« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月26日 (日)

白鵬が35回目の優勝(大相撲名古屋場所)

今日は正午前から10キロちょっとのランニングをしてきました。
ここ最近続く、モワッとした中での走りとなりました。

後日、詳しく書きたいと思っていますが、2日前に北海道マラソンの
ゼッケン引換証のハガキなどが届いて、スタートブロックは去年と同じく
Cブロックとなることが分かりました。

去年と同じなので、イメージもしやすくて一安心です(^^)

さて、今日のブログのネタは、サッカーJ2の「コンサドーレ札幌0-1愛媛FC」の
試合については当然のように無視して、今日千秋楽となった大相撲の話題で
いきます。

まずは幕下で、十両復帰を目指す東4枚目の旭川市出身の旭大星が
残念ながら負けてしまい、5勝2敗で今場所を終えました。

それでも、おそらく十両昇進を狙う幕下上位の力士の中では3番手で、
十両から陥落の力士が確実に3人はいそうで、たぶん大丈夫だと思います
(その十両から陥落の1人が、僕と同い年の若の里ですが‥‥‥)。

もちろん、まだ確定ではないので、番付発表を待ちます。

今場所の途中から、

「付き人を務める、部屋の大先輩の旭天鵬が引退して空いた1枠で、
  旭大星が十両昇進に滑り込み」

という展開になりそうな気がして仕方ありませんでしたが、
形の上ではそうはならなかったようで。

その旭天鵬については、白鵬が優勝インタビューでフライング気味に
「引退する大先輩を、最後、優勝パレードの車に乗せることができて~」
みたいに言ってしまいましたが、それはさておき、旭天鵬と若の里、
今場所の最後の相撲をともにテレビの生中継で観ることができて
良かったです。

その白鵬は、1つ勝ち星をリードしている状態で、同じ横綱の鶴竜と
優勝を賭けた横綱決戦に。

テレビの前で思わず声を出してしまうような力の入った熱戦となりましたが、
最後はやはり白鵬がまだまだ強いなぁ~という結果に。

今場所は最後まであれこれ見応えがあって、面白い場所になりました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月25日 (土)

前田森林公園までのランニング

今日は、午後1時開始の高校野球の南北海道大会の決勝となる
「北海×北照」のテレビ中継を観た後、午後3時30分頃から、
前田森林公園を目的地点としての20キロ走をしてきました。

気温はそこまで高くなく、厚い雲に覆われて日差しもほとんど無かったのですが、
湿度が高いような妙にモワッとした感じがあって、ジメッとした汗を流しながらの
走りとなりました。

途中、前田森林公園から手稲高校へと向かう1キロほどは、
北海道マラソンのコースとなっている新川通も走りました。

「1ヶ月後、ひたすら一直線のこの新川通の往復を走っているのかぁ~」

と思うと、感慨深い気持ちになりました(^^)

話は変わって高校野球の話題で、昨日と今日で北海道代表が決まり、

・南北海道代表‥‥北海高校
・北北海道代表‥‥白樺学園高校

となりました。

両チームとも、準決勝と決勝で先発したピッチャーが違っていて、
そしてその両方のピッチャーがともに好投したようで、そういう面では
甲子園での全国大会に期待が持てます(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月23日 (木)

モワッとした日々

札幌市の最高気温を見てみると、今日が27.9℃、昨日が28.1℃と、
今の時期としてはそこまで特別に高いというわけではないのですが、
湿度も高くてジメッとした感じが満載で、かなり不快指数が大きいです(^^)

特に昨日と今日は、心持ち、職場の机の上の書類が
締めっぽく感じるような状態に‥‥‥。

そんな中、今日は夜に1時間のランニングをしてきました。
走った距離は12キロほど。

夜の段階ではそこそこの涼しさも感じて、走っている最中はあまり
問題はなかったのですが、やはり湿度の高さの影響か、走り終わった後、
しばらく経ってもなかなか汗が止まらず、身体の中にモワッとした熱が
籠り続けているような感覚に。

そんなわけで、家に戻ってから飲んだ、冷たい麦茶の最初の一口は
最高に美味でした(^^)

この週末は土・日のどちらかで、20キロほどの長距離の練習を
したいと計画しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月20日 (月)

旭川出身の旭大星が4勝1敗の勝ち越し(大相撲名古屋場所)

今日は午前11時30分過ぎから、15キロほどのランニングをしてきました。

札幌市の今日の最高気温は27.4℃と高めで、さらに蒸し暑い感じもあって、
走るのにはなかなか大変な状況でした。

家に帰ってからは、大相撲の幕下の取り組み中継を観ていたのですが、
幕下東4枚目の旭大星(旭川市出身)が勝利して、これで4勝1敗の勝ち越しに!

十両昇進のためには、とにかく勝ち越さなければ話にならないので、
まずは一安心です(^^)

その十両昇進は、他の幕下上位や十両下位の力士の成績も
大きく関係してくるためはっきりとは言えないながらも、

6勝1敗‥‥濃厚
5勝2敗‥‥有力(もしくは微妙)
4勝3敗‥‥かなり厳しい

というくらいの感じだと思うので、もちろん残り2番とも勝つのが理想ですが、
とにかく後1つは勝って、5勝までは星を伸ばして、番付発表を待ちたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月19日 (日)

ミラクル旭実

昨日のこのブログのアクセス解析を見てみると、
1時間ごとのアクセス数が、

20時台‥‥5
21時台‥‥13
22時台‥‥140
23時台‥‥29

ということで、22時台だけが異常に伸びていました。

さらに調べてみると、22時15分頃から、ある1つの記事だけに
一気にアクセスが来ていました。

その記事は、今から5年前の8月8日に書いた、
「1995年の夏の甲子園、旭川実業×鹿児島商業の名勝負」
というタイトルの文章でした。

http://run-consa-dra.way-nifty.com/hero/2010/08/post-0853.html

この原因は間違いなく、昨日の夜にテレビ朝日系で放送された、

「緊急アメトーーーーーーク 高校野球大大大大大好き
  栄冠は君に輝くSP!!」

によるものだと思われます。

テレビ欄を見てこの番組に興味はありながらも、昨日の夜は眠くて、
2時間の放送を見続けるのは厳しかったので見なかったのですが、
旭川実業のこの試合がおそらく紹介されていたかと思うと、
録画しておけばよかったと、ちょっと後悔しています(^^)

せっかくなので、その5年前に書いた文章をコピー&ペーストしておきます。

----------------
2010年8月8日(日)

旭川実業高校が1995年に初出場した時の、
北海道民にとっては伝説となっている、

「旭川実業 15-13 鹿児島商業」

の試合について、これから長々と書きたいと思いますhappy01

1回戦は、伝統校である松山商業高校に5-4で勝利した旭川実業高校。

そして2回戦の相手は鹿児島商業高校。

本当かどうかは分かりませんが、1回戦で勝利した後、鹿児島商業の監督が
インタビューで、「次の相手は松山商業になると思っていました」と言ったとか
言わないとかsmile

その旭川実業と鹿児島商業の2回戦のスコアは、

------
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
旭実 0 0 4 0 0 2 4 1 4 15
鹿商 0 5 0 1 2 3 0 2 0 13

8回までも壮絶な打撃戦だったのですが、そこまでを書くと
あまりに長々となり過ぎるので、9回表についてだけ書きます。

15年前のことなので、記憶はあいまいな部分もあるのですが、

「たぶん当時、こんな気持ちで観ていたような気がするなぁ~」

ということで。

「11-13」の2点リードされた状態で迎えた最終回の9回表。

先頭バッターがヒットか四球か覚えていませんが出塁。

そして次のバッターがレフトへ大きなフライを打ちました。

どんどんボールが伸びていき、相手のレフトが必死で下がっていく。

「これは抜けただろ!もしかしたら同点ホームランかも!」

と興奮しかけたところ、相手のレフトがフェンスに激突しながらの
大ファインプレーでボールをキャッチ。

「えっ、ウソでしょ?捕っちゃったの?」

と、瞬間的に訳が分からなくなったのですが、さらに追い打ちをかけるように、
1塁ランナーが抜けたと確信して3塁ベース付近まで走ってしまっていたために、
中継で1塁にボールが送られてダブルプレー。

「最終回、2点差、ノーアウト1塁」

の場面で、あのランナーの走塁は結果的には明らかに「走塁ミス」だったのですが、
そんなことを考える余裕も気力もなく、

「あぁ~、ここまでホントに良く粘った、健闘した、でも悔しいなぁ……」

と半分呆然とした気分だったのですが、この2点リードされた
2アウトランナー無しの状態から、まさかまさかの大逆転劇が。

次のバッターは4番の岡田選手。

後日発売された雑誌を見ると、バッターボックスに向かう前に岡田選手は
次のバッターに対して、

「もういいや。ホームランを狙ってくるや。」

ということを言ったらしいです(たぶん関西弁だったのかもと思います)。

そしてホントにホームランを打ちましたhappy01

打った瞬間、レフト方向に上がった打球を見て、

「これはホームランだろ!」

とは思ったのですが、「あのレフト」がフェンスによじ登ったのを見て、
先ほどの大ファインプレーがあまりにも強烈に印象に残っていたので、

「今のあのレフトなら、例えどんな打球でも超人技で捕球するんじゃないのか?」

と心配になったのですが、無事に頭を超えてホームランとなり1点差。

ここで、1点差に迫った喜びと、結果論ながらあのダブルプレーが
無ければという複雑な思いが入り混じっていました。

そして次のバッターはサードゴロ。

試合終了かと思われましたが、何せこの段階で「13-12」の試合。
数えきれないようなランナーが3塁ベース手前を駆け抜けていった影響が
あったかどうかは分かりませんが、サードの前で大きくイレギュラーバウンド。

サードが捕球できずに、例のレフトのいる前までボールが転がり、
結果的には2塁打になり同点のランナーが出ました。

次のバッターは四球を選び、さらに次のバッターの時にダブルスチールを
成功させて、2アウト2塁・3塁に。

今にして振り返ると、ここでダブルスチールを仕掛けるのは凄いとは思うのですが、
観ていた当時は、とにかく「このバッターがタイムリーを打てるかどうか」で、
このダブルスチールは不思議なくらいに冷静に観ていました。

そしてこの運命の場面、バッターは左打者だったのですが、アウトコース高めの球を
レフト方向に流し打ち。イレギュラーバウンドの打球も含めて、このイニング4回目の
レフトへの打球。

打った瞬間は「上手く流したけど、どうだろ?」と祈るような気持ちでテレビ画面が
切り替わるのを眺めていたのですが、ランナーが2塁にいたこともあってか
浅目に守っていたレフトの頭上をはるかに超えて、殊勲の逆転の2点タイムリー
3ベースになりました!

たしかこのバッターはここまで、これだけ打撃戦になった試合で、

「唯一ヒットの無いバッター」

だったんですよね。そのバッターにあのような場面で打順が回ってきて、
そして、あのレフトの頭上を越えるような逆転タイムリーを打つという、
ホントに劇的過ぎる9回表の攻防でした。

さらに相手の暴投で1点を加えて「15-13」として、9回裏は再びマウンドに
戻ったエースの角井投手が抑えての勝利となりました。

次の3回戦は、この年のセンバツで準優勝の、

「西の福留(PL学園)、東の澤井(銚子商業)」

のフレーズも流れていた優勝候補の銚子商業高校にも4-2で勝利してベスト8へ。

そして準々決勝の敦賀気比高校(福井)戦でも、0-3で負けていた
最終回の9回に2点を返して、1点差にまで迫るという試合を。

その後に、「微妙な判定(というか誤審?)」により追いつけずに力尽きましたが、
この1995年の旭川実業は今でもとにかく印象に残っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月18日 (土)

「2015年札幌・豊平川市民マラソン」の大会結果が掲載

今日から嬉しい3連休です(^^)

そんな今日は、午前11時30分過ぎから12キロほどのランニングをしてきました。
雨は降ったり止んだりという感じでしたが、今の時期は日差しが照りつけるよりは、
多少の雨が降っている状況の方が、暑さが和らいで走り易くてありがたいです。

さて、先ほどパソコンをいじっていたら、(株)アイ・サムのページに、
2週間ほど前の「第10回札幌・豊平川市民マラソン」のフルマラソンの
大会結果が掲載されていました。

http://www.i-sam.co.jp/gw/recsearch.php

僕が走った39歳以下の部の完走者は93人で、その中で僕は
上位15%くらいの位置に入る、なかなかの好位置でした。

さて、この大会は6位までが表彰状を貰えるとのことで、
他の年代を調べてみると、男子60歳以上の部で僕のタイムを
当てはめると6位に相当していて、辛うじて表彰圏内に入っていました
(完走者は104名)。

そんなわけで、後20年ちょっと、健康を維持し続けて今のレベルを保っていこうと、
これからの人生の目標を新たに胸に刻みつけました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月14日 (火)

世界陸上北京大会の男女マラソン日程

8月22日(土)から北京で行われる世界陸上。

もしかしたら、マラソンの日程が8月30日(日)の北海道マラソンと
重なるのではと気になって、IAAF(国際陸上競技連盟)のページを
調べてみたところ、

男子……8月22日(土) 日本時間 午前8時35分スタート
女子……8月30日(日) 日本時間 午前8時30分スタート

とのこと( http://www.iaafbeijing2015.com/special/iaaf_sch_en/ )。

北海道マラソンのスタート時間は午前9時なので、女子の方は
日にちだけではなく、時間的にも完全に重なってしまっています。

女子日本代表の前田彩里選手(23歳)は、もしかしたら高橋尚子さんや
野口みずきさんに続くような逸材かもしれないという期待感があるので、
生中継で観られないのが非常に残念です(録画して後で観ることに
なるとは思います)。

まぁ、僕がケガや体調不良などで当日の北海道マラソンを事前に棄権すれば、
家で存分にテレビ中継を観ることはできるのですが、そうはならないように
充分に気を付けてこれから練習をしていきます(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月12日 (日)

2日続けての真夏日

今日は正午過ぎから、7キロほどの距離をゆっくりとしたペースで走りました。

札幌市の今日の最高気温は31.3℃で、2日続けての真夏日に。
日差しも強くて、走るのにはさすがに暑さを感じながらも、風が
適度にあったのでかなり助かりました。

1週間前の豊平川でのフルマラソン本番以来の走りとなりましたが、
脚に故障や違和感っぽいものは無さそうな感じで、一安心でした(^^)

-----------------
プロ野球 セリーグ ナゴヤドーム

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  12  計
広島 0 0 0 0 0 0 0 0 0  0  0  0    0
中日 0 0 0 0 0 0 0 0 0  0  0  2× 2

勝ち:福谷(3勝3敗18S)
負け:中崎(0勝5敗11S)

ホームラン
 中日:藤井4号(12回裏2ラン)

延長戦に入ってから、お互いに相手守備のミスから1アウトで3塁の
絶好の得点機会を得ながら、お互いにダメという、そんな試合も、
引き分け目前の延長12回裏、途中出場の藤井がやってくれました!!

その藤井の前、2アウトランナーなしからヒットで繋いだキャッチャーの桂は、
直前の守備の2アウト3塁の場面で、福谷のあのワンバウンドを超絶反応で
捕ったプレーと合わせて、今日の影の殊勲選手です。

明日は試合が無いので、今夜と明日の2日間は気分良く過ごせます(^^)


-------------
サッカーJ2リーグ 第23節 キンチョウスタジアム(大阪)

コンサドーレ札幌 1-3 セレッソ大阪

得点:前半17分 田代(C大阪)
     前半37分 玉田(C大阪)
    後半11分 都倉(札幌)
    後半17分 玉田(C大阪)

無念の敗戦‥‥。復帰した都倉のゴールとパウロンの90分出場を、
何とか明るい材料としておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月11日 (土)

札幌市は今年初の真夏日に

今日の札幌市の最高気温は30.7℃で、今年初の真夏日に。

明日の天気予報の最高気温も30℃となっていますし、
先週の日曜日にフルを走った「札幌・豊平川市民マラソン」が
もし1週間ズレていたらと思うと、安堵感で一杯です(^^)

--------
プロ野球セリーグ ナゴヤドーム

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
広島 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
中日 0 0 0 0 0 2 0 0  × 2

勝ち:八木(2勝5敗0S)
セーブ:田島(3勝4敗1S)
負け:ジョンソン(7勝4敗0S)

ヤフーの見出しにも「ドラ1から育成、8年目の初安打」や、
「広島『のみ』にまたまた好投」などと取り上げらた試合でしたが、
今日は非常に気分が良くなる勝利でした(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 6日 (月)

豊平川の男から1日経過(2015年札幌・豊平川市民マラソン)

今日は有給休暇を取得して嬉しい休みでした。昨日のフルマラソンの疲れが
ありまくりだったので、お昼に家の近所を30分ほど散歩した以外は、家の中で
ひたすらゴロゴロしていました。

午前8時からのサッカー女子W杯決勝は、前半16分までに4失点するという、
悪夢のような立ち上がり‥‥‥。

ただ、最後まで「もしかしたら何かが起こるのでは?」と思わせるような、
そんな試合ではありました(アメリカ5-2日本)。

さて、昨日の「第10回札幌・豊平川市民マラソン」を振り返ります。

朝は6時過ぎに起きて、7時から朝ご飯を食べ、8時15分過ぎに家を出て、
大会会場の豊平川南大橋(南9条橋)右岸には9時5分に着くという、
だいたい予定通りの行動でした。
Toyomara4
橋の上から撮った写真です。

手荷物は9時30分頃に預けて、その後、会場の全員でラジオ体操をして
(なぜかラジオ体操第二の方)、そして10時にスタートとなりました。

スタートはかなり前方に並んだので、スタート地点に辿り着くまでに
10秒もかからないくらいで、すぐに混雑も解消されて、自分のペースで
走ることができました。

札幌市の昨日のアメダスデータによると、

10時 20.7℃
11時 22.6℃
12時 22.2℃
13時 22.3℃
14時  20.6℃

ということで、そこまで気温は高くはならなかったようですが、
快晴に近いような天気で日差しが強く、走るのにはそれなりに
厳しいような条件だったと思います(思いたいです)。

  0キロ~ 5キロ 25分54秒(スタート地点まで約10秒を含む) 
  5キロ~10キロ 24分25秒
10キロ~15キロ 24分15秒
15キロ~20キロ 25分07秒
20キロ~25キロ 25分03秒
25キロ~30キロ 26分15秒
30キロ~35キロ 27分49秒
35キロ~40キロ 32分24秒
40キロ~ゴール 12分37秒(ゴールタイム:3時間43分51秒)

というのが5キロごとのラップタイム。

20キロ地点のあたりで、既に脚にかなりの厳しさを感じました。

中間地点はたしか1時間45分10秒くらいで、単純に倍にすれば
3時間30分切りも狙えるようなタイムではありましたが、とても
それは無理と思えるような身体の状態でした。

20キロからはペースダウンを完全に自覚しながらも、25キロ通過時の
5キロのラップタイムが25分03秒と落ちていなく、意外な感じでした。

その原因は、強い追い風にあったようです。追い風というのは
走っていると認識しにくいのですが、25キロを過ぎて橋を渡って
折り返しをした時に、想定をしていないような強い向かい風を感じました。

昨日の状況では、暑さが和らぐ向かい風はありがたかったものの、
あそこまで強い必要はありませんでした(^^)

31キロあたりで一旦、スタート&ゴール地点の大会会場に戻ってきて、
そこの給水地点でのスイカと給水で、おそらく20秒ほど立ち止まりました。

そこで少し回復した気分になって、

「これなら残り10キロちょっと、ペースダウンしながらも
 歩かずに走り切れるかな?」

と淡い希望を抱いたのですが、やはり35キロ手前から脚がさらに重たくなって、
36キロあたりの給水地点でコーラを手にした後、歩きが入ってしまいました。

「歩くのは3分まで」

という自分の中のルールを定め、3分後に再び走りを再開しました。

39キロあたりでもう1回歩いてしまい、また「3分ルール」を発動させ、
そしてトボトボと走り出して、40キロを通過。

ここでゴールタイムを計算してみると、キロ6分ペースでも3時間45分は
切れるタイムだったので、あとは歩かずに何とか走り切ることを決意。

そして無事にゴール。
Toyomaragoal
ゴール地点です。この大会は全員にゴールテープを用意してくれます。

さらに、ゴール手前で1人1人に「ゼッケン○○番の△△さん、ゴールです」と
アナウンスをしてくれるという嬉しいサービスが。

僕の前の人がゴールしてから僕がゴールするまでかなり間があって、
さらに僕の後ろの人とも間隔があったので、僕が申し込み時に書いた
コメントも読んでいただけました。

何を書いたかは覚えていなかったのですが、

「この大会は今年で6回目の参加で、10回完走を目指します」

というようなことを書いていたらしく、さらにそれに続けて
アナウンスの方が、

「これからも走りに来てください。完走おめでとうございます~。」

というようなコメントをしてくれて、非常に良い気分でゴールテープを。
10年完走の「トヨヒラン・ブルー」を目指したいと思います(^^)

ゴール後はさすがにヘバッて、1時間以上、芝生の上で休んでいました。

終盤はメタメタでしたが、終わってみれば非常に楽しい1日でした。

次の大会は、8月30日(日)の北海道マラソンでのフルです。
しばらく休んで、そして夏の大一番に向けて練習をしていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 5日 (日)

完走しました!(2015年札幌・豊平川市民マラソン)

今日は「第10回札幌・豊平川市民マラソン」でフルマラソンを走ってきました。
Toyomara1

結果は3時間43分51秒で無事にゴール。
Toyomara2

36キロと39キロあたりで2回、歩きが入ってしまいましたが、
反省は明日以降ということで、今日のところはどうでもいいです(^^)

今日の札幌市の最高気温は23.1℃ということで、気温はそこまでは
高くはならなかったようですが、日差しの強さが強敵でした‥‥。

そして、思いのほか風が強くて、苦しさ半分、
暑さが和らいでありがたさ半分でした。

そんな今日は、給水地点でのスイカとコーラに
非常に助けられました。

明日は有給休暇を取得して嬉しい休みなので、
今夜はビールを好きなだけ飲みます。

今日の走りの詳しいことは、明日以降のブログに書きたいと思います。

ちなみに今日の大会では、人間に混じって、
サッカーボールも走って見事に完走していました。
Toyomara3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 4日 (土)

明日は豊平川でのフルマラソン

明日は「第10回 札幌・豊平川市民マラソン」でフルマラソンを走ってきます。
午前10時スタートです。

今日は前日受付でゼッケンなどの引き換えに行ってきました。
Toyomarazekken

お昼の12時から受付開始だったのですが、フライングして
11時58分に到着してしまいました(^^)

大会のプログラムを見てみると、参加申し込み人数が961人で、
北海道内からが763人、北海道以外からが198人とのことです。

北海道以外の参加者が約20%となっていて、結構な割合です。

ひたすら豊平川河川敷を42キロ走る、ある意味では「キング・オブ・単調」とも
言えるような、正直なところ面白味を見つけにくいコースですが、日本全国的には、
今の時期にフルマラソンの大会を走れるというのは大きな魅力なのでしょうね(^^)

明日の札幌市の天気予報は「曇り時々晴れ、最高気温23℃、降水確率10%」と
いうことで、今の時期としては平年並みの気温のようで、そこそこの好条件と
なってくれそうな期待が。

翌日の月曜日は、嬉しいことに有給休暇を取得できて休みなので、
この前のブログでも書きましたが、

「フルマラソン完走→ビールを好きなだけ→サッカー女子W杯優勝の瞬間を目撃」

の絶品の流れを味わえるように、まずは最難関の
フルマラソン完走に挑んできます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 1日 (水)

今年初のフルマラソンまで4日

今日は夜に12キロほどを走ってきました。

雨が降ったり止んだりというような状況でしたが、走っていて
それほど問題とはなりませんでした。

今度の日曜日に行われる「札幌・豊平川市民マラソン」の
フルマラソン本番まで4日となったので、練習は今日で終了にして、
あとは走らずに脚を休ませて、そして本番に挑みます。

今年初のフルマラソンで、どこまで走れるのかかなり不安がありますが、
次の日の月曜日に有給休暇を取得できそうなのが嬉しいところです。

女子サッカーW杯の決勝の日程が、日本時間でちょうどこの月曜日の
午前8時に試合開始とのことなので、日曜日から月曜日にかけて、

「フルマラソン完走→好きなだけビール→日本代表のW杯優勝の瞬間を目撃」

という絶品の流れを味わうために、まずは明日のイングランド戦に
是非とも勝ってほしいです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »