« 「2016年日刊スポーツ豊平川マラソン」は5月5日に | トップページ | 韓国に逆転勝利で、アジアU-23選手権の頂点に!(男子サッカー U-23代表) »

2016年1月31日 (日)

福士加代子(ワコール)がリオ五輪代表へ大きく前進!<2016年大阪国際女子マラソン>

昨日のこのブログの最後に、
-----------
福士加代子さんが2時間20分~21分くらいのタイムで爆走して、
一気に代表を決めることを期待しています。
-----------

と書いたのですが、それに近いような結果となって嬉しかったです。
解説の増田明美さんもゴール前から泣いてしまったようで(^^)

------------
第35回大阪国際女子マラソン 結果

1位 福士 加代子(ワコール)2:22:17
2位 堀江 美里(ノーリツ)2:28:20
3位 竹中 理沙(資生堂)2:29:14
4位 ディアナ・ロバチェブスケ(リトアニア)2:30:09
5位 重友 梨佐(天満屋)2:30:40
6位 加藤 岬(九電工)2:21:04
7位 東本 彩(十八銀行)2:31:28
8位 宮内 宏子(ホクレン)2:32:40
------------

序盤から、キロ3分20秒=5キロ16分40秒くらいの早いペースで進みました。

このペースで単純にゴールタイムを計算すると、2時間20分40秒ほどになります。

国内レースでの日本人の最高記録は、2003年の野口みずき選手が
この大会で出した2時間21分18秒なので、それを余裕で上回るペース。

序盤から、先頭集団は福士、竹中、重友、加藤、チェピエゴの5人に。

「この早いペースなら終盤、全員が失速して、後方にいる選手が追い抜いて
最終的には優勝する展開もあり得るかも」

と思いながら前半は観ていて、2位になったのが後方から追い上げた
堀江選手だったので、その想像はあながち間違いではありませんでしたが、
25キロあたりから独走となった福士選手が今日は凄かったです。

30キロを過ぎてペースメーカーが外れて残り12キロ。

「失速しないでこのまま行ってくれ・・・」とドキドキしながら観ていて、
30キロ以降は、1キロのペースが3分25秒~3分30秒くらいまでは
落ちていたようですが、そのくらいの落ち方ならそれほど問題は無く、
そのペースで最後まで走り切って、2時間22分17秒でのゴールとなりました。

日本陸連が設定した派遣設定タイムが2時間22分30秒。

これは、このタイムを切った選手を優先的に選ぶというものでしたが、
ここも見事にクリアしました。

昨年8月の世界陸上で伊藤舞選手(大塚製薬)が7位入賞して、
代表枠は残り2枠となっています。

今回で福士選手も内定と言いたいところですが、3月の名古屋で
2時間22分30秒を切る選手が2人以上出たらまだ分からないので、
今回の記事のタイトルは「代表へ大きく前進!」という表現にしました。

その名古屋で出場が考えられる選手では、ともにダイハツの前田彩里選手と
木崎良子選手が、万全の状態で気象条件も良かったら、2時間22分30秒切れる
充分に可能性はあると思います。

もし名古屋で2人以上、そのタイムが出たらどうするんだろうと、今から
変に心配になっていますが、それは非常にレベルの高い中での嬉しい
心配事なので、それはそうなった時に じっくりと悩みます。

それと、大阪国際女子マラソンと言えば、一昔前はリディア・シモン、
そして今はガメラ・シュメルコということで、ウクライナのガメラ選手が
去年まで3年連続で1番早くゴールしていました(微妙な表現ですが)。

ドーピング問題がなく今年も出場していたら、福士選手との終盤までの
争いがあって、 福士選手のタイムももっと上がっていて2時間21分台も
出ていたかもと思うと、あれこれ残念な気分も持ちました。

それはともかく、福士選手の快走にスッキリとした気分になった
日曜日の午後となりました。

|

« 「2016年日刊スポーツ豊平川マラソン」は5月5日に | トップページ | 韓国に逆転勝利で、アジアU-23選手権の頂点に!(男子サッカー U-23代表) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/63147890

この記事へのトラックバック一覧です: 福士加代子(ワコール)がリオ五輪代表へ大きく前進!<2016年大阪国際女子マラソン>:

« 「2016年日刊スポーツ豊平川マラソン」は5月5日に | トップページ | 韓国に逆転勝利で、アジアU-23選手権の頂点に!(男子サッカー U-23代表) »