« 「2016年日刊スポーツ豊平川マラソン」の全完走者の結果が掲載 | トップページ | Real Face/KAT-TUN(2006年) »

2016年5月 7日 (土)

LOVE/Mr.Children(1993年)

今日の朝、HBCラジオで室谷香奈子アナウンサーがやっている番組を
聞いていたところ、その番組内で、Mr.Childrenの「LOVE」という曲が
流されていました。

そして今日のお昼過ぎ、ラーメンを食べながらUHBで再放送されていた
ネプリーグを見ていたところ、林修先生が出題の漢字クイズで、

「手におえない」

の漢字を書かせる問題が出ていました。

ネプリーグの方では、解答者の山下智久くんがしっかりと「負えない」を書いて
正解していましたが、最初に取り上げたミスチルの「LOVE」の2番の冒頭にも、

「♪本当に手におえないよ~天気予報より嘘つきで~」

という歌詞があるので、思わぬ偶然に、妙にテンションが
上がってしまいました(^^)

このミスチルの曲は、1993年9月に発売された3枚目のアルバムの「Versus」の
8曲目に収録されている曲で、シングルにはなっていません。
Versus

ただ、その後のベストアルバムに収録されたりしたこともあって、
このアルバムの中では10曲目の「my life」とともに、それなりに
知名度は高いと思われます。

僕は、このアルバムの2か月後に発売された、4枚目のシングル曲の
「Cross Road」でミスチルの存在を初めて知りました。

たぶん、世間一般的にも『ミスチルは「Cross Road」で一気に大ブレイク』という
認識なのかなと思いますが、調べてみたら、その前のアルバムの「Versus」も、
オリコンのアルバム週間ランキングで初登場3位だったとのこと。

そういうブレイク寸前の下地があって、それから「Cross Road」が
「同窓会」というドラマの主題歌で使われ、ジワリジワリと売れ続けて、
ドラマが終わってから本格的にヒットしていったという、そんな歴史がありました。

ちなみにこの「同窓会」というドラマでは、まだTOKIOが「LOVE YOU ONLY」で
CDデビューする前の山口達也くんと国分太一くんが出演していて、
その中でウェディングドレスを着たというのが、良く話題にされています。

あのドラマの再放送は、今となってはなかなか難しいのかもしれません(^^)

話をミスチルの曲の「LOVE」に戻して、この曲は爽やかなメロディーに
騙されてしまいがちですが、この歌の中の主人公の男性には彼女がいながら、
他にも気になってしまう女性がいて、

「♪でもいいじゃない~それもまた一つの Love‥Love‥Love‥」

と締めています。

20年ちょっと前、「Atomic Heart」の後に過去のアルバムを買おうと、
今は無き琴似の玉光堂に行ったところ、このアルバムの陳列箇所に、

「男性の身勝手な恋愛観が表現された『Love』は特にオススメです」

のような店員さんの手書きの紹介文が添えてあって、それが妙に
今でも印象に残っています(^^)

|

« 「2016年日刊スポーツ豊平川マラソン」の全完走者の結果が掲載 | トップページ | Real Face/KAT-TUN(2006年) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/63595557

この記事へのトラックバック一覧です: LOVE/Mr.Children(1993年):

« 「2016年日刊スポーツ豊平川マラソン」の全完走者の結果が掲載 | トップページ | Real Face/KAT-TUN(2006年) »