« 2015年のベストソング決定 | トップページ | 青山学院大が往路優勝(2016年箱根駅伝・往路) »

2016年1月 1日 (金)

トヨタ自動車が2年連続の優勝(2016年ニューイヤー駅伝)

優勝したトヨタ自動車と2位のコニカミノルタとの差が最終的に21秒差で、
結果的には「犬による妨害の差」とも言えるような結果となってしまいました。

●第60回 全日本実業団対抗駅伝大会(7区間100キロ) 結果

優勝:トヨタ自動車 4:52:15
2位:コニカミノルタ 4:52:36
3位:トヨタ自動車九州 4:53:32
4位:Honda 4:53:40
5位:DeNA 4:54:10
6位:日清食品グループ 4:56:12
7位:旭化成 4:56:14
8位:安川電機 4:56:33
9位:日立物流 4:58:07
10位:九電工 4:58:08

1区からいろいろと書きたいのですが、それを全部書くとあまりに
長くなり過ぎるので、多くは割愛します。

旭化成は1区に鎧坂選手を起用したので、早い段階で選手がバラける
高速の1区になるかなと思っていたのですが、鎧坂選手が故障明けという
こともあってか、逆に牽制し合うような1区になり、トップから最下位の43位まで、
わずか53秒差の中で全チームがタスキ渡しをするという展開に。

2区のインターナショナル区間では、2位か3位の集団にいた
コニカミノルタのクイラ選手が、途中で転倒するというアクシデントが。

僕は映像では確認できなかったのですが、沿道の犬が
飛び出してきて、それにより転倒したようだという解説が。

もしそれが本当だとしたら、正直言って勘弁してほしいです‥‥。

それでクイラ選手にどのくらい影響があったかは断言できませんが、
そこでの10秒~20秒ほどのロスが結果的には大きかったのかも。

3区ではDeNAの上野選手が区間賞でトップに。久しぶりに上野選手の
好走を観たような気がします。

その3区では、室蘭大谷高校出身のコニカミノルタの菊地選手が
上野選手に続いて区間2位に。

昨シーズンはハーフマラソンで1時間00分台を2回出して絶好調でしたが、
今シーズンはイマイチ結果が出ていなかったようで心配していました。

そのため、今日の結果は非常に嬉しかったです。北海道の星として、
リオ五輪代表の座を掴むことを願っています。

4区では、Hondaの設楽悠太選手が去年に続いて2年連続の
区間賞&区間新という素晴らしい走りでトップに。

Hondaの初優勝が見えてきたかもと思ったのですが、
5区の服部選手が不発だったのが痛かったです。

その5区の個人記録では、

1位 山本 浩之(コニカミノルタ)
2位 今井 正人(トヨタ自動車九州)
3位 宮脇 千博(トヨタ自動車)

ということで、29歳のコニカミノルタの山本選手がトップを激しく追い上げて、
トップのトヨタ自動車から僅か2秒差で6区へとタスキ渡しを。

山本選手は去年2月の別府大分マラソンで3位に入っていて、
フルマラソンを走る選手が駅伝でも活躍してくれるのは嬉しいです。

今井選手も、昨夏の髄膜炎という病気からの復活の走りが観られて
安心しました。男子マラソンの代表争いでは1番期待しています。

6区に入った段階で、

1位 トヨタ自動車
2位 コニカミノルタ 2秒差

という状態で、さらにトヨタ自動車の6区が田中選手というのは、
ともに1年前とほぼ同じ状況でした。

そしてここで田中選手が突き放したのも、1年前のVTRを観ているようでした。
この6区では、36歳のHondaの石川選手も区間3位と健闘しました。

アンカーの7区に入った段階で、

1位 トヨタ自動車
2位 コニカミノルタ 33秒差

となりましたが、コニカミノルタの野口選手が差を詰めて、
一時期は10秒差近くまで詰めたようです。

しかし、ここでトヨタ自動車のルーキーの山本選手が
踏ん張って逃げ切りました。

山本選手は、早稲田大学時代に箱根5区の山登りで奮闘していた
走りが印象的で、応援している選手です。

しつこいですが「犬が‥‥」というのが残念ながらも、
あれこれと見応えのあるレースとなりました(^^)

-------
区間賞

1区 若松 儀裕(日清食品グループ)
2区 P.タヌイ(九電工) 
3区 上野 裕一郎(DeNA)
4区 設楽 悠太(Honda) 区間新
5区 山本 浩之(コニカミノルタ)
6区 田中 秀幸(トヨタ自動車)
7区 野口 拓也(コニカミノルタ)

|

« 2015年のベストソング決定 | トップページ | 青山学院大が往路優勝(2016年箱根駅伝・往路) »

コメント

こんばんは。
トヨタの連覇は素晴らしかったのですが、もやもやが残る大会でした。すべてはたらればになってしまうので何も言いませんが、私は2区のその時の映像を見ました。
車道に思いっきり出てきてそれで躓いて転んでしまったんですよね。よくそこまでペースダウンしないで走りきれたなと思いました。
宇賀地選手や設楽選手が思うような結果ではなかったのもありますけど、でもやっぱり色々考えてしまう部分は有ります。
個人的にはルーキーも活躍していましたが、若松選手や、上野選手、山本選手、今井選手など同世代のアラサーの選手たちが活躍していたのがうれしかったです^^

投稿: 苗坊 | 2016年1月 1日 (金) 17時26分

>苗坊さん

こんばんは~。

2区の例の件は、先ほどYouTubeで動画を確認しましたが、
アレはちょっとアレでしたね・・・・。

それと38歳の僕にとっては、テレビ中継の実況で20代後半の選手達を「ベテラン」と
言っていたのには抵抗したい気分になりました(^^)

その選手達が良い走りをしたのは頼もしかったです。

明日からは箱根駅伝ですね!

投稿: しげた | 2016年1月 1日 (金) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/62982565

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ自動車が2年連続の優勝(2016年ニューイヤー駅伝):

« 2015年のベストソング決定 | トップページ | 青山学院大が往路優勝(2016年箱根駅伝・往路) »