« HTB(北海道テレビ)は3連覇?<アタック25の女性アナウンサー大会> | トップページ | 愛知県が15年ぶりの優勝(2016年全国都道府県対抗男子駅伝) »

2016年1月23日 (土)

イランに勝利でリオ五輪まであと1勝(サッカー男子五輪最終予選)

日本時間で昨夜の10時30分にキックオフとなったサッカー男子
オリンピック最終予選、 決勝トーナメントの準々決勝で、

日本3-0イラン(延長戦)  
 延長前半6分:豊川 雄太(日本)
 延長後半4分:中島 翔哉(日本)  
 延長後半5分:中島 翔哉(日本)

という結果になり準決勝に進出。3枠あるオリンピック出場決定まで、
あと1勝になりました。

簡単に試合を振り返ると、前後半の90分は、

「良かった点は、失点しなかったことのみ(+クロスバー選手の活躍)」

と言いたくなるくらいに、なかなかチャンスも作れずに、
イライラとするような試合展開でした。

そんな展開の中、最初の選手交代は後半37分(久保→浅野)。

もちろん、早く交代選手を投入すれば良いというわけではないですが、
それでもなかなか交代が無くて、テレビの前でイライラが増大していました(^^)

その後、後半43分に矢島→豊川の交代もあり、そんなこんなで延長戦に突入。
勝つには、このまま0-0でいってPK戦に託すしかないかなという気もありました。

しかし、延長に入ってから、右の室屋選手、左の亀川選手から立て続けに
良いクロスが入って、ゴール前で合えばという惜しいシーンが続きました。

そこで少し期待感が出てきた延長前半6分、右サイドの室屋選手からの
鋭いクロスを、途中出場の豊川選手が頭でゴールに叩きこみました!

豊川選手と言えば、3年前の冬の高校サッカーの全国大会の1回戦、
熊本の大津高校3年生で背番号10番で出場し、優勝候補の一角と
言われながら、 1回戦でPK戦で敗れました。

そのPK戦で5人目のキッカーで登場したのが豊川選手。そしてキックが
ポストを叩いて、その瞬間に大津高校の敗戦が決定。

相手チームが北海道代表の旭川実業高校で、テレビの中継を観ていた
僕は勝利には大喜びしながらも、PK戦決着というのは勝っても負けても
あまり好きではないので、やや複雑な気分にもなったのを覚えています。

その豊川選手が3年後、大きな仕事をやったわけで、胸が熱くなりました。

話を試合に戻して、延長戦の後半に入ってからは中島選手が両方ともに
美しい連続ゴールを決めて、完全に勝利を決定づけました。

正直言うとこの中島選手、キックオフからゴールを決めるまでの110分あまり、

「ドリブルを仕掛けようとしては潰されてボールを奪われる」

というシーンが目立って、ずっとテレビの前でブツブツ文句を
言っていたのですが、手の平を返させていただきます(^^)

とはいえ、今日の試合を観た限りでは、中島選手は試合後半の疲れた時に
出てくるスーパーサブ的な起用の方が、今回の代表の中では適任かなとは
思いました。

とにもかくにも「アジアでの準々決勝の壁」を乗り越えた次戦は、
イラクとUAEの勝者と1月26日(火)に対戦します。

ずっと中2日で来た日程が、次は中3日での試合となります。

それでも厳しい日程には変わりませんが、延長戦まで戦ったことを考えれば、
相手が中2日で、日本が中3日なのは非常にありがたいです。

そして試合開始時間も、今までと同じく日本時間で夜10時30分キックオフで、
こちらも観やすい時間で非常にありがたいです。

次でリオ五輪を決められるように、火曜日もテレビの前で応援します。

|

« HTB(北海道テレビ)は3連覇?<アタック25の女性アナウンサー大会> | トップページ | 愛知県が15年ぶりの優勝(2016年全国都道府県対抗男子駅伝) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/63106895

この記事へのトラックバック一覧です: イランに勝利でリオ五輪まであと1勝(サッカー男子五輪最終予選):

« HTB(北海道テレビ)は3連覇?<アタック25の女性アナウンサー大会> | トップページ | 愛知県が15年ぶりの優勝(2016年全国都道府県対抗男子駅伝) »