« 新十津川町 | トップページ | HTB(北海道テレビ)は3連覇?<アタック25の女性アナウンサー大会> »

2016年1月17日 (日)

アンカー区間での逆転で愛知県が初優勝(2016年全国都道府県対抗女子駅伝)

去年に続いて、アンカー区間の9区(10km)での劇的な優勝決定となりました。

-----------
●第34回 全国都道府県対抗女子駅伝(9区間 42.195km)

優勝:愛知 2:16:02
2位:兵庫 2:16:22
3位:群馬 2:16:28
4位:京都 2:16:35
5位:千葉 2:16:59
6位:東京 2:17:25
7位:福岡 2:17:39
8位:長崎 2:17:47
9位:神奈川 2:17:52
10位:静岡 2:17:58

21位:北海道 2:20:10

優勝争いは、7区が終わった段階で、

1位 京都 
2位 兵庫 44秒差
3位 群馬 51秒差
4位 愛知 1分14秒差

という状況で8区の中学生区間に入ったのですが、
ここでトップの京都の村尾選手が区間記録タイの爆走をして
さらに後ろを離して、9区のアンカー区間(10km)にタスキ渡しをした時点では、

1位 京都 
2位 兵庫 1分13秒差
3位 群馬 1分16秒差
4位 愛知 1分37秒差

で、ここでは京都の優勝が濃厚と思われました。

しかし、このアンカー区間で兵庫の竹地選手、群馬の西原選手、
そして愛知の鈴木選手がトップの京都を激しく追い上げて、
大逆転が起こるか京都が逃げ切るか、ハラハラの最終盤となりました。

結果は、4位でスタートした愛知の鈴木選手が残り1.5kmのあたりで
遂にトップまで浮上して、そのままどんどんと差を開いて、愛知の
初優勝のゴールテープを切りました。

最後はテレビの前で興奮しっ放しでした(^^)

京都のアンカーの奥野選手は、2月末の東京マラソンを目指して
練習をしているとのことで、その疲れが想像以上に残っていたのか、
少し気の毒な走りになりました。

駅伝の扱いとしてはあくまで、「個人のフルマラソン>駅伝」なので、
とにかく自身のフルマラソンで奮闘した走りを見せてほしいです。

その9区では、当然のように鈴木選手が区間賞と思ってdボタンを押したところ、
鈴木選手よりも、東京の関根選手が12秒早く走っていてビックリしました。

たしかに、東京チームの選手が6位でゴールに入ってきたのを見て、

「あれっ?東京ってそんなに上位にいたっけ?」

と思ったのですが、13位でタスキを受け取ってから6位まで順位を上げた、
素晴らしい走りだったようです。

この関根選手は、鈴木選手と同じ日本郵政グループ所属の、
豊川高校出身のまだ19歳ということで、これから注目したいです。

そして僕の地元の北海道チームは、1区でホクレン所属の清水選手が、
序盤から先頭集団の前の方で引っ張るような形になって、結果的には
トップと12秒差の9位で2区へタスキ渡しを。

正直、清水選手の実力からいけば、今日の展開なら区間賞まで
いってほしかったので少し物足りなさもありましたが、それでも
まずは期待通りの順調な出だしとなりました。

2区のホクレンの菊地選手も、区間15位の走りで1つだけ順位を落とした10位で
タスキを渡して、その後も何とか粘って、アンカーのホクレンの宮内宏子選手は
23位でのスタートなりました。

去年の北海道チームの総合成績も23位で、

「今年は1つでもいいから、去年よりも良い順位を・・・・」

と願いながら中継を観ていたので、宮内選手にその願いを託したのですが、
宮内選手は区間12位の走りで2人を抜いて21位でゴールして、総合タイムも
北海道チームとして過去最高タイムを更新したとのことで、まずまず満足できた
結果となりました(^^)

<区間賞>
1区:安藤 友香(静岡)(スズキ浜松AC)
2区:加世田 梨花(千葉)(成田高)
       倉岡 奈々(鹿児島)(鹿児島女高)
3区:廣中 璃梨佳(長崎)(桜が原中)
   西原 愛華(愛媛)(新居浜西中)
4区:太田 琴菜(京都)(立命館大) 
5区:真部 亜樹(京都)(立命館宇治高)
6区:筒井 咲帆(群馬)(ヤマダ電機) 区間新
7区:和田 優香里(京都)(立命館大)
8区:村尾 綾香(京都)(桂中) 区間タイ
9区:関根 花観(東京)(日本郵政グループ)

|

« 新十津川町 | トップページ | HTB(北海道テレビ)は3連覇?<アタック25の女性アナウンサー大会> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/63081455

この記事へのトラックバック一覧です: アンカー区間での逆転で愛知県が初優勝(2016年全国都道府県対抗女子駅伝):

« 新十津川町 | トップページ | HTB(北海道テレビ)は3連覇?<アタック25の女性アナウンサー大会> »