« 平和の滝を目指してのランニング | トップページ | シャンデリア(back numberのアルバム) »

2015年12月13日 (日)

デンソーが三連覇(2015年全日本実業団女子駅伝)

今日はお昼から「第35回全日本実業団女子駅伝(クイーンズ駅伝)」の
テレビ中継を観ていました。

●結果(6区間 42.195キロ、22チーム参加)
 1位 デンソー 2:14:22
 2位 豊田自動織機  2:15:15
 3位 ユニバーサルエンターテインメント  2:15:30
 4位 ヤマダ電機  2:15:46
 5位 積水化学  2:15:46
 6位 第一生命  2:15:58
 7位 九電工  2:16:01
 8位 天満屋  2:16:15
 9位 ホクレン  2:16:43
10位 パナソニック  2:17:05

まずは1区で、「3強」と言われていたデンソー、ユニバーサルエンターテインメント、
ダイハツの3チームが、ほぼ差が無くタスキを渡して2区へ。

ただ、デンソーの2区小泉選手、3区高島選手の並びを見て、
去年・一昨年を思い出すと、

「これはデンソーが首位を独走して、あまりオモシロくない展開になりそう‥‥」

と不安になったのですが、やはりその通りになってしまいました。
もちろんデンソーの選手は何も悪くなく、賞賛するしかないのですが(^^)

ユニバーサルエンターテインメントは今大会の注目選手と言われていた
鷲見選手の欠場が痛かったですね。

もし出ていて3区で走っていたら、区間3位で走った5区の和久選手のところで
優勝争いが縺れていたかもしれないので残念でした。

ホクレンは、1区の宮内選手が12位とまずまずの出だして、
そしてエース区間の3区で期待の清水選手が区間4位の好走で、
6位まで順位を上げました。

4区以降も何とか粘って走って繋いでいましたが、結局は9位でゴール。
8位の天満屋とは27秒差でした。

8位までに来年の大会のシード権が与えられる中、去年が9位(12秒差)、
そして今年も9位で、またまたシード権に惜しくも届きませんでした。

ただ、去年の大会で7位と8位に入ってシード権を獲得したユニクロと
しまむらが今年はともに下位に沈んでいるので、予選免除で大会に
備えるのが必ずしもプラスにはならないということで、来年も期待です。

あとは初出場のJP日本郵政グループが12位。

3区の鈴木選手が区間5位、5区の関根選手が区間2位、
そして6区の寺内選手が区間5位と好走。

もう少し1区と2区の出遅れが少なく、3区の鈴木選手に良い位置で
渡していれば、こちらもシード権争いに加わっていたかもしれません。

まぁ、どのチームも「たら」「れば」を言えばキリはないのでしょうが、
終わった後にそれをグタグタと考えるのがスポーツ観戦の醍醐味です(^^)

区間賞
 1区 坂井田 歩(ダイハツ)
 2区 小泉 直子(デンソー)
 3区 高島 由香(デンソー)
 4区 K.S.チェピエゴ(九電工)
 5区 横江 里沙(豊田自動織機)
 6区 橋本 奈海(デンソー)、森 智香子(積水化学)

|

« 平和の滝を目指してのランニング | トップページ | シャンデリア(back numberのアルバム) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/62861532

この記事へのトラックバック一覧です: デンソーが三連覇(2015年全日本実業団女子駅伝):

« 平和の滝を目指してのランニング | トップページ | シャンデリア(back numberのアルバム) »