« 愛知県が15年ぶりの優勝(2016年全国都道府県対抗男子駅伝) | トップページ | 劇的ゴールでリオ五輪出場決定!(サッカー男子五輪最終予選) »

2016年1月25日 (月)

琴奨菊が初優勝(大相撲初場所)

今日の札幌市の最低気温は-10.7℃ということで、今シーズンの冬で
初めてのマイナス2桁にいきました。

さて、1日遅れの話題となりますが、昨日千秋楽を迎えた大相撲初場所。

13勝1敗で単独トップの琴奨菊は豪栄道との対戦でした。

勝ってすんなりと優勝を決めてほしいと願いながらも、寄っていった時に
豪栄道の得意技(?)の首投げを喰らうシーンが妙に頭に浮かんできて、
不安もありました。

しかし、鋭い出足から最後は突き落としでの文句の無い勝利で、
見事に初優勝を決めました。優勝が決まった瞬間の、国技館に
応援に来ていた父親の姿を見て、僕も思わず泣きそうになりました(^^)

日本出身力士としては、2006年初場所の栃東以来、
ちょうど10年ぶりの優勝に。

昨日のテレビ解説の北の富士さんも言っていましたが、
その久しぶりの優勝を琴奨菊がやり遂げるとは、
場所前は正直、全く思っていませんでした。

「日本出身力士」「日本生まれの力士」などの回りくどい表現からも
解放されて何よりです。

昨夜のNHKのサンデースポーツに生出演していて、

「場所前に稀勢の里と多くの稽古をして、あの強い稀勢の里に
 良い感じで立ち合いに当たれていたので、手ごたえをつかんだ」

というような発言をしていました。

今場所の琴奨菊の優勝に奮起して、来場所こそは稀勢の里が・・・・・、
と言いたいところですが、稀勢の里は期待を集めるとダメなので、
期待しないで期待しておきます(^^)

|

« 愛知県が15年ぶりの優勝(2016年全国都道府県対抗男子駅伝) | トップページ | 劇的ゴールでリオ五輪出場決定!(サッカー男子五輪最終予選) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/63121740

この記事へのトラックバック一覧です: 琴奨菊が初優勝(大相撲初場所):

« 愛知県が15年ぶりの優勝(2016年全国都道府県対抗男子駅伝) | トップページ | 劇的ゴールでリオ五輪出場決定!(サッカー男子五輪最終予選) »