« 2015年福岡国際マラソン(佐々木悟が日本人トップの3位) | トップページ | 三浦大輔(DeNA)が来シーズンの現役最年長選手に »

2015年12月 7日 (月)

アビスパ福岡がJ1昇格(初めて年間3位が勝ち抜け)

昨日の夕方は、午後3時30分過ぎにキックオフとなった
J1昇格プレーオフ決勝の、

「アビスパ福岡(年間3位)×セレッソ大阪(年間4位)」

の試合中継を観ていました。

結果は1-1で引き分けて、年間上位の福岡がJ1昇格を決定。

コンサドーレ札幌と同じリーグで戦うシーズンも多くて勝手にライバル心があり、
さらに何故かセレッソ大阪のホームスタジアムの長居で開催ということもあり、
1日限定の福岡ファンとなっていました。

0-1の後半42分、中村北斗の強烈なゴールが決まった瞬間、
テレビの前で思わず叫んでしまいました(^^)

福岡は途中出場で坂田大輔が入ったあたりから、
良い流れに変わったような気がします。

「サンキュー坂田!サンキューな」のネタ元(?)である大熊清さんが
相手のセレッソ大阪の監督だったのは、ちょっとした因縁を感じました。

J2でこの「3枠目」を争う昇格プレーオフが導入されたのは2012年からで、
そこでの昇格チームが、

2012年 大分(年間6位)
2013年 徳島(年間4位)
2014年 山形(年間6位)

で、3チームとも全て、1年でJ1から降格となってしまっています。

この結果だけを見ると、6位までのチームにチャンスがある
昇格プレーオフがダメなようにも思えますが、以前の3位までが
自動昇格の時代の最後の2年間を振り返ると、

2010年 福岡(年間3位)
2011年 札幌(年間3位)

で自動昇格した2チームも、同じように1年でJ2に降格しています。

そんなわけで、昇格プレーオフがどうとか言う前に、

「『3枠目』」でギリギリ通過したようなチームは、J1では厳しい」

というような状態になってはいますが、来年の福岡は、
その毎年の恒例行事を変えてくれることを期待しています。

それと、昨日はJ2・J3の入れ替え戦の第2戦目も行われ、
町田が1-0で大分に勝ちました。

1戦目も町田が2-1で勝っていたので、これが町田がJ2昇格、
大分がJ3降格となりました。

昨日の試合、ホームの大分は1-0で勝てばアウェーゴールの関係で
残留できる状況で、0-0の段階でPKのチャンスを獲得したようです。

しかしこれを町田のGKがセーブ。

その町田のGKが、元コンサドーレ札幌の高原寿康。

高原のPK阻止と言えば、2009年9月の厚別での湘南戦を思い出しますが、
このシーズンの途中から次の年は正GKとして、チームの成績が苦しい中、
活躍してくれたのが印象に残っています。

その2010年、シーズン最終盤の試合中にアキレス腱を断裂してしまったのは
ショックでした。

「あれからもう5年が経つんだなぁ~」と感慨深くなりますが、
大一番でビックプレーが出てJ2昇格に大きく貢献したようで
嬉しかったです。

ちなみに昨日の試合では、町田はMF李漢宰も先発出場していて、
この李も以前札幌に所属していました。

しかし残念ながら、李に関しては札幌ではほとんど試合出場していなかったと
思うので、いつくらいの時期に在籍していたのかの記憶がありません(^^)

|

« 2015年福岡国際マラソン(佐々木悟が日本人トップの3位) | トップページ | 三浦大輔(DeNA)が来シーズンの現役最年長選手に »

コメント

ども。コメントは結局3月以来になるからお久しぶりです。
 といふことでいささか旧聞にはなりますが、ハンジェ(李漢宰)と高原に
関して描いている部分もあるので、そちらの情報補完を中心に。

高原寿康がトリニータの顔とも、もしくは山口の担保とも言うべき象徴だった
(旧多々良学園[現・高川学園高等学校・中学校]出身の)高松大樹のPKを
渾身のパンチングで止めたのはあのゲーム一番のハイライトでしたが。

 で、李漢宰なんですが、林卓人、トゥーリオ、西嶋弘之などと同期の元は
サンフレッチェ広島組なんですな。北朝鮮代表でもありましたが、駒野が移籍したの
でレギュラーに定着したけど、ミキッチの台頭で戦力外になってた、と。
そしてソダン(曽田雄志)が引退し、西やダニルソンが抜けた石崎体制2年目の
2010年に(本来は攻撃の選手だけど)ボランチ・サイドがこなせるMFとして
コンサドーレに入団したのが李漢宰だったかと。
(でも結局は2012年の髙栁一誠と同じコースで右膝の怪我で出場機会は2試合のみ。
契約満了で退団し、翌2011年からは岐阜を経て現在は町田ゼルビアに至る、と)

 ちなみにGKついでではあるのですが、アビスパ福岡はJ1昇格したので、ユース
組からの生え抜きを2人切りました。そのうちの1人笠川永太選手は結局所属先が
決まり、アルビレックス新潟シンガポールへ完全移籍となったとか。
(ま、今年3連敗スタートしてた福岡が今年ブレイクした柏レイソルユース出身で
レンタル組の中村航輔をU-22に取られて、神山も本調子ではなかったためドームの
試合で唯一起用した、あのキーパーのちょっとした行く末だったりするのですけど)

投稿: torov | 2015年12月18日 (金) 03時30分

>torovさん

お久しぶりです!

李漢宰のいた2010年については、そもそもそのシーズンの記憶があまりありません(^^)

高原がアキレス腱を切ったのと、砂川のホーム最終戦の直接FKくらいしか印象に残っていないかも。

昇格プレーオフの試合を観ていて、オリンピック予選は福岡のGKの中村航輔に期待したくなりました。技術とかレベルとかの詳しくは分かりませんが、持っている雰囲気に惹かれました。

投稿: しげた | 2015年12月19日 (土) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/62825706

この記事へのトラックバック一覧です: アビスパ福岡がJ1昇格(初めて年間3位が勝ち抜け):

« 2015年福岡国際マラソン(佐々木悟が日本人トップの3位) | トップページ | 三浦大輔(DeNA)が来シーズンの現役最年長選手に »