« 稲本のゴールで首位のセレッソ大阪に勝利! | トップページ | 内村の決勝ゴールで2位に浮上(北海道コンサドーレ札幌) »

2016年4月24日 (日)

ビシエドの満塁ホームランで逆転勝利!

今日は正午過ぎから40分ほどのランニングをしてきました。
走った距離は7kmほどだったと思います。

昨日の20kmちょっとの長距離走の影響で、両脚の太ももの前側が
少しダルい感覚があったので、ゆっくりのペースで走ってきました。

風は少し強かったですが、正午の札幌市の気温が13.9℃ということで、
暑くも寒くもないような、走り易い状況でした。

家に帰ってからはアタック25を見て、1975年の放送開始の年に
参加したことがあるという年配の赤の回答者の人が、最後の
プレーオフの問題まで行くという奮闘ぶりに胸が熱くなりました(^^)

そして今日のプロ野球では、我らが中日ドラゴンズがヤクルト相手に8回裏、
2点負けている状態から、ビシエドの起死回生の逆転満塁ホームランが出て
見事な逆転勝利!!

これから、呼び捨てでは無くて「ビシエド様」と呼ばさせていただきます。

ヤクルト相手の逆転満塁ホームランというと、4年前のクライマックスシリーズで、
ブランコがバーネットから打ったシーンを思い出しました。

そのビシエド様の満塁ホームランで逆に2点リードを奪った9回表、
抑え投手の福谷が登場。

1アウトから、昨日と全く同じように大引にストレートの四球を。
福谷は大引に対して、よっぽど投げにくい何かがあるのでしょうか。

さらにヒットで繋がれて1アウト1塁2塁のピンチとなり、昨日の悪夢の
再現になるのではと、かなり不安になりました。

その後の中村、田中には、内容的には打ち取ってはいたのですが、
どちらも三遊間のショート方向へ非常に嫌らしい当たりが。

正直、ショートを守っていたのが堂上直倫じゃなかったら、どちらも内野安打に
なっていたのではというような微妙な当たりで、しかしそこは守備に限定すれば
頼もしさ満点の堂上直倫、

「守備の安定感は抜群で、そこそこ打てるショート」

を目指して、1年間、スタメン固定で出場できるように祈るばかりです。
とにかく今日は、最後の堂上直倫の安定した守備の2連発で5-3の勝利に。

今日のプロ野球の他の試合では、西武×楽天が「西武7-6楽天」という結果で、
西武の7点は「メヒアのソロ、メヒアの2ラン、メヒアの満塁弾」の7点ということで、
サイクルホームランまで残りは3ランだけだったようで、これは凄過ぎます(^^)

|

« 稲本のゴールで首位のセレッソ大阪に勝利! | トップページ | 内村の決勝ゴールで2位に浮上(北海道コンサドーレ札幌) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/63531069

この記事へのトラックバック一覧です: ビシエドの満塁ホームランで逆転勝利!:

« 稲本のゴールで首位のセレッソ大阪に勝利! | トップページ | 内村の決勝ゴールで2位に浮上(北海道コンサドーレ札幌) »