことは全て触れていたので、
特に追記することはありません(^^)
Consasiaimae

来シーズンに向けての選手補強について、スポーツ新聞などには
水沼宏太(FC東京)、野津田岳人(新潟)の名前が上がっているようです。

本当に正式オファーを出すのか、例えオファーしても来てくれるのか
どうかなどはありますが、獲得候補の噂で出てきている選手の名前が、

「おぉ~、来年J1で戦うチームっぽいなぁ~」

という感じで、嬉しく思っています(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月20日 (日)

J1昇格&J2優勝を達成!!(北海道コンサドーレ札幌)

今日の札幌ドームでの最終戦で、自力でJ1昇格とJ2優勝を決めました!
Consa1

引き分け以上で他のチームの結果に関わらず、J1昇格とJ2優勝が
同時に決まるという状況の中、

「北海道コンサドーレ札幌 0-0 ツエーゲン金沢」

という結果で、無事に目標を達成。
Consa2

Consa3
今日の入場者は33,697人でした。

後半40分を過ぎたあたり、金沢のDFの選手が2~3名でちょこちょこと
横パスを繰り返し始めて、これを観て、

「あぁ~、北九州が負けていて、金沢は引き分けならJ3への自動降格は免れて、
入れ替え戦に行けそうなんだな~」

と理解しましたが、ここから札幌ボールになって、そこから終了までの
札幌のDFラインでのひたすらの横パスと、全くボールを獲りにこない
金沢の選手の様子は、ある意味では異様な光景でした。

まぁ、ここまで「お互いにとって、引き分けと負けでは天と地の差がある」という
利害関係が一致するというのも、なかなか珍しい状況だったと思います(^^)

このままロスタイム3分も過ぎて、無事に引き分けで試合終了。

正直なところ、スッキリしないモヤモヤ感が残ったのも事実ですが、
あくまで今日は42試合のリーグ戦の中の1試合で、この1年間の勝ち点の
積み重ねによって「今日は引き分けでOK」という状況に持っていったので、
とにかく良かったです!

Consa4

キャプテンの宮澤が、Jリーグの村井チェアマンから「丸い皿(by 福森)」を
受け取り、 「CHAMPIONSボード」の前でチームのメンバー達が集まって
記念撮影をしているシーンを 観た時に、危うく泣きそうになりました(^^)
Consa5

「J1に昇格したものの、最下位を独走して1年でJ2に逆戻り」

というのを2007年→2008年、2011年→2012年と2回繰り返していて、
今の状態では3回目が訪れる可能性はかなり高いとは思いますが、
そこはまずは野々村社長をトップとしたチームのフロントを信じて、
しばらくは歓喜と安堵感による「燃え尽き症候群」の気分を満喫します。

最後に、完全に自分用の行動メモということで、今日は家を10時30分過ぎに出て、
試合開始2時間前のほぼ12時ちょうどに、南郷18丁目駅からのシャトルバスで
ドームに到着して、南ゲートに並びました。

5年前の最終戦の経験から、入場まで1時間待ちは覚悟していたのですが、
40分ほどで入ることができて、何となく少し拍子抜けした気分に。

何年か後、「札幌のJ1優勝に関わる大一番で、札幌ドームのチケットは
前売りで完売」という状態が訪れた時の参考として、記録を残しておきます(^^)

今日の詳細は、次回以降のブログに長々と書きたいと思います。
今夜はこれから5年ぶりの祝杯です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月19日 (土)

旭山記念公園までのランニング(今日は暖かかった)

今日は正午過ぎから、旭山記念公園を目標地点にして走ってきました。

札幌市以外の人だと、「それって旭川?」と思うかもしれませんが、
住所としては札幌市中央区界川4丁目となります。

今日の最高気温は14.5℃ということで、風も弱めで、ここまで暖かく感じられる
日中というのは、1か月ぶりくらいだったかもしれません。

Asahiyama1
宮の森にある教会のところの交差点を右に曲がって、坂を上っていきました。

円山動物園を左に見ながら通過したあたりに「旭山記念公園まで2250m」という
表示があり、さらにもう少し上っていくと、今度は逆に下り坂が続く道となっていて、
一気に下っていきました。
Asahiyama2

最後の1kmくらいは、今度はまた逆に激しい上り坂となり、
息をゼーゼーとさせながら、何とか無事に到着。
Asahiyama3

そして、展望広場まで上がっていきました。
Asahiyama4

もし今日のお昼過ぎに何らかの事件があって、僕が犯人と疑われたら、
この写真をアリバイとして提出します(^^)

Asahiyama5

写真では分かりにくいですが、眺めは非常に良かったです。

遠くには札幌ドームの屋根っぽいものも微かに見えて、

「明日、あの場所でJ1昇格とJ2優勝が決まるんだなぁ~。そうに違いない。
絶対、きっと、たぶん・・・。」

と思って、既にドキドキしてしまいました。

帰りは円山公園の中を通るルートで帰ってきて、無事に今日のランニングを
終えることができました。

この11月はまだ、23日の水曜日の祝日とその後の土・日の週末には
走りたいとは思っているのですが、天気予報を見ると、

22日(火) 曇り時々雪 最高気温2℃、最低気温-3℃
23日(水) 曇り時々雪 最高気温0℃、最低気温-5℃
24日(木) 曇り一時雪 最高気温0℃、最低気温-6℃
25日(金) 曇り一時雪 最高気温0℃、最低気温-5℃

となっていて、もしかしたら真冬日が続くのではという予報になっていました。

気温がいくら低くても、乾いたアスファルトが出ていれば問題なく
走ることはできるのですが、雪が積もったり氷が張ったりしてしまうと
かなり厳しいです。

そんなわけで、寒さが襲撃してくる前の休みの日に、暖かくて
走り易い1日が訪れてくれてラッキーでした(^^)

明日は、サッカーJ2リーグの北海道コンサドーレ札幌の最終戦の試合を、
札幌ドームへ観に行きます。
Consaticket1120

明日の夜のこのブログに、J1昇格&J2優勝の報告ができることを、
今から祈るばかりです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月17日 (木)

J1昇格とJ2優勝を賭けた最終戦まで3日(北海道コンサドーレ札幌)

サッカーJ2リーグの最終節が3日後の日曜日(20日)、午後2時に試合開始で
一斉に行われます。

現在首位の北海道コンサドーレ札幌は、ホームの札幌ドームで
ツエーゲン金沢との対戦。

札幌は勝つか引き分けかで、2位の清水、3位の松本の試合結果に関わらずに
J1昇格とJ2優勝が同時に決まるという、非常に分かりやすい状況です。

もし負けた場合は、他の会場の結果次第で、

1.それでも1位になってJ1昇格とJ2優勝
2.2位でJ1昇格
3.3位で昇格プレーオフに回る

と、3パターン全てで充分に可能性があり得ますが、、
「ここで負けたら、自動昇格をする資格はない」と割り切って、
当日は観戦したいです。

先週の土曜日、ジェフ千葉戦の劇的勝利の余韻に浸っていた夜、

「明日にでも、ローソンに行ってチケットを買ってこようかなぁ~。
 さすがに込むだろうから、今回はS指定席にしておこうかなぁ~。」

と気楽な感じでチケットの売れ行き状況をネットで調べてみたところ、
ローソンチケットやセブンイレブンチケットなどの複数のサイトが軒並み、
S指定席が売り切れて、自由席も売り切れや残り僅かになっていて、

「おぉ~、ヤバい・・・」

と焦り、指定席の方が当日は無難と思い、その土曜日の夜にネットから
SS指定席の予約をしました。大人1名で前売り価格4,600円(+手数料)と、
最も高い金額設定の席です。
Consaticket1120

札幌の試合の生観戦は最近は年に1~2回ほどのペースで、それでも
札幌ドームに限定しても通算で20試合くらいは観に行っていますが、
初のSS指定席です。

まぁ、月曜日になって再度ネットで調べてみたら、S指定席も自由席も全て、
チケット余裕有りの「〇」に変更になっていて、

「おぉ~、慌てて確保する必要もなかったのかぁ~」

と思いましたが、この大一番を良い席で観なさいということで、
サッカーの神様が僕の背中を押してくれたのでしょう。

前売りでSS指定席が4,600円で、S指定席が3,600円と1,000円差なので、
そこまで「高額チケットを買った!」という大げさな話ではないのですが(^^)

試合3日前の今日の夜の段階で、札幌の公式ページを見てみると、
チケットの残りの状況が、

SS指定席 〇
  S指定席 △ 
SA自由席 〇
SB自由席 △
  B自由席 ×
 Bビジター席 〇

となっていて、一般にゴール裏と言われるB自由席が、
一番最初に売り切れになったようです。

公式ページでは「現在27,644名/目標35,000名」となっていて、
約39,000人が入った5年前の最終戦のFC東京戦の時と、おそらく
似たような状況です。

試合の何日か前から、チケットの売れ行きを細かくチェックして、
だんだんと「△」や「×」に変わっていくのに喜びを感じるという、
5年ぶりにこの感覚を味わえて、今は幸せな気分です(^^)

試合の方に話を変えて、札幌は福森とジュリーニョという主力2人が
累積警告で出場停止です。

相手の金沢は現在22位と最下位で、最終戦の結果によって、

1.そのまま22位でJ3へ降格
2.21位になって入れ替え戦へ
3.20位になってJ2残留

の3パターンがあるということで、札幌とは鏡に映したような真逆の状況で、
ある意味では絶妙かつ残酷な対戦となっています。

そんなこんなで、金沢にとっても大一番となるわけで、

「1位と最下位の試合で、さらに1位のチームのホームゲームなんだから~」

という単純なものでもなく、苦しい試合展開になることも充分に考えられますが、
札幌は引き分けでもOKの状態とはいえ、やはり最終戦は勝利で締めくくって、
スッキリと喜びたいです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月15日 (火)

back numberの新曲を購入(ハッピーエンド)

今夜のサッカー日本代表の試合、最後はハラハラしましたが、
とにかく勝つことができて良かったです(^^)

そして、現在最下位のタイが、2位だったオーストラリアに2-2で
引き分けてくれました!これで日本は自動出場圏内の2位に浮上。

最後の失点がなければ、得失点差で1位になっていたのかぁ・・、
などとちょっと思ってはしまいますが、まずは理想に近い1日になりました。

話を変えて、3人組バンドのback numberの新曲である「ハッピーエンド」を、
今日の仕事帰りにレコード屋さん(?)に行って買ってきました。
Bknmhappyend

1ヶ月くらい前に、公式の動画ページでミュージックビデオが1番だけ
公開されていて、それをほぼ毎日聴いていたので、発売日前ながら
さすがに1番だけでは少し飽きていました(^^)

ようやくフルで聴けるので、これから、歯を磨くなど寝る前の準備を全て終えて、
落ち着いた心理状態になってから聴きます。

このCDケースの中には、

「back number 史上最大規模のアリーナツアー開催決定!
 『ハッピーエンド』購入者限定!先行受付のお知らせ」

という、シリアルナンバーが書かれたお知らせの紙が入っていました。

公式のページに入って、このシリアルナンバーを入力すると、
抽選でチケットが当選するチャンスがあるとのこと。

実は、1年前に発売された「クリスマスソング」を買った時も同様に申し込んで、
そして見事に当選して、3月にニトリ文化ホールで行われたコンサートに
行くことができました。

たぶん、当選確率はそれなりに低いので、2回連続は難しいとは思いますが、
今回もせっかくなのでチャレンジしてみます(^^)

ちなみに北海道では、来年の5月12日(金)、13日(土)の2日間、
「北海道立総合体育センター 北海きたえーる」で開催予定とのこと。

また、昨夜放送の「スマスマ」の歌のコーナーにback numberが出ていて、
SMAPと一緒に「青い春」「ハッピーエンド」の2曲を歌っていました。

特に2012年発売の「青い春」がSMAPファンを中心に反響があったようで、
レコチョクの音楽ダウンロードのシングル・デイリーランキングを調べてみたら、
14位に急浮上していました。

昨日の順位は分かりませんが、おそらく100位圏外であったのは
間違いないと思います。やはり、テレビの影響力はまだまだ大きいようで。

1年前、「クリスマスソング」が月9ドラマの主題歌になったこともあって、
初めてスマスマにback numberが出演しました。

その時はクリスマスソングの他に「高嶺の花子さん」を歌っていたのですが、
歌の後のトークで中居さんが、

「普段は曲のリクエストはしないだけど、今回は俺から「高嶺の花子さん」を
希望したんだよね~。特に2番の歌詞が好きで、できれば2番を歌いたかった~。」

という感じのコメントをしていて、他の番組での発言を聞いていても、
アルバムを含めてback numberの曲を良く聴いてくれている印象です。

なので、今回の「青い春」も、もしかしたら中居さんの選曲かもなぁ~なんて
妄想をしています。

この「青い春」を発売した2012年は、シングル曲で

・恋(1月)
・日曜日(3月)
・わたがし(5月)
・青い春(11月)

と4曲発売していて、それまでの3曲が恋愛をテーマにした曲だったので、
その年の最後に系統の違う曲が発売されたこともあって、印象に残っています。

そこから4年経って、back numberのファン以外にも関心を持ってもらえたようで、
SMAPと番組スタッフに感謝です(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月13日 (日)

1週間ぶりのランニング

今日は午後4時過ぎから、40分ちょっとのランニングをしてきました。
走った距離は8kmほどでした。

1週間前の日曜日は雪により、ハーフマラソンを走る予定だった
「さっぽろさよならマラソン」が中止になりました。
Sayonaraasa
その日の朝に撮った写真です。

この時は「あぁ~、次にアスファルト路面の上を走れるのは、来年の春かも」と
思ったのですが、この1週間でだいぶ雪は融けて、歩道も普通にアスファルトが
出ていました。

今年はまだ、

・11月19日(土)か20日(日)
・11月23日(水・祝)
・11月26日(土)か27日(日)

の3回くらいは走りたいと思っているので、これから2週間、
何とか雪は積もらずに耐えてほしいと願うばかりです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月12日 (土)

内村の劇的ゴールでJ1昇格まで勝ち点1に!!(北海道コンサドーレ札幌)

前節のアウェー徳島戦で喰らった今年初の逆転負けで、
かなり追い詰められた心境になっていただけに、
今日の勝利はホントに嬉しかったです(^^)

---------------
サッカーJ2リーグ 第41節 千葉・フクダ電子アリーナ

北海道コンサドーレ札幌 2-1 ジェフユナイテッド千葉

得点:前半31分 町田(千葉)
    後半26分 都倉(札幌)
    後半45+5分 内村(札幌)
---------------

視聴方法は詳しくは書けませんが、今日の試合は生中継で観ていました。

前半に先制された時は固まりましたが、後半、福森のFKから
都倉のヘディングシュートで同点に。

その直前、千葉の井出のシュートがポストに当たって2失点目を
辛うじて免れたシーンがありました。

都倉のゴールも、オフサイドかどうか際どいように見えましたし、
ここは少しツキもあったかもしれません。

それにしても、千葉の1点目も井出の強烈なミドルシュートを
キーパーが弾いた後の得点でしたし、今日初めて名前を知りましたが、
この井出は良い選手でした。

来年、J1への「個人昇格」があっても不思議ではなさそうです。

話を札幌に戻して、今日の試合の開始前までで、

「残り2試合で勝ち点4を獲れば自力で自動昇格決定」

という状態で、今日は引き分けで勝ち点1を獲得して、札幌ドームでの
最終戦の勝利に賭けるという形でも、充分な状況ではありました。

しかし、後半のロスタイム(こちらの名称が好きです)に河合からの
ロングボールを内村がダイレクトのボレーシュートでゴールに突き刺し、
見事に勝ち越し!!

ゴールの瞬間、解説の水沼貴史さんも絶叫してくれていました(^^)

内村のフクアリでのゴールと言えば、2013年の開幕戦で、
今日と全く同じように後半ロスタイムでの決勝弾がありました。
あの時は、最後のパスを出したのは砂川誠でしたね~。

正直、ゴールの瞬間、僕の涙腺は崩壊しました。

試合終了後、ジュリーニョがグラウンドに俯せになって泣いていたように
見えました。今日の後半、イエローカードを貰ってしまい、累積4枚で次節は
出場停止となったので、それも加味しての涙だったのかもしれません。

そして同じく進藤も泣いていました。進藤に関しては、次節もおそらく
スタメンでしっかりと守ってもらわないと困るので、まだ泣くのは早いです(^^)

また、今日の試合のMVPは、38歳のDFの河合を選びたいです。
河合が幾度となく訪れたピンチに足と身体を出して、2失点目をせずに耐えたのが
逆転勝ちに繋がりました。しかも最後は決勝ゴールのアシストのオマケつきでした。

少し話題を変えますが、実は3年前、千葉のJFEスチールの研究所に出張に
行ったことがあり、その出張先のすぐ近くに、今日の会場のフクアリがありました。

札幌に帰る日、たしか用務は午前中で終了して、夕方の飛行機まで
少し時間があったので、フクアリの周辺を散歩しました。
Sogaekikanban

Fukuari1

Fukuari2_2

この時は9月後半で、J1昇格プレーオフで「3位 千葉×6位 札幌」のような形で
ここの会場で戦う可能性もありそうな状況だったので、僕の札幌を応援する
魂をここに残して、最寄駅の蘇我駅に向かいました。

結局この年は札幌は8位で終了してプレーオフには行けなかったのですが、
3年越しでここに居残り続けた僕の魂が、最後、内村の足元に乗り移ったと、
そんな妄想をして1人で盛り上がっています(^^)

今日の試合は、札幌が13時に試合開始、そして3位の清水が
札幌の試合が終わった直後の15時に試合開始でした。

清水の試合は、家で契約しているケーブルテレビの基本チャンネルに含まれる
「スカイA」というチャンネルで生中継していたので、半ば燃え尽きたような心境で、
キックオフから観ていました。

今日の勝利の結果、「清水が引き分け以下なら自動昇格決定」では
あったのですが、前半で清水が2-0で早くも2点リード。

「まぁ、札幌は最終戦は引き分け以上で良いのだから、自力で決めればいいんだ」

と油断していたところ、後半の20分に豊川のゴールで岡山が1点差に迫り、
一気にドキドキ感が増大しました。

特に後半のロスタイムに入ってから、岡山のシュートを、ほぼゴールライン上で
清水のキーパー以外の選手(チョン・テセなど)が身体で塞ぐというシーンが
2度ほどあり、テレビの前で心の底から絶叫してしまいました。

結局、2-1で清水の勝利。

さらに2位だった松本が、おそらく元札幌の町田のキーパー高原の活躍により
「町田 2-1 松本」という結果になり、2位と3位がひっくり返りました。

1位 札幌(勝点84、得失点差+32)(得点65)
2位 清水(勝点81、得失点差+47)(得点83)
--------------------
3位 松本(勝点81、得失点差+29)(得点59)

これで札幌は最終戦、札幌ドームでの金沢戦に引き分け以上で
「自動昇格・J2優勝」が同時に決定するという、非常に分かり易い形になりました。

負けた場合は、特に松本との得失点差で複雑になる可能性がありますが、
それは考えずに、

「負けたら、100%昇格プレーオフに回ることになる」

と決めつけて、来週の日曜日までの1週間、すっきりと自動昇格・J2優勝を
手にできる結末が訪れることを祈って過ごします。

また、野球に話題を変えて、今日行われた「明治神宮大会」で、

●高校の部
  札幌第一 6-5 宇部鴻城(9回裏 サヨナラ勝ち)

●大学の部
  東海大北海道 3-2 日本文理大

と、北海道勢が2チームとも勝ちました。

テレビ朝日のページ(?)でライブ中継をしてくれていたので、
パソコンで勝利の瞬間を共に観ることができました。

札幌第一は佐藤選手のサヨナラヒット、東海大北海道は1点リードの9回裏、
2アウト1、2塁のピンチからの最後はホームでのタッチプレーでのアウトと、
どちらもハラハラしながらの最高の結末となりました。

そんなわけで、今日は素敵な土曜日の1日となりました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 9日 (水)

今年の走った大会を振り返る

この前の「さっぽろさよならマラソン」の中止により、結果的には10月23日の
「北海道ロードレース」で、今年のランニング大会は終了となりました。

今年走った大会を振り返ってみたいと思います。

<フルマラソン>
1.札幌・豊平川市民マラソン(7月) 4:06:09
2.北海道マラソン(8月) 3:36:41

<ハーフマラソン>
1.日刊スポーツ豊平川マラソン(5月) 1:37:56
2.おたる運河ロードレース(6月) 1:30:40
3.ピパオイヘルシーロードレース(美唄)(9月) 1:34:07
4.札幌マラソン(10月) 1:33:37
5.北海道ロードレース(10月) 1:31:32
(*さっぽろさよならマラソン(11月)は雪により中止)

ということで、フル2回、ハーフ5回の計7回走りました。

フルは、7月の豊平川では、30km以降に何回歩いたか分からないくらいの
完全なスタミナ切れによって4時間越えをしましたが、そこから持ち直して、
8月の北海道マラソンでは目標通り、2年ぶりとなる3時間40分切りを
達成できて良かったです。

ハーフは、1時間30分切りを達成したのが2年前の
「さよならマラソン」が最後となっていて、こちらも今年は
2年ぶりの1時間30分切りをしたかったのですが、残念でした。

とりあえず、ゴール後に病院送りになるようなこともなく、
全ての大会で無事に完走できて何よりでした。

今年、初めて参加した大会はゼロで、さらに参加した7つの大会全てが、
去年も走った大会でした。現状維持が大好きで冒険しないタイプです。

今の時期は、

「来年は『初参加の大会』を増やしたいなぁ~」

と思うのが恒例行事となっていますが、今年も同じ感想を抱いています(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 7日 (月)

思わぬ今シーズンの幕切れ(2016年さっぽろさよならマラソン)

昨日、ハーフマラソンを走る予定だった「さっぽろさよならマラソン」について
振り返ってみます。

大会前日の土曜日、朝起きてカーテンを開けると雪が積もっていて、
「これは明日の大会はどうなるんだべ?」と思っていましたが、日中から
降り続いた雨で、夜になると歩道の雪もだいぶ溶けていました。

さらに、寝る前にアメダスのデータを見てみると、たしか午後10時の
札幌市の気温が4℃台で、日中よりもむしろ少し上がっていて、

「このままいけば、コース上は水溜まり三昧とはなるだろうけど、
滑る心配はあまり無いような状態になってくれるかも・・・」

と期待しつつ、雨が窓に当たる音を聞きながら眠りにつきました。

天気予報では、翌日の朝まで雨か雪が続くという予報で、
雨は夜更け過ぎに雪へと変わらないことを願っていました。

そして朝6時前に目が覚めたところ、外は静かな様子で、
イヤな予感がしつつカーテンを開けたところ、その予感通り、
外は一面真っ白でした。
Sayonaraasa

「うわぁ・・・」

と思いながら、6時20分くらいまで布団の中でウダウダとして、
それから布団から出て、まずはパソコンの電源を入れました。

ツィッター検索など、「さよならマラソン」であれこれ検索してみたのですが、
「中止」とも「決行」とも、何も情報は得られないまま、ひとまず予定通り、
7時過ぎから朝ご飯を食べました。

8時5分に全日本大学駅伝のスタートの模様を観てから、
最後のパソコンチェックを行ったものの、結局は情報は無く、
とにかく、例え中止でもゼッケンや参加賞は受け取りたいと思い、
8時10分に家を出て、まずは地下鉄駅に歩いて向かいました。

部屋の中から外を眺めている段階では、外の状況をまだ軽く考えていましたが、
家を出てすぐ、足首が雪の中に完全にズッポリと埋まった瞬間、事態の深刻さを
はっきりと認識しました(^^)

かなり疲れながら、何とか地下鉄駅に到着して地下鉄に乗りました。

「こんな雪の中、大会会場に向かおうとしているのは僕1人だけなのでは・・・」

と不安になったのですが、地下鉄の中でランナーっぽい格好をしている人を
何人か見つけて、妙に心強さを感じました。

地下鉄の真駒内駅には9時10分頃に到着。ここで同じ職場の人に会ったところ、

「どうやら、今日は中止らしいですよ」

との情報を。その人は、大会本部に電話した知り合いの方から、
中止の情報を地下鉄の中でメールで知ったとのこと。

「まぁ、そりゃ中止だよなぁ~」

とは思いましたが、心の片隅のどこかで「もしかして決行では・・・」というのが
あったので、ほっと一安心したような残念で気が抜けたような、そんな複雑な
気持ちになりました。

それから会場の真駒内公園の屋外競技場に向かい、
9時30分頃に到着しました。
Sayonaramakomanai

Sayonara3

受付ではゼッケンや参加賞のTシャツなどと一緒に、走ってはいませんが
完走証も貰いました(^^)
Sayonarakansousyou

受付を済ませたらすぐに引き返そうかなと思っていたところ、10時30分頃から、
本来は入賞者の賞品用の「鮭80本」が当たる抽選会が行われるとのことで、
1時間ほど、奥のブルーシートが敷かれている大部屋に陣取って、
ダラダラと過ごしていました。

そして、ロビーで抽選会が開始。
Sayonaratyusennkai

受付でのハガキを抽選クジとして使用して、ゼッケン番号をスタッフの方が呼んで、
呼ばれた人は自分のゼッケンを持って前に出ていき、もしその場にいなければ
「パス」になるという、北海道ロードレースなんかでお馴染みの方式でした。

その抽選会場では後方にいたので、会場にいる人数を大雑把に数えて
みたところ、「200人はいるけど、300人はいないかな」という感じでした。
ホントに凄い大雑把でスミマセン。

そこで「80本の鮭」なので、それなりに結構な当選のチャンスは
あったのですが、僕は無念の落選。

ただ、同じ職場の若者2人が見事当選。
Sayonara4

そして、別行動していた人も1人当てていて、結局、僕の職場では
6人中3人が当たるという好成績でした。

今年の最後の大会としてこの「さっぽろさよならマラソン」のハーフを走って、
そして今年を締めようとしていたので、思わぬ幕切れとなってしまいましたが、
まぁ、これはこれで思い出深い大会(走ってはいないけど)となりました。

雪が一旦溶けてくれれば、11月中は週末にちょこちょこ走りたいとは
思っているので、何とかまだ根雪にならないことを願うばかりです。

毎年、5月5日の「日刊スポーツ豊平川マラソン」でのハーフを
その年の開幕戦にしていて、来年もたぶんそうする予定です。

また半年後、皆さんお会いしましょう。それでは良いお年を(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 6日 (日)

初の大会中止を経験(2016年さっぽろさよならマラソン)

今日は「さっぽろさよならマラソン」でハーフマラソンを完走しました!
Sayonara1_2
と書きたいところでしたが、雪により無念の大会中止に・・・・。

地下鉄の真駒内駅に到着した時にこの中止を知りましたが、
とにかく、大会会場の真駒内屋外競技場には行きました。
Sayonara2
真駒内屋外競技場です。この雪ではさすがに「大会強行」は無理です(^^)

Sayonara3

本来は入賞者の賞品用の「鮭80本」が、北海道ロードレース方式(?)の
ハガキによる抽選方式で、80人に渡されました。
Sayonara4
僕は残念ながら当たりませんでしたが、同じ職場の若者2名が見事当選しました。

金曜日の夜までは当然のように走る気満々で、昨日の土曜日の朝からは
「どうなんだべ?」と思いながら、それでも走るつもりで準備はしていました。

そんなわけで、悶々とした気持ちは残っていますが、今日のこれはこれで、
思い出に残るような1日になりました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 5日 (土)

「2016年さっぽろさよならマラソン」は実施?中止?

今日は、朝8時にラジオを目覚まし代わりにタイマーセットしていたのですが、
HBCラジオの8時からの番組がちょうど始まる時で、室谷アナウンサーの、

「いやぁ~、雪ですねぇ~」

の第一声で「うわっ・・」と思いカーテンを開けたところ、
外は白かったです。
115yukinohurumati

明日は「さっぽろさよならマラソン」でハーフマラソンに申し込んでいるのですが、

「これは、明日の大会はあるんだべか?」

と疑問に思いながら、とりあえずは明日に備えて、
正午過ぎから30分ちょっとのランニングをしてきました。
走った距離は6kmほどでした。

出発前にシューズに噴射した防水スプレーも虚しく、
足元はベチョベチョになりました。

明日の大会の要項を見直してみると、

「雪雨・決行」

と力強く書かれてはいますが、「どんな状況になっても、100%決行する」という
わけではないでしょうし、さらには、

「ハーフマラソンは当日の天候状態により時間制限を行う場合もあります。
 また、クォーターマラソンに変更になる場合もあります。」

と書かれていて、3年前のこの大会はまさに、朝から雨と風(特に風)が激しく、
ハーフがクォーターに変更になって、スタート時間も1時間くらい遅くなりました。

ただ、スタート時点では雨もほぼ止み、風も弱まり、日差しすら出てくるという、
ほんの1~2時間前までの状況と一変しての穏やかな条件での走りとなり、
その急展開が印象深く残っています。

そんなわけで、

1.予定通りハーフを実施
2.距離がクォーターに変更
3.中止

のいずれもあり得るということを頭に入れておきながら、ひとまずは
普通にハーフを走るつもりで、今日の夜と明日の朝はそれに従って
行動します。

あと、僕は雪道用のランニングシューズを持っていないので、
今日も滑りそうになってヒヤッとした瞬間が何回かありました。

明日、もし大会が行われたとしたら、特に真駒内公園内の下り坂が心配なので、
そこは会場に行ってからの判断で、夏靴で危険そうだったら「勇気ある撤退」も
考えないといけないかもしれません(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 3日 (木)

J1昇格決定まで、残り3試合で勝ち点4(北海道コンサドーレ札幌)

今日は、文化の日の祝日で嬉しい休みでした。

そんな今日は、正午前から1時間ちょっとのランニングをしてきました。
走った距離は12kmほどでした。

アメダスのデータを見てみると、今日の札幌市は、

12時 気温2.0℃、風速1.1m/s(西北西)
13時 気温2.3℃、風速0.3m/s(南南東)

ということで、シトシトと雨が降る中、非常に気温が低い中での
ランニングとなりました。

ただ、風が弱めだったのに救われて、思っていたほどは
過酷な状況の走りとはなりませんでした。

3日後の日曜日は「さっぽろさよならマラソン」でハーフマラソンを
走りますが、ヤフーの天気ページでの大会当日の予報は、

「曇り時々雪、最高気温4℃、最低気温0℃、降水(降雪)確率50%」

ということで、今日と同じような寒さの中での走りになる可能性が高そうです。

今日は練習ということでかなり着込んで走りましたが、大会本番は
できるだけ身軽な格好で走りたいので、服装をどうしようか今から
悩んでいます(^^)

家に帰ってからは、午後2時に試合開始となったサッカーJ2リーグの
札幌ドームでの「北海道コンサドーレ札幌×カマタマーレ讃岐」の試合中継を、
松木さんの元気な解説とともに観ました。

結果は「札幌4-1讃岐」で4試合ぶりの勝利となりました。

2位の松本との得失点差が微妙なので、前半のうちに「4-1」としたのだから、
希望を言えば、後半にもっとゴールをして得失点差を有利にしたかったのですが、
とにかく勝ってくれてほっと一安心でした。

今日は2位の松本、3位の清水も勝って、

1位 札幌(勝点81、得失点差+32)
2位 松本(勝点78、得失点差+28)
---------------
3位 清水(勝点75、得失点差+45)

と、状況は前節までとほぼ変わらずに残り3試合。

清水は今日で引き分けを挟まずに6連勝ということで、
残り3試合も全勝すると覚悟して、札幌はあと「勝点4」を上積みすれば、
2位以内で自動昇格できます。

札幌のこれからの日程は、

11/ 6(日) 徳島(アウェー)
11/12(土) 千葉(アウェー)
11/20(日) 金沢(ホーム)

ということで、最悪、これからのアウェー2戦を「1分け1敗」で行けば、
最終戦の札幌ドームで「勝てば昇格決定」という状況には持ち込めるので、
今日の勝利は大きかったです。

とにかく今は祈るばかりです。

今日の試合に話を戻して、久しぶりに先発復帰となったジュリーニョと荒野が、
ややラッキーな面もありながらも、ともに見事にゴール。

さらにエースストライカーの都倉が8試合ぶりのゴールを豪快に決め、
次の試合にも繋がってくれる試合になったと、そう思いたいです。

そして、今日の試合を観ての感想で最も書きたいのが、

「堀米って、こんなに良い選手だったっけ?」

ということで、解説の松木さんも絶賛してくれていました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »