« 北島寿典(安川電機)のオリンピック代表が濃厚に<2016年びわ湖毎日マラソン> | トップページ | 久しぶりの本格的なランニング »

2016年3月13日 (日)

1秒差の決着で田中智美(第一生命)がリオ五輪代表へ!!<2016年名古屋ウィメンズマラソン>

今日、午後1時過ぎにキックオフとなった北海道コンサドーレ札幌の
札幌ドームのホーム開幕戦、UHBのテレビ中継で観ていましたが、

「北海道コンサドーレ札幌 1-1 愛媛FC」

という結果になりました。テレビ観戦の感想としては、

「新外国人選手で加入のジュリーニョがとにかく巧い!」

というのが最も印象的で、引き分けという結果は残念ながらも、
これからのジュリーニョに対しての期待感が一気に増大しました
(最後の叩きつけ過ぎたヘディングシュートは無念でしたが・・・)。

さて、今日の午前中に名古屋で行われた女子マラソンでは、終盤の
田中智美選手(第一生命)と小原怜選手(天満屋)の争いが事実上、

「1cmでも先にゴールした方がオリンピック代表、1cmでも後ろになった選手は
オリンピックに行けない」

という形になっていたので、テレビの前でかなり興奮しました!

--------
◎名古屋ウィメンズマラソン2016 結果

1位:E.キルワ(バーレーン) 2:22:40
2位:田中 智美(第一生命) 2:23:19
3位:小原 怜(天満屋) 2:23:20
4位:清田 真央(スズキ浜松AC) 2:24:32
5位:岩出 玲亜(ノーリツ) 2:24:38
6位:桑原 彩(積水化学) 2:25:09
7位:竹地 志帆(ヤマダ電機)2:25:29
8位:B.モジェス(エチオピア) 2:26:36

ペースメーカーが外れた30kmからレースは大きく動き、 6人の先頭集団から
キルワ選手がペースを上げて抜け出し、 それに付いていこうとしたのが田中選手。

小原選手も他の日本人選手とは差を開き、前の田中選手と
10秒程度の差を保ってレースが進んでいきました。

キルワ選手の30km~31km、31km~32kmのラップタイムが ともに3分13秒と
いうことで、その直前のキロ3分25秒あたりから 急激にペースアップをしました。

田中選手もキルワ選手にそれほど離されずに走っていたので、
キロ3分15秒くらいのペースだったと思われます。

「30kmからの一気のペースアップ」

というのはここ2週間、東京の服部選手とびわ湖の丸山選手が同じように
勝負を賭け、そして最後にペースダウンをして抜かれてしまうという、
そんな展開が続いていました。

今日も、田中選手が35kmあたりからどのくらいペースダウンしたかは
分かりませんが、後ろから小原選手が37kmで追いつき、しばらくは
基本的に前が小原選手、後ろが田中選手という、そんな形になりました。

しかし、追いつかれてからの田中選手も引き離されずに、
ここからのゴールまでの2人の争いが壮絶でした。

おそらく、40kmを過ぎたあたりからは、田中選手が少し前に出て
ほぼ並走状態となり、そしてナゴヤドームの外の敷地に入ったあたりから
田中選手が若干前に出て、ドームの中でのスパート合戦を制した田中選手が、
リオ五輪の代表の座をほぼ確定させました。

最後はテレビの前で、思わず大きな声を出してしまいました(^)

天満屋は、2000年のシドニーから4大会連続でオリンピックの女子マラソンの
代表選手を送り込んでいて、そこは途切れることになりそうですが、今日の
小原選手の走りも最後まで素晴らしかったです。

天満屋のオリンピック代表選考レースへの調整能力は、
ホントに安定感があります。

優勝したキルイ選手は、去年に続いての優勝で名古屋2連覇となり、
さすが去年の世界陸上のマラソン銅メダリストだけあって、強かったです。

それと初マラソンとなった、

4位:清田 真央(大塚製薬) 2:24:32
6位:桑原 彩(スズキ浜松AC) 2:25:09

の2人も、初マラソンのタイムとしては日本歴代でも結構上位に
入っていると思います。大健闘でした。

これでオリンピック代表の3枠は、

伊藤 舞(大塚製薬)・・・世界陸上7位入賞で内定
福士 加代子(ワコール)・・・派遣設定タイムの2時間22分30秒を切って大阪優勝

そして今日の田中選手でスンナリと決まりとなりそうです。

田中選手は1年前の世界陸上の代表選考で謎の(?)落選をしましたが、
その分の悔しさもバネに しっかりと結果を残し、胸が熱くなりました。

|

« 北島寿典(安川電機)のオリンピック代表が濃厚に<2016年びわ湖毎日マラソン> | トップページ | 久しぶりの本格的なランニング »

コメント

こんばんは。
田中選手が日本人トップでゴールした時、涙が止まりませんでした。小原選手の走りも素晴らしかったですね。
本当に前回は謎の落選でしたが今回は間違いないですね。
そして野口選手も、早くから遅れたのにもかかわらずしっかり完走されて良かったです。最後の笑顔のゴールにこちらも涙しました。

投稿: 苗坊 | 2016年3月13日 (日) 21時57分

>苗坊さん

こんばんは~。

1年前の世界陸上の落選もあって、田中選手を応援していたのですが、
最後の田中VS小原の闘いはそのような感情も完全に超えるくらいに、
ホントに壮絶でしたね。

野口選手も、序盤で早々に遅れてしまって、悲愴感が漂うのかなと思いましたが、
予想に反して笑顔のゴールで、ひそかに僕もテレビの前で泣きました。

ゴールタイムの2時間33分というのは、代表争いのレベルはともかくとして、
まだ充分に早いのですが(^^)

投稿: しげた | 2016年3月13日 (日) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/63341293

この記事へのトラックバック一覧です: 1秒差の決着で田中智美(第一生命)がリオ五輪代表へ!!<2016年名古屋ウィメンズマラソン>:

« 北島寿典(安川電機)のオリンピック代表が濃厚に<2016年びわ湖毎日マラソン> | トップページ | 久しぶりの本格的なランニング »