« 「2016年 北海道ロードレース」の完走記(スタート前まで) | トップページ | 「2016年北海道ロードレース」の全完走者の結果が掲載((株)アイサムのページ) »

2016年10月25日 (火)

「2016年 北海道ロードレース」の完走記(スタートしてから)

昨日に引き続き、「第37回 北海道ロードレース」について振り返ります。

スタート地点の真駒内屋外競技場内にはスタート15分ほど前に並び、
そして午前10時30分にスタートとなりました。

号砲後にスタート地点に辿り着くまでのロスタイムは10秒ほどで、
ここは問題ありませんでした。

しかし、この直後のカーブのところでインコースに入ってしまったのが
失敗だったのか、妙に前が詰まって進まない感じでした。

そこで混雑に巻き込まれてしまい、競技場の外に出てもなかなか
自分の走りたいペースで進めず、1km地点の通過は5分05秒くらいと
なってしまいました。

1時間30分切りを目指して、1kmを4分10~15秒のペースで走りたいと
思っていて、最初の1km地点も、ロスは30秒ほどで4分40秒あたりでの
通過を想定していたので、ちょっとがっかりしました。

2km地点のラップタイムは4分25秒くらいで、ここら辺で混雑は完全に解消されて、
この後はしばらく、4分10秒前後のペースで走ることができました。

アメダスの記録によるとこの日の札幌市は、

10時 気温6.4℃、風速4.9m/s(北西の風)
11時 気温7.6℃、風速5.2m/s(北北西の風)
12時 気温9.8℃、風速5.7m/s(西の風)

ということで、走り易い気温の低さでした。

ただ、豊平川河川敷では基本的には「行きが向かい風、帰りは追い風」の部分が
多かったとは思いますが、場所によって風向きがコロコロ変わるような感じで、
そこは少し走りにくさがありました。

●5km 21分56秒(スタート地点までのロスタイム10秒ほど)
●10km 42分54秒(20分57秒)
●15km 1時間04分09秒(21分15秒)

ということで、15km通過時点では、何とか終盤も4分15秒ペースで粘って走って、
最後にスパートすれば、ギリギリ1時間30分を切れるかどうかという状況でした。

ただ、この15kmの手前あたりで脚にかなりのキツさを感じて、
呼吸も苦しくなってきて、終盤はどんどんと無念のペースダウンを。

15kmからゴールまでは27分23秒かかり、5km換算で22分27秒ペースとなり、
目標達成とはならず。

●ゴール 1時間31分32秒(27分23秒→5km換算で22分27秒ペース)

でした。

終盤、河川敷から真駒内公園内に入るためには避けては通れない、
結構な距離と角度の上り坂があります。

序盤の河川敷に入っていく往路では逆に下り坂なのですが、その序盤の下りで、
そこそこの強さの向かい風を感じたような気がしました。

「よしっ!終盤の厳しい状態での上り坂の時は、逆に追い風になるぞ!」

と心の中でガッツポーズをした記憶があるのですが、いざ終盤、
この上り坂に突入した時には、思いっきり向かい風が吹いていました。

風向きが変わったのか、序盤での僕の記憶違いかは分かりませんが、
期待していただけに、ショックを受けながらの上りとなりました(^^)

この坂を上り切って少し進んだところに「残り2km」の看板があったと思います。

そこから、少年野球のグラウンドでの練習(もしくは試合)を左に眺めながら
グルッと左回りをするように走り、さけ科学館の横を通りようやく残り1km地点に。

さらに、しばらく走って駐車場のあたりを通過するコースに入り、
いよいよゴール地点となる屋外競技場が目の前に見えてきます。

競技場の入り口も斜め前方に見えて、

「あそこの入り口から中に入ってゴールだ!」

と思わず最後のスパートをしたくなりますが、実はここから競技場を
右に見ながらグルッと半周して、反対側の入り口から中に入っていくという、
そんなコース設定になっています。

その競技場に入る前の半周が、前半が本格的な上り坂となっていて、
最後の難関となっています。

2年前か3年前のこの大会で、僕はこのコース設定が頭に入っていなく、
この上り坂の前でムダにラストスパート未遂をしてしまい、そこからの
上り坂の途中で力尽きそうになってしまった苦い思い出があります(^^)

何とか最後の難関もクリアして、右に曲がって競技場の中に入りました。
たしか、この曲がる直前に時計を見たら1時間30分10秒くらいになっていて、

「あぁ~、今の手前からゴールまでが目標に届かなかった距離かぁ・・・・」

と疲れ切った頭の中でチラッと考えたような気がしますが、最後は競技場内の
綺麗な緑の人工芝の上を走って無事にゴール。
Roadracegoal
ゴール地点です。

ゴール後は、まずは手荷物預かり所に向いました。

去年のこの大会でも同じように、ゴール後すぐに手荷物を受け取りに
行ったのですが、去年は長い行列が出来ていて結構な時間がかかり、
冷たい風が吹く中、やや大変だった記憶があります。

しかし今年は大幅に改善されていて、全く待たずにスムーズに
流れ作業のように受け取れて、すぐに着替えが出来てありがたかったです(^^)

その後は、恒例のサザエ食品からのお汁粉サービスに並びました。
Sazae

Osiruko
これを補給して、肉体的にも精神的にも落ち着きました。

そして大会終了後の抽選会は今年もダメで、これで12連敗となりました……。
千葉ロッテの連敗日本記録まであと6年です。

次の大会は2週間後の11月6日(日)の「さっぽろさよならマラソン」の
ハーフとなります。これが今年の最終レースとなります。

先月の美唄、そして今月の札マラとロードーレースで、同じことを
書き続けていながらも達成できていない1時間30分切りですが、
さよならマラソンもしつこく「次こそは1時間30分切りを!」と繰り返します(^^)

|

« 「2016年 北海道ロードレース」の完走記(スタート前まで) | トップページ | 「2016年北海道ロードレース」の全完走者の結果が掲載((株)アイサムのページ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/64399428

この記事へのトラックバック一覧です: 「2016年 北海道ロードレース」の完走記(スタートしてから):

« 「2016年 北海道ロードレース」の完走記(スタート前まで) | トップページ | 「2016年北海道ロードレース」の全完走者の結果が掲載((株)アイサムのページ) »