« 完走しました!(2015年ピパオイヘルシーロードレース) | トップページ | 「2015年北海道ロードレース」に申し込み »

2015年9月24日 (木)

美唄のハーフから1日経過(2015年ピパオイヘルシーロードレース)

昨日の秋分の日にハーフマラソンを走ってきた、

「第24回ピパオイヘルシーロードレース 兼 第20回美唄市ハーフマラソン」

について振り返ります。この大会は今年で7年連続の参加となりました。

朝は5時に起きて、5時40分から朝ご飯を食べて、6時50分に家を出て、
まずは自転車で地下鉄駅へと向かいました。

そして地下鉄で札幌駅まで行って、それから便利なSキップを購入して、
7時48分発のJR(スーパー宗谷1号)に乗って、8時25分頃に美唄駅に
着きました。
Bibaieki2

同じく美唄駅で降りた、ランナーっぽい格好をした人は15人くらいでした。

そこから歩いて、大会会場である美唄市総合体育館には8時40分過ぎに到着。
Bibaitaiikukan

今年は去年までと違って、受付会場は体育館の中に設置されていました。

ハーフのスタート時間は10時35分で、まだ2時間近くあったため、
普段は出ないことが多い開会式に出たりして、のんびりと過ごしました。

手荷物は体育館内に設置の手荷物預け所に預けて、スタート地点には
15分くらい前に並びました。

まずは10時30分に車椅子の部がスタートし、その5分後、
いよいよハーフのスタートの号砲が。

だいぶ前の方に並んだので、スタート地点に辿り着くまでに10秒かからない
くらいでした。

アメダスのデータによると、昨日の美唄市は、

10時 20.8℃
11時 22.8℃
12時 23.9℃
13時 24.9℃

ということで、走っている最中にジワジワと気温が上がっていくような状況でした。
日差しも強くて、走るのには暑さがなかなか大変でした(^^)

キロ4分30秒のペースで走ると、計算上は際どく1時間35分を切るゴールタイムと
なるはずなので、「キロ4分30秒=5キロ22分30秒」を目安に走り出しました。

  5キロ 23分01秒(スタート地点到達までの10秒ほどを含む)
10キロ 46分16秒(23分15秒)
15キロ 1時間09分06秒(22分50秒)
20キロ 1時間32分48秒(23分42秒)
ゴール 1時間37分41秒(4分53秒)

というのが手元の時計のラップタイムで、走っている感覚としては
調子は悪くはないとは思ったのですが、前半から、どうもペースが
イマイチ上がらない感じ。

しかし、これ以上ペースを上げると、確実に後半に地獄を見そうな気がして、
前半の早めの段階で1時間35分切りは諦めて、1時間40分切りは何とでも
死守するつもりで気持ちを切り替えました。

コースは、見通しが良い(良過ぎる?)真っ直ぐな道路を、左右の田園風景を
眺めながらひたすら走るような、「単調なコース好き」な僕にとっては極上の
コースとなっています(^^)

基本的には平坦なコースですが、所々出現する橋のようなところでの
ちょっとしたアップダウンが、特に疲れている後半では意外とキツかったり
しました。 

この大会は中間地点で折り返して、そして前半に走ってきた全く同じ道を
反対方向に走るという、前半と後半が同一のコース設定となっています。

僕が大会に出るようになるまでは、こういうコース設定が基本だと
思っていましたが、実際は思いのほか少ないような気がします。

その折り返し地点でのタイムは48分45秒でした。

単純に倍をするとゴールタイムは1時間37分30秒。実際のゴールタイムは
1時間37分41秒で、

前半 48分45秒(スタートロスの10秒ほどを含む)
後半 48分56秒

ということで、前半と後半のタイムがだいたい同じという結果になり、
苦しいなりに良く粘ったということにしておきます。

最後、残り1キロの表示を過ぎてからしばらく真っ直ぐ走って、交差点で左折して、
400mくらいの直線を走ってゴールとなります。

毎年のことですが、この最後の残り1キロが妙に長く感じます。
何とか最後の直線ではスパートっぽいものをして、そして無事にゴール。
Bibaigoal
ゴール地点です。

ゴール後の抽選では、美唄尚栄高校の方々が作ったという
パウンドケーキが当たりました(^^)
Bibaicake

そして体育館内に入って手荷物を受け取ったあと、しばらくは体育館内で
座り込んでヘバッていました。

ある程度回復してから体育館の外に出て、この大会名物の豚汁コーナーへ。
Bibaibutaziru

これでだいぶ復活して元気になりました。

帰りのJRまではまだ少し時間があったので、ゴール付近でゴールしてくる
ランナーの方々を眺めていたら、会場内のアナウンスで、

「まだ豚汁があるので、お代わりの方もどうぞ」

というようなアナウンスが流れていたので、お言葉に甘えて
もう一杯いただきました(^^)

そして会場を13時20分頃に離れて美唄駅に向かい、13時45分発の
スーパーカムイ22号に乗りました。

5連休の最後ということもあってか、乗った車両の自由席は満席で、
立って札幌駅まで向かうことに(乗車時間は35分ほど)。

実は、2年前のこの大会参加の際も、連休の最終日の日程で同じような
状況で立って乗車し、その時は途中で貧血みたいな感じで変な汗が出てきて、
通路に座って何とか凌いだ苦い思い出がありました(去年は平日の間の祝日の
開催だったからか、座席が空いていて座れました)。

やはり、全力で長い距離を走った後の疲労状態では、普段ではあまり
起こらないような体調不良も出やすいのかと思います。

そんな経験があったので事前に、「13時55分に岩見沢駅で降りて、おそらく
座れるであろう14時05分発の区間快速いしかりライナーに乗り換える」という
手段も調べておいていて、体調が危険な兆候を示したら乗り換えるつもりでした。

しかし、岩見沢駅の段階で大丈夫そうだったのでそのまま通過して、
その後も窓の外の景色を眺める余裕もありながら、札幌駅に問題無く
到着できました。

「2年前のイヤな思い出を払拭したぞ!」

と大勝利を収めた気分になって、「勝利の美酒」ではないですが、
下車後に飲んだ「午後の紅茶 ミルクティー」はこれ以上ないくらいに
美味しく感じられました(^^)

そして15時過ぎに無事に家に到着しました。

家に着いてからパソコンで「コンサドーレ札幌1-2FC岐阜」の結果を知って、
一瞬テンションが大きく下がりましたが、それ以外は非常に楽しい1日でした。

次の大会は、10日後の10月4日(日)に行われる札幌マラソンのハーフです。

今回の美唄のハーフが絶好の練習となって、札幌マラソンに良い形で
繋がってくれるに違いないと思い込んでいます。

|

« 完走しました!(2015年ピパオイヘルシーロードレース) | トップページ | 「2015年北海道ロードレース」に申し込み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/62344953

この記事へのトラックバック一覧です: 美唄のハーフから1日経過(2015年ピパオイヘルシーロードレース):

« 完走しました!(2015年ピパオイヘルシーロードレース) | トップページ | 「2015年北海道ロードレース」に申し込み »