« 北海高校が準決勝に進出!(夏の甲子園) | トップページ | 北海高校が決勝進出!(夏の甲子園) »

2016年8月20日 (土)

競歩の荒井選手が銅メダル獲得!(失格の裁定が覆る)

昨日の夜は、オリンピックの男子競歩50kmの中継を、
半分の25kmあたりから観ていました。

1周2kmのコースで、最後の1周に入ってから、3位の日本の荒井広宙選手が
後ろから来たカナダの選手に一旦抜かれてしまいました。

しかし、そこから荒井選手がスピードを上げ、再び抜き返そうとした時に、
両者の肩や肘のあたりに接触がありました。

そのすぐ後、カナダの選手が右脚に異変があったような感じになって
バランスを崩してペースダウンし、荒井選手が再び3位に浮上して、
最後は2位の選手にもかなり迫っての3位でのゴールとなりました。

「よしっ!銅メダルだ!」

と大喜びしたいところでしたが、あの接触が結果的には銅メダル争いに
大きく影響した形になったので、

「あれは問題にならないよね・・・・、大丈夫だよね・・・・・」

とやや不安になりながら、昨日の夜はそのまま寝ました。

そして朝起きて新聞を見ると「荒井選手は失格」となっていたので、
「あぁ~、あれはダメだったのか・・・」とがっくりと来たのですが、
それからNHKのデータ放送で結果一覧を見ると、

「競歩 荒井 銅」

となっていて、その前に「NEW」の文字もあったので「あれっ?」と
思って調べてみたら、失格の裁定後に日本陸連が国際陸連に抗議して、
異議が認められての銅メダルとなったとのことでした。

その問題の接触の場面、荒井選手が強引に前に出ようとして
接触が起こったようにも見えるし、カナダの選手が少し左によろめいて、
それで荒井選手が相手の左肘でブロックされたようにも見えるし、
テレビ中継の映像を観た限りでは良く分かりませんでした。

さらに、脚が絡まって転倒などというわけではなかったので、
あのレベルの接触で失格かどうかを議論すべきものかどうかも
疑問があったりしますが、とにかく良かったです!

今日は10kmほどのランニングをする予定ですが、この競歩中継の影響で、
走るのには変なフォームで走ってしまいそうです(^^)

|

« 北海高校が準決勝に進出!(夏の甲子園) | トップページ | 北海高校が決勝進出!(夏の甲子園) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/64084679

この記事へのトラックバック一覧です: 競歩の荒井選手が銅メダル獲得!(失格の裁定が覆る):

« 北海高校が準決勝に進出!(夏の甲子園) | トップページ | 北海高校が決勝進出!(夏の甲子園) »