« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月30日 (日)

年間走行距離が1000kmを突破

今日は、全日本大学女子駅伝の1区から2区へのタスキ渡しを観た後、
午後0時30分過ぎから15kmほどのランニングをしてきました。

大学女子駅伝の方は、去年の2位と3位の大東文化大学と松山大学が
1区で出遅れたので、

「あぁ~、今年も立命館大学の優勝で決まりだろうなぁ~」

と決めつけていたところ、家に帰ってテレビをつけたら、
松山大学が5区の途中で独走状態のトップになっていて
ビックリしました。

結局、2位の立命館大学に1分11秒差の差をつけての初優勝。
2区から区間賞、区間3位、区間新、区間賞、区間新とのことで強いです。

自分のランニングの方に話を変えて、今日の札幌市の最高気温が4.1℃と
昨日よりもさらに低くて、風も昨日ほどでは無いものの強く吹いていて、
大変と言えば大変、走り易いと寒さと言えば走り易い寒さでした。

ジョグノートの記録によると、今日の15kmを加えて、
今年の年間走行距離が1060kmとなりました。

1000km超えは10月19日に突破していました。

ちなみに、去年の1000km突破は10月17日でほぼ同じでした。

走行距離はあまり気にしないようにしているのですが、
やはり大台突破は嬉しいものがあります(^^)

1週間後の「さっぽろさよならマラソン」のハーフマラソン本番に向けて、
昨日、今日の週末はボチボチと順調に練習することができました。
Sayonarahagaki

なお、午後3時に試合開始のサッカーJ2リーグのアウェー熊本戦は、

「ロアッソ熊本 2-0 北海道コンサドーレ札幌」

となり無念の敗戦。これでここ3戦は1分け2敗と停滞しています。
2位の松本と3位の清水が今節はともに勝ったため、勝ち点の差が
松本と3差、清水と6差と縮まってきました。

特に3位の清水が、大前が復帰してから勢いが加速しているようなので、
2位以内の自動昇格に向けて、少し心配になってきました・・・・。

残り4試合、まずは次の11月3日の札幌ドームでの讃岐戦で
勝つことを今から祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月29日 (土)

サッカーJ1リーグは残り1試合

今日は午前中に床屋に行って、自称・爽やかな青年になってきて、
そして午後1時前から1時間ちょうどのランニングをしてきました。
走った距離は12kmほどでした。

アメダスのデータを調べてみると、今日の札幌市は、

午後1時:気温4.6℃、風速10.3m/s(西北西)
午後2時:気温5.5℃、風速8.3m/s(西北西)

ということで、日差しがあったのでまだ救われましたが、
冷たい強い風が大変でした。

ただ、今日は琴似や二十四軒あたりのコースを走って、あちらこちらで
紅葉が綺麗で、久しぶりに走るコースで新鮮な気分というのもあって、
満足な土曜日のランニングになりました(^^)

家に帰ってからは、午後2時に一斉で同時にキックオフのサッカーJ1リーグの
テレビ中継を観ていました。

我が家のテレビでは今日は、NHK総合、NHK-BS、BS-TBS、さらにCS放送の
スカイAとJ SPORTS 3の、計5試合の中継を観られる状態でした。

その5試合とも全て、優勝争いか残留争いに関わっていた試合なので、
どれを観るか大いに悩みましたが、残留争いの方がやはり気になるので、
「神戸×名古屋」を中心に観ることにしました。

何となく名古屋には残留してほしいので名古屋を応援していたのですが、
前半で既に「0-2」という苦しい展開に。

結局、後半にも追加点を奪われて「0-3」になった段階で、
「G大阪×新潟」の試合に切り替えました。

1点負けていて、さらに1人少ない新潟が、終盤に何度もチャンスを作って、
何だか分からないけど急に「にわか新潟ファン」になって、テレビの前で
チャンスの度に思わず声を出してしまいました(^^)

結局は、試合終了間際にG大阪がダメ押し点を決めて、
「G大阪3-1新潟」という結果に。

終わってみれば、残留争いに絡む4チームは全て負けて、
得失点差で名古屋がさらに少し不利になった以外は、あまり状況が
変わらないまま試合数だけが1つ減った形に。

    勝点 得失点差
13位  33   -14   ジュビロ磐田 (A 仙台)
14位  31   -25   ヴァンフォーレ甲府 (H 鳥栖)
15位  30   -15   アルビレックス新潟 (H 広島)
----------
16位  30   -18   名古屋グランパス (H 湘南)

ということで、(  )の中は最終節の相手となっています。

磐田は引き分け以上、甲府は勝てば自力で残留できます。
もしかしたら得失点差の勝負での残留・降格になる可能性もあり、
最終節の11月3日が今からドキドキです。

また、優勝争いは今日の試合で浦和と川崎Fがともに勝って、
2ndステージは浦和の優勝が決定。

年間勝ち点では僅か1の差で1位 浦和、2位 川崎Fで、
ここは最終節で決まります。

明日はJ2リーグの試合が行われ、北海道コンサドーレ札幌は
アウェーでの熊本戦。

「どういう条件になったら、どこで昇格が決まるのか」

などと試合前に考えると負けそうな気がするので、まずは明日の勝利を願って、
試合が終わってから、順位表と日程表を眺めながら確認したいと思います(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月26日 (水)

「2016年北海道ロードレース」の全完走者の結果が掲載((株)アイサムのページ)

この前の日曜日に行われた「第37回 北海道ロードレース」の大会結果が、
(株)アイサムのページに載っていました。

http://www.i-sam.co.jp/gw/recsearch.php

から検索できます。

僕の走った「男子30歳代ハーフの部」での完走者は134人で、
その中で僕は上位20%以内に入っていて、なかなかの好位置でした。

今年の大会は、男子ハーフの部では、おそらく各年代の部で
10位までが入賞で、表彰式で表彰となっていました。

僕のタイムを、他の年代の10位以内のタイムと比べてみると、50歳代の部でも
10位までには2分ほど届かなくて、60歳代の部でようやく5位に相当する結果に
なっていました(それでも、10位の方と2分半ほどしか差がありませんでした)。

そんなわけで厳しい道のりですが、還暦を過ぎても今のレベルくらいの走力を
維持していれば入賞を目指せるということで、まずは健康で走り続けることを、
これからの20年ちょっとの人生の目標にして過ごしていきます(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月25日 (火)

「2016年 北海道ロードレース」の完走記(スタートしてから)

昨日に引き続き、「第37回 北海道ロードレース」について振り返ります。

スタート地点の真駒内屋外競技場内にはスタート15分ほど前に並び、
そして午前10時30分にスタートとなりました。

号砲後にスタート地点に辿り着くまでのロスタイムは10秒ほどで、
ここは問題ありませんでした。

しかし、この直後のカーブのところでインコースに入ってしまったのが
失敗だったのか、妙に前が詰まって進まない感じでした。

そこで混雑に巻き込まれてしまい、競技場の外に出てもなかなか
自分の走りたいペースで進めず、1km地点の通過は5分05秒くらいと
なってしまいました。

1時間30分切りを目指して、1kmを4分10~15秒のペースで走りたいと
思っていて、最初の1km地点も、ロスは30秒ほどで4分40秒あたりでの
通過を想定していたので、ちょっとがっかりしました。

2km地点のラップタイムは4分25秒くらいで、ここら辺で混雑は完全に解消されて、
この後はしばらく、4分10秒前後のペースで走ることができました。

アメダスの記録によるとこの日の札幌市は、

10時 気温6.4℃、風速4.9m/s(北西の風)
11時 気温7.6℃、風速5.2m/s(北北西の風)
12時 気温9.8℃、風速5.7m/s(西の風)

ということで、走り易い気温の低さでした。

ただ、豊平川河川敷では基本的には「行きが向かい風、帰りは追い風」の部分が
多かったとは思いますが、場所によって風向きがコロコロ変わるような感じで、
そこは少し走りにくさがありました。

●5km 21分56秒(スタート地点までのロスタイム10秒ほど)
●10km 42分54秒(20分57秒)
●15km 1時間04分09秒(21分15秒)

ということで、15km通過時点では、何とか終盤も4分15秒ペースで粘って走って、
最後にスパートすれば、ギリギリ1時間30分を切れるかどうかという状況でした。

ただ、この15kmの手前あたりで脚にかなりのキツさを感じて、
呼吸も苦しくなってきて、終盤はどんどんと無念のペースダウンを。

15kmからゴールまでは27分23秒かかり、5km換算で22分27秒ペースとなり、
目標達成とはならず。

●ゴール 1時間31分32秒(27分23秒→5km換算で22分27秒ペース)

でした。

終盤、河川敷から真駒内公園内に入るためには避けては通れない、
結構な距離と角度の上り坂があります。

序盤の河川敷に入っていく往路では逆に下り坂なのですが、その序盤の下りで、
そこそこの強さの向かい風を感じたような気がしました。

「よしっ!終盤の厳しい状態での上り坂の時は、逆に追い風になるぞ!」

と心の中でガッツポーズをした記憶があるのですが、いざ終盤、
この上り坂に突入した時には、思いっきり向かい風が吹いていました。

風向きが変わったのか、序盤での僕の記憶違いかは分かりませんが、
期待していただけに、ショックを受けながらの上りとなりました(^^)

この坂を上り切って少し進んだところに「残り2km」の看板があったと思います。

そこから、少年野球のグラウンドでの練習(もしくは試合)を左に眺めながら
グルッと左回りをするように走り、さけ科学館の横を通りようやく残り1km地点に。

さらに、しばらく走って駐車場のあたりを通過するコースに入り、
いよいよゴール地点となる屋外競技場が目の前に見えてきます。

競技場の入り口も斜め前方に見えて、

「あそこの入り口から中に入ってゴールだ!」

と思わず最後のスパートをしたくなりますが、実はここから競技場を
右に見ながらグルッと半周して、反対側の入り口から中に入っていくという、
そんなコース設定になっています。

その競技場に入る前の半周が、前半が本格的な上り坂となっていて、
最後の難関となっています。

2年前か3年前のこの大会で、僕はこのコース設定が頭に入っていなく、
この上り坂の前でムダにラストスパート未遂をしてしまい、そこからの
上り坂の途中で力尽きそうになってしまった苦い思い出があります(^^)

何とか最後の難関もクリアして、右に曲がって競技場の中に入りました。
たしか、この曲がる直前に時計を見たら1時間30分10秒くらいになっていて、

「あぁ~、今の手前からゴールまでが目標に届かなかった距離かぁ・・・・」

と疲れ切った頭の中でチラッと考えたような気がしますが、最後は競技場内の
綺麗な緑の人工芝の上を走って無事にゴール。
Roadracegoal
ゴール地点です。

ゴール後は、まずは手荷物預かり所に向いました。

去年のこの大会でも同じように、ゴール後すぐに手荷物を受け取りに
行ったのですが、去年は長い行列が出来ていて結構な時間がかかり、
冷たい風が吹く中、やや大変だった記憶があります。

しかし今年は大幅に改善されていて、全く待たずにスムーズに
流れ作業のように受け取れて、すぐに着替えが出来てありがたかったです(^^)

その後は、恒例のサザエ食品からのお汁粉サービスに並びました。
Sazae

Osiruko
これを補給して、肉体的にも精神的にも落ち着きました。

そして大会終了後の抽選会は今年もダメで、これで12連敗となりました……。
千葉ロッテの連敗日本記録まであと6年です。

次の大会は2週間後の11月6日(日)の「さっぽろさよならマラソン」の
ハーフとなります。これが今年の最終レースとなります。

先月の美唄、そして今月の札マラとロードーレースで、同じことを
書き続けていながらも達成できていない1時間30分切りですが、
さよならマラソンもしつこく「次こそは1時間30分切りを!」と繰り返します(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月24日 (月)

「2016年 北海道ロードレース」の完走記(スタート前まで)

昨日走ってきた「第37回 北海道ロードレース」について書きます。

まずは完全に自分用の行動メモで、ハーフマラソンのスタート時間の
10時30分に向けて、朝は6時20分に起きて、7時から朝ご飯を食べ、
8時10分に家を出て、地下鉄の真駒内駅には9時ちょうどに到着。

そこから歩いて、会場である真駒内公園の屋外競技場へと向かいました。

普通に歩けば20分くらいで着くのですが、途中でいろいろと写真を撮っていたら、
屋外競技場に到着したのは30分後の9時30分になりました。

五輪団地の付近の写真です。
Roadrace1

Roadrace


公園内の写真です。
Roadrace3

Roadrace4

2週間後の「さっぽろさよならマラソン」で再びこの真駒内に行きますが、
その頃には大半が散っているのでしょうね。

大会2日前の金曜日に札幌スポーツ館で事前受付を済ませて、
ゼッケンは既にシャツに取り付けていたので、到着してすぐに
準備運動をして、公園内を軽く5分ほど走りました。

それから手荷物をスタート30分前に預けて、スタート地点には
15分くらい前に並びました。

服装は、上は長袖の薄手のシャツに半袖シャツを重ね着、
下は膝上の短パン、そして手袋を装着しました。

昨日の最高気温は10.2℃で、スタート地点に並んで待っている時、
風が吹くとさすがに寒さは感じましたが、我慢できないほどでは
ありませんでした。

思えば1年前のこの大会は、その日の早朝(夜中)に初雪が降って、
スタート3分くらい前から無数の丸い小さな霰か雹かが全身を襲ってきてと、
そんな状況でした。

さらに、走っている時はそれほど降ってはこなかったのですが、
ゴール後にお汁粉に並んでいる時あたりから本格的に降ってきて、
ゴール地点はこのような白い景色になっていました。
Roadracegoal

これに比べれば、今年ははるかに穏やかな寒さでした(^^)

まだスタートしていませんが、これからまだまだ長くなるので、
実際の走りについては次回にしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月23日 (日)

完走しました!(2016年北海道ロードレース)

今日は「第37回 北海道ロードレース」でハーフマラソンを走ってきました。
結果は1時間31分32秒で無事にゴール。
Kansousyou

昨日のこのブログで、
------------
目標は、2年前の11月の「さっぽろさよならマラソン」以来となる、
2年ぶり(12大会ぶり)の1時間30分切りと、力強く書いておきます。
------------

と書きましたが、残念ながら届きませんでした。
まぁ、振り返りは明日以降ということで、今日のところは
良い走りだったということにしておきます(^^)

ハーフは午前10時30分にスタートでした。

アメダスの記録によると、札幌市の今日は、

10時 気温6.4℃、風速4.9m/s(北西の風)
11時 気温7.6℃、風速5.2m/s(北北西の風)
12時 気温9.8℃、風速5.7m/s(西の風)

ということで、風は少し大変でしたが、走り易い気温の低さだったと思います。
スタート前と終わった後の抽選会で立っている時は寒かったですが・・・。

ゴール後はお汁粉を貰って、肉体的にも精神的にも落ち着きました。
Sazae

Osiruko

手元の時計では、

  5km 21分56秒(スタート地点までのロスタイム10秒ほど)
10km 42分54秒(20分57秒)
15km 1時間04分09秒(21分15秒)
ゴール 1時間31分32秒(27分23秒→5キロ換算で22分27秒ペース)

で、15km以降のペースダウンが無念でした。

そして大会終了後の抽選会は今年もダメで、
これで12連敗となりました……。

大会の結果は、10月25日以降の(株)アイサム社のホームページに
掲載されるとのことです。

http://www.i-sam.co.jp/

次回のブログで、今日の大会について詳しく書きたいと思います。

最後に、今日撮影した写真を3枚載せておきます。
紅葉は終盤という感じで綺麗でした。
Kouyou1

Kouyou2

Kouyou3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月22日 (土)

「2016年北海道ロードレース」は明日

今日は正午過ぎから30分ちょっとのランニングをしてきました。
走った距離は6kmほどでした。

明日は「第37回 北海道ロードレース」でハーフマラソンを走ります。
午前10時30分スタートです。

昨日貰ってきた大会プログラムによると、ハーフの申込者数は、

・男子29歳以下・・・101人
・男子30歳代・・・157人
・男子40歳代・・・261人
・男子50歳代・・・243人
・男子60歳代・・・154人
・男子70歳以上・・・33人

・女子39歳以下・・・50人
・女子40歳代・・・55人
・女子50歳以上・・・59人

の男子949人、女子164人、合計で1113人となっているようです。
このくらいの人数なら、スタートの混雑はそこまで気にしなくても
良いかもしれません。

明日の天気予報は、ヤフーの天気のページを見ると、

「曇り時々晴れ、最高気温8℃、最低気温6℃、
  降水確率:6-12時 10%、12-18時 20%、北西の風やや強く」

ということで、何日か前までの予報では雨マークが出ていたのですが、
冷たい雨の中を走ることは免れることが出来そうで一安心です。

気温はかなり低めですが、タイムを狙うのには絶好の条件ということに
しておきます。風があまり強くならないことを祈るばかりです・・・。

目標は、2年前の11月の「さっぽろさよならマラソン」以来となる、
2年ぶり(12大会ぶり)の1時間30分切りと、力強く書いておきます(^^)

この大会は12年連続でのハーフでの参加となりますが、終わった後の
抽選会では11連敗中なので、是非とも今年は「12度目の正直」ということで、
明日の夜のこのブログで喜びの報告をしたいです。

後、札幌ドームで今日の午後2時試合開始の、

「北海道コンサドーレ札幌 1-2 東京ヴェルディ」

については、「まぁ、こういう風に負けることもあるよなぁ~」ということで、
結果だけ触れておきます・・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月21日 (金)

僕らの町に今年も雪が降る(早い初雪)

昨日は札幌市を含めて北海道のあちこちで初雪が降って、
札幌市では例年より8日早い初雪となったようです。
Yuki1021asa
これは今日の朝に撮った写真です。

昨夜の北海道内のニュースを見ていたら、札幌市でこれだけ早い初雪は
16年ぶりとのこと。

その16年前の2000年と言えば、コンサドーレ札幌がJ2リーグで優勝して
J1昇格を決めた年なので、非常に縁起が良いです(^^)

その年はエメルソンと播戸の2トップが何より強力でした。

さて、今日の仕事帰りには札幌スポーツ館(南3西3)に行って、
明後日の日曜日に行われる「北海道ロードレース」のゼッケンなどを
受け取ってきました。
Roadracezekken
ハーフマラソンを走ります。

明日は午前中にゆっくり目のペースで30分ほど走って、
そして明後日の大会本番に挑みたいです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月19日 (水)

「白石こころーど~陽だまりロード~エルフィンロード」でのランニング

今日は午後から半日休を取得して、そして午後3時30分頃から、

「白石こころーど~陽だまりロード~エルフィンロード」

での往復の20kmのランニングをしてきました。
たぶん、ここのコースを走るのは2年ぶりです。

Shiroishi_2
これは今日撮った写真ではなく、以前に白石区の市民防災センターで
救急救命講習を受講した時、その帰りに撮った写真です。

今日は地下鉄の南郷7丁目駅で降りて、このサイクリングロードに行き、
厚別方面に少し進んだところにあった「6.0km」の表示をスタート地点としました。

今日の札幌市の最高気温は18.7℃で、今の時期としては高めで、
朝からずっと青空も一面に広がっているような非常に快適な状況でした。

コース沿いの紅葉もだいぶ綺麗に色付いていて、夕方の傾いた日差しに
照れされてさらに綺麗に見えたりして、もし僕に俳句の才能があったなら、
珠玉の素晴らしい一句が詠めたと思います(^^)

札幌市内は500mごとに距離表示が、北広島市に入ったエルフィンロードでは
200mごとに距離表示があって、ペースを確認しやすくて良かったです。

まぁ、ペースを妙に意識し過ぎてしまうのも良くありませんが・・・。

北広島市に入って3kmほど進んで、スタートからちょうど10km地点となる
「16.0km」の表示のところで折り返して、後半の10kmをさらに走りました。

今日はだいたい、1kmを4分40秒前後のペースで最後まで走り切れて、
紅葉の綺麗さも併せて、僕の10年以上のランニング生活の中でも、
なかなかの上位に入るような満足な練習になりました(^^)

4日後の北海道ロードレースのハーフマラソン本番に向けても
良い練習にはなったとは思いますが、目標の1時間30分切りには
「1km=4分15秒」のペースが必要となるため、

「今日よりも、1kmあたり20秒以上早く走るのか~」

と思うと、何だか憂鬱になってきますが、とにかく後は体調を整えて、
そして本番の日曜日に挑みたいと思っています(^^)

ちなみに明日からは一気に気温が下がるようで、札幌市でも、
もしかしたら明日にも初雪が降る可能性もあるようです。

その直前の今日、快適な状況の中を走ることができて、
とにかく良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月18日 (火)

美唄の大会結果が掲載(2016年ピパオイヘルシーロードレース)

1ヶ月近く前に美唄市でハーフマラソンを走ってきた、

「第25回ピパオイヘルシーロードレース 兼 第21回美唄市ハーフマラソン」

について、事前に送られてきた大会案内では、大会結果が約1週間後に
ホームページに掲載されるとのことでした。

しかし、1週間を過ぎてもなかなか掲載されず、ここ最近はすっかりと
忘れていたのですが、ふと思い出して久しぶりに検索してみたところ、
昨日の日付で美唄市の公式ページに掲載されていました。

http://www.city.bibai.hokkaido.jp/jyumin/docs/2016101700013/

これを見ると、男子のハーフでは、陸連登録者対象の公認ハーフの部で42人、
その他の一般ハーフの部で384人、合計426人が完走していました。

その中で僕は上位の15%以内に入っているような、
なかなかの好位置でした(^^)

全然関係ない話ですが、好位置と言えば、この前の日曜日の夜に放送の
「関ジャム完全燃SHOW」に出ていた音楽プロデューサーの
蔦谷好位置さんは、札幌西高校出身です(大学は北海学園大学)。

僕の好きなback numberのシングル曲の編曲者で良く名前を見るので、
ウィキペディアで調べてみたところ、

・高嶺の花子さん
・繋いだ手から
・SISTER
・僕の名前を
・ハッピーエンド

の編曲をしているとのこと。

来月発売の新曲の「ハッピーエンド」は小林武史さんが編曲という情報を
ネットで見た気がするので、てっきりそうなんだと思い込んでいたのですが、
まだ公式には発表されていない状態のようです。

長年のMr.Childrenファンとしては、小林さんにも思い入れはあって、
もちろんウィキペディアの情報が全て正しいわけではないので、
正式に分かるまで、

「どっちなんだろう?もしくは全く別の人かも?」

と楽しみに過ごしたいと思います(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月16日 (日)

「2016年北海道ロードレース」まで1週間

今日は正午前から1時間近くのランニングをしてきました。
走った距離は11kmほどでした。

札幌市の今日の最高気温は22.4℃で、今の時期としてはかなり高めで、
半袖シャツ1枚でも結構な汗をかきました。

そして昨日に引き続き、雪虫の襲撃を受けながらの走りとなりました(^^)

さて、1週間後に行われる「第37回北海道ロードレース」のゼッケン引換証の
ハガキが、何日か前に家に無事に届きました。
Roadracehagaki
ハーフマラソンを走ります。

大会当日の10月23日(日)の朝以外にも、

・10月21日(金) 12:00~19:30
・10月22日(土) 10:30~14:00

に札幌スポーツ館本店(札幌市中央区南3西3)で事前受付をするとのことで、
できれば、21日の金曜日の仕事終わりに行けたらいいなと思っています。

この大会に向けて残りは、今週の平日のどこか1日で15km前後の距離を走り、
さらに前日にも軽く走って、そして大会本番に挑む予定です。

----------
サッカーJ2リーグ 第36節 愛媛(ニンジニアスタジアム)

愛媛FC 2-2 北海道コンサドーレ札幌

得点:
 前半26分 内村(札幌)
 後半27分 瀬沼(愛媛)
 後半28分 中原(札幌)
 後半33分 白井(愛媛)

試合内容は分からないながらも、前節まで9位の愛媛とのアウェー戦、
もちろん勝つのが最も良いのですが、今の2位以下(というより3位以下)との
勝ち点差を考えれば、悪くない勝ち点1だと思います。

「2回リードしながら・・・」という残念さはありますが、
ひとまず、中原のゴールは非常に嬉しいです(^^)

まずは次の試合、札幌ドームでの東京V戦ではしっかりと勝ってもらい、
それから落ち着いた心理状態で、J1昇格争いについて述べたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月15日 (土)

2016年高校駅伝の北海道代表が決定(男子が札幌山の手、女子が旭川龍谷)

今日は正午過ぎから1時間10分ちょっとのランニングをしてきました。
走った距離は15kmほどでした。

今の時期の恒例である「無数の雪虫の襲撃」を顔面に喰らい続けながらも、
札幌市の今日の最高気温は18.4℃で、日差しもあり、半袖シャツ1枚で
ちょうど心地良い状況でした。

さて話を変えて、年末に毎年京都で開催される全国高校駅伝。

その男女の北海道代表を決める全道大会が、今日の午前中に
標茶町で行われました。

全国大会の本番と同じ区間と距離設定で、男子は7区間42.195キロ、
女子は5区間21.0975キロでの開催とのこと。

5年に1回の記念大会などの年は、2校が代表となることがあるのですが、
今年は男女とも優勝チームの1校だけが代表になるようです。

ネットで結果を検索してみたら、男子は優勝が札幌山の手高校とのこと。
たぶん3年か4年連続での優勝となるはずです。

札幌山の手の陸上部員とは、たまに僕の練習のホームコースで
すれ違ったりするので、勝手にかなり思い入れを持っています。

本命ではあったと思いますが、まずは無事に全国行きの切符を
手に入れられて一安心です。

そして女子は旭川龍谷高校が優勝したようです。

去年は札幌日大が優勝、旭川龍谷が2位だったので、旭川龍谷としては
非常に嬉しい結果でしょうね。

男女ともまだ優勝チームしか調べられなかったので、
2位以下の順位が分かったら後で追加しておきます。

代表の2校には、京都の都大路での健闘を楽しみにしています(^^)

----------
*午後9時30分追記

男女とも、8位までの結果を記載します。

●男子
1位  札幌山の手  2:08:14
2位  北海道栄  2:13:37
3位  滝川西  2:14:56
4位  札幌日大  2:15:02
5位  東海大学付属札幌  2:15:41
6位  北見北斗  2:17:10
7位  函館工業  2:19:28
8位  北見緑陵  2:22:19

●女子
1位  旭川龍谷  1:12:40
2位  札幌日大  1:13:30
3位  札幌静修  1:17:08
4位  札幌創成  1:21:27
5位  釧路湖陵  1:23:58
6位  帯広農業  1:26:09
7位  札幌南  1:27:00
8位  北見柏陽  1:28:13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月11日 (火)

青山学院大の2連覇(2016年 出雲駅伝)

今日のサッカー日本代表の試合、たくさんの白い鳥がとにかく気になって、
なかなか難しいテレビ観戦となりました(^^)

さて、昨日の出雲駅伝について書きます。

●第28回 出雲全日本大学選抜駅伝 結果(20チーム、6区間45.1キロ)

1位 青山学院大学 2:10:09
2位 山梨学院大学 2:10:40
3位 東海大学 2:11:13
4位 中央学院大学 2:12:08
5位 駒澤大学 2:12:20
6位 日本体育大学 2:12:42

16位 北海道学連選抜 2:20:28

4区が終わった時点では、

1位 東海大学 
2位 青山学院大学 11秒差
3位 山梨学院大学 51秒差

という状況でしたが、5区の青山学院大の安藤選手が区間新の走りで、
6区のアンカー区間へのタスキ渡しの段階では、

1位 青山学院大学 
2位 東海大学 2秒差
3位 山梨学院大学 1分00秒差

と、中継所直前では東海大を抜いて、アンカーでニャイロ選手がいる
山梨学院大とも、ここの1区間で20秒の差を広げました。

結果的には、山梨学院大とのこの「20秒差」が大きい結果となりました

ここの区間、東海大の三上選手が区間2位、山梨学院大の永戸選手も
区間3位で、悪くはない走りではあったのですが、それを上回った安藤選手を、
もし「大会MVP」があれば選びたいです。

他には、東海大の1区から3区までを走った1年生トリオの鬼塚選手、
館澤選手、關選手は前評判通り早かったです。

特に3区の關選手は、エース区間とも言えるこの3区で見事区間賞。

これから距離の伸びる全日本、箱根でどのような走るができるか、
今から非常に楽しみです。

また、北海道学連選抜は去年の21チーム中20位からは、
今年は20チーム中16位と進歩しました。

1区の道都大の滋野選手が区間12位で健闘し、最後は早稲田大を抜いての
タスキ渡しで、テレビの前で少し興奮してしまいました(^^)

<区間賞>
1区 小松 巧弥(日本体育大学)
2区 田村 和希(青山学院大学)
3区 關 颯人(青山学院大学)
4区 鈴木 洋平(早稲田大学) 区間新
5区 安藤 悠哉(青山学院大学) 区間新
6区 ドミニク ニャイロ(山梨学院大学)

4区と5区は追い風だったこともあったようで、
この2つの区間で区間新が出ました。

4区の早稲田大の4年生の鈴木選手は、これまで3年間、3大駅伝の
出場が一度も無かったようで、そしてここでの区間賞・区間新は見事でした。

次の全日本大学駅伝は11月6日(日)に行われます。

ハーフマラソンで申し込んだ「さっぽろさよならマラソン」の開催日と
同じ日ということに先ほど気が付いて少しがっかりしましたが、
青山学院大が2冠目を獲るのか、それとも去年の東洋大のように
それをストップする大学が現れるのか、結果が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月10日 (月)

DeNAがファイナルステージ進出へ

今日は午前11時30分過ぎから、1時間10分ちょっとのランニングをしてきました。
走った距離は15kmほどでした。

今日の札幌市の最高気温は10.8℃ということで、今の時期としては
かなり低い気温でしたが、このくらいの気温の方が走り易い面もあるので、
今日はホームコースの河川敷で、スピードを出せた良い練習ができたと
自画自賛しています(^^)

家に帰ってからは、午後1時05分スタートの出雲駅伝の中継を観て、
その中継が終わった午後3時30分前からは、プロ野球のセリーグの
クライマックスシリーズ第3戦の、

「巨人×DeNA」

の最終戦の試合中継を観ていました。

出雲駅伝については、最終的には本命の青山学院大の2連覇となりましたが、
期待以上に最後まで見どころが満載のレースになったので、次回以降での
ブログで細かく書きたいと思います。

東京ドームで行われた、プロ野球の巨人×DeNAは延長11回まで行って、
そして11回表のDeNAの嶺井のタイムリーヒットが決勝点になって、
DeNAが広島へのファイナルステージの挑戦権を得ました。

最後の11回裏2アウトから堂上兄が四球を選び、そして阿部のフェンス間際への
ライトフライで試合決着となるまで、最後の最後までドキドキとするような展開で、
僕の中ではより一層、野球という競技が好きになりました(^^)

・北海道日本ハム×ソフトバンク(札幌ドーム)
・広島カープ×DeNA(広島・マツダスタジアム)

でのファイナルステージは、1日休んでの水曜日から開始となります。

屋外の広島は雨が気になりますが、初戦の12日の水曜日からの
降水確率をヤフーの天気予報で調べてみると、

12日 20%
13日 10%
14日 10%
15日 10%
16日 20%
17日 40%

ということで、ひとまずは第5戦までは大丈夫そうな予報で一安心です。

その野球の前に、明日はサッカーW杯アジア最終予選の
「オーストラリア×日本」のアウェー戦があります。

正直、ここのアウェー戦は引き分けでも妥協点では充分とは思いますが、
当然ながら勝てればそれが最高なわけで、所属している海外チームでは
パッとしない海外組でも、Jリーグでは目立ったプレーをしている国内組でも、
どっちでも全く構わないので、とにかく活躍して良い結果をお願いします・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 9日 (日)

ソフトバンクが2連勝、巨人×DeNAは1勝1敗に

今日は正午過ぎから1時間ちょっとのランニングをしてきました。
走った距離は12kmほどでした。

風が強い肌寒さと日差しによる暖かさが合体したような中、
心地良く走ることができました(^^)

家に戻ってからは、プロ野球のクライマックスシリーズの
1stステージの中継を見続けていました。

パリーグは「ソフトバンク4-1千葉ロッテ」で、ソフトバンクが2連勝で
ファイナルステージへの進出を決定。

「1回表にロッテ清田が先頭打者ホームラン、8回裏の満塁のチャンスで
ソフトバンク今宮が2点タイムリー」

というのを2試合連続で繰り返しました(^^)

セリーグの方は「巨人2-1DeNA」で1勝1敗となって
第3戦目に持ち越しとなりました。

どちらかを特に応援しているわけではないので、明日も試合がある
展開になってくれたのは嬉しいです。

最後のDeNAの下園のライトへのファールの打球は、
打った瞬間には、

「これはまさかの逆転ホームランか!」

と、テレビの前で思わず謎の奇声を発してしまいました(^^)

何となくながらも明日はDeNAに勝ち抜いてほしいのですが、明日の先発予想の
巨人の内海にも踏ん張ってほしい気もしていて、複雑な乙女心です。

明日は午前中に15kmくらいを走って、午後1時からは出雲駅伝中継を観て、
午後2時試合開始の巨人×DeNAの試合経過も気にしつつ、駅伝が終わる
午後3時30分頃からはプロ野球中継に専念するという、そんな綿密な計画を
立てています(^^)

2年前の体育の日の祝日絡みの3連休では、この3連休の3日目に、

「台風の影響で出雲駅伝が中止、クライマックスシリーズの第3戦の、
大阪ドームでのオリックス×日ハムも翌日に延期」

ということがあって、一気にこの3日目がヒマになったことがありましたが、
今年はたぶん大丈夫そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 8日 (土)

ランニング再開の3連休の初日

今日から嬉しい3連休です。

そんな今日は、午前11時過ぎから40分ほどのランニングをしてきました。
走った距離は7kmほどでした。

この前の日曜日の札幌マラソンでのハーフ本番以来の走りとなりましたが、
まずまず順調なランニング再開となりました。

明日と明後日は、10kmを超えるような距離を走りたいと思っています。

家に帰ってからは、コンサドーレ札幌の試合、高校野球の北海道大会の決勝、
セ・パ両リーグのクライマックスシリーズと、スポーツ観戦で忙しかったです(^^)

高校野球は「札幌第一 8-2 札幌日大」という結果で、札幌第一高校が
2年連続で来春のセンバツ甲子園代表の座をほぼ確定させました。

後は11月の明治神宮大会で優勝して、北海道代表の枠をもう1つ
増やしてほしいです。

-------------
サッカーJ2リーグ 第35節 札幌厚別

北海道コンサドーレ札幌 1-0 水戸ホーリーホック

得点:前半5分 ヘイス(札幌)

試合立ち上がり、ヘイスのクロスバーに当たった直接FKと、
その1~2分後のゴールはともに絶品でした。

しかし追加点が奪えずに、後半の途中からは徐々に攻め込まれるシーンが
多くなり、特に後半30分過ぎのクロスバーに直撃の水戸のミドルシュートには、
寿命が10年ほど縮まったような気になりました(^^)

その後もヒヤヒヤするような場面がいくつかありましたが、
とにかく無失点で勝ち点3を奪ったので、贅沢は言いません。

残り7試合で、自動昇格の対象となる3位のセレッソ大阪の差とは
勝ち点差で11となっています。

ここで「J1昇格はどの試合で決まりそうかなぁ~」などと考えると、
次の試合から大型連敗しそうなので、とにかくまずは次の試合の、

「手痛い敗戦も劇的な勝利も、いろいろと味わってきたアウェーの愛媛戦」

での勝利を願うばかりです。

その過去のアウェーの愛媛戦での勝利の中ではやはり、2007年の西大伍の、
ブラジル修行から帰国後の決勝ゴールが印象深いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 7日 (金)

「2016年札幌マラソン」の完走記(3)

昨日までに引き続いて「第41回 札幌マラソン」について、
10km以降からゴールまでを書きます。

●10km地点  43分17秒(この5kmは21分28秒)

ということで、この5kmは1kmの平均ペースが4分20秒(=5km21分40秒)よりも
少し早いタイムとなっていて、下り坂が多めの区間ながらも、悪くないペースと
なっていました。

駅前通の復路コースをさらに走り、中島公園のところで左折して橋を渡り、
勝負の後半の豊平川河川敷へと入っていきました。

それまでの公道走っている時の賑やかな雰囲気から一転して、
地味な雰囲気の河川敷へと突入していくという、そんなギャップが
このハーフコースの大きな魅力となっています(^^)

河川敷に下りてすぐに12kmの表示がありました。

この河川敷の部分では、それほど強くはありませんでしたが、
大部分では向かい風が吹き続けていたと思います。

疲れてくる後半の向かい風自体はツラいものの、
暑さを和らげてくれるという面では、この向かい風は
ありがたい存在でもありました。

●15km地点  1時間05分35秒(この5kmは22分18秒)

河川敷に下りてからは、1kmあたりのタイムが4分30秒くらいまで
落ちてしまっていましたが、前を走っている人をポツポツと抜くことは
できていたので、

「向かい風と上りで、ペースが少し落ちてしまうのは仕方ないやぁ~」

ということにして、ここまではまだ順調と思い込むことにしました。

しかし、16km手前の給水地点で水を首筋にかけてスポーツドリンクを飲んで、
ここまでは良かったのですが、そこを過ぎて、

「さぁ、ここから終盤の踏ん張りどころの残り5km」

というあたりで一気に脚に重さを感じて、それまでとは
明らかに違う状態になりました。

それでも、その後もしばらくは自分の中では粘って走ることができていて、
河川敷から真駒内公園の中へ入るための上り坂をクリアして、
18km地点を通過して、少年野球の練習(もしくは試合)が行われている
グラウンドを左に見ながら走っていきました。

しかし、そこからトンネルのような所を通過して、左回りの上り坂と
なっているカーブのあたりで、それまでとは1段階も2段階も違うような
疲労感が身体全体に襲ってきました。

ここからははっきりと分かるくらいにペースダウンをしてしまい、
後ろから来たランナーにどんどんと抜かれ続けていきました。

19km手前に給水地点があったのですが、呼吸も苦しくなっていたので、
水を飲むのにも一苦労でした。

Satumara19km
この19km地点のすぐ先に橋があって、その上り坂の部分では、
ホントに止まって歩き出しそうになりました・・・。

ここから20km手前までは上り坂が多くて、非常に厳しかったです。

●20km地点  1時間28分56秒(この5kmは23分21秒)

前の5kmよりも1分ちょっとタイムも落ちましたが、それについて憂うような
余裕も全くありませんでした。

ただ、20km手前からゴールの競技場内に入るまでの最後の1kmほどは、
それまでとは逆に下り坂の部分が多いようなコースになっているので、
そこには大いに救われました。

とにかく競技場内に入って、最後の直線は綺麗な緑の人工芝の上を走り、
1時間33分37秒で無事にゴールとなりました(20kmから4分41秒)。

Satumaragoal
ゴール地点です。

この大会の10日前に走った美唄市でのハーフは1時間34分07秒だったので、
最後の1kmは「とにかく1時間33分台は出したい」と思って走りました。

競技場内で完走証を受け取ったところ、年代別の順位が100位以内となっていて、
これで翌日の読売新聞の北海道版に名前が載りそうだなと、心の中で力強く
ガッツポーズをしました。

競技場を出たところ、前方にホクレンがモチを無料配布してくれている
コーナーがあり、まだあまり人も並んでいなかったので、今がチャンスと、
まずはモチを受け取ることにしました。
Satumaramochi

それから手荷物預かり所へと行って手荷物を受け取り、
そして近くの草むらに座りました。

モチとゴール直後に貰ったスポーツドリンクをゆっくりと補給して、
徐々に落ち着いてはいきましたが、やはりかなりヘバッていて、
ゴールしてから1時間が経過した正午過ぎまで、立ち上がることが
できませんでした。

ずっと休んでいると、午後1時から順次スタートとなる2km、3km、5kmの部に
参加すると思われる方々の姿が徐々に増えていきました。

ハーフと10kmを走り終えて安堵した感じで休んでいる方々の雰囲気と、
これから走るために準備をしている方々の雰囲気が混在していて、
なかなか趣のある空間でした(^^)

ゴールから1時間後、正午過ぎになってようやく回復した感じになって、
会場の写真をあれこれ撮りたいと思い、競技場内の中に再び入りました。

休んでいるときは木陰の部分に座っていたので、そこまで暑さは
感じなかったのですが、競技場内のゴール地点付近に立っていると、
直射日光をモロに浴びて10月とは思えないような想像以上の暑さで、
再びヘロヘロになりそうでした。

この大会のハーフは2年前までは11時50分スタートで、
去年から9時30分スタートに変更となりました。

もし以前までだったら、この暑さの中でスタートをしていたかと思うと、
ある程度まだ涼しい時間にスタートできた、このスタート時間の変更に
深く感謝の気持ちが沸いてきました。

そんなこんなで、午後0時30分くらいに会場を離れて地下鉄駅に向かい、
帰宅途中に家の近所のラーメン屋さんでワンタンメンを食べた後、
午後2時過ぎに無事に家に到着しました。

この前の美唄市の大会に続いて、タイムも内容もイマイチ納得がいかない
部分も多いような走りになってはしまいましたが、あれこれと思い出深い
日曜日の1日となりました(^^)

次の大会は10月23日(日)の北海道ロードレースでのハーフです。
明日からの3連休で、また練習を再開していきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 6日 (木)

「2016年札幌マラソン」の完走記(2)

今夜のサッカー日本代表の試合、最後の山口蛍選手のゴールの瞬間は、
さすがにテレビの前で叫んでしまいました(^^)

さて、昨日に引き続き、「第41回 札幌マラソン」について。

9時30分のスタートの号砲からスタート地点に辿り着くまでは19秒でした。
去年が26秒、一昨年が27秒だったので、今年は少し前に並べていたようです。

スタート直後は、混雑による走りにくさも少しだけありましたが、
1kmを過ぎて、自衛隊の真駒内駐屯地を右に見ながら走るあたりでは
その混雑も解消され、自分の好きなペースで走れるような状況でした。

途中、高校の横を通った時、おそらくそこの部活の高校生達が
沿道で賑やかに応援してくれていて、何人かとはハイタッチをして、
気分が盛り上がりました(^^)

そんなこんなで5km地点を通過。

●5km地点  21分48秒(スタートまでのロスタイム19秒を含む)

たしか3km~4km、4km~5kmのラップタイムがともに4分05秒くらいに
なっていて、

「少し早過ぎるかなぁ~」

と不安にはなりましたが、序盤は下り坂が続くコースなので、
あまり気にせず、とりあえずはこのリズムで進むことに。

7kmあたり、中島公園のところで右折して、この大会の大きな魅力である
「駅前通~大通公園横~駅前通」のコースへと入っていきました。

そして駅前通に入ってすぐに、折り返してきた男子の4人の先頭集団と
すれ違いました。
Satumaratop_2
これは僕の母親が狸小路のあたりの復路コースで撮った写真で、
この段階では5人いますが、ここから僕がすれ違うまでに1人が脱落して
4人になっていたようです

そのすれ違った際、ゼッケン番号を見てみると1番、2番、3番、4番で、
綺麗に1~4番の4人の先頭集団でした。

結局、この4人が男子総合で1~4位となっていて、

1位 伊勢 翔吾(駒澤大学) 1:04:39
2位 中村 佳樹(駒澤大学) 1:04:44
3位 竹下 和輝(東洋大学) 1:04:45
4位 橋本 澪(東洋大学)  1:05:33

という結果で、優勝争いは最後まで激戦だったようです。

さらに駅前通を進んで、三越の前を、

「あぁ~、何年か前はここで折り返しだったんだよな~」

と思いながら通過して、もう少し前方の大通公園のところで左折し、
大通公園を右に見ながら進みました。

そして西10丁目のあたりの交差点で右折を2回をして折り返して、
再び大通公園を右に見る形で、今度は駅前通の方へと向かいました。

この折り返した後の東へ向かう大通公園横のコースが、
昔の北海道マラソンの40km付近のコースとなっていました
(たぶん2008年まで)。

僕は2005年の北海道マラソンが初のフルマラソン挑戦で、
たしか西6丁目のあたりで40km地点の表示があり、
そこを制限時間3時間45分の6分前に通過しました。

「あぁ~、これだけの時間走ってきての僅か6分は、ホントに紙一重だよなぁ~」

と思いながら、駅前通のところでテレビ塔を見ながら右折した時の
自分の心境や目に入った光景は、11年経った今でも妙に覚えています。

札幌マラソンでは何年か前にコース変更があって、ここのコースが追加され、
僕にとっては思い出深いコースを走ることが出来て、非常に嬉しい変更と
なっています。

今回、右折して駅前通に再び入った際のテレビ塔の時間は「10時11分」を
表示していました。スタートしてから41分が経過したことに。

そして、駅前通をすすきの方面にしばらく進んで10km地点を通過。

●10km地点  43分17秒(この5kmは21分28秒)

今回、「1km 4分20秒=5km 21分40秒」のペースを1つの目安にしていて、
身体の感覚的にもまだ余裕があったので、タイム的にも体力的にも、
ここまでは手応えを感じていました。

しかし、ここからの後半がどんどんと厳しくなっていきました・・・・。

まだまだゴールまで長くなりそうなので、今日はここまでにして、
続きはさらに次回にします(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 5日 (水)

「2016年札幌マラソン」の完走記(1)

この前の日曜日に走ってきた「第41回 札幌マラソン」を
振り返りたいと思います。

まずは完全に自分用となる当日の行動メモで、朝9時30分の
ハーフマラソンのスタートに向けて、朝は5時に起きて、5時40分から
朝ご飯を食べて、6時50分に家を出て地下鉄に乗り、8時ちょうどに
真駒内公園の入り口に辿り着きました。

公園内を入って少し歩くと、19km地点の表示がありました。
Satumara19km

この時は、「ここの地点、どういう状態になって走っているんだろうなぁ~」と
気軽な気持ちで想像していました。

それから約3時間後、ここを通過した時は、完全に身体全体の疲労感が
厳しくなっていて、この表示のすぐ先の橋での上り坂の部分では、本当に
歩き出しそうになっていました(^^)

Satumaramain

真駒内屋外競技場の前のここが、開会式や表彰式などが行われた
メインステージとなっていました。

ここから少し離れた手荷物預かり所の近くの草むらに場所を確保して、
軽く準備運動をして、それから5分ほど公園内をゆっくりと走りました。

手荷物預かり所には8時40分に行き、全く待つことなくスムーズに渡せました。

まだスタート地点に並ぶのは早いかなと思い、屋外競技場に入ってスタンドで
少しの時間、何となくボーッとした後、五輪大橋を超えたスタート地点へと移動し、
スタート30分ちょっと前に到着。

僕のブロックであるBブロックに並んで少し経ってから、9時スタートの
10kmの部がスタートとなりました。

それからスタートまでの30分間、かなりヒマで時間を持て余すかなと
心配していたのですが、ランニングとは全く関係の無い妄想などをしていたら、
思いのほかあっという間に時間は過ぎ、そして9時30分にスタートの号砲が。

そんなわけで、まだ走り出していませんが、これからが長くなるので、
続きは次回以降にします(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 3日 (月)

男子ハーフ30歳代の部からの卒業(札幌マラソン)

今日の読売新聞の北海道版の朝刊に、昨日の「第41回 札幌マラソン」の
特集記事が掲載されていました。

その中で、上位選手の記録も載っていました。
Satumarashinbun_2

男子ハーフ30歳代の部は毎年100位まで掲載されていて、
今年も同じでした(今年の30歳代の部の参加者は1036人)。

そして去年に引き続き、今年も自分の名前が無事に載っていました(^^)

ここに名前を載せるのを、毎年のひそかな目標としているので、
その目標が達成できて非常に嬉しいです。

ゴール直後に貰った完走証に順位は記載されてはいましたが、
実際に新聞で自分の名前を目にするまでは、

「もしかしたら今年から50位までかも、完走証の順位は速報なので
間違っているかも」

のような妙な心配があったので、ほっと一安心です。

なお、札幌マラソンの大会公式ページには、全完走者の記録速報が
掲載されていました(http://www.shsf.jp/satumara/soku/)。

去年は101位の人とのタイム差が10秒無いという、ホントにギリギリの
結果でしたが、今年は1分40秒ほどの差があって、去年と比べると多少は
余裕があったようです。

走っている最中は、自分がどのくらいの順位にいるのかは
当然ながら全く分からず、終盤に後ろから抜かれた時に、

「あぁ~、この人がもし同じ30歳代の人だったら、もしかしたら、
今の瞬間に100位から101位に落ちた可能性も・・・」

なんて考えも、チラッと浮かんだりしていました(^^)

現在39歳の僕は、今年の大会で見事に30歳代の部から卒業となって、
来年からは40歳代の部に出世となります。

今年の40歳代の結果も見てみると、参加者が1483人で、
30歳代よりも1.4倍ほど参加者が多くなっていました。

それに伴って100位以内のタイムのレベルも上がっていて、
100位の方を比べると、40歳代の方が2分近く早いタイムで
ゴールしているという結果に。

そして今年の僕のタイムを、この40歳代の結果に当てはめてみると
108位相当の順位になっていて、100位には20秒ちょっと届かないという、
そんな状況になっていました。

来年ももしハーフを走るのなら、年代別の100位以内に入るためには、
かなり厳しい闘いになるということを覚悟して挑みたいと思います(^^)

なお、昨日の大会のハーフの総合結果では、男子は駒澤大学の
伊勢 翔吾選手が1時間04分39秒で、女子は大阪学院大学の
林 和佳奈選手が1時間19分08秒で優勝となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 2日 (日)

完走しました!(2016年札幌マラソン)

今日は「第41回 札幌マラソン」でハーフマラソンを走ってきました。
午前9時30分スタートでした。
Satumaramain

結果は1時間33分37秒でゴール。去年のこの大会より7秒早いゴールタイムで、
ほんのちょっとだけ進歩がありました(^^)
Satumarakansousyou

この完走証には5キロごとの通過タイムも記載されていて、

  5キロ 21分49秒(スタート地点に辿り着くまで19秒)
10キロ 43分17秒(21分28秒)
15キロ 1時間05分35秒(22分18秒)
20キロ 1時間28分56秒(23分21秒)
ゴール 1時間33分37秒(4分41秒)

でした。16km付近の給水地点を過ぎた後の「残り5km」の表示あたりから、
一気に身体全体の疲労感が厳しくなって、終盤の真駒内公園の中の
上り坂の部分では、ホントに止まりそうになりました。

とにかく、無事に走り切ることができて良かったです。

ランナーズアップデートからも結果が検索できます。

http://update.runnet.jp/2016sapporo/

アメダスのデータを見ると、今日の札幌市は、

  9時 20.6℃
10時 22.0℃
11時 22.9℃
12時 23.9℃
13時 24.1℃(13時03分に最高気温24.7℃)
14時 23.8℃

とのことで、ほぼ快晴に近くて日差しも強くて、暑さはなかなか大変でした。

ただ、2年前まではハーフのスタート時間は午前11時50分だったので、
午前9時30分の早い時間でのスタートでまだかなり救われました。

もし今年が、以前までの午前11時50分のスタートだったらと考えると、
暑さで今日の走りよりもさらに大きく失速する自分の姿が容易に想像できて、
ちょっと怖いです(^^)

今日は午後1時から、午後の部で2km、3km、5kmの種目が
順次スタートしましたが、暑さはかなり厳しかったと思います。

それと、今日は風はそれほど強くは無かったものの、後半の豊平川河川敷が
向かい風気味となっていて、疲れてくる後半の向かい風自体はツラいながらも、
暑さを和らげてくれるという面ではありがたかったです。

ゴール後は、ホクレンが無料で配布してくれていたモチをいただいて、
肉体的にも精神的にも落ち着きました(この前の美唄市のハーフでの
ブタ汁の時と全く同じコメントです)。
Satumaramochi

今日の大会の詳細は、明日以降のブログで書きたいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年10月 1日 (土)

明日は札幌マラソン(ランナー情報検索サービス)

明日行われる「第41回 札幌マラソン」のハーフマラソン本番に備えて、
今日は正午過ぎから30分ほど、ゆっくり目のペースで走ってきました。

明日のハーフのスタート時間は午前9時30分です。
Satumarazekken

ヤフーの天気予報のページを見てみると、明日の札幌市は、

「晴れ後曇り、最高気温25℃、最低気温13℃、降水確率0%」

ということで、日差しの強さと気温の高さがどうなるが気にはなりますが、
スタート時間が早いので、気温が上がり切る前にゴールできるだろうと、
そう思い込むことにしておきます。

明日は駅前通りから大通公園横の往復、さらに終盤の真駒内公園内の
2kmほどのグルグルを満喫してきます(^^)

あと、ランナーズアップデートの速報サービスがあって、
今回は5kmごとの通過記録を検索できるようです。

http://update.runnet.jp/2016sapporo/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »