« 「2015年札幌マラソン」のゼッケンなどが到着 | トップページ | 47都道府県を制覇(2015年北海道マラソン) »

2015年9月18日 (金)

5年前の全日本大学野球選手権

昨日、ソフトバンクがパリーグ優勝を決めました。

それに関連して、今日の北海道新聞の朝刊の「ひと2015」というコラム欄に、
ソフトバンクの柳田悠岐選手が取り上げられていました。

その記事で、柳田選手の出身大学が広島経済大学で、さらに2011年に
ソフトバンク入団というのを見て、「あれっ?もしかして」と思いました。

5年前の2010年の全国大学野球選手権大会、北海道大学が
北海道代表として出場して、全国の舞台で2勝してベスト8まで
進出しました。

この全国大会で国公立の大学が勝利すること自体が6年ぶりで、
結構話題になった記憶があります。

その北海道大学が勝利した相手の1つが、広島経済大学じゃなかったかなと
思って調べてみたら、やはりそうでした。柳田選手は当時4年生でした。

その試合、柳田選手は3番バッターで先発出場していました。

さらに書くと、

1回戦 北海道大学 3-1 四国学院大学
2回戦 北海道大学 3-1 広島経済大学
準々決勝 八戸大学 4-3 北海道大学(延長14回サヨナラ)

というのがこの大会の成績で、準々決勝で惜しくも負けた相手の八戸大学の
4番バッターで先発出場していたのが、当時4年生の秋山翔吾選手。

今年、シーズン200安打を達成した、あの西武の秋山選手です。

柳田、秋山の両選手と言えば、今年のプロ野球を代表するような選手で、
そんな選手がいたチームと北海道大学の野球部が全国の大会で戦っていた
ということで、今振り返ってみると感慨深いものがあります(^^)

|

« 「2015年札幌マラソン」のゼッケンなどが到着 | トップページ | 47都道府県を制覇(2015年北海道マラソン) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/62306497

この記事へのトラックバック一覧です: 5年前の全日本大学野球選手権:

« 「2015年札幌マラソン」のゼッケンなどが到着 | トップページ | 47都道府県を制覇(2015年北海道マラソン) »