« 福士加代子(ワコール)がリオ五輪代表へ大きく前進!<2016年大阪国際女子マラソン> | トップページ | 名古屋の男に »

2016年2月 1日 (月)

韓国に逆転勝利で、アジアU-23選手権の頂点に!(男子サッカー U-23代表)

1日遅れのネタとなりますが、男子サッカー代表(U-23)のネタで。

0-2で負けている状態の中、後半20分過ぎからの痛快な逆転劇でした!

---------------
サッカー:AFC U-23選手権・決勝 日本VS韓国

日本3-2韓国  
 前半20分:クォン・チャンフン(韓国)  
 後半 2分:チン・ソンウ(韓国)  
 後半22分:浅野 拓麿(日本)  
 後半23分:矢島 慎也(日本)  
 後半36分:浅野 拓麿(日本)
---------------

日本時間で午後11時45分にキックオフとなったこの試合。

眠気に負けて、布団の中に入ってテレビ中継をラジオ代わりにして、
途中まで半分寝ながら観ていた(聞いていた)ので、今回はあまり
書ける内容がありません。

しかし、後半22分の浅野選手のゴールでの松木安太郎さんの叫び声を
聞いて、ようやく布団の中から出て、テレビ観戦を開始しました。

その直後、左サイドの山中選手からのクロスを矢島選手が頭で押し込んで、
2-2の同点に追いつきました。まだ少し寝ぼけていたので、

「こんなに立て続けにゴールが決まるなんて、これは夢か?」

と不安になりました(^^)

その同点ゴールのシーン、クロスが上がった瞬間、どの選手かは
分かりませんがニアに走っていて相手選手を引き連れて、その後ろの
矢島選手がフリーになるという、お手本のような綺麗なゴールでした。

その後は一進一退という感じで、シュートコースを空けてしまって韓国に
ゴール右隅に強烈なシュートを打たれてしまい、それをGK櫛引選手が
バレーのレシーブのような 好セーブで外に弾きだしたりの危険な場面もあり、
いよいよ後半36分に歓喜の場面が。

韓国がクリアした浮き球を、中島選手がダイレクトで前方の浅野選手の
前のスペースへ、絶妙なタイミングのパスを。

抜け出した浅野選手が競り合ってきた相手選手を上手くブロックして
前に入り、 そして落ち着いてゴールへと蹴りこみました。

昨シーズンのJリーグが終わったあと、「なかなか浸透していないようで」と
本人が言っていた記憶がある、ゴール後の「ジャガーポーズ」。

今回のこの一発で、きっと知名度は一気に上がったことでしょう。

逆転後はしっかりと時間を使って残り10分ほどを凌ぎきり、
見事に優勝となりました!

そんなわけで、僕は後半途中からの美味しい場面しか
観ていなかったのですが、 前半は完全に韓国ペースで、
「0-1」で終われたのがかなりラッキーとも 言えるような
展開との話が。

それはそれとしてまだ足りない部分と受け止めて、今回の経験と自信を
生かして、 さらにレベルアップしてほしいと願うばかりです。

この後、選手たちはそれぞれの所属チームに戻ることになります。

Jリーグの開幕までもう1ヶ月を切っていて、今回の代表メンバーの中には、
遠藤(湘南→浦和)、櫛引(清水→鹿島)のように今シーズンから新しい
チームに移籍となっている選手も何人もいます。

まずはチームで出場機会を得られるよう、そしてサッカー界を
もっと盛り上げてくれるよう、大いに期待しています。

|

« 福士加代子(ワコール)がリオ五輪代表へ大きく前進!<2016年大阪国際女子マラソン> | トップページ | 名古屋の男に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/63151837

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国に逆転勝利で、アジアU-23選手権の頂点に!(男子サッカー U-23代表):

« 福士加代子(ワコール)がリオ五輪代表へ大きく前進!<2016年大阪国際女子マラソン> | トップページ | 名古屋の男に »