« 好きな女性タレントランキング(週刊ベースボール選手名鑑2016年度版より) | トップページ | 最終予選への進出決定!(男子アイスホッケー五輪2次予選) »

2016年2月13日 (土)

明日、ウクライナとの最終予選進出を賭けた決戦に(男子アイスホッケー五輪2次予選)

2018年の韓国ピョンチャンでの冬のオリンピックはまだ2年後ですが、
男子アイスホッケーの予選は早くも大きな大会を迎えています。

2月11日 クロアチア
2月13日 ルーマニア
2月14日 ウクライナ

という日程で札幌市の月寒体育館で行われている2次予選。

全試合がNHK-BS1で生中継されているので、2日前のクロアチア戦、
そして今日のルーマニア戦と中継を観ました。

4チームの総当たりのリーグ戦で、1位だけが最終予選へと進出できる
ということで、 実際にはトーナメントに近い感じです。

アイスホッケーは1ピリオド20分の「20分×3ピリオド」で行われるのですが、
日本代表は1戦目、2戦目とともに1ピリオドは攻めながらも得点を奪えず、
しかし2ピリオドに待望の先制点が生まれ、結果としては、

日本 3-0 クロアチア
日本 7-0 ルーマニア

という結果で2連勝となりました。

最後の相手のウクライナも同様の2連勝となっていて、明日が分かりやすい
最終決戦で、 勝った方が最終予選に進出となります。

4年前の2012年に行われたソチ五輪の2次予選もほぼ同じような状況で、
日本は2戦目が延長勝ちで勝ち点1が削られてはいましたが、ともに2連勝の
イギリスとの最終決戦で、

「60分で勝てば次に行ける!」

という中で0-2で負けて、そこで終了となりました。

・日本の地元開催
・NHK-BSが3試合とも生中継をしてくれている

という恵まれた状況で、日本ではメジャースポーツとは言えない
アイスホッケーに 少しでも注目を集めたい中での敗退となりました。

もちろん選手達は全力を尽くしていて、スポーツは一方が勝てば、
一方が負けるのが 常であるのは充分に分かっているのですが、
それでも正直な気持ちとして、

「せっかくのチャンスで、何やってるんだ・・・・・」

という残念な気持ちで一杯になったのを覚えています。

それから4年後の2016年、ほぼ同じような状況となっての
明日の最終決戦となります。

ここを勝ち抜けても、まだ最終予選への進出の切符を手にするというだけで、
最終予選はさらに厳しい戦いとはなりますが、まずはその挑戦権を得られるよう、
明日のウクライナ戦は全力で勝利を願います(^^)

明日も午後6時に試合開始で、NHK-BS1で生中継されます。

|

« 好きな女性タレントランキング(週刊ベースボール選手名鑑2016年度版より) | トップページ | 最終予選への進出決定!(男子アイスホッケー五輪2次予選) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/63206906

この記事へのトラックバック一覧です: 明日、ウクライナとの最終予選進出を賭けた決戦に(男子アイスホッケー五輪2次予選):

« 好きな女性タレントランキング(週刊ベースボール選手名鑑2016年度版より) | トップページ | 最終予選への進出決定!(男子アイスホッケー五輪2次予選) »