« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月31日 (月)

「2015年北海道マラソン」の完走記

今日は有給休暇取得で嬉しい休みで、1日中、家の中でゴロゴロしていました。

今日の北海道新聞朝刊を見ると、昨日の北海道マラソンの完走率は82.4%で、
去年よりは3.5ポイント上昇したとのこと。

約5時間の制限時間となった2009年以降では、たしか2009年が91%、
2010年が72%で、それぞれ完走率の最高と最低だったと思います。

今年の数字はちょうど中間くらいということで、大雑把に単純に考えると、
北海道マラソンではそこそこ平均的な条件だったのかもしれません。

さて、昨日の1日を振り返ってみます。

午前9時スタートに向けて、朝は5時10分に起きて、5時50分から
朝ご飯を食べ、7時20分に家を出ました。

まずは自転車で地下鉄駅に向かったのですが、その途中、
前面に「収容」と表示がされているバスを発見。
Img_0194
運転手さんが、その表示の装着状況を確認している最中でした。

「このバスには絶対に乗らない」

と強く心に誓って、地下鉄に乗りました(^^)

大通駅の6番出口に出たのが7時55分。そこから軽く5分ほど準備運動をして、
そして荷物を預けてトイレに行って、スタートのCブロックに並んだのは、
8時38分頃でした。

8時40分までに整列する決まりになっていたので、そこそこギリギリの行動に。
無事に間に合って一安心でしたが、もう1本、早い地下鉄に乗った方が
良かったようです。

Cブロックの中ではかなり後ろの方に並んで、それでもテレビ塔の
カウントダウンは辛うじて見ることができました。

そして9時にスタート。スタート地点に辿り着くまでは1分30秒ほど。

それでも、スタート地点を通過してからは、集団の中での流れに自然に乗って、
特別に渋滞のイライラはありませんでした。

1キロ地点通過のラップが5分30秒ほどで、このペースで最後までいっても
ちょうど4時間くらいのゴールタイムとなるペースでした。

去年から陸連登録者と未登録者の区別を無くしてブロック分けした影響で、
スタート序盤のストレスはかなり軽減した印象です。

今年の目標は3時間40分切りで、キロ5分00秒~5分10秒、5キロで25分30秒
あたりを目安に走り出しました。

5キロ 28分05秒(スタート地点まで1分29秒)
10キロ 53分43秒(25分38秒)
15キロ 1時間25分13秒(25分13秒)
20キロ 1時間44分22秒(25分26秒)
(中間地点 1時間49分59秒)
25キロ 2時間10分11秒(25分49秒)
30キロ 2時間37分55秒(27分44秒)(「小休憩」の約40秒含む)
35キロ 3時間06分03秒(28分08秒)
40キロ 3時間35分00秒(28分57秒)
ゴール 3時間47分41秒(12分41秒)

20キロまではまずまず順調だったものの、新川通の前半の往路、
中間地点を過ぎたあたりから脚にどんどんとキツさを感じてきました。

追い風というのは走っていると良く分からないのですが、沿道のノボリの
揺れ具合を見ると、どうやら結構な強さの追い風が吹いている模様。

「折り返した途端、きっと風がピタッと止むはず」

と信じて走っていましたが、残念ながらそうはなりませんでした(^^)

23キロあたりの手稲高校の前、ここで手稲高校の吹奏楽部の皆さんが
応援演奏をしてくれるのが、毎年のひそかな楽しみとなっています。

一昨年は近藤真彦の「ギンギラギンにさりげなく」、去年はジッタリンジンの
「夏祭り」でしたが、今年はゆずの「夏色」でした。

周りのランナーに「こいつ変な奴」と思われてもいいので、
リラックスするために、

「この長い長い下り坂を~」

と、小声で口ずさみながら走っていきました。

そして25キロ地点を通過。その直後にトイレがあったので、
微妙な尿意でしたが、この後に訪れるであろう長い試練の前に
スッキリしたくて、トイレに寄って「小休憩」をしました。

幸運にも空いていたのですぐに入れて、ロスタイムは
40秒ほどだったと思います。

そして折り返して、新川通の後半の復路へ。

予想通り、向かい風が強敵でした。おそらく風が無くてもかなり
ペースダウンしていたであろう自分のスタミナ切れの状態だったので、
どうにもなりませんでした。

たぶん27キロか28キロくらいからは、キロ5分30秒を超えるようなペースに
なってしまい、

「ペースはどうでもいいから、歩かないで進んでいくことを目標に」

ということしかできないような状況に。

それでも32キロを過ぎて新川通を終えて左折した時は、
新川通を攻略した達成感で一杯になりました。

あとの残り10キロくらいは、良く覚えていません(^^)

残り1キロを切って道庁の中を通ると、5年前のこの大会の優勝者である
原裕美子さんとものまね芸人のМ高志さんが沿道で応援してくれていて、
ハイタッチをしてテンションが上がりました。

М高志さん、埼玉県庁の川内優輝選手にたしかに似ていました。

そして大通公園のところで右折して、後は真っ直ぐに進んで、
無事に西8丁目でゴール。

ゴール後、完走メダルや完走タオルや水や完走証や号外や冷却材など、
いろいろなアイテムを獲得しながら、西3丁目の荷物預け所を目指しました。

事前の予想通り、この道のりが非常に長かったです(^^)

西5丁目の芝生で1回座って休み、そして無事に西3丁目まで辿り着いて
自分の荷物を受け取り、芝生に座りました。

感覚的には、北海道マラソンは、荷物を受け取ってこの芝生に座った段階で
「ゴール」という感覚です。

タイムも内容もイマイチな結果となってはしまいましたが、
とにかく完走できたのでホッと一安心で、開放感で一杯です。

次の大会は9月23日(水・祝)の美唄でのハーフマラソンですが、
今は走ることは一切考えたくないので、しばらくは完全に休みます(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年8月30日 (日)

完走しました!(2015年北海道マラソン)

今日、北海道マラソンでフルマラソンを走ってきました。
午前9時スタートでした。
Img_0198

結果は、3時間47分41秒で無事に完走しました。
Img_0203
去年のタイムが3時間31分で、去年はかなり調子が良かったので、
今年の目標は少し落として3時間40分切りでした。

そのため、このゴールタイムは少し残念ではありましたが、
とにかく完走できたので、100点満点ということにしておきます。
反省は明日以降にします(^^)

大がかりな交通規制を必要とするこの大迷惑なイベントに
ご協力いただいた全ての皆様に深く感謝します。

個人の結果の検索は、RUNNETのランナーズアップデートからできます
(氏名かナンバーカード番号を入力:5km毎のラップタイム入り)。

http://update.runnet.jp/2015hokkaido/

  5キロ 28分05秒(スタート地点まで1分29秒)
10キロ 53分43秒(25分38秒)
15キロ 1時間25分13秒(25分13秒)
20キロ 1時間44分22秒(25分26秒)
(中間地点 1時間49分59秒)
25キロ 2時間10分11秒(25分49秒)
30キロ 2時間37分55秒(27分44秒)(「小休憩」の約40秒含む)
35キロ 3時間06分03秒(28分08秒)
40キロ 3時間35分00秒(28分57秒)
ゴール 3時間47分41秒(12分41秒)

というのが僕の検索結果。

25キロを過ぎて折り返しての新川通の復路から、
スタミナ切れと向かい風で完全にペースダウンしました。

ただ、その向かい風のおかげもあって後半は暑さはあまり気にはならなく、
一長一短でなかなか難しいものがあります(^^)

去年と同じCブロックからのスタートで、去年はスタート地点に
辿り着くまでが1分27秒、そして今年は1分29秒とほぼ同じでした。

スタート地点通過後の混雑もそれほどストレスにはならずに、
スムーズな序盤で嬉しい気分に。

アメダスのデータを見ると、今日の札幌市は、

  9時 20.4℃
10時 21.9℃
11時 22.7℃
12時 22.6℃
13時 22.5℃
14時 22.4℃

で、最高気温は11時26分の23.5℃とのこと。

例年の北海道マラソンと比べると、かなり「快適」と言える数字ですが、
それでもやはり走るのには大変ではありました(^^)

詳しいことは次回以降のブログに書きます。

明日は有給休暇取得で嬉しい休みなので、今夜は勝利のビールを
心おきなく堪能します♪

ゴール後に貰った号外によると、男子は藤原新(ミキハウス)が
2時間16分49秒、 女子は岡田唯(大塚製薬)が2時間32分10秒で
優勝したとのことです。
Img_0204

新川通で折り返してきた先頭集団とすれ違った時、先頭集団がおそらく
10人以上いて、北海道マラソンでは初めてみるような大集団で
ビックリしました。

その先頭集団の中で、黄色のシャツの人のゼッケンが「146」のように見えて、

「あれが藤原新かなぁ~」

という程度ではっきりとは確認できなかったのですが、
号外での写真を見ると、どうやらそれで正しかったようです。

女子は今日、同じ時間帯で行われた世界陸上の女子マラソンで
伊藤舞(大塚製薬)が7位に入って、リオのオリンピック代表に内定した
とのことで、大塚製薬の女子選手が活躍した1日になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月29日 (土)

「2015年北海道マラソン」のタイム速報サービス(RUNNETのランナーズアップデート)

明日の北海道マラソン、去年までと同じようにランナーズアップデートの
速報サービスがあるとのことです。

http://update.runnet.jp/2015hokkaido/

繋がらない場合には、大会公式ページに行ってみてください。

http://www.hokkaido-marathon.com/2015/

ゼッケン番号か氏名を入力すると、おそらく5キロごとの通過タイムが
わりとリアルタイムで検索されるという、特に沿道で応援していて、
知り合いのランナーの通過を待っている人にはありがたいサービス。

ただ、多くの人がアクセスすると思うので、繋がりにくいことも
充分考えられます。

「いやぁ~、なかなか繋がらないな~」

とイライラしながら画面を見ている最中に、目的のランナーが目の前を
通過してしまう危険性があるので、是非とも注意してください(^^)

ヤフーページの天気予報を見ると、明日の予報は午前11時発表で、

「曇りのち晴れ、最高気温25℃、最低気温17℃、   
   降水確率06時-12時:10%、12時-18時:10%」

とのことで、例年の北海道マラソンと比べると、少し気温は低めの状況に
なってくれそうな期待が(^^)

風が「南東の風が少し強い」との予報も出ていて、この予報通りだと、
25キロ過ぎで折り返した後、新川通の後半が向かい風になりそうです。

一瞬、「疲れがどんどん出てくる後半で向かい風はイヤだなぁ~」と
思いましたが、明日は午前9時スタートなので、気温が上がってくる
後半に向かい風となるのは、むしろありがたいということにしておきます。

明日の夜にでもこのブログで、無事に生還報告をできればと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月28日 (金)

「2015年北海道マラソン」のゼッケンを受け取り

今日は仕事が終わった後に大通公園へ行って、2日後に行われる
北海道マラソンのゼッケンなどを受け取ってきました。
8281
大通公園の西7丁目がゼッケンの引換場所となっていました。

8282
無事に受け取ることができて一安心です。

その後、西6丁目で参加賞のシャツを受け取り、さらに無料で
「冷たいメロンパン」を配布していたので、喜んでいただきました(^^)

そして、自分の手荷物預け所となる西3丁目まで移動してみました。
8283

今日の元気な状態で歩いてみても「結構な距離があるなぁ~」という
感覚でした。

本番当日、42キロを走って西8丁目にヘロヘロの状態でゴールして、
それからこの西3丁目まで手荷物を受け取るために歩かなければ
いけないと考えると、ある意味、42キロを走るよりもその後の方が
憂鬱になります(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月25日 (火)

最後の練習

今日は夜に10キロほどの距離を走ってきました。

北海道マラソン本番まで後5日ということで、少し早いですが、
今日を最後の練習として、残りは走らずに脚を休ませます。

毎年、今の時期の恒例のコメントになりますが、

「北海道マラソン当日まで、もう走らなくていいんだぁ~」

と思うと開放感で一杯で、北海道マラソン自体も半分以上は
終わったような気分になっています(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月23日 (日)

Mr.Childrenのコンサート「未完」から帰宅

昨日の夜は堀北真希さんの結婚の一報にショックを受け、
今日は1日中、起きる気力もなく布団の中で過ごしたいところでしたが、
札幌ドームで午後3時30分からMr.Childrenのコンサートがあったので、
普通に朝起きました。

結婚相手が「38歳の男性」というところは、僕も完全に一致するのですが(^^)

Mrpanfu

通常、家から札幌ドームに行く時は、まずは地下鉄の東西線に乗って
大通駅まで行って、そして東豊線に乗り換えて福住駅まで行きます。

ただ、今日は東豊線が凄い混みそうだったのでそれを避けて、
東西線で南郷18丁目駅まで行って、そこから歩いて札幌ドームを
目指しました。30分ほど歩いて無事に到着しました。

今日の午前中、世界陸上中継の競歩を観ていた影響で、
歩いている最中、思わず不自然な歩き方をしたくなりました。

今日のコンサートについて、あれこれと詳しく書きたいのですが、
このツアーは9月20日の大阪ドームまで続くため、ネタバレ禁止で
自粛します。

1つだけ書くと、かなり初期の頃の曲を1曲やって、その曲は僕が
大学受験の浪人時代に頻繁に聴いていて、ただ今日のコンサートで
やるとは全く想像していませんでした。

そのため、ビックリしたのと嬉しかったのとで、その曲のイントロが
流れた時は、異常に気分が高揚しました。

とにかく今は満足感と脱力感で、完全に燃え尽きた状態です。
今年は、4月の北海きたえーる、そして今日の札幌ドームと、
ミスチルのコンサートに2回行けて非常に良かったです。

今年、2015年はこれでもう、思い残すことはありません。
皆さま、良いお年を(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月22日 (土)

世界陸上北京大会の男子マラソン

今日は正午前から10キロちょっとの距離を走ってきました。

札幌市の今日の最高気温は27.7℃で、日差しもあって暑さは感じましたが、
まずまず無難に走ることができました。

ウェザーマップの10日予報を見てみると、来週日曜日の北海道マラソン当日の
最高気温が27℃と出ていたので、今日の気象状況の中で走ったのは、ちょうど
良い練習になったと思い込んでおきます(^^)

さて、

「♪あなたが笑ってくれる~、それだけが僕のオール・マイ・トレジャー~♪」

ということで、今日は朝から、世界陸上北京大会の
男子マラソン中継を観ていました。

日本代表の藤原正和(Honda)、前田和浩(九電工)の2選手は
21位と40位で、非常に残念な結果に終わってしまいました‥‥。

優勝したのはエリトリアのゲブレスラシエ選手で、まず名前からして
早そうですが、まだ19歳の選手が金メダルということで驚きでした。

30キロ手前あたりから飛び出して、レースを盛り上げた
レソト王国の選手と合わせて、

「レソトやエリトリアってどこにあるんだろう?」

と地図を調べた人は、僕も含めて数多くいると思います(^^)

そのレソトの選手、35キロの給水地点で自分のボトルをスムーズに取れていれば
もう少しは粘れたのかもしれませんが、あの立ち止まり方は、何日か前のTBSの、

「マツコの知らない世界」

でも紹介されていた、2010年のアジア大会でのカタールのシャミ選手を
思い出させました。

これから1週間ほど、織田裕二さんと一緒に、この世界陸上を楽しみたいです。

話は変わって、明日は札幌ドームでのMr.Childrenのコンサートに行ってきます。
Mc2

札幌ドームでのミスチルのコンサートに行くのは、2005年12月以来、
10年ぶりとなります。

このツアーは7月18日の福岡から始まっていますが、ネット上での
ネタバレのページを見ないように注意してきた結果、どの曲を
どのような順番で演奏するか、全く分からない状態を保つのに
大成功しました。

今夜はビールも控えめにして、万全の体調で明日を迎えたいです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月20日 (木)

大野雄大が3年連続の2ケタ勝利(中日ドラゴンズ)

今日は高校野球の夏の甲子園の決勝が行われ、

「東海大相模10-6仙台育英」

という結果で東海大相模高校が優勝。

スコアしか見ていませんが、仙台育英高校が途中で追いついて、
8回終了時には6-6という大熱戦だったようです。

東北勢は春・夏と合わせて今回が10回目の決勝進出とのことでしたが、
またまた初めての優勝とはなりませんでした。

26年前の夏、大越がいた時に仙台育英高校が優勝していれば、
目に見えない呪縛のようなものが無くなって、その後も何回か
東北勢が優勝していたのかも…、なんてこともちょっと考えてしまいます。

その26年前の決勝は「帝京2-0仙台育英(延長10回)」で、
帝京高校のエースは吉岡雄二(巨人~近鉄~楽天)でしたね~。

さて、話をプロ野球に変えて、今日の我らが中日ドラゴンズは
ナゴヤドームで試合を行い、「中日5-2広島」で勝ちました。

勝ち投手は先発で8回1失点の好投をした大野雄大で、
これで3年連続の2ケタ勝利としました(10勝7敗)。

3年連続の2ケタ勝利と言っても、

2014年 10勝8敗
2013年 10勝10敗

ということで、去年までの2年間は何とか10勝まで到達していたという
感じでした。

今年はエースとして、多くの無援護試合に耐えながらの10勝で、
まだまだ登板機会も何試合も残っているので、これから
勝ち星を伸ばして、最多勝のタイトルを是非とも獲ってほしいです。

これで中日はチームとしては5連勝。

まぁ、この5連勝の前は5連敗していたので、この10試合で考えると
単なる5勝5敗なのですが、それはさておき、やはり嬉しいです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月19日 (水)

夜のランニング

今日は夜に12キロほどの距離を走ってきました。
半袖シャツ1枚でちょうど良いくらいの涼しさでした。

気が付けば、8月30日(日)の北海道マラソンまで残り11日に。

北海道マラソンの公式ページを見てみたら、今日付けの新着情報で、
沿道から声援を送ってくれる「ランナー応援団」の情報が載っていました。
http://www.hokkaido-marathon.com/2015/cheering/

この応援も楽しみに、本番当日まで調整していきたいです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月18日 (火)

夏の日の1993/class(1993年)

今日の札幌市は日中の気温が20℃までいかないような、
少しだけ肌寒さを感じるくらいの1日となりました。

夏の時期、今日のような気温の低い日が多い年は「冷夏」と呼ぶのでしょうが、
寒い夏といって思い出すのは、僕が高校2年生の時の1993年です。

この年は全国的に冷夏だったようで、「お米が不作の恐れが‥‥」ということで
話題になったのが印象に残っています。ウィキペディアには「1993年米騒動」
という項目で載っています。

さて、その1993年に大ヒットした曲が、男性2人組である
classが歌った「夏の日の1993」。

「爽やかなメロディーと爽やかな歌声による、爽やかな夏の恋の歌」

というのがおそらく世間一般の印象で、僕もヒット当時はそう思っていました。

しかし、ある時、何かのきっかけで歌詞をじっくりと見直してみたところ、
「この曲の歌詞の内容はかなり酷いんじゃないか?」と疑問を持ち、
そのモヤモヤした感じを長年溜め続けていました。

それを今日、このブログで吐き出します。

グーグルなどで「夏の日の1993  歌詞  酷い」などで検索すると、
僕と同じように感じている人が結構いるようです(^^)

まず、この曲の内容はというと、今まで特に何の感情も持っていなかった
知り合いの女性がいて、その女性とプールに行く機会があり、そこで初めて
目にした女性の水着姿にドキッとして、いきなり恋に落ちてしまった、そんな
男性の歌です。

まぁ、これだけなら、良くある話かどうかは分かりませんが、とある男性の
素直な感情を正直に歌ったということで、むしろ好感が持てるくらいです。

しかし、1番と2番のサビの中の歌詞で、この状況が一転します。

1番‥‥普通の女と思っていたけど
2番‥‥僕には合わない人だと思った

要約すると、「今まで特に興味も無く、俺にとっては付き合う価値は無い女と
思っていたけど、今日の水着姿を見て、俺と付き合っても良いレベルだと、
認識を改めてやったぜ」というところでしょうか。

この「上から目線感」が満載の歌詞は強力過ぎます。

さらに、この曲の中で最も突っ込みたい部分は、
2番の出だしの、
-----------
服の上からは計れないね
Ah 色っぽいチャーミング

僕の視線を避けるようにいたね
意識してしまう
-----------

の部分。

そりゃ、おっさんがイヤラシイ目線でジロジロ(チラチラ?)と自分の身体を
見回しているのだから、彼女は気持ち悪くなって視線を避けたくもなります。

そんな様子の彼女に対して、「意識してしまう~」とか、
どこまで能天気なのでしょうか。

その次の、
-----------
スキャンダラスにSay Love
ダイヤモンドにSo Tight
宝の山だよ全てが
-----------

になると全く意味が分かりません。

というわけで、これだけ書いておいて何ですが、結論としては、
「上から目線」「自分勝手な解釈」「一人よがりの妄想」などが
溢れているこの曲、僕は大好きです(^^)

最初に書きましたが、ぱっと聴いた時の、

「爽やかなメロディーと爽やかな歌声による、爽やかな夏の恋の歌」

という印象と、実際の歌詞の内容のギャップ感が絶品です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月16日 (日)

Mr.Childrenのコンサートチケットが到着(8月23日 札幌ドーム)

今日は悲しいことに、5連休の最終日となります‥‥‥。

そんな今日は、正午前から15キロほどの距離を走ってきました。
家を出た瞬間、妙に涼しい感じがあって「あれっ?」と思ったのですが、
家に戻ってからアメダスのデータを見てみると、札幌市の気温が、

10時 26.0℃
11時 24.8℃
12時 22.3℃
13時 23.4℃
14時 24.4℃

ということで、やはり走り出した正午あたりの気温が低かったようです。
そのおかげもあって、走っている最中、身体がだいぶ楽に感じました。

さて、今日は家に簡易書留で郵便が届きました。

中身は、1週間後の8月23日(日)に札幌ドームで行われる、
Mr.Childrenのコンサートツアー「未完」のチケットでした。
Mc2

事前にメールで、8月14日に発送を行うというお知らせは受けていましたが、
無事に届いて一安心です(^^)

座席はスタンド指定席で、札幌ドームのページでどこの座席かを調べてみたら、
野球でいうところの内野3塁側の3塁ベースのあたりで、高さは真ん中くらいの
座席のようです。

実際にどうなのかは分かりませんが、まずまず良さそうな座席だと
思い込んでおきます。

これから1週間、6月に発売されたアルバムの「REFLECTION」を
聴きこみながら過ごしていきます。
Mc1_2

また、このツアーは7月18日の福岡からスタートしていて、
大阪、広島、新潟は既に終了しています。

そのため「どんな曲をどの順番で演奏したか」という、いわゆるネタバレは
ネット上のあちこちで載っているのでしょうが、それは知りたくないので、
ネットサーフィン(死語?)をする際には細心の注意を払います(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月15日 (土)

ゴールが遠い‥‥(コンサドーレ札幌×ファジアーノ岡山)

今日は札幌ドームに行ってきました。
Consa1

目的は、午後2時試合開始のサッカーJ2リーグの

「コンサドーレ札幌×ファジアーノ岡山」

の試合観戦で、開始1時間前の午後1時くらいにドームに着きました。
Consa3

Consa2

札幌のここ10試合の成績が5敗5分けで、11試合ぶりの勝利を目指したのですが、
結果は「札幌0-0岡山」の引き分けで終わりました。
Consa4

「ゴールが決まったか!」と、思わず席を立ちあがりそうになった場面も
4~5回ほどはありましたが、これで4試合連続の無得点試合に‥‥。

いろいろな意味で注目だった先発出場のFWナザリトは、久しぶりの
試合出場のわりには思いのほか悪くはなくて、次の試合以降にも
(少しだけ)期待できる感じでした。

ただ、前半終了間際のあのシュートは決めてほしかった……。

そして、同じく久しぶりの出場となった小野伸二(後半20分からの出場)は、
やはり足元のボールコントロールは、完全な素人目で見ても他の選手とは
レベルが違う感じでした。

それがゴールに結びつかないのが、非常にもどかしかったですが(^^)

札幌に移籍してからの小野のこの1年間を振り返ると、

「これから2~3試合に出場後、故障によって1~2ヶ月離脱」

というパターンがまた発動しそうな気がしてなりませんが、
何とかこれからは離脱しないことを祈るばかりです。

そして、おそらく相手との接触で脚を痛めて、前半途中で交代となった堀米の
状態は心配ながらも、その代わりに入った荒野も光るプレーがありました。

先ほどのコメントと全く同じになりますが、それがゴールに結びつかないのが、
非常にもどかしかったですが(^^)

結果的にはモヤモヤ感が満載となってしまったものの、今年初の
札幌の生観戦、熱くなった楽しい1日だったということにしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月14日 (金)

ナザリトと内村の2トップに?

5連休の3日目となる今日は、正午前から12キロほどの距離を走ってきました。

アメダスのデータによると、札幌市の気温は正午が26.7℃、午後1時が28.0℃と
結構高めで、日差しも強くて暑かったものの、空気がわりとカラッとしたような
感じだったのでだいぶ救われました。

さて、昨日のブログにも書いたとおり、明日は昼から札幌ドームへ行って
サッカーJ2リーグのコンサドーレ札幌×ファジアーノ岡山の試合観戦を
してきます。

札幌のFWの都倉がゴールを決めるシーンが、昨日から僕には幻覚として
はっきりと見えていたのですが、今日の北海道新聞の朝刊を見ると、

・都倉が昨日の練習中に負傷し(左太もも裏)、明日の岡山戦に
 出場できない可能性が高くなった
・FWの先発は内村とナザリトの2トップとなる見込み

ということで、「都倉が‥‥‥、そしてナザリトかぁ‥‥‥」とテンションが
朝から下がってしまいました(^^)

明日の試合後には、

「俺はナザリトを信じていた!」

と手のひら返しの発言ができるよう、今から願い続けて明日まで過ごします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月13日 (木)

土曜日はコンサドーレ札幌の応援に(11試合ぶりの勝利を‥‥)

サッカーJ2リーグのコンサドーレ札幌は、あさっての15日(土)に
札幌ドームでファジアーノ岡山との対戦となります。

コンサドーレ札幌は6月14日の岐阜戦に勝ってから前節まで、

△△△●●●△●●△

の5敗5分けで、この10試合は勝ち星がないという、
非常に厳しい状況です。

この苦しい中、去年の生観戦の勝率が10割(1戦1勝)という僕が、
北海道民の期待を受けて立ち上がりました(^^)
Cosaticket
今日、ローソンで岡山戦のチケットを買ってきました。
札幌ドームで午後2時に試合開始です。

今年初のコンサドーレ札幌の生観戦となりますが、
札幌の11試合ぶりの勝利を目撃できる自信は満々です。
根拠はないけど、本気でそう思っています(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月12日 (水)

あー夏休み

今日から嬉しい5連休です(^^)

そんな休みの初日は、正午前から15キロほどの距離を走ってきました。

走り出した最初は日差しが強く、途中から厚い雲が出てきて日差しを遮って、
さらに雷が遠くで断続的に鳴り続けて、そして後半は雨が降ってくるという、
そんな目まぐるしい状況でした。

ただ、今日もそこそこ気温は高めだったので、後半の雨はむしろ
ありがたいような感覚でした。雷の音を聞きながら走るのは、
あまり気分の良いものではありませんでしたが‥‥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月10日 (月)

シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~/Mr.Children(1995年)

Mr.Childrenの9枚目のシングル曲である「シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~」が
発売されたのが1995年8月10日ということで、今日でちょうど20年となります。
Seasawgame

この曲を最初に耳にしたのは、ラジオを付けていてたまたま
流れていたのを聴いた時でした。その時の感想は、

「何を言っているのか、歌詞が全く聴きとれない」

しかありませんでした。

その後、CDを買って歌詞カードを見て、何回か繰り返し聴いていると、
歌詞をすっかりと聴きとれるようになって、

「どうして最初、あんなに何も分からなかったのだろう?」

と逆に疑問に思ったのが、妙に印象に残っています。

それは、その次に発売されたシングルの「名もなき詩」でも似たような現象が
起こっていましたが……。

このシーソーゲームでは、サビの歌詞の中の
「何遍も恋の辛さ(苦さ)を味わったって」の後が、

・2番のサビ……不思議なくらい人はまた恋に落ちてく
・最後のサビ……不気味なくらい僕はまた恋に落ちてく

と微妙に言い替わっている箇所が特に好きです。

調べてみたところ、この曲は1995年のオリコンのシングル売り上げ
年間ランキングでは5位とのこと(179.2万枚)。

また、ミスチルとしてはシングルでは4番目の売り上げになるようです
(1位はTomorrow never knows、2位は名もなき詩、3位はInnocent World)。

そんなわけで、もちろん大ヒット曲ではあるものの、数字的にはミスチルの中では
そこまで凄いわけではないのですが、1つだけ、

「ノンタイアップのシングル曲として、オリコン歴代1位の売り上げ」

という記録を残しているようです。いろいろな記録があるものです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 9日 (日)

「2015年ピパオイヘルシーロードレース(美唄市)」に申し込み

今日は午前11時30分過ぎから、10キロちょっとの距離を走ってきました。

正午の札幌市の気温が25.8℃ということで、気温はそこそこ高めでしたが、
風があって日差しも弱く、最近の中では走り易い状況でした。

さて、9月23日(水・祝)に美唄市で、

「第24回ピパオイヘルシーロードレース 兼 第20回美唄市ハーフマラソン大会」

という長い名称の大会が行われます。
Bibaipanfu_2

何日か前にRUNNETから申し込んで、ローソンでお金を払ってきました。
Bibaimousikomi

この大会は、去年まで6年連続でハーフマラソンを走っていて、
今年もハーフに申し込みをしました。

「ピパオイヘルシーロードレース」がハーフ、10キロ、5キロなど、基本的には
誰でも参加できる大会で、もう1つの「美唄市ハーフマラソン大会」というのは、
陸連登録者のみ参加できる、日本陸連公認コースのハーフ大会とのこと。

とはいえ、ハーフは同時スタートで同じコースを走るので、
違いは「公認記録となるかどうか」のようで。

例えば、12月に行われる福岡国際マラソンの大会要項を調べたところ、
「ハーフの持ちタイムが1時間10分以内」というのが参加資格の1つと
なっていますが、ただ単にその記録を持っていれば参加できるという
わけでは無くて、

「陸連登録者として公認コースの大会に出場して、そこで出した記録」

のみが資格対象になるようです(たぶん)。

「国際」と名前がつくようなレベルが非常に高い大会は、
多くがそんな感じだと思われます。

僕は陸連登録をしていないので、今回は、

「ピパオイヘルシーロードレース」

の方に参加となって、例えここで1時間10分以内のタイムを出しても、
福岡国際マラソンの出場資格を得られるわけではないのですが、
そんなタイムは当然ながら出せるわけがないので、全く関係はありません(^^)

とりあえずは「日本陸連の公認コース」を走ることが出来るというのは、
何となく気分が良いですな。

この大会は、ほぼひたすらのどかな景色のコースを走ることができて、
大会の雰囲気もほのぼのとしていて、そして完走後に豚汁をいただいて、
そんなこんなで好印象なので、7年連続で申し込むことにしました。

ハーフのスタート時間は午前10時35分ということでなので、
当日の朝に、便利なSキップを使って札幌からJRで移動する予定です。

これで申し込みを済ませた大会は、

  8月30日(日) 北海道マラソン(フル)
 9月23日(水・祝) ピパオイヘルシーロードレース(ハーフ)
10月 4日(日) 札幌マラソン(ハーフ)

です。あと、まだ申し込みはしていませんが、10月25日(日)の
北海道ロードレースは毎年走っているので、今年もハーフで
走りたいと思っています.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 8日 (土)

白樺学園高校は無念の延長サヨナラ負け‥‥

今日は午前11時30分過ぎから15キロほどの距離を走ってきました。
札幌市の最高気温は26.7℃とそこそこ高く、日差しも強かったですが、
わりとカラッとした感じの空気だったので助かりました。

家に帰ってからはダラダラ過ごしながら、高校野球の北北海道代表の
白樺学園高校の試合開始を待っていました。

2試合目と3試合目が延長となったことにより、当初の試合開始予定よりも
少し遅くなり、さらに途中に雷雨で1時間ほどの中断もあったこの試合は、

「下関商 4-3 白樺(延長11回サヨナラ)」

ということで、無念のサヨナラ負け‥‥。

2点負けている8回表の攻撃で、4番バッターの加藤選手が起死回生の
同点2ランを打った時は、テレビの前で思わず発狂してしまいました。

非常に良い試合だったのですが、白樺学園の河村、中野の2枚看板の
両投手が、全国の舞台でも充分に通用しそうなピッチングを見せて、

「もし勝ち進んでいけば、過密日程の中で大きな武器になる」

と思えましたし、延長に入ってからは守備の乱れが痛恨でしたし、
悔しい気持ちで満載です‥‥‥。

4年前に白樺学園が夏の甲子園で戦った時も、北海道の宿敵の
智弁和歌山との試合で、終盤に同点満塁ホームランが出ながら、
最終的には延長戦で守備の乱れでサヨナラ負けを喰らってしまっていて、
歴史が繰り返されてしまいました。

南北海道代表の北海高校も開幕戦で鹿児島実業高校に負けてしまいましたし、
僕の中では3日目にして、早くも今年の夏の甲子園は終了しました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 5日 (水)

猛暑日まであと少し……

今朝のHTBの「イチオシ!モーニング」のお天気コーナーを見ていたら、
気象予報士の清水さんが、

「もし今日、札幌市で35℃を越えて猛暑日になったら、今世紀初になります」

との紹介をしていました。

しかし、今日の札幌市の最高気温は34.5℃ということで、
残念ながら今世紀初の記念すべき1日とはなりませんでした。

ネットをいじってみると、1999年8月8日に札幌市で35.2℃というのが
あったようで、それ以来、35℃越えはないみたいです(おそらくですが)。

ちなみに、「♪39℃の~とろけそうな日~♪」の出だしで始まる、
僕の大好きな曲であるセンチメンタル・バスの「Sunny Day Sunday」は、
この1999年8月に発売されていました(1999年8月4日発売)。

1999年と言えば、

・ゆずが「サヨナラバス」と「センチメンタル」を発売
・センチメンタル・バスが「Sunny Day Sunday」を発売

で混同しやすい年として有名です(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 2日 (日)

中日ドラゴンズの若松駿太がプロ初完封!

今日は正午前から10キロちょっとの距離を走ってきました。

昨日に続いて空気は比較的カラッとしていた感覚で、最高気温は29.0℃と
高かったですが、無事に走り切ることができました。

そして午後2時に試合開始となった「中日×巨人」の試合ですが、

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
中日 0 0 0 0 2 2 0 0 1 5
巨人 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝ち:若松(4勝2敗0S)
負け:田口(2勝4敗0S)

ホームラン:
 杉山2号(5回表2ラン)、大島5号(9回表ソロ)

というわけで、我らが中日ドラゴンズがほぼ2週間ぶりの勝利で、
8連敗でようやくストップしました。

今日は何と言っても先発の若松。プロ初完投、プロ初完封の
素晴らしいピッチングでした。

テレビの球速表示では、ストレートでも140km/hまでは出ないくらいなのですが、
150km/h超えを連発する投手でも打たれまくる投手は打たれまくるわけですし、
単純に球速だけでは分からないもので、やはり奥深いものがあります。

福岡県の祐誠高校からドラフト7位で獲得した高卒3年目のピッチャーが、
6月くらいからローテーションに入ってきっちりと投げてくれています。

話によると高校時代、中日以外は獲得の調査には来なかったようで、
昨年2月に亡くなってしまった渡辺麿史スカウトに感謝です。

最下位を独走状態ではありますが、今日ホームランを打った杉山(24歳)、
その杉山とキャッチャーのスタメン争いをしている桂(24歳)、ショートでの
先発出場が増えている遠藤(26歳)、今日の試合で犠牲フライを打った
福田(27歳)、その他にも亀澤(27歳)、赤坂(25歳)など、試合でそこそこの
結果を出してきている、野手の新しい選手達が現れてはいます。

そんなわけで、去年、一昨年と比べると、負けが込んでいても
ある程度は前向きな気分ではいられます。

とはいえ、やはり負けが続くと当然ながらツラいので、
若松がヒーローインタビューで言っていたように、
来週からやり返してほしいです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 1日 (土)

少しだけ爽やかな空気に

今日から8月です。

「♪10年後の8月また出会えるの信じて~♪」

とZONEが歌ってから14年が経過しました。

そんな今日は、午前11時30分過ぎから15キロほどを走ってきました。

札幌市の最高気温は27.3℃ということで、日差しも強くて暑かったですが、
昨日まで続いていた蒸し暑い感じから比べると、空気がカラッとしていて、
走り易い感覚はありました。

アメダスのデータを調べると、正午の気温が昨日と今日で
ほぼ同じだったので湿度を比較をしてみると、

昨日‥‥気温26.6℃、湿度76%
今日‥‥気温26.4℃、湿度58%

ということで、今日の「空気がカラッとしていた」という体感がデータ上の
湿度の違いと一致していて、妙な納得感と満足感があります(^^)

「気温は高くなってもいいから、このカラッとした感じがずっと続いてくれ‥‥」

と願いたいところですが、また週明けの月曜日あたりから蒸し暑さが
復活しそうという予報もあるようで、戦々恐々としています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »